剣盾 381。 【ポケモン剣盾】タイプ:ヌルの進化と覚える技&種族値【ポケモンソードシールド】

ポケモン図鑑ソードシールド|剣盾|ポケモン徹底攻略

剣盾 381

剣盾シングルシーズン2、お疲れ様です。 に本格的に復帰して、記事を書くのもほぼ2年ぶりになります。 かなり長い間レート対戦からも離れており、のアカウントも削除していたので、もし過去の記事を見て下さっていた方がいたら嬉しい限りです。 結果は振るいませんでしたが、上位で長く戦うことができ、の面白さを再確認することができたので、簡易的なものですが、記念の意もあり残しておきます。 構築のメインの勝ち筋は、ドラパルトのバトンから、アーマーガアを通すか、ックスでを単体で通すのほぼ二通りです。 サイクル性能は無いに等しく、基本的には2サイクル目には仕掛けていくことが多かったです。 素の火力はかなり物足りないので、選出する際はこのにックスを切ることを強制されました。 5割の運頼みにはなりますが、耐久調整や積み技を貫通して、急所で一方的に勝てる試合も多く、受け回し系の構築に対するストレス軽減の意味もあり、要所での選出のみになりましたが最後までパーティに居座りました。 環境にいる、が火力に補正をかけて素早さを落とし気味になっていたので、最速にすることでミラーには強めになりました。 弱点保険を発動できた場合、ドラパルトからのバトン先にもなります。 選出率6位。 2〜59. 上記の調整は、対面でつのドリルの試行回数を一回までに抑えたいが為のもので、合わせてある程度耐久面も確保したかったので残りがHに回っていますが、ASでもそこまで問題にならなかったと思います。 Sはミラー意識もあり最速。 、などを挑発で起点にして積んでいく動きが基本ですが、裏に等の電気タイプが見えている場合は、一回でも積めた時点でに切り替え、後続に負荷をかけていくことで、2サイクル目からックスで、再度受けに来たを倒す動きをとりました。 ドラパルトからのメインのバトン先であり、決まれば簡単には止まらず、順位の引き上げに最も貢献したでした。 上位での戦いでは、と並んでいることもあり、電気タイプの処理に苦しんだためあまり選出できなかったため、この枠を早めに見直すべきでした。 ラムを持つことでや等の欠伸展開にかなり強めな点は便利でした。 選出率4位。 竜の舞か、鬼火で物理を受けつつ弱点保険を起動させて後続にバトンします。 弱点保険を狙って発動させるのは難しいため、基本的には竜の舞をバトンして素早さを補強する目的で選出します。 を抜きたいため陽気。 フェアリーへの打点を持ちませんが、やアーマーガアに繋ぐため、初手で出会さなければあまり問題にはならなかったです。 はいきなり剣の舞を押してくるケースが少なかったので、最悪対面した場合は鬼火を押していました。 このようにかなりシビアな運用でギリギリの択を通していく場面が多かったので、取り巻きを見直すことでリカバーできる余地はかなりあると思います。 受け駒が殆どいない構築のため、など鬼火を上から入れられるや、エースバーンなどの打点が無い(わざとふいうちを受けに行き、弱点保険を起動させられる絶好のカモ)、馬鹿力を押したなどに積極的に投げていきました。 ドラゴン技の通りが良ければ、このにックスを切ってそのまま攻め切る立ち回りもしました。 選出率1位。 既述のように、構築の飛行タイプ二匹がやパッチラゴンを誘うので、それらに対して上から特性を無視して刺すことができるこのが上位帯ではアーマーガアより有効でした。 ドラパルトの竜の舞に合わせて繰り出される、にバトンからこのを繰り出し、ックスしてそのまま抜いていく動きが決まりやすかったです。 シャドークローは、積んだ後であれば型破りダイホロウでアーマーガアにも殴り勝てるため必須。 バトン先ではありますが、交代読みで押せれば低速サイクルにイーウィンできる剣の舞も抜けませんでした。 ダイアースでHB特化にもほぼ半分以上入るようになり、バトン後にックスを押さずとも、でックスが処理できるのでアイテムも命の珠で確定。 型破りの足回りを補えるのはそれだけで強く、取り巻きを整え、このへのバトンを主眼に置いた構築も考えられるほどパワーを感じ、このをいかに通すかが勝利に直結しました。 選出率2位。 3〜59. 特に、ドラパルトがと対面してしまった際の引き先。 でないのは、パーティ単位で重い、、辺りを意識してのものです。 弊害として、、が命の珠を持ってダイソウゲンを撃ってくるため、対面でックスできないと負けてしまう点があります。 は、ダイジェットに後出しを合わせられれば中乱数の勝負には持ち込めますが、ックスを強要されるので、やはりこれらに対する切り返しの駒としては不十分で、早めに見直していれば良かったと悔いが残る枠です。 選出率5位。 火傷で欠伸や状態異常をカットしつつ、かなりの高火力を高い素早さから撃てるため、有利対面から入れれば相手のゲームプランを大きく崩すことができるでした。 トリックやも強力ですが、この構築では相手に先に展開されることが致命傷となったため、を筆頭に対面で積みを許さず後続を補助するためにも挑発は必須でした。 凍える風は対面で撃ち、次の叩き落とすで倒すためのもの。 ックスを切られなければ基本決まり、切ってくれれば儲け物といった具合ですが、用途がそれ以外だと素早さ操作くらいしかないので、周りをに厚くし、この枠を変えた方がこのの単体性能は引き上がると思います。 耐久数値は優れていますが、火傷のダメージと格闘4倍弱点があるため寿命は見かけほど長くなく、相手を削るだけ削り、挑発を撃って退場してもらっていました。 それでも現環境での単体スペックはかなりのもので、もう少し数が増えても不思議ではないと感じました。 選出率3位。 ・基本選出、立ち回り等 基本選出はドラパルト+orアーマーガアor+1。 が見えている場合は後ろにを控えさせました。 初手は、通りが良ければタチフサグマを積極的に立てたいきましたが、厳しければドラパルトスタートが多くなりました。 基本的に2サイクル以上は厳しいので、ドラパルトで積める隙が作れればその時点で攻めに転じなければいけませんでした。 上位帯では常にシビアな選出や択を通していかなければなりませんでしたが、相手のミスを即勝利に結び付けられるパワーはあるので、ランクをスムーズに上げることはできました。 ・最後に ここまで読んでいただきありがとうございます。 拙い内容で結果も振るいませんでしたが、記事そのものがプレイ記録のようなものなので、ご容赦頂けると幸いです。 7世代までは好きなをチョイスして、その脇を固めていくように構築を組んでいましたが、8世代のプールで、見た目が気に入り、かつそれなりに戦えるが今のところいないので、シーズン1はモチベーションが保てませんでした。 順位に拘ってプレイすることにも慣れてきたので、来季からは変わったで色を出しつつ結果も出せればと思います。 ソードシールドのCMではないですが、自身を取り巻く環境が変わっても、いつでもそこに存在し続けてくれるとレート、ランク対戦には救われるばかりです。 これからも生活を維持しつつ対戦も継続していきたいです。

次の

ポケモン図鑑ソードシールド|剣盾|ポケモン徹底攻略

剣盾 381

アドラステア帝国の皇帝よ。 私たちは、人が自らの足で立つ世界を作るため、歪んだ紋章主義を正すべくセイロスに宣戦布告した。 私と共に歩む選択をしてくれた師 せんせい と、血に濡れた道を切り拓く…そのための、私と師も加わった、皇帝直属の遊撃軍、それが黒鷲遊撃軍 シュヴァルツァヴェーア よ。 での学級名にちなんで、私が一晩かけて軍の名前を考えたの。 【構築経緯】 私たちの軍は将である私も含め持久戦に特化している。 受けだけではなく詰めることもできるアーマーガア、独自の受け範囲を持つ、受けのピクシー、電気その他特殊受けの、そして相手の受けと物理に強い私、。 師はこの軍の切り札、私達では厳しい敵も相手取ってもらうわ。 受け回しで削りつつ、師やアーマーガアを通して勝つ、あるいは師に重い敵を倒してもらって、受け回しを成立させる、これが主な勝ち筋と言ったところかしら。 タイプが優秀でビルドアップダイジェットは太い勝ち筋の一つね。 みがわりで役割対象を安全に起点にできるほか、も対面からつのドリルを一回避ければ起点にできるようになっているわ。 ただ終盤はかなり対策がなされていたし、何より相手のアーマーガアに無力でほとんど選出できなかったわね…。 とはいえ選出圧力にはなっていたのではないかしら。 彼は私に何かと対抗意識を持っているみたいで、最近はよく素早さ勝負を挑んでくるわ…。 私の幼い頃からの従者でもあるわ。 優秀なタイプとによる受けを物理特殊問わずしてもらっているわ。 それと彼にはどくびしを撒いてもらう役目も担ってもらっているの。 どくびしは余裕のあるときに撒くと大幅なアドバンテージとなるし、余裕が無くても撒いておくことで相手を削り切って倒すことが可能になるかもしれない技。 そして何よりアーマーガアや師との相性が良いわ。 ・ たべのこし おくびょう ムラっけ 179-90-104-101-105-145 188-0-28-4-36-252 まもる みがわり じしん 私たちの師よ。 師の力は安定しているとは言い難いけれど…それでも凄まじい爆発力を秘めている。 実際、師にこれまで何度も助けられたわ。 私の描いた似顔絵と、師の活躍を振り返るわ。 これは挑発アーマーガアを起点にした師。 そんな迂遠なやり方で、私たちの師を倒したつもりだというなら、後悔することになるわよ。 これはスカーフのPPを枯らした師。 これは手本にならない師。 最終日も、年始だから先生でおみくじを引いたの。 引きはそんなに良くなかったけれど、楽しかったわ。 でもを比較的安全に受けながらやでんじはを撒けるのは彼女くらいのものよ。 特性のもかなり優秀で、を撒かれた状態で交代を繰り返しても疲弊しない、毒持ちのの前でも居座ってを撒けるなどの強みがあるわね。 特にやを相手してもらうわ。 割と火力もあるし、ダイアースで特防が上がるから、ックスして攻撃していたら相手が壊滅していた、なんてこともままあったわ。 あくびの技枠なのだけれど、・とける・こごえるかぜなどと試して結局最後までしっくりこなかったわ。 終盤は彼女の引きこもりもピークで、あくびもろくに試せていないのよ…。 最近は物理受けというより、アーマーガア受けね。 最近素早さ勝負をよく挑まれるから、私も素早さを鍛えて、準速アーマーガアは抜けるようにしたのだけれど…もっと鍛えた方が良さそうね。 を持っているのは、のつのドリルに対する保険と、のような受けづらいをサマで無理やり突破したり、がんせきふうじで素早さを下げて師に繋ぐためという感じね。 まあほとんど発動したことはないのだけれど…。 終盤はアーマーガアが多くて、私自ら出陣することが多かったわ。 【おわりに】 というわけで黒鷲遊撃軍の全容はこんな感じ。 結果としては悪くないのではないかしら。 だけどいつか頂点を目指すときが来たなら…そのときはまた師の力を借りるかもしれないわね。 yoyopoke.

次の

ポケモン図鑑ソードシールド|剣盾|ポケモン徹底攻略

剣盾 381

アドラステア帝国の皇帝よ。 私たちは、人が自らの足で立つ世界を作るため、歪んだ紋章主義を正すべくセイロスに宣戦布告した。 私と共に歩む選択をしてくれた師 せんせい と、血に濡れた道を切り拓く…そのための、私と師も加わった、皇帝直属の遊撃軍、それが黒鷲遊撃軍 シュヴァルツァヴェーア よ。 での学級名にちなんで、私が一晩かけて軍の名前を考えたの。 【構築経緯】 私たちの軍は将である私も含め持久戦に特化している。 受けだけではなく詰めることもできるアーマーガア、独自の受け範囲を持つ、受けのピクシー、電気その他特殊受けの、そして相手の受けと物理に強い私、。 師はこの軍の切り札、私達では厳しい敵も相手取ってもらうわ。 受け回しで削りつつ、師やアーマーガアを通して勝つ、あるいは師に重い敵を倒してもらって、受け回しを成立させる、これが主な勝ち筋と言ったところかしら。 タイプが優秀でビルドアップダイジェットは太い勝ち筋の一つね。 みがわりで役割対象を安全に起点にできるほか、も対面からつのドリルを一回避ければ起点にできるようになっているわ。 ただ終盤はかなり対策がなされていたし、何より相手のアーマーガアに無力でほとんど選出できなかったわね…。 とはいえ選出圧力にはなっていたのではないかしら。 彼は私に何かと対抗意識を持っているみたいで、最近はよく素早さ勝負を挑んでくるわ…。 私の幼い頃からの従者でもあるわ。 優秀なタイプとによる受けを物理特殊問わずしてもらっているわ。 それと彼にはどくびしを撒いてもらう役目も担ってもらっているの。 どくびしは余裕のあるときに撒くと大幅なアドバンテージとなるし、余裕が無くても撒いておくことで相手を削り切って倒すことが可能になるかもしれない技。 そして何よりアーマーガアや師との相性が良いわ。 ・ たべのこし おくびょう ムラっけ 179-90-104-101-105-145 188-0-28-4-36-252 まもる みがわり じしん 私たちの師よ。 師の力は安定しているとは言い難いけれど…それでも凄まじい爆発力を秘めている。 実際、師にこれまで何度も助けられたわ。 私の描いた似顔絵と、師の活躍を振り返るわ。 これは挑発アーマーガアを起点にした師。 そんな迂遠なやり方で、私たちの師を倒したつもりだというなら、後悔することになるわよ。 これはスカーフのPPを枯らした師。 これは手本にならない師。 最終日も、年始だから先生でおみくじを引いたの。 引きはそんなに良くなかったけれど、楽しかったわ。 でもを比較的安全に受けながらやでんじはを撒けるのは彼女くらいのものよ。 特性のもかなり優秀で、を撒かれた状態で交代を繰り返しても疲弊しない、毒持ちのの前でも居座ってを撒けるなどの強みがあるわね。 特にやを相手してもらうわ。 割と火力もあるし、ダイアースで特防が上がるから、ックスして攻撃していたら相手が壊滅していた、なんてこともままあったわ。 あくびの技枠なのだけれど、・とける・こごえるかぜなどと試して結局最後までしっくりこなかったわ。 終盤は彼女の引きこもりもピークで、あくびもろくに試せていないのよ…。 最近は物理受けというより、アーマーガア受けね。 最近素早さ勝負をよく挑まれるから、私も素早さを鍛えて、準速アーマーガアは抜けるようにしたのだけれど…もっと鍛えた方が良さそうね。 を持っているのは、のつのドリルに対する保険と、のような受けづらいをサマで無理やり突破したり、がんせきふうじで素早さを下げて師に繋ぐためという感じね。 まあほとんど発動したことはないのだけれど…。 終盤はアーマーガアが多くて、私自ら出陣することが多かったわ。 【おわりに】 というわけで黒鷲遊撃軍の全容はこんな感じ。 結果としては悪くないのではないかしら。 だけどいつか頂点を目指すときが来たなら…そのときはまた師の力を借りるかもしれないわね。 yoyopoke.

次の