チンダル 現象 と は。 コロイドの性質(チンダル現象、ブラウン運動、電気泳動)と種類(親水コロイドと疎水コロイド)

チンダル現象について教えてください(高校化学)

チンダル 現象 と は

リンクを埋め込む 以下のコードをコピーしてサイトに埋め込むことができます チンダル現象 - Wikipediaはてなブックマーク - チンダル現象 - Wikipedia プレビュー チンダル現象 - Wikipediaはてなブックマーク - チンダル現象 - Wikipedia チンダル現象 - Wikipedia このはな参考文献や出典が全く示されていな、不十分です。 出典を追加しての... 続きを表示 このはな参考文献や出典が全く示されていな、不十分です。 出典を追加しての向上にご協力ください。 () (チンげんしょう、英: Tyndall effect, Tyndall scattering)は、光のによって起こる的の一つ。 系に光を通したに、光が主にミー散乱によって散乱され、光のがその斜めや横でも光って見えるを言う。 のジョン・チンによってされたため、この名がある。 が雲に隠れているに雲の切れ間あるいは端光が、光線の柱が放射状に地上へ降り注いで見える薄明光線は身近なの。 ミー散乱の強度は粒子径と波長がほぼ等しいに最大となり、光の入射方向より前方側に多く散乱する特徴がある。 ミー散乱の強度は波長にしないので、の• ブックマークしたユーザー•

次の

チンダル現象

チンダル 現象 と は

広告 チンダル現象 チンダル現象は、コロイド溶液に光を当てると光の道筋が見えるという性質である。 水や水酸化ナトリウム水溶液といった水溶液は光を当ててもその道筋は見えない。 しかしコロイド溶液は光を当てるとその道筋がぼんやりと見える。 水酸化ナトリウム水溶液は溶質のイオンがあまりに小さいため、光の散乱が起きず、チンダル現象も起きない。 雲の隙間から光が漏れるのはチンダル現象で、この光は薄明光線(レンブラント光線)とも呼ばれる。 ブラウン運動 コロイド溶液中のコロイド粒子は不規則に動いている。 この不規則な運動をブラウン運動という。 ブラウン運動は、コロイド溶液の小さな溶媒分子が大きなコロイド粒子に不規則に衝突することを原因とする。 広告 電気泳動 コロイド粒子は正または負に帯電し、コロイド溶液に電圧をかけると陽極または負極の一方にコロイド粒子が引き寄せられる。 これを電気泳動という。 金属イオンの水和と同じように、溶媒の水分子はコロイド粒子に水和する。 コロイド粒子に水和する水分子の数によってコロイドは疎水コロイドと親水コロイドに分けられる。 逆に水和している水分子が少ないと、コロイド粒子の電荷は正または負に帯電し続けるため、コロイド粒子間の電荷的反発が大きくなる。 コロイド 水和 例 疎水 少ない 金属酸化物 金属水酸化物 親水 多い デンプン は疎水コロイド、などの有機化合物は親水コロイドになりやすい。 広告 凝析と塩析 少量の電解質(など)を疎水コロイドに加えると、電解質の陽イオンまたは陰イオンがコロイド粒子と電気的に近づいて、コロイド粒子の電荷が小さくなる。 コロイド粒子間の反発が小さくなり、集まって沈殿する。 これを凝析という。 一方、親水コロイドは水和している水分子が多く、電解質を少し加えただけでは凝析は起きない。 大量の電解質を加えてようやく水和している水分子がコロイド粒子から離れ、電解質のイオンがコロイド粒子と電気的に近づき、コロイド粒子が集まって沈殿する。 これを塩析という。 疎水コロイドを保護するという意味で、この親水コロイドを保護コロイドという。 墨汁は、炭素が疎水コロイド、「にかわ(動物の骨や皮から取り出したゼラチンを主成分とする物質)」が保護コロイド(親水コロイド)である。

次の

チンダル現象 アイスフラワー

チンダル 現象 と は

リンクを埋め込む 以下のコードをコピーしてサイトに埋め込むことができます チンダル現象 - Wikipediaはてなブックマーク - チンダル現象 - Wikipedia プレビュー チンダル現象 - Wikipediaはてなブックマーク - チンダル現象 - Wikipedia チンダル現象 - Wikipedia このはな参考文献や出典が全く示されていな、不十分です。 出典を追加しての... 続きを表示 このはな参考文献や出典が全く示されていな、不十分です。 出典を追加しての向上にご協力ください。 () (チンげんしょう、英: Tyndall effect, Tyndall scattering)は、光のによって起こる的の一つ。 系に光を通したに、光が主にミー散乱によって散乱され、光のがその斜めや横でも光って見えるを言う。 のジョン・チンによってされたため、この名がある。 が雲に隠れているに雲の切れ間あるいは端光が、光線の柱が放射状に地上へ降り注いで見える薄明光線は身近なの。 ミー散乱の強度は粒子径と波長がほぼ等しいに最大となり、光の入射方向より前方側に多く散乱する特徴がある。 ミー散乱の強度は波長にしないので、の• ブックマークしたユーザー•

次の