くるぶし 内側 痛み。 くるぶしが痛い理由は骨や筋肉の炎症が原因。外側・内側それぞれの違いを解説。

くるぶしの下が痛い原因はコレ!対処法もあわせて解説

くるぶし 内側 痛み

スポンサードリンク 足首の内側が痛い原因は? 足首の内側やくるぶし周辺には、「後脛骨筋」(こうけいこつきん)という腱があり、 この腱が傷ついたりする事で、足首の内側やくるぶしの痛みの原因とされています。 この「後脛骨筋」の腱は外部からの刺激を受けやすく、傷つきやすい腱です。 特にマラソンランナーをはじめとする、走る競技のスポーツ選手は、 競技中に靴が脱げてしまう事を恐れ、シューズの紐を強く締める事が多いです。 その為、 足が締め付けられて圧迫される事で、 「発症しやすい怪我」とされています。 なので、スポーツ選手にとって、足首の内側の痛みを防ぐ為にも、 シューズ選びはとても重要なポイントとです。 デザイン性や、値段の安さばかりにこだわるのではなく、 足の負担を軽減するクッション性の効いたシューズや、フィット感を重視し、 自分のサイズにしっかりと合ったシューズを選ぶ事が大切です。 又、足首の内側の痛みは、 仕事やファッションでハイヒールを履く女性にも多い怪我です。 ハイヒールは体のバランスをとる事が難しく、 どうしても体の重心が内側に偏り、力が内側にかかり過ぎてしまいます。 その結果、「後脛骨筋」の腱に負担がかかり、 痛みや腫れを引き起こしてしまうのです。 この怪我に悩んでいるのであれば、 通勤中だけでもスニーカーに履き替えたりするなど、足への負担を軽減させる方が良いでしょう。 更に、女性に多い、「冷え性やむくみ」も足首の内側の痛みの原因の一つです。 スポンサードリンク 足首の内側が痛いときの対処法は? すでに足首の内側の痛みに悩まされている人もいたり、 痛みを感じながらもトレーニングを続けている人もいるはずです。 しっかりと対処すれば治る怪我なので、対処法を覚えましょう。 まずはアイシング 痛みの原因が「炎症」であれば、 患部をアイシングし、安静にする事が一番効果的です。 アイシングには炎症を抑える効果がありますが、 やり過ぎには注意が必要です。 目安としては10分から15分程度の時間設定や、 痛みが引いたら終わるというくらいが良いでしょう。 次に患部を温める アイシングと安静を繰り返し、 痛みや腫れがひいたら、次は患部を温めて下さい。 そうする事で血流が良くなり、早期回復に繋がります。 炎症が原因ではない場合 足首の内側の痛みの原因が「炎症」ではない場合は、 「冷え性やむくみ」が原因であれば、患部を温める事が一番効果的です。 冷え性というのは「体の冷え」と勘違いしている人が多いですが、 「血液の循環が上手くいっていない」事が冷え性の原因です。 なので、痛みの原因を「炎症」と勘違いしてアイシングで冷やしてしまうと、 余計に足首の内側の血液の循環が悪くなり、悪化させてしまう事になるので、注意が必要です。 足首の内側の痛みまとめ 足首の痛みを予防するには、自分に合ったシューズ選びを行う事が大切です。 もし痛みを感じたら時には、「炎症」なのか「冷え性やむくみ」が原因なのか分からない時があります。 そんな時には自己流で治療を行うと、余計に悪化する恐れがあるので、 整形外科や医療機関に相談し、適切な治療を行う事が大切です。 スポーツ選手はちょっとした痛みを我慢してしまい、 悪化させるというパターンも多いので、 「たかが足首の痛み」という風に無理をせず、 早期発見、早期治療に努め、1日でも早くベストパフォーマンスができるようにして下さい。

次の

ランニングでくるぶしの外側や下側に痛みはテーピングでは治りません。

くるぶし 内側 痛み

両足首の上に、内側と外側の両側にぽっこりと突起している骨の部分を指し、 内くるぶしは、内果(ないか)とも呼ばれます、外くるぶしは、 外果(がいか)ともよばれます。 くるぶしは体を支えてくれている大切な部分ですが、 普通に日常生活を送っているだけで、 ある日突然痛みに襲われることもあるのです。 スポーツなどもしていないし、これといって 思い当たる原因もないのに、なぜ?? 突然くるぶしが痛くなった! くるぶし周辺の腫れや痛みは、 筋力の衰えや無理な力が体にかかったせいで、 体のバランスが崩れたことが原因になることもあります。 その他にも、いろんな病気が引き金になっていることも多いとされています。 くるぶしに、普段と違った痛みや腫れを感じたら、 とりあえずは、足をなるべく使わずに、安静にしましょう。 病気やケガの可能性があります。 くるぶしの痛みに隠れている病気、ケガ 代表的なところでは、捻挫、骨折、関節異常などがあげられます。 くるぶしでも、内側に症状が出るか、外側に症状が出るかで、 病気の予測がつきやすくなります。 内側、外側、両方のくるぶしに、痛みがでることがありますが、 どちらにでるケースが多いかで、分けてみました。 外側のくるぶしの痛み 外側のくるぶしが痛む場合は次のようなことが考えられます。 捻挫・・・外側のくるぶし周辺に痛みが出ることが多い。 靭帯が損傷をした状態。 骨折・・・外側のくるぶし周辺に起こる、腓骨(ひこつ)骨折 は、捻挫と間違われやすいですが、痛みや腫れも酷くなります。 内側のくるぶしの痛み 関節異常・・・足関節の軟骨がこすれ合うことで、腫れや痛みを 生じる変形性足関節症は、内側の足首が痛くなります。 内くるぶしや足裏に痛みが出る、後脛骨筋腱機能不全症は、 内くるぶしの腫れが初期症状としてでます。 くるぶしの後ろにある、足根管の圧力が高くなるために起こる 足根管症候群は、内くるぶしの下に痛みがあったり、足の裏側に しびれがおきます。 病気の可能性もある? くるぶしの痛みというのは実は病気の可能性もあるのです。 その病気とは 高尿酸血症という病気です。 これは血中の尿酸濃度が高くなるために起きる病気です。 この合併症として、足首や、くるぶし周辺に、 強い痛みが起こる場合があります。 足の構造は案外複雑で、病気もケガも、本当にいろんな種類が あるんだと、調べてみて、ビックリしました! 捻挫なども、無理をするとまた別の恐い病気になったり、 足首の痛みには、神経症や、リウマチなども関係していることもあります。 痛みを感じたら、無理はせず安静にして、様子をみることが一番です。 足は生活の中で、使わなくては何もできない箇所ですが、 壊してしまうとそれこそ大変なことになりますので、 大事にしたいですね。

次の

足の内側の骨が痛い!子供のスポーツ障害に多い有痛性外脛骨とは

くるぶし 内側 痛み

『足関節捻挫』 足首の捻挫は外側と内側の両方に起こりますが、足首は内側にひねりやすい構造になっているので、外側の靭帯を伸ばしてしまう捻挫が8割以上を占めています。 内反捻挫に比べると発生率は低い。 捻挫で足首が痛いという症状でも、靭帯損傷の程度が3段階に分かれます。 腫れが酷い。 足首が痛いけれどなんとか歩ける。 しかし走ることはできない。 回復までに2~3週間かかる。 腫れや皮下出血が酷い。 自分で歩くのがやっとの状態。 回復までに1~2ヵ月かかる。 Sponsored Links 捻挫がなかなか治らない原因 捻挫の治療が終了したというのに、何年経っても足首が痛いという場合があります。 長い距離を歩くと捻挫した部分が痛くなったり、天気の変わり目にくるぶし付近が痛み出すなど、足首の痛みが繰り返し起こることがあります。 天気の変わり目で古傷が痛み出すという現象は、気圧の関係で脳と神経に問題がでる天気痛ということも考えれます。 たくさん歩くと足首の内側・外側と、捻挫した部分が急に痛み出すという症状は、捻挫を起こした部分の周辺の筋肉が硬くなっているために、長時間運動すると痛み出すのです。 このような症状は、捻挫にかぎらず、骨折や腱の断裂などの後でも、同じような古傷が痛くなる場合があります。 足の『腱鞘炎』 腱鞘炎は足よりも手に起こるイメージがありますが、靴の圧迫によって足に腱鞘炎が起こることがあります。 この場合、圧迫される部分によって、症状が現れる場所も異なりますが、腱鞘炎で足首の前側が痛いという症状がでることもあります。 Sponsored Links 足首の前側の痛みの原因でよくあるのが、靴を足にフィットさせるために、靴ひもをきつく縛ってしまうことで、足の甲にある筋肉の腱を圧迫してしまい、足の腱鞘炎が起こります。 足首が痛いと感じというよりは、足首の前側に痛みを感じる。 足の腱鞘炎は、足首の前側だけに起こるわけではなく、「長趾伸筋腱の腱鞘」「後脛骨筋腱の腱鞘」「前脛骨筋の腱鞘」「長母趾屈筋腱の腱鞘」どの場所が圧迫されているかで痛む部分も異なります。 『痛風』 痛風の初期症状は、ほとんどが足の親指の付根が痛くなる症状ですが、足首の内側・外側のくるぶし付近や足首の前側などが、赤く腫れて激しい痛みが生じる場合もあります。 ただし、7割以上が足の親指の付根から、発症すると言われています。 この痛風発作と言われる激しい痛みは、1~2週間ほどで治まるのが一般的で、それから半年から1年後に再び発作が起こる。 痛風の痛みは、歩くのが辛いほどの激痛で、関節が赤く腫れあがるのも特徴です。 痛風は男性に多く見られる症状で、近年では20代・30代でも増加しています。 食生活や生活環境が気になる男性の方にはこちらがお勧めです。 そのため早期発見・早期治療が重要になります。 リウマチの初期症状には様々な症状があります。 このような症状がある場合は、リウマチの可能性があります。 リウマチの症状で腫れやすい関節の順は、手首、足首、膝が多く、続いて肘や肩になります。 朝起きると足首が痛い・違和感があるという場合は注意が必要です。 手首や足首が痛い症状よりも、関節の腫れのほうが重大な病気のサインです。 足首の痛みには、捻挫のような怪我の他にも、様々な病気が関係している場合もあります。 自覚症状のある場合は早めに病院で診てもらうようにしましょう。 リウマチ・関節痛サプリはこちらです。

次の