移動制限解除 英語。 EU MAG 渡航制限解除と移動・観光の再開に動くEU

広島・山口県の移動制限 関西3府県へ自粛解除

移動制限解除 英語

・24日から州と州の間,エレバン市と州の間の移動制限及び特定の業種の稼働制限が解除されます。 しかし,市民の移動(外出)制限及び公共交通機関の停止は解除されませんのでご注意ください。 ・外出の際は,身分証明書及び移動申告書を携帯するほか,いわゆる「3密」を避け,頻繁に手洗い,うがいをするなど感染予防にお気をつけください。 本文 1 当地では現在も,非常事態宣言(5/14まで)が継続発令中です。 2 非常事態指令本部は,24日から,州間,エレバン市と州間の移動制限及び特定の業種(製造業(農薬,金属加工物,配線等),機械設備設置修理業,販売業(家庭用コンピュータ),出版業,テレビ・映画制作,不動産業等)の営業制限が解除される旨を発表しました。 しかし,市民の移動(外出)制限及び公共交通機関の停止は解除されません。 現在運行している一部の路線バスは医療従事者専用です。 また,地方では現在も地域閉鎖がなされている箇所が複数ありますのでご注意ください。 3 身柄の拘束を受けることのないよう,外出する際は,身分証明書(旅券(長期滞在者は在留カードも)),記載済みの移動申告書(当館ホームページにてダウンロード可能)を携帯してください。 万が一当局による身柄拘束を受けた際は当館にご連絡ください。 移動制限情報 4 当地に滞在中の皆様におかれましては,今後も3つの密,「密閉」,「密集」,「密接」を避けるほか,石けんによる手洗いや手指消毒用アルコールなどによる消毒を頻繁に行い感染予防につとめてください。 詳しくは,下記の参考情報を参照してください。 5 新型コロナウィルスの感染が疑われる場合,下記の保健省ホットラインに相談いただくほか,検査を受ける際には当館にも同時にお知らせください。 【新型コロナウイルスに関する参考情報】 水際対策の抜本的強化に関するQ&A(厚生労働省ホーページ) 新型コロナウイルス感染症に備えて ~一人ひとりができる対策を知っておこう~(首相官邸ホームページ) 保健省ホットライン(自己隔離中に感染症状が見られる場合) 060 838 300番 011 208 141番 滞在中のご質問、ご相談等ありましたら,電話やメールで下記までご連絡ください。 メールアドレス:.

次の

全国移動、来月19日から容認 自粛要請3週間ごと緩和へ:時事ドットコム

移動制限解除 英語

ご質問ありがとうございます。 「移動制限解除」は英語で言いますと「The restriction of movement has been lifted」になります。 「移動」は「Movement」ですね。 「制限」は「Limitation」か「Restriction」を言います。 「解除」は「Cancel」も言えますけど、この場合は「Lifting」がいいと思います。 過去形だと「Lifted」になります。 「武漢」は英語で「Wuhan」になります。 「移動制限」は「Lockdown」という言葉も使えます。 「The lockdown in Wuhan has been lifted」。 役に立てば幸いです。 ご質問ありがとうございます。 「移動」=「movement」 「制限」=「restriction」 「解除」=「lifting」 「移動」はもちろん「movement」と言いますが、最近のコロナについて話したかったら、「quarantine」=「隔離」の方が適当だと思います。 「解除」は「lifting」となりますが、「解除された」と言いたかったら、「was lifted」の動詞を使います。 例文: Because the quarantine restriction was lifted, my friend and I went to do some cherry blossom viewing. 移動制限解除されたので、友人と花見をしに行った。 ご参考になれば幸いです。

次の

大阪府(おおさかふ)ホームページ [Osaka Prefectural Government]

移動制限解除 英語

政府は25日、緊急事態宣言の全面解除に伴い、新型コロナウイルス対策の「基本的対処方針」を改定、社会・経済活動の制限や自粛要請に関する「段階的緩和の目安」を公表した。 それによると、約3週間ごとに緩和の度合いが進み、6月19日には1000人規模のイベント開催が可能に。 解除が最後となった首都圏と北海道を含む全国の移動も、観光目的以外なら認められるようになる。 政府は、既に緊急事態宣言を解除した地域でのコンサートや展示会などの開催に当たり、屋内では100人以下、屋外なら200人以下などの基準を設定している。 今後は段階的に緩和し、約3週間後の6月19日からはそれぞれ上限を1000人に拡大。 屋内では収容定員の半数以下、屋外なら参加者が可能な限り2メートルの間隔を確保できるよう求める。 さらに約3週間後の7月10日には上限を5000人まで緩和し、8月1日をめどに上限を撤廃する方針。 プロ野球やJリーグなどのプロスポーツは、6月19日から無観客での開催を容認する。 地域のお祭りなどの行事も同日から開催を緩和するが、全国から人が集まる大規模な行事は7月いっぱい自粛を求める。 移動の自粛要請も段階的に解除する。 6月1日からは、緊急事態宣言が続いた5都道県との往来は「慎重に」対応するよう求め、それ以外では制限を設けない。 同19日以降は全国的な移動を認める。 ただし、観光目的は例外扱いとし、しばらくの間は都道府県内での移動にとどめてもらう。 これまでにクラスター(感染者集団)が発生したカラオケやスポーツジムに対しては、感染防止策の徹底を前提に6月1日から休業要請などを解除。 接客を伴う飲食業やライブハウスについては、同19日から解除する。

次の