ゴッホ 展。 ゴッホ展(上野・兵庫)のチケット・混雑・見どころ・口コミは?

ゴッホ展|ローチケ[ローソンチケット] イベントチケット情報・販売・予約

ゴッホ 展

鮮やかな色彩と豊かな表現力で今なお、世界中の人々を魅了するゴッホの展覧会が、東京・上野の森美術館にて好評を博し、2020年3月29日まで兵庫県立美術館にて開催中です。 ゴッホといえば、鮮やかな黄色や青色が印象的で、《ひまわり》や《自画像》で有名ですが、同展では、今まであまり知られていなかった初期の作品から、印象派に出会い、ゴッホ独自の世界を確立するまでが紹介されています。 わずか37歳という若さで旅立ってしまったフィンセント・ファン・ゴッホ(1853-1890)。 農民の生活を描いた作品から、ゴッホが繰り返し描いたモティーフの《糸杉》、《麦畑》などの作品を通して、ゴッホの生涯を辿ります。 ゴッホの作品の中でも「最も美しい作品のひとつ」といわれている名作《薔薇》もみどころとなっています。 今回の「ゴッホ展」は、オランダ・ハーグ美術館のみならず、アメリカ、スイス、スコットランド、デンマーク、イスラエルなど世界10カ国、地域27カ所から集められた作品が集結した大変貴重な機会です。 約50点のゴッホの作品に加え、ゴッホが影響を受けた「ハーグ派」とモネやルノワールなどの「印象派」の画家たちの作品約30点も紹介されています。 後期印象派の巨匠としての地位を築いたゴッホですが、37年の儚い生涯のわずか10年間ほどの画業で、いかにしてゴッホは、色鮮やかな色彩にたどり着き、あふれる生命感を描き出す独特の世界を築いたのでしょう。 同展では、ゴッホが影響を受けた2つの「出会い」の軌跡を辿ります。 ゴッホは、「ハーグ派」との出会いによって、自然観察力や描写力など絵画の基礎を学び、「印象派」との出会いによって、強烈な色彩や、生き生きとした躍動感のある筆触を学んだのです。 また、日本の浮世絵の愛好家としても知られるゴッホは、自分の絵画に浮世絵の要素を吸収しようとしました。 炎のように燃えるエネルギーに満ちた《糸杉》や南仏の光あふれる《麦畑》をはじめ、感動的なゴッホ作品の数々を是非、この機会にご鑑賞ください。 また、ゴッホの弟テオや友人との手紙のやり取りを通してゴッホの心情を探ります。 それでは、展覧会の構成に従って、主な作品を観ていきましょう。 第1部 ハーグ派に導かれて ハーグ派は、1870年から1900年頃にかけてオランダ南西部のハーグを中心に活動した画家たちで、自然の光の下で、オランダの田園風景や農民の日常生活を落ち着いた色調で描きました。 ゴッホは、ハーグに移住し、アントン・マウフェから絵を習い始めました。 ハーグ派の影響を受けた初期の作品では重厚な色彩が多く、農民を力強く描いています。 ゴッホは、貧しい農民たちの支えになることを目指し、絵を描くことで農民たちの暮らしの真実を伝え、貢献したいと願っていました。 《ジャガイモを食べる人々》では農民の生活が見事に描写されています。 フィンセント・ファン・ゴッホ《モンマルトルの家庭菜園》1887 年6-7 月 油彩・カンヴァス 97. 澄んだ青い空に白い雲が浮かび、光を受けたライ麦畑が黄色に美しく輝いている風景画です。 ピサロは初期にはバルビゾン派の影響を受けていたこともありますが、この頃は印象派の描き方になっています。 ピサロはセザンヌと一緒に制作することもあり、温厚な人柄で、若い画家たちの面倒をよく見ていたようです。 ゴッホはテオへの手紙に次のように書いていて、ピサロを尊敬していたことがわかります。 「ここで自然を描くためには、どこでだって同じだが、長い間自然の中にいなければならない。 )なぜなら光は神秘的で、モンティセリもドラクロワもそのことを感じとっていたからだ。 それにピサロも昔そのことについてよく話していたよ。 だけど僕はまだ彼が言うように理想的にはまったく描けない。 」 カミーユ・ピサロ《ライ麦畑、グラット=コックの丘、ポントワーズ》1877年 油彩・カンヴァス 60. 7cm 静岡県立美術館 印象派の巨匠であり、「光の画家」ともいわれるモネの《クールブヴォワのセーヌ河岸》も紹介されています。 豊かな緑が茂った樹木を画面の前面に配置する大胆な構図で、樹木にふりそそぐ光のきらめきや、水面に反射する空や樹々が美しく描かれています。 遠くに見える屋根の赤色が、樹々の緑と対比されて効果的です。 ゴッホは印象派のドガやモネのことを、高く評価していたことが友人への手紙からわかります。 「アントウェルペンでは、僕は印象派が何なのかすらわかっていなかった。 」 クロード・モネ《クールブヴォワのセーヌ河岸》 1878 年 油彩・カンヴァス 50. 南仏の明るい光のもと、澄みきった青い空に白い雲が浮かび、見渡す限り麦畑が広がっています。 「周囲を見渡すと自然の中にたくさんの発見があって、それ以外のことを考える時間がほとんど無いことだ。 」と、ゴッホはテオへの手紙に書いています。 ゴッホは美しい自然の情景に魅せられたのでしょうか?一つのテーマを定めると構図や色のバリエーションを変え、繰り返し同じモティーフを描きました。 空の青色と麦畑のオレンジ色の対比も絶妙です。 de Boer Foundation 1889年、ゴッホは精神を患い、フランスのアルルからサン・レミという小さな村の療養院に移ります。 療養院の外での制作が許可されるようになると、風景画を描くようになりました。 糸杉はサン・レミ時代のゴッホにとって最も重要なモティーフとなり、何度も繰り返し描きました。 この《糸杉》では、晴れ渡った青い空や白い雲や、山、野原も力強い渦巻き状の線で描かれています。 糸杉はまるで燃え上がる炎のように荒々しく、力強く描かれています。 西洋で糸杉は冥界をつかさどる神の象徴とされています。 一方、杉はその寿命の長さから長寿のシンボルでもあります。 糸杉に魅了され、一心に描き続けたゴッホでしたが残念なことに、この作品の制作の翌年に天に召されます。 ,Gift of Pamela Harriman in memory of W. Averell Harriman わずか10年の間に自然派の農民を描く作風から、印象派の影響を受け、色鮮やかな美しい風景を描くようになったゴッホ。 ゴーギャンとの共同生活や、耳切事件などドラマティックな人生を送り、最後は、躍動感あふれる力強い独自の世界を築いたゴッホの感動的な芸術を是非、ご堪能ください。 館長さんが仰った「《糸杉》を見るとみんな泣くんですよ。 感動して。 その翌年には(ゴッホは)亡くなるんですから。 」という言葉がとても印象的でした。 時空を超えて、ゴッホの築き上げた生命力あふれる芸術は、これからも私たちを感動させてくれるでしょう。 2)障がいのある方1名につき、介護の方1名は無料。 抽選の上5組10名様に、ご本人様名記名の招待券をお送りいたします。 この招待券は非売品です。 転売、オークションへの出品などを固く禁じます。 応募先メールアドレス info miramiru. tokyo 応募締め切り 2020年2月17日(月)24:00 1、氏名 2、年齢 3、当選プレゼント送り先住所(応募者の電話番号、郵便番号、建物名、部屋番号も明記) 建物名、部屋番号のご明記がない場合、郵便が差し戻されることが多いため、当選無効となります。 4、ご連絡先メールアドレス、電話番号 5、記事を読んでみたい監督、俳優名、アーティスト名 6、読んでみたい執筆者 7、連載で、面白いと思われるもの、通読されているものの、筆者名か連載タイトルを、5つ以上ご記入下さい(複数回答可) 8、連載で、面白くないと思われるものの、筆者名か連載タイトルを、3つ以上ご記入下さい(複数回答可) 9、よくご利用になるWEBマガジン、WEBサイト、アプリを教えて下さい。 10、シネフィルへのご意見、ご感想、などのご要望も、お寄せ下さい。 また、抽選結果は、当選者への発送をもってかえさせて頂きます。

次の

ゴッホ《ひまわり》が初来日! 『ロンドン・ナショナル・ギャラリー展』、2020年に世界初開催決定

ゴッホ 展

強烈な色彩で人々を魅了し続ける画家、 フィンセント・ファン・ゴッホ(1853-90)。 37年という短い人生のうち、 画家として活動したのはわずか10年間にすぎません。 その短い画業にもかかわらず、 唯一無二の表現を獲得しえた背景には、大きな2つの出会いがありました。 27歳で画家として生きることを決意した ファン・ゴッホをまず導いたのが、「ハーグ派」です。 農村生活を静謐な筆致で描いた彼らから、 ファン・ゴッホは画家としての基礎を学びました。 これまでファン・ゴッホとの関わりの中で 焦点を当てられる機会が少なかったハーグ派ですが、 ファン・ゴッホの画業の中でとても重要な役割を果たしたのです。 その後ファン・ゴッホはパリに出て「印象派」と出会い、 躍動する色彩の虜となりました。 本展では、約50点のゴッホ作品に加え、 マウフェやセザンヌ、モネなどハーグ派と 印象派を代表する巨匠たちの作品約30点や、 ファン・ゴッホが手紙の中で語った言葉を交えながら、 独自の画風にたどり着くまでの過程を掘り下げて紹介します。 兵庫展は2020年3月20日(金)をもって会期終了いたしました。 多くの皆さまにご来場いただき、誠にありがとうございました。 会 場 : 〒651-0073 神戸市中央区脇浜海岸通1-1-1 開館時間 : 10:00~18:00 (金曜、土曜は20:00まで、入場は閉館の30分前まで) 休 館 日 : 会期中無休 観 覧 料 : (税込) 一般 1,700円(1,500円) 大学生 1,300円(1,100円) 70歳以上 0,850円( 0,750円) 高校生以下 無料• 多くの皆さまにご来場いただき、誠にありがとうございました。 会 場 : 上野の森美術館 〒110-0007 東京都台東区上野公園1-2 開館時間 : 9:30〜17:00 (金曜、土曜は20:00まで、入場は閉館の30分前まで) 休 館 日 : 12月31日(火)、1月1日(水・祝) 観 覧 料 : (税込) 一般 1,800円 1,600円 大学・専門学校・高校生 1,600円 1,400円 中学・小学生 1,000円 0,800円•

次の

「ゴッホ展」×「スヌーピー」夢のコラボグッズを産経iDで特別販売

ゴッホ 展

ども、ナビゲーターのビー玉です。 この熱い気持ちを出張レポートにぶつけていきたいと思います。 2020年 ゴッホ展 【ゴッホ展】 上野の森美術館 2019年10月11日(金)〜2020年1月13日(祝) 終了しました 兵庫県立美術館 2020年1月25日(土)〜2020年3月29日(日) 世界中から集結した名画たち!! 過去20年で開催されたゴッホ展は20展弱くらいだと思うんですが、そのほとんどはゴッホの故郷であるオランダ所蔵のもので、ゴッホの代表作ともいえる有名作品が多く来日しておりました。 ゴッホの初期作品から順を追ってみると、いかにゴッホが悩み、様々な画家に影響をうけながら、独自の画風にたどり着いたのが手に取るようにわかります。 兵庫県立美術館では全81作品、そのうちゴッホは47点!!(2月21日から展示予定のもの含む) ゴッホの代表作は少ないですが、ゴッホの軌跡を辿ることのできる展覧会です。 ゴッホらしさを期待して来館するとガッカリしたという方もいらっしゃるかもしれません・・・だけど会場で感想をこっそり聞いていたところ「感動した」「よかった」という方が多かったように思います。 会場はお客さんでいっぱいです!! 今回は事前にチケットを買って行かなかったので、チケット売り場でも10分ほど並びました。 並ぶのは嫌な人は事前購入をオススメします!! 日によっては入場待ちもあるようです。 【入場のご案内】本日夜間開館 10:20現在、 ご入場に5~10分、チケットのご購入に5~10分程お待ち時間を頂戴しています。 会場内混雑しております。 本日20時閉館、最終入場は19時30分です。 お気をつけてお越しください。 — 【ゴッホ展公式】ホッゴさん 2019gogh2020 心配な方は事前に公式ツイッターで確認していくのがいいかもしれません。 ただ、3階のトイレは狭くて、時間によってはやたら混みます。 そういう時は、階段を使って2階のトイレに行くと空いてます。 ロッカー室 ロッカー室はチケット売り場を背にして、ゴッホ展のポスターを右です。 荷物が多い方は預けていくと楽ちんです。 静かだけけど落ち着いていて、リラックスして聞くことができましたよ。 そして、ゴッホの弟で画商テオ役が声優の小野賢章さん。 兄から届いた手紙に答えるという形でテオが作品について解説します。 これ、楽しくて・・・エンターテイメントとして楽しめるガイドとなっております。 さらっと観れば1時間ほどで終わります。 ただ・・・混んでるんです。 全作品をじっくり観ようと思ったら2時間はかかります。 時間に余裕をもって来館いたしましょう・・ 第一章 ハーグ派とゴッホ フィンセント・ファン・ゴッホ Vincent Van Gogh 1853年、ゴッホはオランダのズンデルト村の牧師の長男として生まれました。 幼い頃から強度の双極性障害(躁鬱病)もしくは境界性人格障害を患っていたと言われており、通う学校は次々と退学になり、16歳で画商で働き始めたものの、大失恋がきっかけで無気力となりクビになり、24歳で志した聖職者への道も受験に失敗して挫折・・ 挫折続きのゴッホは27歳の時にようやく画家を目指すのです。 ゴッホが亡くなったは36歳だったので、画家として活躍していたのはたったの10年です。 その10年で2000点以上(油絵は860点)の作品を残しているんです。 そんなゴッホを支えたのが弟のテオです。 テオがゴッホに貢いでいた金額は記録に残っているだけも1800万円。 おそらく総額は2000万円をくだらないと思われます。 だけどテオは、お金を哀れな兄に恵んでいたという訳ではありません。 世界でただ一人兄ゴッホの才能を信じていたんです。 当時酷評されていた印象派の絵を認めた最初の画商がテオだと言われているので、テオは先見の明がある優れた画商だったのでしょう。 お金はあくまでも才能ある画家への援助でもあったのでしょう・・・ ハーグ時代のゴッホ ゴッホは本格的な画家修行をしていません。 この頃のゴッホの絵がこちら ファン・ゴッホ作『農婦の頭部』1885年 ファン・ゴッホ作『器と洋梨のある静物』1885年 色彩豊かなイメージのゴッホとはかけ離れた暗い画風。 ハーグ派とはオランダの自然豊かなハーグ地方で活躍した画家たちの名称。 田園風景や農民の生活を好んで描いていた。 アントン・マウフェ作『雪の中の羊飼と羊の群れ』1887-88年 ゴッホの従姉妹と結婚して、ゴッホに絵の基礎を教えたのがアントン・マウフェの絵です。 オランダの冬の厳しさと、羊たちの熱気が対照的で印象に残りました。 ヨセフ・イスラエル作『縫い物をする若い女』1880年 ヨセフ・イスラエルは「第2のレンブランド」と呼ばれ、テオが才能を認めていた画家の一人です。 窓から入る柔らかい光が印象的。 普遍的な美しさに満ちた絵です。 ハーグ派の影響下で描いていた頃のゴッホは、知識としては知っていましたが、実際にハーグ派の画家の絵を見る機会があまり無かったので、今回の展覧会はとても新鮮で・・・・ もしかしたら、ゴッホがずっとハーグに止まっていたら、精神的にも落ち着いて、サン・ミレの療養所にいくこともなく、後世に名を残すこともなかったかもしれませんが、普通に絵も売れて平穏に人生を終えることができたのかな・・・色の魅力がゴッホを狂わせたのかもしれないなぁ・・なんて考えずにはいられませんでした。 第二章 印象派とゴッホ ファン・ゴッホ作『パリの屋根』1886年 ゴッホの転機は32歳の時、テオを頼ってパリに移り住みます。 そこで、後期印象派の画家たちと交流をもち、影響を受けるようになっていくんです。 ファン・ゴッホ作『アニエールのヴォワイエ・ダルジャンソン公園の入り口』1887年 印象派の特徴である「光を捉える」ためにラフな画風を取り入れ始めた頃のゴッホの絵です。 絵に明るさが出始めましたね! ファン・ゴッホ作『麦畑』1888年 日本の浮世絵にも傾倒し、大胆な構図などが観られるようになってきます。 ゴッホが憧れた画家アドルフ・モンティセリ その頃のゴッホが影響を受けた画家がアドルフ・モンティセリです。 絵具を厚く塗り重ねられていて、そこに光があたってキラキラ。 ゴッホのようなエネルギー溢れる感じじゃなくて、もっと硬質で鉱石のような。 暗闇から宝石の原石が見え隠れしているような・・なんとも幻想的な絵でありました。 これから行く人はぜひ注目していただきたい。 あと・・・ カミーユ・ピサロ作『エラニーの牛を追う娘』1884年 今までピサロの絵は感情があまり読み取れず好みではなかったんですが、これを観てあっさり考えが変わりました!!夕陽が牧草に反射してキラキラ輝いているようで・・情緒があって素敵でした。 ゴッホの詳しい人生は、こちらの記事をご参照ください。 ファン・ゴッホ作『サン=レミ療養院の庭』1889年 ここでのゴッホは激しい目眩や精神的な発作に悩まされながら、窓から見える風景を描写していき、傑作を次々に生み出して行くのです。 今展の目玉のひとつである『糸杉』もそのひとつです。 ファン・ゴッホ作『糸杉』1889年 これでもかというくらい厚く塗りこまれた絵具。 絵ではなく2. 5次元の造形物のように見えます。 遠近法など無視していますが、まるでこの風景が目の前に広がってるような錯覚囚われます。 大地のエネルギーを吸い上げて、燃えているような糸杉。 暴走する糸杉のエネルギーを静かに吸収しながらうねる空とその様子を遠くで見守る昼の月。 いや〜〜〜迫力ありますわ!! わたしの生命力も持って行かれそうになりましたよ。 この絵に理性とか計算とかは感じられず あるのかもですが 、ただただ絵に魂を塗り重ねているような激しさがあります。 ゴッホ展ではゴッホからテオに当てた658通の手紙の一部内容を解説とともに提示していて、ゴッホの当時の心境がうかがえるようになってます。 展覧会の最後にはこのような手紙の内容が・・・ 「そうだ僕は絵に命をかけた。 そのために半ば正気でなくなっている それも良いだろう」1890年7月23日テオへの手紙 ゴッホが死ぬ約1週間前に書かれた手紙です。 ゴッホは生涯独身だったけど、未来に命を繋いだんだなとジーンときました。 ファン・ゴッホ作『薔薇』1890年 グッズ&レストラン グッズ 兵庫でも好評のグッズは、コラボからオリジナルまで展覧会のおみやげにぴったりなものがたくさんだホ!HPもチェックしてみて欲しいホ〜〜! — 【ゴッホ展公式】ホッゴさん 2019gogh2020 (画像出典:ゴッホ展公式HPより) ゴッホの点の図録の表紙は2種類(中身は同じ) 小さいサイズの図録はありませんでした。 今回は利用しませんでしが、海の見える素敵なロケーションなんです。 ジミーです。 いつも楽しいブログをありがとうございます。 ゴッホの生年ですが、たしか1853年だと記憶しております。 何故すぐに気づいたかといいますと絵画鑑賞の時は事前に作者の生年を記憶して鑑賞するからです。 作品の年代から「なんと20代でこんなすごい絵を描いていたのか・・ハァ~」と年齢と作品を合わせて鑑賞する楽しみがあります。 今回のゴッホ展でも1886年 33歳 パリに引っ越しして印象派との出会いで大きく作風がかわった年でもありました。 その後亡くなるまでの4年間で命の限り絵に向き合って真摯にキャンバスに向かっていたゴッホの情念を感じた展覧会でした。 とくに1889年「糸杉」のうねるような筆跡、濃い緑と青い空のみごとなコントラストにゴッホの気迫を感じました。 絵画鑑賞の醍醐味を感じた瞬間でした。

次の