アンリイッシュビースト。 コスモウム

ジャック・ハウル (じゃっくはうる)とは【ピクシブ百科事典】

アンリイッシュビースト

リドルの魔法に対するアズールの発言 ユニーク魔法のモチーフは何? ユニーク魔法「首をはねろ」はリドルのモチーフでもある「不思議の国のアリス」のハートの女王からきていると予想できます。 ハートの女王は自身のタルトを盗んだ疑いでトランプ兵の裁判を行います。 また、ハートの女王が「首をはねろ」とトランプ兵に言い放っているシーンが描かれています。 この2つのエピソードなどから裁く者として「首をはねろ」というユニーク魔法が完成したのではないでしょうか。 リドルのユニーク魔法は実際に対象を裁く効果はありませんが、魔法士にとって重要な魔法を封じることでハートの女王を再現していると予想できます。 薔薇を塗ろう(ドゥードゥル・スート) 魔法の効果 味や色、においなどの要素を書き換える効果を持つ。 「薔薇を塗ろう」は本当に落書き程度の能力? トレイのユニーク魔法「薔薇を塗ろう」は他の魔法と比べると派手さはなく効果時間も短いなどの明確な短所が見られる魔法です。 トレイ自身から「この魔法を落書きと呼んでいる」との発言があるように決して強力な魔法としては認知されていません。 ただし、リドルやアズールのユニーク魔法と異なり汎用性が高く、かなり応用に幅がある優秀な魔法です。 その証拠に本編1章では短時間ではありますが、リドルのユニーク魔法を上書きしケイトにチート扱いされていました。 ユニーク魔法のモチーフは何? ユニーク魔法「薔薇を塗ろう」は「不思議の国のアリス」のトランプ兵からきていると予想できます。 アリスが散歩している庭で薔薇に赤いペンキを塗っているトランプ兵が登場します。 トランプ兵は誤ってハートの女王が嫌いな庭に白いバラを植えてしまったので、赤いペンキを塗ってごまかそうとしました。 しかし、ハートの女王に問い詰められ直後に白いバラを植えたことがばれてしまいます。 このエピソードからユニーク魔法名や「要素の上書き(薔薇に色を塗る)」、「効果時間の短さ(直後に見つかる)」などの効果が完成したのではないでしょうか。 舞い散る手札(スプリット・カード) 魔法の効果 自分の分身を作成する効果を持つ。 分身を作り出す便利なユニーク魔法! ケイトのユニーク魔法「舞い散る手札」は自分自身の分身を作り出すというかなり便利な魔法です。 ただし、分身の作成はある程度体に負担がかかる上に長時間は維持できないなどのデメリットッもあります。 本編では薔薇を塗る作業中に人手欲しさから魔法を使用したり、分身に変装をさせることでサバナクロー寮の悪だくみを阻止しています。 ユニーク魔法のモチーフは何? ユニーク魔法「舞い散る手札」は「不思議の国のアリス」のトランプ兵そのものだと予想できます。 トランプ兵は皆似た容姿をしていて、まるで分身のようなことからユニーク魔法の効果が決まった可能性が高そうです。 ユニーク魔法名の「舞い散る手札」は大きくなったアリスに襲い掛かり簡単にはねのけられてしまうトランプ兵から由来されているのではないでしょうか。 また、ケイトの分身が異なる衣装で現れる点は、トランプのマークや数字が異なることを意識してなのかもしれません。 魔法の効果 契約書にサインをした相手の能力を1つ奪う効果を持つ。 ユニーク魔法による絶対服従の契約書 アズールのユニーク魔法「黄金の契約書」はサインをした相手の能力を1つ奪うという強力な効果を持っています。 加えて、契約書がアズールの手にある場合は破ることもできず、契約違反があった場合には絶対服従状態になるという効果も持っているようです。 ただでさえ強力なユニーク魔法ですが、アズールは契約を枷として本当の魔法の効果を抑えています。 アズールが持つユニーク魔法の本当の効果は「契約書にサインをした相手の能力を全て奪う」という効果です。 あまりにも強力過ぎる魔法の効果によって自身で枷をつけ、魔法の一部を使用しています。 エリックに恋心を抱いたアリエルにアースラは契約を持ち掛けました。 契約は「美声と引き換えに3日間だけ人間にする」・「アリエルがエリックとキスを交わす」という内容で、契約に失敗したらアリエルはアースラのものになってしまいます。 このエピソードから「黄金の契約書」というユニーク魔法が完成したのではないでしょうか。 「アリエルの美声と引き換えに人間にする」という条件を再現するため「契約書によって能力を1つ奪うという」効果を持っていると予想できます。 魔法の効果 相手に本音を喋らせる 本音を喋らせるユニーク魔法 ジェイドのユニーク魔法「かじりとる歯」は対象に本音を喋らせる効果を持っています。 魔法をかけた相手は嘘をつくことができなくなり、問いに対して本心で話してしまうようになります。 あくまで自白を強制する効果であり相手の言動を操作することはできないので、やや使いづらそうな側面もあります。 ユニーク魔法のモチーフは何? ユニーク魔法「かじりとる歯」はジェイドのモチーフである「リトルマーイド」のフロットサムとジェットサムからきていると予想できます。 フロットサムとジェットサムは言葉巧みにアリエルの本心を引き出し、アースラとの契約を持ちかけます。 このエピソードから分かるように本音や本心を引き出すフロットサムとジェットサムを再現するユニーク魔法として「かじりとる歯」が完成したのではないでしょうか。 巻きつく尾(バインド・ザ・ハート) 魔法の効果 対象の魔法をそらす 魔法をそらすユニーク魔法! フロイドのユニーク魔法「巻きつく尾」は相手の魔法をそらす効果を持っています。 そらす方向もある程度は調整できるようですが、フロイド自身の性格も相まって細かな調節をする気はないようです。 状況によっては守るべき金庫に魔法をそらしてしまうなどの味方への損害もあるようです。 本編では召喚魔法で出現した大釜を別方向へと逸らす際に使用されました。 ユニーク魔法のモチーフは何? ユニーク魔法「巻きつく尾」はジェイドのモチーフである「リトルマーイド」のフロットサムとジェットサムからきていると予想できます。 フロットサムとジェットサムは劇中で何度も登場人物に巻きつくことから「巻きつく尾」というユニーク魔法が生まれたのではないでしょうか。 また、ユニーク魔法の効果は「アースラとして登場したヴァネッサがエリックからアリエルへの興味を逸らそうとした」というエピソードががモチーフの可能性も考えられます。 王者の咆哮(キングス・ロアー) 魔法の効果 すべてを砂に変える 全てを砂にする強力なユニーク魔法 レオナのユニーク魔法「王者の咆哮」は全てを砂に変える効果を持っています。 物だけでなく人間も砂に変える効果があり、召使いもレオナのユニーク魔法を恐れています。 レオナ自身は「自分が第一王子であれば強力な魔法を持つ魔法戦士として評価されていたはず」と第一王子へコンプレックスを感じています。 このエピソードから「王者の咆哮」というユニーク魔法が完成したのではないでしょうか。 愚者の行進(ラフ・ウィズ・ミー) 魔法の効果 自分と同じ行動を強制する 自分と同じ動きを相手にさせるユニーク魔法 ラギーのユニーク魔法「愚者の行進」は相手に自分と同じ行動を取らせる効果を持っています。 強制できるのはあくまで動きだけであり、操られいる相手の意識は残っているようです。 また、魔法自体は複数人に仕掛けることができますが、その分体への負担は大きくなってしまいます。 ユニーク魔法のモチーフは何? ユニーク魔法「愚者の行進」は魔法使用時に「ヌーの群れみたいに~」という口上がとあります。 このことからおそらく「ライオンキング」のヌーの群れを暴走させたシーンであると予想できます。 魔法名はカーを讃えてハイエナ(愚者)が行進していた場面から取られているのではないでしょうか。 原作は狼が主人公ですが、映画化の際には少年が主人公になっており、この設定変更辺りが人から狼に変わる点に関係している可能性があります。 この作品でも狼(人狼)が出てくることから関連性があるかもしれません。 一時期、ライオンキングが盗作を行ったとして話題になったことがあり、ライオンキングと関連しています。 しかし、トラブルになったことを元ネタにするとは考えにくく、こちらはただの偶然である可能性が高いです。

次の

コスモウム

アンリイッシュビースト

食人と聞くと、とても信じられないと思うかもしれません。 しかし、歴史を紐解くと個人単位で食人を行うケースは決して少ないわけではありません。 「ブルックリンの吸血鬼」という異名で知られるアルバート・フィッシュや、「ロストフの殺し屋」という異名を持つアンドレイ・チカチーロ、「パリ人肉事件」の犯人である佐川一政など、連続猟奇殺人鬼などにまれに見られます。 ほかにも「ひかりごけ事件」などやむにやまれぬ事情から食人におよぶ事件もありました。 ただ食人 カニバリズム 行為自体は現代では多くの文化でタブー視されています。 今回はそういった事例を除いた、集団が食人を行った例、すなわち実在する「人喰い族」について紹介します。 その中でもグルポカ山の麓、コレコレト村にはヒマカベ族という小さな部族が住んでいます。 ヒマカベ族は全身を白塗りにし、「モコ」と呼ばれる、葉っぱでできたふんどし一丁で踊る「モコモコダンス」のショーを行って観光客をもてなします。 しかしヒマカベ族にはかつて食人の習慣があり、グルポカ山には人の死体を解体して食べる儀式を行うための洞窟があります。 ヒマカベ族いわく「一番おいしいのは日本人の肉」だそうです。 イロマンゴ島はその中でもタフェア州最大の島で、2000人ほどの人口を有しています。 現在ではイロマンゴ島という表記が一般的ですが、かつては「エロマンガ島」という表記もされていたことから日本では珍しい地名として有名です。 イロマンゴ島はかつて人口が1万人を数えるほどだったと言われ、島内に3つの言語があり、いくつもの部族が争っていたと言います。 敵対する部族は争いを続け、家畜として人間を飼育して食べていたと言われています。 18世紀にイギリスとフランスの共同統治領となっていましたが、実質上はほとんど管理されておらず、島民の教化のために派遣された宣教師が部族によって殺害され、食べられるという事態が相次ぎました。 白人の肉はポリネシアの人々よりもまずいという、島民の記録も残されています。 入植者の持ち込んだ伝染病や奴隷売買によって人口が激減し、キリスト教による教化も進んでいるために現在ではイロマンゴ島固有の文化はほぼ途絶え、食人も途絶えています。 マルキーズ諸島にはポール・ゴーギャンの墓があるヒバオア島があるほか、ヌクヒバ島も『白鯨』で知られるハーマン・メルヴィルのデビュー作『タイピー』の舞台として知られています。 そんなヌクヒバ島で、人喰い族による事件が発生しました。 ドイツ人旅行者のステファン・ラミンとガールフレンドのヘイケ・ドルシュが、現地ガイドであるアンリ・ハイチの案内で森の中へ分け入ったところ、アンリはドルシュを鎖で木に縛り付け、性的な暴行を加えようとしました。 ドルシュはアラームを鳴らすことでアンリを遠ざけ、自力で脱出しています。 しかしラミンはアンリによって行方不明になってしまい、ドルシュの通報によって1週間以上も捜査されましたが、ついに見つかりませんでした。 アンリのものだと思われる焚き火跡からは焼けた肉の匂いが漂い、人間の歯や骨、溶けた金属が見つかったため、現地の検察官はアンリによってラミンが食べられてしまったのだろう、と結論を出しています。 アンリはヌクヒバ島の先住民族であるカイオイ族の戦士であり、食人の風習に従ったものだと考えられます。 naver. 幼い頃は父の手伝いをしていましたが、生来の怠惰で粗暴な性格から家を出ます。 そこでビーンは自分と同じくらい性悪の女性と出会い、スコットランド南西部のギャロウェイ 現在のサウス・エアシャイア にある海沿いの洞窟で暮らすようになりました。 正規の労働を嫌う彼らは日々の生活のために洞窟を通りかかる旅人を襲い、金品を奪って生活の糧としていました。 しかしそれだけでは充分に生活を営むことができなくなったため、やがて殺した旅人を食べるようになっていきます。 ビーン夫妻の間には8人の息子と6人の娘がいました。 そして息子と娘は近親相姦を繰り返し、ビーン夫妻からすれば孫にあたる18人の息子と14人の娘を授かり、ビーン一族は合計で48人にまで膨れ上がります。 ビーン一族はまともな教育も受けず、理性もない獣のような有り様で、旅人を襲っては殺人と解体を繰り返しました。 一族の犯行は計画的で、25年にわたって犯罪が露見せず、周辺で旅人が行方不明になっているにも関わらず、前科のある者が無実の罪で逮捕されるなど捜査は難航していました。 ですがある日、1組の夫婦のうち夫を取り逃がしたことで犯罪が露見し、当時のイギリス国王ジェームズ1世が400人もの兵士を率いて全員を逮捕、裁判も行わず極刑に処しました。 ビーン一族による被害者数は推定で300人以上、1500人にも達するという見解もあります。 島の原住民が話すラパ・ヌイ語では「ラパ・ヌイ 広い大地、大きな端 」と呼ばれます。 誰しもが連想するであろう、人の顔面の像を模した巨像「モアイ」は10世紀ごろから17世紀にかけて作られたと言われています。 そんなイースター島には、各部族の酋長が島の神話に従ってグンカンドリ 現地語ではマヌ・タラ の卵を部下に取りに行かせ、最も早く取ってきた部族の酋長が「鳥人 タンガタ・マヌ 」として島の宗教的・政治的な実権を握るという、「鳥人儀礼」が行われていました。 そして鳥人となった酋長は祝宴として、鳥人儀礼に負けた部下など数名の生贄を食べていたというのです。 食人儀礼が行われたのは「アナ・カイ・タンガタ」という洞窟です。 ラパ・ヌイ語では「アナ」が「洞窟」、「カイ」が「食べる」、「タンガタ」が「人間」なので、直訳すれば「人を食べる洞窟」となります。 人を食べることでその人の霊力 マナ を取り込み、鳥人の霊力を高めることを目的としていたようですが、イースター島は決して食料事情が恵まれた島とは言えません。 モアイ建造のために多くのヤシの木などを切り払ったため、より逼迫していたと言っていいでしょう。 そのため食人儀礼も、やむをえない事情があったと思われます。 鳥人儀礼、食人儀礼は1866年に廃止され、現代には伝えられていません。 museum. 『歴史』の記述には「アンドロパゴイの風俗は世にも野蛮なもので、正義も守らなければ、なんの掟も持たない。 遊牧民であり、服装はスキタイによく似たものを用い、独特の言語を持つ。 周辺のタウロイ、アガテュルソイ、ネウロイ、メランクライノイ、ゲロノイ、ブディノイ、サウロマタイら諸族の中では唯一、人肉を食す。 」とあり、アンドロパゴイ人が食人に及んでいたことが示されています。 風俗には謎の点も多いですが、アンドロパゴイ人の「独特の言語」とはスキタイの言葉ではなく、北方のフィン系のものであると考えられています。 『歴史』では他にも食人の風習のある民族としてカスピ海の東部に住むマッサゲタイやカザフステップに住むイッセドネスを挙げています。 history. アメリカではドナー隊 ドナー・リード隊 と呼ばれる開拓民の一団が、集団で食人に及ぶ悲劇を経験しています。 ドナー隊はアメリカ東部のミズーリ州から西部への移住を目指す500台もの幌馬車とその家畜の一団です。 当時東部から西部への移動にはおよそ4から6ヶ月ほどかかり、最後の難所である豪雪地帯シエラネバダ山脈にいつ足を踏み入れるかが鍵となりました。 9月以降の豪雪期は論外ですが、春になり雪が溶けることでぬかるんだ状態で入ると馬車や家畜の足を取られてしまいます。 その点ドナー隊は残念ながら出発が遅れ、1846年の8月に出発しました。 しかもドナー隊の多くは専門知識を持たず、馬車を牛が引いていたために移動速度も遅く、シエラネバダ山脈へ到達するころには10月になっていました。 砂漠を迂回するか、冬の山越えをするかの選択を迫られたドナー隊は山越えを選択して案の定遭難し、標高2000メートル地点のトラッキー湖畔で冬を越すこととなります。 隊は分裂、2度に及ぶ救援隊も大きな効果は見せませんでした。 山中にあった物資集積所も野生動物によって荒らされるなど、ドナー隊内の食料不足は深刻化し、食人が横行し始めます。 ドナー隊のうち、山脈に入ったのは87人、生存者はそのうち48人でした。 生存者のうちルイス・ケスバーグは完全に正気を失い、干し肉がまだある、極限状態でもないのに食人に手を出してしまいます。 救助後ケスバーグはただちに尋問にかけられ、殺人および食人の容疑をかけられましたが最後までケスバーグが否認し、後に釈放されます。 その後ケスバーグは酒に酔うたびに、人を食べたときの思い出を語って聞かせたと伝えられています。 gregorius. 民衆十字軍など様々な種類・規模の十字軍が組織されたため、正確に何度遠征したかは諸説分かれますが、公式には7回から8回が定説とされています。 また当時の情勢により組織された事情や遠征先も異なり、エジプトや北アフリカへ遠征した例も見られます。 そんな十字軍ですが、聖地奪回という大義名分こそあれ諸侯が領土拡張に用いたり、女性や子どもが隊列に加わるなどその内実は粗末なものでした。 特に兵站への意識が薄いこともあり、食料などの物資は現地で調達することもありました。 そのために悲劇が起きてしまったのが、第1回十字軍による「マアッラ攻囲戦」です。 城壁の占領に伴い、マアッラの守備兵は市街へ退避、十字軍も城壁で一時休息を取る予定だったのですが貧しい兵士が市街で略奪を開始してしまいました。 マアッラはおよそ1ヶ月にわたって十字軍の手により略奪と破壊を繰り返され、飢えた兵士は犠牲となったマアッラ市民の死体を食べ始めたと記録に残されています。 十字軍と対話を重ね、その歴史を記述した歴史家のエクスのアルベールはこのマアッラ攻囲戦について、「キリスト教徒は殺したトルコ人やサラセン人を躊躇せずに食べたのみならず、犬まで口にした」と述べています。 yahoo. 当時のアステカでは「やがて太陽が消滅する」というある種の終末思想が太陽への信仰が行われており、人間の心臓を「チャックモール」と呼ばれる石像に捧げることでその消滅を先送りにする人身御供の儀式を行っていました。 そして残った人体を地面へ投げ捨てて切り刻んで当時の上流階級へと配布し、トウモロコシと一緒に煮込んだ「ポソレ」という料理を作り、トルティーヤ トウモロコシの粉で作った薄焼きのパン と一緒に食べていました。 ポソレは当時のアステカにとって神聖な料理であり、食することで太陽の力を得ることができると考えられていたようです。 人類学者のマイケル・ハーナーは当時のアステカの食料事情が貧しく、タンパク質を摂取するために食人を行っていたと考えましたが、当時のアステカでは大型の家畜を飼育する環境もあり、農業生産も盛んに行われていたために、その説は否定されています。 同様に食人の風習は先コロンブス期のメソポタミアでは広く行われており、コロンブスやシュターデンなどの探検家は現地の食人の風習を記録しています。 ちなみにメキシコでは今でもポソレを食べることができます。 もちろん人肉ではなく、主に豚肉を使っています。 カニバリズムがタブー視されるようになったのは、栄養学的な側面や「クールー病」などの病気を招くなどの理由もありますが、最も大きいものとしては、人が集団生活を行うにあたり宗教などによって道徳や倫理が整備され、タブーとして定められたからに他なりません。 故に宗教などが普及する以前、古代の世界では食人行為は広く行われていました。 先に述べたメソアメリカ文明やオセアニアの古代文明などを始め、キリスト教化以前のヨーロッパでも例外ではありません。 スペイン北部にあり、ヨーロッパで最も初期の人類の遺骨や石器などが出土されたアタプエルカ遺跡では食人の痕跡が見つかっています。 当時のヨーロッパではシカやイノシシなどの狩猟が盛んに行われ、食料事情は逼迫していませんでした。 恐らく敵対した部族の死体を食べていたと考えられています。 また東京都品川区・大田区にある大森貝塚でも、イノシシやシカなどの骨と混在する形で人の骨が見つかっています。 大森貝塚を発見したエドワード・S・モースは『大森貝塚』において、発見された人骨は他の獣の骨と同様に髄を取るか、煮込みやすいように加工するために折られていたと記しています。 ほかにも骨と筋肉を分離するために石器などを使って強引に引っかいたような跡が出土した骨に残されていたそうです。 つまり儀式的な目的でなく、純粋に食べるために人間の身体を加工していたということです。 この発見は日本にも食人文化があったことを示しますが、奇妙なことに『古事記』などの文献には食人を示す記述は見られません。 日本では私たちが知っての通り、しっかりとした葬送の文化があるほか、食人の名残である「骨かみ」の風習が残る地域もあります。 この事実は古代のある時点で食人の風習が断絶し、わずかに名残があるのみだということを示唆しています。 まとめ 今回はかつて集団で食人行為を行った「人喰い族・集団」を紹介しました。 やむにやまれぬ事情や、宗教や文化などと密接に関わった事情、あるいは単なる食生活の一環など、当時の人々が食人に及んだ事情は様々です。 しかし当時は私たちのものとはまったく異なる常識や考え方が前提となっていたことは忘れてはいけません。 事の本質を理解するにはただ忌避するだけでなく、事情を汲む必要があるでしょう。

次の

ファンタスティック・ビーストと魔法使いの旅

アンリイッシュビースト

概要 [ ] 人間の獣性から生み出された、災害の獣どもの総称。 ビーストの形は一つではなく、獣性に親和・適合した存在がビーストになる。 そもそも人類悪とは、文字通り人類の汚点であり、人類を脅かし、人類を滅ぼす七つの災害を指している。 言うなれば人類史に溜まる澱みであり、人類が発展するほど強大な存在となって、その社会を内側から食い破る人類種の癌細胞のようなもの。 そして、「文明より生まれ文明を食らうモノ」「霊長の世を阻み、人類と築き上げられた文明を滅ぼす終わりの化身」とも言われる。 これは聖杯と由来を近しくする「救世主が持ち去った人類の七罪」ではなく、人が人であるが故の性質・知恵持つ生き物であるが故の切り捨てる事の叶わないモノである。 全人類が内包しているであろうこの大いなる悪に誰も克つ事はできず、知恵を人類が捨てられないのと同じく、悪もまた捨てることができない。 なぜならその在り様は敵意によって人類を滅ぼそうとしたのような復讐者や、のような人類に仇なす人外とは完全に逆だからである。 彼女たちが人類「を」滅ぼそうとする悪(外的要因)なら、ビーストは人類「が」滅ぼす悪(内的要因)だといえる。 人類「が」滅ぼす悪。 その人理を脅かすものの本質は人間への悪意という一過性のものではなく、人理を守ろうとする願いそのもの。 即ち、 人類愛である。 曰く、より善い未来を望む精神が今の安寧に牙を剥き 、やがて、英霊召喚の元になった人類の自滅機構・即ち自業自得の死の要因(アポトーシス)となる。 実際、顕現したビースト達の思想は 形や方向性はどうあれ 慈しみと幸福への願いに溢れた眩いものとも見ることができる。 当然これも霊基として存在し、顕現するが 、全てが通常のサーヴァントでは到底太刀打ち出来ないレベルの強さを持つ。 これが地球上に完全に顕現してしまった場合、その打倒のために・人類の安全装置としてのサーヴァントが召喚される。 加えてビーストのうち何体かには『対』の概念があり、右と左、陰と陽のように複数に分かれたセットとして存在している 模様で、 その『対』となる片割れが顕現し打倒された場合、重りを取り除かれた天秤が傾く様にもう片割れが自然に目覚め顕現することになる。 これまで登場したのは以下の8体。 『』ではビースト毎にクラス相性の特性が異なっており、 がセイバー、アーチャー、ランサーに対して有利、バーサーカーとは互いに弱点を突き、ライダー、キャスター、アサシンに対して不利、アヴェンジャーに対して与ダメージ不利という相性、 がすべてのクラスに対して等倍という相性、 がアルターエゴとムーンキャンサーに対して不利、他クラスは等倍という相性、 がアルターエゴとフォーリナーに対して不利、他クラスが等倍という相性を持つ。 また、は共通して獣属性であり、星属性と相克する。 メモ [ ]• ビーストはそれぞれに「 原罪」を持つ。 キリスト教にいう原罪とは創世記第3章に記されたアダムとイヴが犯した罪のこと。 ビーストはそれぞれに「 理」を持つ。 とは『愛欲』の理を持つが、キアラやカーマは「『快楽』の理を持つ第三の獣」と名乗っているため、『対』の概念が存在するビーストには共通の理と固有の理の2つを持つと思われる。 は「謂れのない憐憫は悪の一つであり、 謂れのない慚愧も、また悪の一つ」と語っている。 「 単独顕現」はビーストのみが持つ特性とされている。 2019年現在姿の判明しているビーストは共通して「 角が生えている」という外見上の特徴がある。 ヨハネ黙示録第13章に記される黙示録の獣のうち、第1の獣は「角が十本、頭が七つ」あり、第2の獣は「小羊のような角が二つ」あるとされている。 に角が生えていないのはビーストの幼生であるためと思われる。 人類悪と呼ばれる者、自らを人類悪と呼ぶは既に何名か出ている。 生粋の人類悪と言われた、自らを人類悪と称したの本体である金毛白面など。 BBの所業は人間的でありながら、人間としての情を持たぬ排斥の宇宙(ソラ)だと英雄王が語っており、「人類愛」という情によって引き起こされる人類悪とは異なる性質であるところが「まったく新しい」と言われる所以か。 TVアニメ版『UBW』にてが語るところによれば、も「人間を呪い殺すことのみに特化した人類悪の一つ」であるらしい。 奈須きのこによれば、このギルガメッシュの発言と、FGOのクライマックス、そして「R」の中でのとある言及がシンクロする予定であったという。 『Grand Order』でのクラスアイコンは赤黒く禍々しい花の様な造形。 穴が七つ空いており、そのうちビースト毎に異なる一ヶ所が赤く灯っている。 灯った箇所が自身の立ち位置及び該当する理を指し示している。 『Grand Order』での戦闘突入時にはとも異なった専用の演出が用意されており、それぞれ異なる背景をバックに ADVENT BEAST 「人類悪 顕現」と表示される。 『深海電脳楽土 SE. PH』でのBBとの初戦闘の際にも ADVENT BEASTと表示されているようだが、桜色のノイズでかき消されており、「人類悪 顕現」とは続かない。 『深海電脳楽土 SE. 地球の内核に到達し、溶け合った時が羽化となる。 この事情から戦闘時の演出では ADVENT BEAST 「人類悪 変生」と表示される。 この為、戦闘時の演出では Starry Heavens 「人類悪 氾濫」と表示される。 はビーストの一体にカウントされているが、その在り様は他のビースト達と比較しても、ビーストの基本原則として公開されている情報に照らし合わせてもかなり異質である。 人が他人と比較する、言い換えれば「競争する」という事象の表れでもある「比較」という理そのものは、某との例に代表されるように人類文明の発展には絶対に必要不可欠な要素であることは間違いなく、これを「人類をより良い方向に導く方向性」と解釈すれば人類愛の一種であるとは言える。 他のビースト達が「各々の理念に従って 人類を変革すべく能動的に動いた結果人類悪と化す末路を辿った」存在であるのに対し、現状彼一人だけが「現世に存在しているだけでいずれビーストに"なってしまう"」という 受動的な形でビースト化する存在として登場しているという点。 他にも、他のビーストが「サーヴァントやそれに類する霊的存在として顕現する」「活動継続不可能なダメージを叩き込まれる形で討伐される」「最終的に消滅する」中、彼のみが「現代に生きている生命体として登場する」「蓄えた魔力を他者のために使いつくして自ら倒されたと宣言する」「倒されたにも関わらず健在で、一個の生命体として未だ活動を続けている」等の点が差異として挙げられる。 どうやら「人類をより良いと感じた方向へ導くよう動く」という条件さえ満たせば、無機物だろうがなんだろうが人類悪たり得てしまうということらしい。 『Grand Order』のにビースト特攻効果を付与する絆Lv10時の礼装「最後の欠片」においては、フレーバーテキストとして「 それは人類悪を嗤う必要悪。 ささやかな平和を築くための安全機構。 」という文章がある。 「人の世を今より善きものにしようとする」人類悪が「人の世を永劫呪い続ける」必要悪に弱いのは、ある種当然の帰結であるが皮肉極まりない因果である。 『蒼銀のフラグメンツ』と『Prototype』の戦いを終えたは『原種』なるモノが目覚めたことを知らされ、『L』の瘴気と『R』の残り香を追跡している。 シオンによると、人類の滅びの原因として何度かアトラス院の演算結果に出てきていたらしい。 脚注 [ ] 注釈 [ ]• PH』 -閉幕-より。 『口語 新約聖書』日本聖書協会、1954年• - 4Gamer. net•

次の