イルミナティ マスク。 イルミナティカードに武漢コロナウイルスがあった│気になる情報

コロナパンデミックはスマートシティを作るために起こされた

イルミナティ マスク

この記事の目次• イルミナティカードとは 出典: イルミナティカードとは、1982年にスティーブ・ジャクソン・ゲームズ社から発売された近世の秘密組織「イルミナティ」をカードゲーム化したものです。 各プレイヤーが自分の支配組織に小組織を取り込んでいき、支配領域を大きくしたら勝利というものです。 このカードゲームは秘密結社の名前であり、「世界を支配している」、「世界を操っている」とも言われているイルミナティがモデルになっていることで注目され、さらにこのカードの絵が世界の重大事件を予言していると言われていて、都市伝説マニアから熱視線を送られているんです。 イルミナティカードの予言一覧 出典: イルミナティカードが予言していたと言われる今までの世界重大事件を一覧にしてまとめました。 ・新型コロナウイルスのパンデミック ・新型コロナウイルスは武漢発である ・アメリカでデモが起こる ・2001年のアメリカ同時多発テロ ・2011年の東日本大震災 ・2011年の日本の原発事故 ・トランプ大統領の出現 ・東京オリンピックの延期 ・ピザゲート事件 ・ダイアナ妃の事故死 ・月面着陸のデマ これらのことをイルミナティカードは暗示し予言していたと言われています。 これらの世界の重大事件を予言していたとすれば、これは偶然では済まされません。 さらに、イルミナティカードはイルミナティが裏で手を引いていて、世界はイルミナティが動かしている・支配しているのではないでしょうか。 2019年末に中国の武漢で発生し、世界的なパンデミックとなった新型コロナウイルス。 それをイルミナティカードは、既にこの新型コロナウイルスのパンデミックを予言していました。 イルミナティカードには、N95っぽいマスクと手袋、さらに「QUARANTINE(検疫)」と書かれています。 まさに、2020年の新型コロナウイルスのパンデミックを予言していると言って良いでしょう。 ただカードのタイトルは「Epidemic」と書かれています。 2020年5月末時点で新型コロナウイルスの感染者は世界で600万人以上ですのでイルミナティカードの予言以上・予言を上回る状態になっていると言って良いでしょう。 こちらのイルミナティカードに書かれているの建物とそっくりな建物が武漢にあるんです。 出典: また、新型コロナウイルスはコウモリが媒介しているとも言われています。 武漢の建物とコウモリが書かれたイルミナティカードを見ると、新型コロナウイルスは武漢発であることを予言していたと言えるのではないでしょうか。 カードのタイトルは「Plague of Demon(悪魔の疫病)」です。 また、こちらのイルミナティカードも武漢発の新型コロナウイルスを予言し禎太と言われています。 出典: こちらは研究所爆発のカードですが、この形が武漢市にそっくりなんです。 さらに、新型コロナウイルスは武漢の研究所から漏れ出したもので、結局はデマだったようですが、その武漢のウイルス研究所がバックはされたという噂もありましたよね。 こちらのイルミナティカードは黒人を白人の軍人や警官と思われる人が押さえつけています。 そして、それと同じ状態の事件がアメリカで起こり、暴動に発展しました。 アメリカのミネソタ州で丸腰の黒人が警官に8分間にわたって押さえつけられ、その後に死亡したという事件がありましたが、それに抗議する人たちが暴動を起こし、それは全米に広がっていったんです。 11テロ 出典: イルミナティカードが予言したことの4つ目は、2001年に起こった同時多発テロです。 2001年9月11日に、アメリカで同時多発テロが起こり、全世界を震撼させました。 この同時多発テロもイルミナティカードは予言していたんです。 まず、2つの高層ビルの1つに爆発が起こっている「Terrorist Nuke」。 これは、ニューヨークのマンハッタンにあるワールドトレードセンターに飛行機が激突した様子と酷似しています。 さらに、「Pentagon」というカードでは、五角形の建物が燃えています。 アメリカの同時多発テロではアメリカ国防総省のペンタゴンにアメリカン航空77便が激突し、ペンタゴンが炎上しました。 これを予言しているカードが「Pentagon」です。 この2つのイルミナティカードがアメリカの同時多発テロ(9. 11テロ)を予言していたと言われています。 ちなみに、アメリカの同時多発テロ発生は2001年ですが、このイルミナティカードは1995年に作られています。 こちらの 「Tidal Wave(津波)」はとんでもない高さの波が近代的な建物を飲み込もうとしています。 これは、日本で起こった東日本大震災による大きな地震と、それによって起こった津波を予言しているのではないかと言われています。 さらに、このカードを上下逆にすると、「311」という文字が浮かび上がるとも言われています。 東日本大震災の津波によって東京電力の福島第一原子力発電所は電源を喪失し、大事故を起こすことになります。 その事故をイルミナティカードの「Nuclear Accident」が予言していたというのです。 イルミナティカードの予言では、東日本大震災の津波と原発の2つはセットで語られることが多いです。 また、上のカードの津波が飲み込もうとしているのは、福島の原発ではないかとも言われているんです。 トランプ大統領は、大統領選挙時ははっきり言えば、不利な状況でした。 ほとんどの人が、ヒラリー・クリントンが次期大統領になると思っていたはずです。 でも、下馬評を覆し、当選しました。 当時は、「まさか、トランプが大統領になるなんて!?」とたくさんの人が思ったはずです。 でも、トランプ大統領の出現をイルミナティカードは予言していたようです。 この「Enough is Enough」というカードの顔がトランプ大統領に激似ですよね。 「Enough is Enough」の意味は、「もうたくさんだ」とか「いい加減にしろ」という意味です。 いかにもトランプ大統領が発言しそうな言葉ですよね。 このイルミナティカードは、トランプ大統領の出現だけでなく、トランプ大統領の性格・発言傾向まで予言していたことになります。 こちらの「Combined Disasters」が東京オリンピックの延期や中止を予言していると言われています。 このカードの人たちは、オリンピックの5輪の色を表している。 そして、カードの上部にある時計台は東京の象徴の1つとも言える銀座和光の時計台にそっくりです。 出典: そのため、これは東京オリンピックを示しているのではないかと言われています。 カードのタイトル「Combined Disasters」、意味は複合災害です。 新型コロナウイルス以外にも時計台が爆破されていることから、東京オリンピック中にテロが起こるのではないかとも言われています。 東京オリンピックは果たしてどうなるのか?真実はこのイルミナティカードのみが知っていると言えるでしょう。 ピザゲート事件は、日本人にはあまりなじみがないかもしれませんね。 ピザゲート事件とは、Wikipediaによると、「2016年アメリカ合衆国大統領選挙の期間中に広まった、民主党のヒラリー・クリントン候補陣営の関係者が人身売買や児童性的虐待に関与しているという陰謀論」とのことです。 なぜピザゲート事件と呼ばれるようになったのか?それはクリントンと親しいピザ屋で人身売買などの秘密の会合が開かれていると噂されたからです。 それにアメリカの有名な汚職事件の「ウォーターゲート事件」を掛け合わせて、「ピザゲート事件」というわけです。 このピザゲート事件は完全なるデマで相手陣営の陰謀だったことが証明されていますが、ピザゲート事件が起こることをイルミナティカードは予言していました。 イルミナティカードの「Pizza for the Secret Meeting」なんて、ピザゲート事件を予言する以外にありませんよね。 このダイアナ妃のイルミナティカードは1994~1995年にかけて作られたものです。 そして、ダイアナ妃が亡くなったのは1997年のことです。 ダイアナ妃は1996年に離婚し、パパラッチに追われる形でパリ市内を猛スピードで走り、運転手が運転を誤って中央分離帯に激突し、ダイアナ妃は死亡したのです。 ダイアナ妃はパパラッチに殺されたとも言うことができますが、そのパパラッチに殺されることを予言したのが、このイルミナティカードなんです。 ダイアナ妃の後ろにマスコミがカメラを構えていますよね。 ダイアナ妃が亡くなった後にこのカードができたなら、こんな予言があるとは言いません。 亡くなる数年前にこのイルミナティカードが作られていたと思うと、ちょっとゾッとしますよね。 NASAは1969年にアポロ11号の船長ニール・アームストロングと月着陸船操縦士エドウィン・オルドリンによって、月面着陸を達成しています。 しかし、全世界で月面着陸はこの1回のみであり、それ以降は何度も宇宙に行きながらも、月面着陸は行われていません。 この月面着陸は実は嘘であり、月面着陸の映像は、実はハリウッドのスタジオで撮影されたものという説があります。 月面着陸が嘘というのは、ずっと言われていたことですが、ここまではっきりと書かれているのは、イルミナティカードの予言と言えるのではないでしょうか。 イルミナティカードは第三次世界大戦を予言している? 出典: イルミナティカードはいろいろな重大事件を予言してきましたが、まだまだ起こっていない重大事件もあると言われています。 その1つが第三次世界大戦です。 イルミナティカードの中に「World War Three」というカードがあります。 第三次世界大戦のカードです。 イルミナティカードは、ここまでたくさんの予言を当ててきました。 ということは、この第三次世界大戦の予言も当たるかもしれないということになります。 「さすがにそれはないでしょ」と思うかもしれません。 でも、考えてみてください。 誰が新型コロナウイルスのパンデミックが起こると思いましたか?日本で緊急事態宣言が出され、外出を自粛せざるを得なくなり、東京オリンピックは延期、学校は休校、プロ野球の開幕も延期、世界ではロックダウン・外出禁止令が出ているところがある。 こんな事態になるなんて、誰が考えたでしょうか? だから、イルミナティカードが予言する第三次世界大戦が起こらないなんて、決めつけることはできないのです。 むしろ、新型コロナウイルスがきっかけで、アメリカと中国の対立が深まり、第三次世界大戦が起こる可能性は高まっています。 イルミナティカードは約500種類ありますので、すべてのカードの予言が起こっているわけではありません。 これから起こる予言もあるのです。 どんな予言が的中するのかはある意味ワクワクしますが、今まで的中した予言を見ると、予言は的中しないでもらいたいですよね。 イルミナティカードのまとめ イルミナティカードの基礎情報とイルミナティカードの予言一覧、予言のカードと詳細をまとめましたが、いかがでしたか?.

次の

日本が終わるって本当?イルミナティカードによる未来の予言とその目的

イルミナティ マスク

志村けんの新型コロナ感染死は偽装!?不可解だらけの死 志村けんが亡くなったのは、 3月17日に症状をうったえてから、わずか12日後で、 PCR検査で陽性と判明してから、6日後でした。 志村けんさんは、 4年前に肺炎で入院してから、大好きだったお酒はタバコは、かなり控えるようになっており、死の直前には禁煙していたそう。 志村さんのような愛煙家が、新型コロナで亡くなったという話は、正直聞きませんよね。 最近では、愛煙家の方が新型コロナに感染しずらいという研究結果も出ている様子。 WHO、フランスの『喫煙者は新型コロナに感染しにくく、重症化しにくい」の研究結果を認めたくないもよう〜ネットの反応「中国でも全く同じ研究結果を発表してたろ。 それほど感染力が強いウイルスであれば、入院先だったが封鎖されるレベルではないでしょうか。 志村さんの処置にあたった医師や看護師が、感染したという情報は一切ありません。 志村けんはイルミナティ!?驚くほど多いフリーメイソンとの共通点 謎が残る志村けんの死は、イルミナティが関わっている可能性が浮上しています。 その根拠として、彼の持ちネタで披露する仕草が、イルミナティ(フリーメイソン)と共通していることが挙げられます。 フリーメイソンはイルミナティに属している。 ナイキのスニーカーのベロの内側に テスラの秘数術の369とプロビデンスの目。 つまりプロビデンスの目を示しているんですね。 ヘブライ語のアルファベットは それぞれが、数字を表す。 企業の広告やMVなどで、プロビデンスの目を表現しているセレブや有名人は多く存在しています。 日本では、きゃりーぱみゅぱみゅなどが、同様のポージングを良くしていることから、イルミナティではないかと、噂されています。 🗿片目隠しはイルミナティに媚び売ってるって事だしそれは芸能界に媚び売ってるって事になるのでは? 陰謀論好き — ぴぴ mrmrmorimori8 更に、この 「アイーン」のポーズは、フリーメイソンの集会で行われるジェスチャーで、 「秘密を守らなければ喉を掻き切られる」ことを意味するそう。 実はこの仕草も、フリーメイソンが儀礼としてい行う仕草(下図参照)とそっくりなんです。 もっと探せば、彼とイルミナティに共通する部分が、もっとあるかもしれません。 儀式で行うジェスチャーなど、我々の知る由もないものですが、国民的スターが披露した芸と、フリーメイソンのジェスチャーにこれほど共通点があるは、果たして偶然なのでしょうか。 志村けんだけじゃなかった!ザ・ドリフターズとイルミナティの関係 イルミナティ(フリーメイソン)との共通点が、多く見られる志村けんですが、その経緯をたどると、彼がメンバーだった、「ザ・ドリフターズ」が関係しているようです。 芸能界入りする前のドリフターズは、GHQのキャンプで演奏を行い活動していました。 ザ・ドリフターズの代表曲である「いい湯だな」は「いいユダヤ」にかけて作成されたそう。 そして、 ザ・ドリフターズのリーダー、いかりや長介は、アフリカにいるイルミナティの幹部に会いに、頻繁にアフリカへ行っていました。 8時だヨ全員集合のエンディングで「風呂入れよ」「歯磨けよ」「顔洗えよ」「風邪ひくなよ」と加トちゃんに言わせてたのは向こうに家族がいると噂されるほどアフリカに造詣が深かったいかりや長介が、伝染病の怖さをサブリミナル的に埋め込んだと…何かの本で読んだ記憶がある😁 — 湾岸クライシス ぬま tsudanuma18 ザ・ドリフターズのポージングも、加藤茶の「カトちゃんペ」の仕草も、フリーメイソンのポージングと共通しています。 これらの共通点から、イルミナティとザ・ドリフターズとの繋がりを、完全に否定することはできません。 第二次世界大戦後、GHQは日本を自分たちの都合の良い国に仕上げるため、3S政策で国民統制していきました。 3S: Sports スポーツ 、 Sex セックス 、 Screen 大衆ウケするテレビや映画 の意味 この政策により、 国民は娯楽を与えられ、政府が行うことに関心を持たせず、考えることをしないよう、仕向られていったのです。 知能が高いを言われている日本人に、きちんとした英語教育をさせなかったのは、英語を習得して、世界のトップになることを恐れたGHQの思惑もあったようです。 ザ・ドリフターズは、イルミナティの広告塔として、そして3S政策一環として利用するには、うってつけだったのかもしれません。 しかし、パンデミック計画の逆手を取り、彼らの収入源の根絶のため、立ち上がったのが、アメリカのトランプ大統領率いるアメリカ軍のチーム。 イルミナティが重要視するのは、「アドレノクロム」という、1g22万円ほどで取引される、若返りに効果があるとされる高級薬物。 新型コロナウイルスによるパンデミック騒動に乗っかり、ロックダウン中にトランプ大統領が計画したのが、アドレノクロム製造に関わる施設の制圧と、薬物製造のために、誘拐された子供たちの救出です。 ちなみに武漢には、アドレノクロムの製造工場があったようです。 外出自粛に便乗し、それらの施設を制圧する計画だったんですね。 子供たちが多く集まる施設などが、新型コロナの影響で閉館となったり、営業停止になっている施設が、多いことで繋がってくることが分かるでしょう。 では、志村けんの死がどう関わってくるのか? 日本を代表するセレブであり有名人で、イルミナティと関係があった志村けんは、アドレノクロムの元締めだったことから、ロンメル死(名誉の死)を選択したのではと噂されています。 ロンメル死の語源は、かつてのナチスドイツにロンメル将軍という、とても人望があった人物がいましたが、ヒトラー暗殺の疑いで処刑されることになりました。 しかし人望の厚いロンメル将軍が処刑されたと知れば、人々にショックを与えかねないとし、名誉を保つため、自殺させたということから、生まれた言葉です。 アメリカでは、大富豪のエプスタイン氏が、アドレノクロム含め、性犯罪に関わったイルミナティのメンバーを告発し、ロンメル死したと言われています。 (実際はどこかでひっそりと生きているそう) ロリコン大富豪・エプスタインは生きている!? ヒラリー トム・ハンクス すでに死亡? 「大量逮捕」は 東京都内でも進行中 海からの逃亡見越して 米艦隊が駿河湾あたりに集結か — Naoko Hazama warautokeru 2020年5月12日にTwitterトレンドで上昇した、 オバマゲート というワードからも、今までスターだと思っていた人物などが、犯罪に関わっていたことは明るみになってきています。 アメリカでは、 obamagate のワードが250万ツイートされたことで話題になりました。 オバマもイルミナティのメンバーだったんですね。 ノーベル平和賞を受賞した、元アメリカ大統領が逮捕されるなど、前代未聞なことが起こっていますがこれは事実。 日本に入ってくる情報はかなり遅いと言われていますので、これから少しずつ真実が明らかにされるでしょう。

次の

イルミナティカードが予言した未来7つ

イルミナティ マスク

あまりにも図星すぎて笑ってしまう…? 世界的なパンデミックとして感染拡大を続けている新型コロナウイルス SARS-CoV-2。 4月17日午後4時現在、世界の感染者数は2,184,000を超え、死者も146,800名を超えている。 そんな中で囁かれている「この新型コロナウイルスは人工的に作られた生物兵器ではないか」という陰謀説。 あるカードゲームもその根拠のひとつとして挙げられていたが…。 「イルミナティ(Illuminati)」というカードゲームをご存じだろうか。 倒壊、崩壊、洪水、爆発、炎上、そんな恐ろしい光景が派手な色彩で描かれたカードをめくりながら、恐ろしい予言や予感と闘うことになる。 カードにはコウモリ、武漢にあるランドマークのような大型の建物、隔離(QUARANTINE)、研究所が爆発(Lab Explosion)、消毒液、ゴム手袋、エピデミック、アメリカ疾病予防管理センター(CDC)、人口の減少などと描かれたカードが存在すると話題になっている。 なぜなら新型コロナウイルスについて、人口を意図的に減らし、地球環境を良くする目的で人工的に作られ、武漢市の市場でバラまかれたなる陰謀説がそのままだからだ。 また米国で起きた9. 11世界同時多発テロ事件も、イルミナティ・カードに描かれた絵の通りのことが実際に起きていた。 2つの高層ビルが横腹からの攻撃で爆破されるカード、そして国防総省のあの五角形のペンタゴンが火災に見舞われるというカードが存在するのだ。 だが今起きている新型コロナウイルスのパンデミックを、果たして40年近くも前に予言できるものだろうか。 そんななかで1枚のカードが墓穴を掘ってしまった。 「QUARANTINE(隔離)」とある右の絵の水色のマスクをご覧いただきたい。 このような横にプリーツが入った不織布のマスクが世の中に登場したのは近年のこと。 アメリカでカードが発売された1982年には存在していなかったではないか。 そこで今、イルミナティ・カードについて囁かれているのは「衝撃的な事故、事件、自然災害など、新しい出来事をさっと絵にして新しく発売している」ということ。 また、「カードに描かれている絵からヒントを得て、悪意の人物がその通りのテロを実行した」という考え方も可能。 いずれにせよ悪趣味なことに変わりはない。 しかし、それでもミステリー好きはゴマンといる。 巷では「すっかりイルミナティ・カードのファンになった」「子供たちが寝静まってから、こっそりと遊ぶようになった」「真っ暗ななか、イルミナティ・カードでゾクゾクするのが最近のひそかな楽しみ」という声も急増中だという。 (佐藤めぐみ/エトセトラ) 【こちらの記事もどうぞ】 ・ ・ ・ ・ ・.

次の