湿布 授乳。 産後になりやすい「肩こり」に湿布はOK?産後の肩こりの原因と対処法|suzukiroku

ボルタレン(ジクロフェナクナトリウム)授乳中の服用と間隔

湿布 授乳

「湿布剤とは、ねんざ、打撲、関節炎、筋肉痛を緩和するために、患部に貼りつける外用薬です。 大きく分けて、肌色で薄いテープタイプの「テープ剤」、白地に泥状の薬剤が施されている分厚いタイプの「パップ剤」と呼ぶ2つの形状があります。 それぞれに温湿布と冷湿布、また、『第二世代の湿布』と呼ばれるタイプが出ています。 使い分ける方法を具体的に紹介しましょう」 次の説明は近藤さんによります。 (1)「第二世代」と呼ぶ「痛み止めの成分が含まれる湿布剤」とは? CMなどでよく耳にする成分の、「インドメタシン」、「フェルビナク」、「ジクロフェナク」、「ロキソプロフェン」といった鎮痛消炎剤を、皮ふから吸収する「経皮吸収型鎮痛消炎剤」を含むタイプが複数、出ています。 このタイプは湿布剤の「第二世代」と総称されています。 筋肉痛の原因は現在、まだ解明されていませんが、筋肉にダメージがあると、痛み物質と呼ぶホルモンが生成されて痛むのではと言われています。 そこで鎮痛消炎剤は、痛み物質の生成を抑えて痛みと炎症のもとに作用するようになっています。 ただし、鎮痛効果が高いということは、内服用の鎮痛剤と同様に、副作用の可能性もあります。 1回に貼る枚数や1日に貼り替える回数の用量と用法、また、かぶれ、発疹、胃の不快感など副作用に関することや、アレルギー、ぜんそくがある方は使ってはいけないなど、使用上の注意をよく読んでから用いてください。 (2)「肌色のテープ剤」、「白くて分厚いパップ剤」の違いとは? テープ剤は「プラスター剤」とも言いますが、これらもパップ剤も形状が違うだけで、配合されている薬はほぼ同じです。 テープ剤は薄くて粘着力が強く、ひじやひざなど、曲がる部分に貼るのに適していて、目立ちにくいというメリットがあります。 ただ、毛深い場所には向かないこと、また、皮ふが弱い人にとっては、ぴったりくっつくだけに、かぶれや発疹の副作用が出ることがあります。 パップ剤が分厚いのは水分を多量に含んでいるからで、貼るときに冷やっとする感覚があります。 また、水分が多いためにテープ剤に比べてはがれやすいのですが、同時にかぶれにくいというメリットがあります。 どちらがいいかは、皮ふの状態、使用シーン別、自分にとっての使いやすさで選ぶといいでしょう。 (3)湿布剤を貼るとスーッとするのはなぜ? 配合成分に、「メントール」が含まれているからです。 成分表示では、「l(エル)-メントール」などになっています。 これはハッカやミントに含まれる成分で、清涼剤として、夏用の化粧品やボディソープ、シャンプー剤、また歯磨き剤やお菓子、チューイングガムなどに用いられることがあります。 冷湿布に配合されていることが多いのですが、スーッとするからといって患部を冷やすものではなく、清涼感をもたらす成分です。 (4)「冷湿布」、「温湿布」の用途の違いは? 冷湿布には(3)で紹介した「メントール」が、温湿布にはトウガラシの成分である「カプサイシン」が配合されていることが多く、それぞれ、貼ったときには冷んやり感やホット感があります。 ただしそれは、皮ふの表面温度を短時間だけ多少下げる、上げることはありますが、実際に血流に影響して筋肉を冷やしたり温めたりする作用ではないとされています。 つまり、冷湿布か温湿布かは感触の違いなので、好みで選べばいいということになります。 ただし、ぎっくり腰やねんざ、打ち身で腫れているなど筋肉に激しいダメージがあったとき、患部は炎症を起こしています。 この場合は、炎症を鎮める意味で皮ふの温度を少しでも下げるタイプの冷湿布を用いましょう。 慢性的な肩こりや腰痛には、温まる感覚のほうが心地よいと言う人が多いようです。 (5)湿布剤の効き目が続く時間はどのぐらい? 第二世代の鎮痛消炎剤は、「1日に1~2回の貼り替え」で効果が持続するようになっていますから、この場合は12~24時間が継続の目安です。 第一世代は、「1日に数回貼り替え」と説明されているものが多く、3~6時間と考えてください。 たまに、2~4日間も貼り続けているといった声を耳にしますが、特にテープタイプは皮ふに密着するためトラブルを起こしがちです。 かぶれやすい人は3~4時間ではがし、同じ場所に続けて貼らないようにして皮ふを休ませましょう。 (6)湿布の副作用に胃痛があるの? 「なぜ湿布剤で胃痛が?」と聞かれることが多いのですが、内服用の鎮痛剤は胃薬とともに処方されることからも分かるように、効き目の強い鎮痛剤は胃粘膜障害や胃痛、また腎臓にも負担が大きくてむくみや腎機能障害が起こることがあります。 第二世代の湿布剤を全身のあっちこっちにたくさん貼ると、「数時間で胃痛がひどくなってじんましんも出た」という症例はたくさんあります。 大量に貼る、長時間貼ることがないよう、必ず、「1回あたり2枚を超えて使用しないでください」といった、説明書に記載されている用法と用量を守ってください。 また、日ごろか胃の調子が悪い場合は、湿布剤を貼るときには胃薬を飲むようにするといいでしょう。 第二世代と呼ばれるタイプには鎮痛消炎剤が配合されていること、それだけに副作用もあること、パップタイプとテープタイプの使い分け、スーッとする感覚の正体、冷感と温感は実は働きは同じであることなどが分かりました。 湿布剤に関する疑問は尽きず、次の項目に近藤さんがずばり答えるに続きます!.

次の

薬剤師が教える。湿布剤の疑問、選び方、使い方、注意まで!――前編

湿布 授乳

授乳中の湿布って大丈夫なの?母乳への影響は? 赤ちゃんのお世話、授乳などにより、ママの体には負担がかかり、腰痛や肩こりや腱鞘炎に見舞われやすくなりますね。 一番は安静にすることで痛みも引いてくるのですが、そういうわけにも行きませんよね。 ポジティブな気持ちで生活することも大切です。 しかし、様々対策の前に、まずは痛みをとるために、湿布を貼りたいと感じることがありますね。 赤ちゃんに影響はないのか、母乳に影響が及ばないのか、気になりますね。 湿布には、色々な成分が配合されているため、皮膚から成分を吸収することにより、痛みが緩和するんです。 もちろん、内服薬と比べれば、母乳に影響する可能性は低く、少量の湿布であれば赤ちゃんへの影響や母乳への影響は心配ないと考えられています。 しかし、アスピリンなど、湿布によっては、授乳期に使用する際は注意しなければいけない湿布もあります。 自己判断で使用するのは危険を伴います。 病院で処方された湿布薬は母乳に影響しないの!? 病院では湿布はモーラステープとロキソニンテープというものが処方される事が多いです。 ではこの2つの湿布は授乳中への影響はしないのでしょうか。 モーラステープ モーラステープの場合、患部の炎症や痛みを抑えてくれます。 モーラステープにはケトプロフェンという成分が配合されています。 ケトプロフェンの湿布を使用した際に、妊娠後期の女性が胎児動脈管収縮を起こしてしまったという事例があります。 羊水が減少したという報告もあります。 モーラステープの場合、授乳期の安全性については、まだ確認されていない状態です。 厚生労働省では、治療上に有益性が危険性を上回ると判断される場合だけ使用するようにという通達が医師にされています。 接触皮膚炎 接触皮膚炎がおこることがあり、発症頻度は約5%未満となります。 貼った部分にかゆみが起こったり、発疹、刺激、紅班などが起こり悪化します。 腫れあがったり、水疱やびらんなどが起こることもあるので、接触皮膚炎の症状が起こった場合は、使用を中止しましょう。 光線過敏症 光線過敏症というものが起こることもあります。 発症頻度は不明です。 患部に紫外線が当たる事により、かゆみや紅班、発疹や刺激感などが起こります。 体全体に症状が広がるため、重篤化します。 使用中は患部に紫外線が当たらないように注意しましょう。 厚手の服の着用などをして、発症を予防したほうがよいですね。 ロキソニンテープ ロキソニンテープの場合、関節症、筋肉痛などの炎症に対して使用されます。 妊娠中の女性に対する安全性が確認されていません。 治療上の有益性の危険性が上回ると判断された場合のみの使用することとされています。 ロキソニンに含まれているロキソプロフェンナトリウム水和物は母乳に行きにくいため、授乳中の女性への制限はないと言われていますが、不安な場合は医師に相談するとよいです。 市販の湿布の母乳への影響は? 市販の湿布薬の母乳への影響についてです。 国立研究開発法人効率成育医療研究センターのサイトによると、授乳期でも安全に使用することが出来る湿布の成分が2つあります。 インドメタシン(インテバン)…解熱・鎮痛薬• ジクロフェナクナトリウム(ボルタレン)…解熱・鎮痛薬 ロキソニンに含まれているロキソプロフェンナトリウム水和物について、国立研究開発法人国立成育医療研究センターのサイトへの掲載はありません。 しかし、医師の見解によると母乳に移行しにくいと言われています。 市販の湿布の殆どは、授乳中の母乳への影響は殆どないとわかっています。 一方で、メーカーの見解では移行しにくいとは言えないという湿布もあるので注意して購入するとよいですね。 サロンシップ・サロンパス・フェイタス• 久本製薬のサイトでは、以下の商品は授乳中でも影響なく使用可能であると記載されています。 グラクソ・スミクスラインのサイトには、母乳に成分が移行することは殆どないため、授乳中の使用も可能であると記載があります。 ロキソニンSテープ 第一三共ヘルスケアのサイトでは、授乳中に使用は避け、やむを得ずに使用する場合は授乳を避けるべきという記載があります。 ロキソニンSテープにはロキソニンプロフェンナトリウム水和物が使用されているため、医師の見解では母乳に移行しにくいため使用できるのですが、メーカーとしては使用を万が一のために避けてくださいという方針なのですね。 授乳中は湿布を貼る場所に注意を!! 授乳中は湿布を貼る場所に注意が必要です。 赤ちゃんの手、口などが触れる場所には貼らないようにしましょう。 抱っこ授乳時にふれる可能性のある場所、肩や首や胸などには貼らないようにしたほうがよいですね。 また、上半身に湿布を貼った際、湿布のニオイが気になり、赤ちゃんが授乳を拒んでしまうことがあります。 その場合は使用を控えるか、授乳を済ませてから貼るようにするとよいですね。 授乳中の腰痛・肩こり・腱鞘炎への対処法! では、長時間抱っこをしていたり、授乳をしたりしているうちに、辛い腰痛や肩こり、腱鞘炎に見舞われてしまうので、症状を和らげるための対処法をご紹介していきますね。 ストレッチ ストレッチを行いましょう。 腕や腰や肩への痛みを感じた際、緊張状態にあるため、筋肉をほぐすストレッチを行うとよいです。 深呼吸をしながら、腕、腰、肩をゆっくりと伸ばしましょう。 また、特に、腰や背中の固まりが気になる場合は、バランスボール、エクササイズ用ボールなどを使用しほぐすとよりよいです。 マッサージ・整体 マッサージや整体の施術を受けるのも良いですね。 セルフケアを行っても、なかなか痛みから解消されずに辛いという場合は、マッサージや整体の施術を受けると楽になります。 出産後の骨盤の歪み、姿勢の悪化など、専門家に診てもらい、アドバイスをもらったり、マッサージや整体を受けることで、体がとっても楽になります。 また、短時間ですがゆっくりとすることができるため、よい気分転換にもなりますね。 骨盤ベルト・サポーター 骨盤ベルトや手首サポーターなどを活用することで、痛みを軽減することができます。 腱鞘炎の場合はサポーターがものすごく助けになります。 手首と親指の動きを制限するものがよいですね。 骨盤ベルトは、腰とお尻の間に巻き付け、骨盤をしっかりとサポートすることにより、腰痛予防となります。 出産により骨盤が開いてしまっているため、戻す効果もあるのでおすすめです。 周囲を頼り痛い部分を使用しない 腱鞘炎の場合、痛い部分をつかわないようにすることが、一番の治療となります。 いつもは抱っこであやすところをベビーラックやバウンサーを活用したり、抱っこひもを活用したりするのもよいですね。 また、周囲の人に延陵せずに頼り負担を減らすということもとても大切です。 湿布の適切な保管方法 湿布は授乳中でも母乳に大きな影響がなく使用できる頼れる医療品の一つとなりますね。 湿布は手の届くところにおかずに、赤ちゃんの手に渡らない場所に保管しましょう。 また、湿布のフィルムを誤って床などに落としてしまっていると、誤飲の原因となります。 フィルムもしっかりゴミ箱へ捨ててくださいね。 まとめ ほとんどの湿布は授乳中でも心配せず使用することができます。 しかし、メーカーや使用成分によっては悪影響となる湿布もあるのは否めません。 また、もし授乳中の使用が問題ないとされている湿布でも、肌に炎症が起こったり、かぶれてしまったりということがあれば、すぐに使用を中止し、医師に相談しましょう。

次の

妊婦の腰痛に湿布OK?ロキソニン、モーラステープetcは妊娠中は…

湿布 授乳

授乳の際に口が当たる胸の下、抱っこの際に赤ちゃんに触れる肩、首などには注意して貼るようにしてください。 授乳中に使用できる湿布 基本的に第1、2類医薬品は副作用や飲み合わせなど注意が必要ですが、 第3類医薬品は授乳中でも使用できるとされています。 ドラッグストアなどで購入できる第3類医薬品の湿布をいくつか紹介します。 のびのびサロンシップは第3医薬品に分類されます。 胎児に影響が出る成分は入っていないので安心して使用できます。 微香性な点が嬉しいですね。 こちらも第3医薬品に分類されており、授乳中に使用しても問題ないとされています。 臭いもほとんど気にならないので、赤ちゃんが湿布の臭いを嫌がる心配がありません。 スポンサーリンク 授乳中は使用しない方がいい湿布 効果の高い湿布はそれだけ浸透力も強いです。 その為、血液にも成分が浸透する量も増え、母乳を通して赤ちゃんに影響が出る可能性があります。 以下の湿布、商品は授乳中は使用を避けましょう。 モーラステープ 厚生労働省からも胎児に影響が出るという発表があるので、授乳中のモーラステープの使用は控えましょう。 フェイタスZ湿布 授乳期の使用不可の説明書きはありませんが、第2類医薬品となるので病院の先生か薬剤師の方に相談して使用を判断してください。 ボルタレンACテープ ボルタレンには妊娠中や授乳中に使用制限があります。 なので独断で決めずに病院の先生か薬剤師の方に相談するようにしてください。 パテックスフェルビナスター 妊娠中の方の使用はできないとされているので、授乳中にも避けた方が良いでしょう。 湿布の成分に含まれている鎮痛成分のジクロフェナクは吸収性が高く効果は高いですが、その分血液中にも吸収されやすくなる為、授乳中は避けた方が良い湿布になります。 湿布を使用する際に注意すること 湿布を触った後は成分が手についているので、 赤ちゃんを触る前にしっかりと手洗いをしましょう。 湿布から血液に入る量はわずかですが 長時間貼ることで血中濃度が高くなる可能性があります。 長時間使用する際は注意が必要です。 授乳の間隔が空いている場合は、授乳直後に貼ると安心ですね。 まとめ 授乳中には飲み薬にも気をつけなければなりませんが、湿布などの貼る薬も肌から浸透するので注意が必要です。 湿布を使用する際は、授乳中であることをしっかりと伝えて、病院の先生か薬剤師の方に相談して、勧められた湿布を使用するようにしてください。 出産を機に慣れない抱っこや授乳で手首や肩や腰など負担がかかってしまいますが、湿布の長時間の使用や赤ちゃんの触れる部分への使用は避け、注意しながら症状が軽くなるように上手に使ってくださいね。

次の