献血 ルーム 予約。 血漿成分献血にご協力ください|献血する|日本赤十字社

横浜Leaf献血ルーム|神奈川県赤十字血液センター|日本赤十字社

献血 ルーム 予約

こんにちは!こま()です。 突然ですが、皆さんは献血ルームに行かれたことはありますか? 連日血液不足が叫ばれている中で、献血に興味を持っていただくのは社会貢献につながる行為だと考えています。 そこまで貢献の意識が高くなかったとしても、献血する行為自体は誰かの命を救うことにもつながります。 「しない善より、する偽善」という言葉がありますが、興味本位で献血に行ってみるのも良いと思います。 私はとある理由(後述)で6年ほど前から献血に行くようにしていますが、今の献血ルームは血液提供者に至れり尽くせりの状態ですので、行って損することはないです! この記事では献血ルーム利用者の一人である私が、献血ルームの魅力を紹介していきます。 目次(タップで移動できます)• そもそも献血とは? まずは献血について。 wikipediaの内容を引用します。 献血(けんけつ)とは輸血や血液製剤製造のために無償で血液を提供することである。 〜中略〜 血液に完全に代わるもの(人工血液)はいまだ開発出来ておらず、また代替血液は開発されてはいるが限度がある。 そのため輸血には人の血液を使用せざるを得ない。 〜中略〜 「献血」の語は日本赤十字社中央血液センター所長の大林静男博士によって提唱された。 日本では16〜69歳の定められた条件を満たす方が献血をすることができます。 献血の種類 献血には「全血献血」と「成分献血」の2種類があります。 全血献血 全血献血には400mL献血と200mL献血があり、血液中のすべての成分を献血していただく方法です。 私が普段受けている献血が、この全血献血です。 献血量は200mLと400mLがあるのですが、男性はほぼ400mL献血をすることになります。 というのも、輸血が必要なケースでは通常200mLでは足りないことが多いそうです。 血液は混ぜない方がリスクが少ないとされていますので献血センター側も400mLの献血の方が助かるというわけです。 成分献血 成分献血には血小板成分献血と血漿成分献血があり、成分採血装置を使用して血小板や血漿といった特定の成分だけを採血し、体内で回復に時間のかかる赤血球は再び体内に戻す方法です。 ですから成分採血は身体への負担も軽く、多くの血漿や血小板を献血していただける特長があります。 成分献血は、私はまだ受けたことがありません。 血液のうち特定の成分だけを取り出し、残りは再度体内に戻す献血です。 献血に時間はかかりますが、身体への負担は全血献血よりも少ないとされています。 私は普段甘いものはあまり食べないので、おかきを中心にいただいてます。 漫画・雑誌が読み放題! 献血ルームでは献血までの待ち時間や献血後の休憩時間を快適に過ごせるよう、漫画や雑誌も多数用意されています。 漫画はさすが秋葉原の献血ルームだけあって、少年少女漫画が多数用意されています。 アニメ化された漫画も多数あり、読みたい漫画を全て読むだけでも何十回も通えそうです。 献血後にアイスや記念グッズが貰えることも! 飲み物やお菓子の食べ放題の他に、献血終了後に記念品などのお礼の品が貰えることがあります。 お礼の品は献血ルームごとに違っていたり期間限定のキャンペーンによったりしますので、気になる方は献血を受ける前に調べてみると良いかもしれません。 過去に私が献血ルームで貰ったものの一部を挙げてみます。 ALT(GPT)• 総蛋白(TP)• アルブミン(ALB)• コレステロール(CHOL)• グリコアルブミン(GA)• 赤血球数(RBC)• ヘモグロビン量(Hb)• ヘマトクリット値(Ht)• 平均赤血球容積(MCV)• 平均赤血球ヘモグロビン量(MCH)• 平均赤血球ヘモグロビン濃度(MCHC)• 白血球数(WBC)• 血小板数(PLT) 下記は献血Web会員サービスサイト「」で見れる血液検査結果画面です。 過去の献血時に行った血液検査の結果が表示されます。 下の画面では過去3回分まで表示されていますが、さらに前の血液検査結果も選択して確認できます。 右の「詳細」ボタンを押すと、検査項目の説明と数値の推移が棒グラフで表示されます。 これらの検査を医療機関で受けた場合、保険証が使える3割負担でも自己負担分は数千円はするのではないでしょうか? 献血をすると、これらの血液検査を無料で受けることができるのも大きなメリットです。 献血による造血機能の促進効果も!? これについては、あくまで噂の範囲を出ない内容です。 献血によって一時的に体内の血液を減らすと、身体が血液を新しく造らないといけなくなるため、造血機能を高めるのではないか?と言われています。 実際には血を抜かなくても血液は定期的に入れ替わっているようなのですが、思い込みが良い効果(プラセボ)に繋がることもあるので、私自身は良い効果があると思い込むことにしています笑 今でも一部の外国では血液を売ることができるようです。 ただ、これだけサービスを充実させても必要な量の血液は集まっていないようです。 それは血液の有効期限が短いことも関係しているようです。 血液(血液製剤)は有効期限が定められており、有効期限が短い血小板製剤は採血後4日間ですが、検査時間を除くと使用可能な時間は3日間程です。 赤血球製剤の有効期限は21日間です。 保管量の目安は3日間で使用されてしまう量としており、不足する分は、日々献血によって確保しています。 ですから、継続的に献血に来てくれる人が増えないと根本的な解決にはならなそうですね。 献血が苦手な人は無理に行く必要はありませんが、興味があるけどまだ行ったことがないという方は、ぜひ一度献血に行ってもらいたいです! 献血のデメリットは? 献血は針を体内に刺す医療行為ですので、マイナス面もゼロではありません。 私自身は重大なデメリットを被ったことはありませんが、以下挙げてみます。 なお、献血による健康被害についてはが用意されています。 予防接種や採血よりも針が太い 針の太さと痛みは比例しないそうなのですが、献血で使用する針は通常の採血と比べて太いです。 私は自己暗示が強い(笑)ので、針が太いとどうしても痛そう!という意識が強くなってしまうので、予防接種や採血のとき以上に献血時の穿刺が一番緊張します。 人によっては筋肉注射の方が痛いと感じる方もいるようですし、人それぞれでしょうね。 血圧低下・気分が悪くなる・めまい・失神・貧血のリスク 体調が万全でない状態で献血をしたり、血液に苦手意識を持っている方が献血をすると、献血中や献血後に体調が悪くなる場合があります。 私自身も献血中に気分が悪くなったことがあります笑 私の場合は、元々血液に苦手意識を持っていることと、その日は針が血管にうまく刺さらずに何度もやり直しになったことが原因でした。 ただ、過去に献血で体調が悪くなった経験がある方は、献血前の問診でそのことを医師に伝えましょう。 医師の判断で献血を止めてくれる場合もありますし、献血の許可が下りた場合も看護師さんが気にかけてくださいます。 皮膚内での内出血(皮下出血) 血管に針を刺すため場合によっては皮膚内で出血してしまうことがあります。 私も少しだけですが、過去に一度起きたことがあります。 ただ、内出血による痛みはなかったと思います。 稀に神経障害が出ることも ごく稀に神経障害が起きることがあるそうです。 神経障害の具体的な内容については日本赤十字社のホームページから引用します。 電撃様疼痛が生じます。 損傷された抹消神経は、6カ月から1年までは回復が進みますが、それ以降は横ばいとなります。 なお、ほとんどの場合は、3カ月以内に治癒しています。 プラセンタ注射を受けたことがある方は献血NG プラセンタ注射はヒト由来のプラセンタ製剤を入れる治療法で、感染症の可能性がゼロではありません。 現時点で安全性の疑いは出ていませんが、ヒト由来のプラセンタ治療が確立してから十分な時間が経過していないためプラセンタ注射を受けたことがある方は献血を受けることができません。 献血ルームで受付• 荷物を鍵付きロッカーに預ける• 質問に回答• 血圧・体温測定• 医師による問診• 献血(全血 or 成分献血)• しばらく休憩• 献血カード受取• 帰宅 何度か献血ルームを利用していますが、予約なしで行くとトータルで2時間くらいかかります。 特に医師の問診が終わった後、本番の献血が始まるまでの間は混み具合によって時間に幅があります。 もし滞在時間を短くしたい場合は、事前に予約をしておく方が良さそうです(後述)。 事前に献血の予約をする場合 献血ルームでは電話や献血Web会員サービスサイト「」から献血の予約ができます。 ラブラッドからの献血予約は献血者コードが必要になりますので、初めての方は行えません。 2回目以降の献血時にご利用ください。 献血が初めての方は希望の献血ルームに電話予約の上で献血に行くと待ち時間を短縮できると思います。 献血ルームはどこにあるの? 献血ルームは日本全国に140施設ほどあります。 東京・愛知・大阪などの大都市圏は数多くの献血ルームがありますが、その他の地域では県内に2~3施設ほどのようです。 お近くの献血ルームをお探しの場合は、で探してみてください。 献血ルームの受付時間は各ルームによって違うようです。 受付の人数が多いと、最終受付時間が早まる可能性もありますのでご注意ください。 おまけ:私の献血理由は苦手克服のため 最初に触れましたが、私が献血をする理由を簡単に書いておきます。 表題の通りで、私は血が苦手なんです笑 きっかけは小5の時。 検査のための採血を行う際に、じーっと血を抜かれているところを見ていたんです。 そうしたら段々想像が膨らんで、このまま血が全部抜かれたらどうしよう!!といった恐怖が大きくなって貧血を起こしてしまったんです。 好奇心旺盛な性格が災いしました笑 それ以来、血を抜かれることに苦手意識を持っています。 ただ採血検査は今後も健康診断やその他の検査で受けることもあるし、このまま苦手意識を持ち続けるのも嫌だったので、血液への苦手意識を克服してやろう!と思ったことが献血を始めたきっかけです。 過去の献血では上述したように貧血気味になってしまい、看護師さんに迷惑をかけたことはありますが、それでも少しづつ苦手意識はなくなり、今では採血検査であれば苦手意識はなくなりました。 苦手なことも定期的に経験するようにしておくと、不安も軽減されるので良いですよ笑.

次の

横浜Leaf献血ルーム|神奈川県赤十字血液センター|日本赤十字社

献血 ルーム 予約

200mL献血をご希望される皆さまへ(お願い) 平素より、献血にご協力いただき誠にありがとうございます。 さて、皆さまにご協力いただいている献血には、全血献血(200mL献血、400mL献血)と成分献血(血漿成分献血、血小板成分献血)があります。 現在、東京都赤十字血液センターでは医療機関から依頼され、全血献血から製造する血液製剤は、95%が400mL献血による血液製剤であり、200mL献血による血液製剤は5%と大変少ない状況にあります。 つきましては、200mL献血の必要量が東京都内各献血会場において確保できました場合には、200mL献血の受付を終了させていただくことがあります。 何とぞ、ご理解ご協力をお願い申し上げます。 東京都赤十字血液センター 立川献血ルームよりご案内 「平日・予約特典キャンペーンのお知らせ」 平日にご予約をされ、献血にご協力をいただいた方へ、ポイントカードをお渡ししております。 期間:2020年3月31日(火)まで ご予約について お電話または複数回献血クラブ「ラブラッド」からご予約いただくと、優先的に受付・医師の問診にご案内いたします。 献血希望日の前日13時までご予約が可能です。 また、 ご予約時間から20分経過してもご来所いただけないときはキャンセル扱いとさせていただく場合がございます。 あらかじめご了承くださいませ。 開館10分前くらいから入り口前にて整理券をお配りしております。

次の

献血の予約について|千葉県赤十字血液センター|日本赤十字社

献血 ルーム 予約

献血の種類 は、 全血献血には400mL献血と200mL献血 、 成分献血には血漿(けっしょう)献血と血小板献血 の4つの種類があります。 年齢や体重、血液の比重などによって献血できる種類が限られてしまう方もいますが、厚生労働省や日本赤十字社は、採血の基準を満たした方には 400mL献血 、 成分献血 をおすすめ(お願い)しています。 ではなぜ400mL献血や成分献血をおすすめ(お願い)しているのでしょうか? このページでは、献血会場で献血の種類選びに困らないよう、またすすめられるまま献血を受けてモヤモヤすることのないように、おすすめ(お願い)される理由だけでなく、献血種類の基本情報や喜ばれる献血の種類などご紹介しています。 スポンサーリンク 目次(目的記事にすぐジャンプ)• 献血の種類、採血方法、採血の目安時間、予約について Q. 全血献血の種類は?採血方法や時間はどれぐらいかかる? 全血献血の種類 200mL献血、400mL献血 の2種類です 全血献血の採血方法 すべての血液成分を採血する(そのまま採血する)方法になります 全血献血の採血目安時間 10~15分くらい Q. 献血は予約ができる? 予約方法は? 成分献血は、混雑時でも優先的に案内してもらえる 「予約」 の受付が可能です。 1部の献血ルームでは、400mL献血の予約も可能です。 献血の主な予約方法は3つあります。 ・ 複数回献血クラブ(地区によって呼び名が変わることがあります)に登録をされている方(献血利用経験者のみ登録可能)はメールで予約 ・ 予約専用番号によるお電話で予約 ・ 直接献血ルームの窓口で予約 注意!予約のキャンセルについて 予約時間を過ぎても献血会場にお越しになっていない場合、予約は一旦キャンセルされ、一般受付に変更になることがあるのでご注意ください。 献血会場やその日の混雑具合にもよりますが、キャンセルまでの目安時間は 10~20分 が多いようです。 400mL献血をすすめられる(お願いされる)理由は? 同じ血液型でも血液は1人1人微妙に違います。 その微妙に違う血液を合わせて輸血をすると、血液を介する感染の危険性や副作用の可能性が、人数が増える分だけ高まってしまいます。 量の確保という理由はもちろんですが、それだけでなはく 輸血を受ける患者さんの負担は軽く・安全性は高めるという理由 につながるため、厚生労働省、日本赤十字社とも採血の基準を満たした方には400mL献血をおすすめ(お願い)しています。 スポンサーリンク Q. 成分献血をすすめられる(お願いされる)理由は? 成分献血には「血小板献血」 と 「血漿(けっしょう)献血」 の2種類あります。 対して 血小板製剤は、採血後の有効期間は4日間 しかありません。 そのため毎日の確保が必要となり、採血の基準を満たした方には成分献血=血小板献血をお願いされる場合が多いようです。 血小板製剤は、白血病、がん、血小板減少症など血小板の生産が病気や治療の過程で抑制される血液疾患に多く使用され、必要とする患者さんは増えているそうです。 身体への負担が少ないのは全血献血?成分献血? 全血献血、成分献血では 「成分献血」 の方が、 「身体の中で回復するのがもっとも遅い赤血球(回復期間約3~4週間)の成分を体内に再度戻すため、献血者にとっても身体の負担が軽い」 と厚生労働省、日本赤十字社共に公式サイト内に記載されています。 実際に献血を次に受けるまでの期間を確認してみると、男性が400mL全血献血を受け次も同じ400mL献血を希望した場合、12週間後以降(女性は16週間後以降)でないと再度献血を受ける事はできませんが、成分献血だと男女共に2週間後の同じ曜日から献血を受ける事ができます。 ただし成分献血では血液が固まらないよう抗凝固剤(クエン酸+クエン酸ナトリウム)を加えながら採血を行います。 人によっては唇や手指に痺れを感じる、吐き気や寒気に襲われるなどの クエン酸反応 が起こる方もいるそうなので注意が必要です。 400mL献血・成分献血、おすすめの献血は? 「自分の血液が役立ってほしい」という思いで、献血を受ける方が多いと思います。 できる事なら一番喜ばれる形で血液を提供したいですよね。 では一番喜ばれる献血の種類とは? それは… 看護師・スタッフがお願いする献血を受ける ことです。 献血ルームの看護師やスタッフの方は、血液の在庫状況や医療機関からの要請量を毎日確認したうえで業務を行っています。 その看護師やスタッフの方がお願いをするという事は、 その献血の種類が不足している、又は在庫が十分に確保できているので変更をお願いしたい ということです。 その他にも、血液の状態などで変更をお願いされることもあります。 例えばヘモグロビン濃度が低めの方が血小板献血を行うと、多くの血液を採取することになり時間も身体への負担もかかってしまうため、全血献血に変更をお願いされることがあります。 看護師やスタッフの方は、在庫状況、献血者の血液状態などから総合的に判断をしているので、「お願い」された献血を受ける事が一番喜ばれるおすすめの献血の種類になります。 もし何も言われなければ 「不足している種類の献血を受けたい」 とお伝えすると、総合的に判断してもらえます。 出典・参考サイト• mhlw. jrc. jrc.

次の