テラスハウス 誹謗中傷。 木村花への誹謗中傷内容がひどい!アンチが集まる理由&原因は?【テラスハウス】

木村花を誹謗中傷した犯人アカウント特定!魚拓やスクショも流出か【テラスハウス出演】|usagimemo

テラスハウス 誹謗中傷

享年22。 *** 花さんが所属するプロレス団体「スターダム」は、【訃報】木村花逝去に関するお知らせ」として、以下のように伝えた。 「当社所属選手木村花選手が本日5月23日逝去いたしました。 突然のことでファンの皆様、関係者の皆様には深いご心配と、哀しみとなり、大変申し訳ございません」 「詳細につきましては、いまだ把握出来ていない部分もあり、引き続き関係者間の調査に協力してまいります」と、混乱が続いていることも窺わせた。 「獣神サンダーライガーが、アメリカ最大のプロレス団体『WWE』で活躍できる逸材だと評価していましたからね。 早すぎる死は残念でなりません」 とプロレス関係者。 花さんはテラスハウスに2019年9月より入居。 1997年9月、神奈川県横浜市生まれ。 インドネシア人の父と日本人の母を持つ。 彼女をめぐっては、いわゆる「コスチューム事件」でネットから激しい中傷を受けていた。 問題の放送は、フジテレビとイースト・エンタテインメントが制作し、Netflixにて先行配信するテラスハウス東京編、「TERRACE HOUSE TOKYO 2019-2020」の第38話。 〈Case of The Costume Incident〉と題された回で、花さんは「命より大事」なプロレス用のコスチュームを洗濯機に入れていたところ、同居するコメディアン志望の小林快氏が自分の洗濯物と一緒に洗濯・乾燥。 コスチュームは小学生の水着のように縮んでしまった。 花さんは涙を流し、他の同居人はなぐさめるのだが、東京ドームのリングにもあがったそのコスチュームへの思いは相当なもので、その分、悲しみは深くなる。 怒りは当然、快氏へ向かい、 《てめえがなんか言えよ》 《なんで黙って見てんの?》 などと、罵詈雑言を浴びせてしまう。 花さんと快氏は、他のメンバーと京都へダブルデートに出かけていた。 花さんとしては快氏のことが気になる存在ではあったが、京都での彼の言動に不信感を大いに募らせることになった。 そういった流れの中でコスチューム事件が起こったわけで、積もり積もった不平不満が一気に噴出することになってしまった。 《限界だよ 京都の時からさ》 《自分のことしか考えて行動してないじゃん》 《あんたのせいだよ》 《死ぬほど痛い思いして血流して骨折って頑張ってお金稼いでる人の気持ちなんてわかんないよね》 《一緒に住んでる人を笑顔にできないやつがさ、これから先さ、何百人何千人の前でさ、人のこと笑顔にできるわけないじゃん。 「あの口の利き方はないよね」「花さんのことはテラスハウスファンは全員嫌い」といったものはまだマシな方で、「テラハ史上一番最低なメンバー」「早く消えろ」とか、見た目や人格そのものへの攻撃が止むことはなかった。 その一方で、花さんはSNSに、 《死ね、気持ち悪い、消えろ、今までずっと私が1番私に思ってました。 お母さん産んでくれてありがとう。 愛されたかった人生でした。 側で支えてくれたみんなありがとう。 大好きです。 》 《そうだよね。 顔も中身もブスでごめんね。 消えれるもんなら早く消えたいよ》 《愛してる、楽しく長生きしてね。 ごめんね。 》 などと書き込んだが、23日、亡くなったことが発表されることになる。 その後、リストカットの跡のようなものも、投稿された画像からは確認されている。 さる民放関係者によると、 「まだ死の真相ははっきりしませんが、番組の公式YouTubeでは、このコスチューム問題を取り上げた動画を3本投下していて、収まりつつあった問題をあおったと指摘する声があります。 最近は出演者の不祥事などがあった場合、番組そのもののみならず、スポンサーの方に苦情が殺到します。 不買運動などに発展しかねないそういう動きにスポンサーは極めて弱い。 だからスポンサーの撤退も当然あるでしょう。 ネットフリックスは広告に依存していないので、その限りではありませんが……」 「テラスハウスには恋愛リアリティショーと惹句がついていますよね。 番組側はヤラセなど一切なくすべてリアリティと言っていて、視聴者もそれを信じています。 今回、花さんが心を寄せる男性への不満が募り、その人がキッカケでコスチュームがダメになって怒りを爆発させた。 見る人もガチンコで花さんを攻撃して追い込んでしまったのではないでしょうか。 仮にそうだとすれば、番組の責任論と共に、ネットリンチ、ネット中傷もまた、問題として浮上してくるでしょう」 週刊新潮WEB取材班 2020年5月23日 掲載.

次の

テラスハウスの木村花さん死去 誹謗中傷していたアンチがアカウントを次々と削除

テラスハウス 誹謗中傷

恋愛リアリティショー『テラスハウス』最新シーズン「TERRACE HOUSE TOKYO 2019-2020」に出演中だったプロレスラー・木村花さん(享年22)が、23日に亡くなったことがわかった。 ネット上で木村さんへ心ないコメントを寄せていた人たちが次々とアカウントを削除している。 木村花さん、誹謗中傷に苦悩 同日のInstagramのストーリーズで木村さんは「さようなら。 」という言葉を投稿。 ネット上には心配する声が多数書き込まれていた。 木村さんは「テラスハウス」にて、自身のプロレスの衣装を誤って洗濯されてしまったことでメンバーと衝突。 木村花さんが死去 木村さんが所属するプロレス団体・スターダムは、公式サイトにて「当社所属選手木村花選手が本日5月23日逝去いたしました」と報告。 「突然のことでファンの皆様、関係者の皆様には深いご心配と、哀しみとなり、大変申し訳ございません。 詳細につきましては、いまだ把握出来ていない部分もあり、引き続き関係者間の調査に協力してまいります」と伝えた。 木村さんはテラスハウスに2019年9月より入居していた。 神奈川県横浜市出身。 1997年9月3日生まれ。 インドネシア人の父と日本人の母を持つ。

次の

テラス木村花を誹謗中傷したけんけんは誰?ツイッターを特定して逮捕出来るのか?

テラスハウス 誹謗中傷

アンチと批判と誹謗中傷の違いって何ですか?? テラスハウスの花さんが亡くなられたことでふと思ったんですが、ただ自分の意見や主観を共有することって誹謗中傷なんですか?? SNSにはあまり詳しくないので知らなかったんですが、洗濯事件などを見てみても、暴言を多様していて、謝罪なども何もなく、とても不快に感じます。 ネットでも、「不快に感じる」という人が悪者扱いにされていますが、仮にこれが誹謗中傷ならば、自分が悪行をして、ネットから意見を受ける、自業自得だと思います。 これは誹謗中傷何ですか?? 補足悪口を言って人の人生を踏みにじるのは絶対にやってはいけないことはよくわかるんですが、あの事件に関しては意見を言ってるだけに感じます 今回のテラスハウスの不祥事ですが、今回は徹底的にしらみ潰しに開示請求をし、誹謗中傷を行った輩をもれなくあぶり出し鉄槌を下すべきではないでしょうか? ほとんどリピーターなので、総数でも大した数じゃないです。 スポンサーとフジテレビは、鉄槌ための支援をすべきでしょう。 ただフジテレビにとっても企業倫理案件ですね。 あと、番組制作者のあぶり出しが必要ですね。 制作責任者、制作担当者への鉄槌が必要でしょう。 激怒するカットが撮りたかったから、わざとコスチュームをダメにしたと思われます。 そして恣意的な切り取り編集で、狂暴な人物像を捏造したんです。 悪意と悪ふざけで出演者をもてあそび、人生を台なしにしても自己責任だと言い逃れしようとしてますね。 わかりやすく言うと、怒らせたり、泣かせたりする意地悪をして、悪目立ちするような切り取り編集してるんです。 そうやって迫真の演技のカットを作るのです。 そして、面白半分で狂暴な人物像を捏造してしまったのです。 そして、番組の注目度や視聴率をあげるために、役柄と演者の区別も出来ないアイキューの低い愚民を煽って、SNSを炎上させるように誘導したんですよ。 どうしようもない性悪な連中が制作に当たっていたらしいことが明らかになってきました。 一般の投稿者を装って、台本無しなんて必死こいてデマ流している人がいますね。 番組の制作もそんな調子で演出していたんですかね。 一字一句棒読みさせるセリフの書かれたものだけを台本と呼ぶんじゃないです。 番組のネタになるようなハプニングが自然発生的に毎週のように都合よく起こるという想定なんてありえますかね。 そんな偶然を当てにした番組の制作スケジュールは、普通にリスクがありすぎるでしょう。 番組制作者に責任がないかのような主張は、あまりにも短絡的であり、身勝手で自己中心的な論点のすり替えですね。 自殺の根本的な原因は、執拗な誹謗中傷を誘発するような悪意のある番組の演出にある訳ですから。 愚民を騙してリアル風ドラマをリアルと勘違いさせ、誹謗中傷を煽るような演出で、番組の注目度や知名度を上げようとしたのですから、極めて悪質です。 それを、誹謗中傷を煽った番組側には責任がなく、勝手に誹謗中傷をしたのは愚民どもだから、文句があるなら愚民どもに言えと言わんばかりの姿勢です。 悪ふざけとしか思えない騒動を誘発するような演技への介入、悪意のある切り取り編集等が横行していたことはスポンサーも把握していなかったようです。 スポンサーのイメージ低下に対する損害賠償請求が、放送局側へいくかも知れません。

次の