ミーツリージョナル。 【楽天市場】【中古】 Meets Regional (ミーツ リージョナル) 2015年 12月号 雑誌 / 京阪神エルマガジン社 [雑誌]【メール便送料無料】【あす楽対応】:もったいない本舗 楽天市場店

Meets Regional (ミーツ リージョナル) 2019年 02月号

ミーツリージョナル

主に出品が中心です。 タバコの匂いや動物による傷み汚れの心配はありませんが、used品についてはそれなりのご理解をお願いします。 目立つダメージや汚れ等は予め記載しますが見解の違いもあると思います。 納得の上落札下さい。 また新品と言えども所詮素人保管ですので、あまりにも神経質な方はご遠慮願います。 気になることはお互いが納得いくまで質問して下さい。 送料は落札後、改めて梱包、計量計測の上金額訂正させて頂くことがあります。 自宅にて行いますので多少の誤差があった場合はご容赦下さい。 先振込ご希望の方、みずほ、イオンのみです。 ゆうちょは不可です。 まとめ買い歓迎致します。 柔軟に対応させて頂きます。 同梱出来るものがほとんどですが、一部出来ないものもありますのでご了承下さい。 予め確認して頂ければご説明させて頂きます。

次の

Meets Regional(ミーツリージョナル) 50%OFF

ミーツリージョナル

11月1日(火) 本日、辞令によりミーツ編集長を離れることになりました。 『ミーツ・リージョナル』誌は89年12月1日に創刊しました。 わたしはこの新雑誌の立ち上げから副編集長としてかかわり、93年に編集長に就任しました。 12年半という長い間、編集長をしてきたわけで、なんだかちょっと長いことやりすぎた感があります。 「ここらへんが潮時やで」と思い始めたのが昨年の春頃。 ちょうど平成15年度五軒屋町だんじり祭礼若頭筆頭を務めさせてもらい、その明くる年に若頭顧問になったころです。 『ミーツ』誌は「消費にアクセスする情報だけ」に特化した情報に、いわゆるインデックスをつけてその下にコンテンツをぶらさげるような、「情報誌」にカテゴライズされることを拒絶してきました。 また誌面の中で、かつての何ものにもとらわれない「先端化」と、おじいさんから子供に先輩から後輩に伝えるような伝統と反復による「保守化」の行ったり来たりで、あらゆる事象を「主流化」させないということ。 その2つの考え方を「街的」と名づけ(@バッキー井上)、自分たちの企画立案・取材・制作…といった一連の思考プロセスの足跡を誌面に落としてゆきました。 それにはわれわれ送り手と読者との「情報の水位差の解消を繰り返す」のではなく、まず「いかに街的な物語を伝えるのか」を志し、そしてそこに情報が乗っかればなお良し、というスタンスが必要でした。 新編集長は当初『ミーツ』の創刊メンバーである金馬由佳が就任いたしました。 副編集長の袖岡も青山もミーツから離れることになりました。 kansai. そして読者やスタッフのみなさん、長い間有り難うございました。 感謝しております。 投稿者: uchida 日時: 2005年11月04日 10:24.

次の

ミーツ・リージョナルが日頃の感謝を込めて開催する恒例イベント 『ミーツ・リージョナル 酒祭!! 2018』が今年も開催!

ミーツリージョナル

京阪神エルマガジン社 『Meets Regional ミーツ・リージョナル 』の仕事、まとめ。 2015年11月19日) 京阪神エルマガジン社のミーツ編集部から、初めて仕事をいただいたのは、2008年のことだった。 大阪の出版社だけど、それから何かと声をかけていただいた。 その仕事や、仕事のとき訪ねたお店などを当サイトに掲載していきたいと思いながら、なにしろ怠け者のうえトシのせいかサクサクとはいかず、ようやっとここまできた。 これからも、さらに、ボツボツ充実させたい。 と、思っている。 2015年5月1日発行、6月号「大正区」特集…「駅前めし酒場と、エンテツさん。 」 訪問した店は、[海鮮屋台 ゆうだん丸][畑分店][お食事処 三ちゃん][焼とり居酒屋 遊]。 2012年8月1日発行、9月号「天王寺」特集…「エンテツの名酒場はしご道。 」 訪問した店は、[種よし][母や][お食事処 でごいち][肴家]。 ほんとうに酔ってしまい、このテイたらく。 2011年12月1日発行、2012年1月号「ザ・汁」特集…「エンテツの汁かけ論」を寄稿。 2011年9月29日発行、ミーツ・リージョナル別冊『関西ご当地めし!』…「私的、B級グルメ 普段のめし、ありふれたものを、おいしく。 」 2011年2月1日発行、3月号「天満」特集…「エンテツ・衣有子の天満のぞき」。 本誌で「大阪のぞき」を連載(のち2010年4月に単行本になった)の木村さんと一緒に天満を飲み歩き、木村さんは「『わざわざ」の似合わない街に/わざわざ飲みに来た私」を、おれは「市場のなかの街、/街のなかの市場」を書いた。 訪問した店は、[お好み焼 千草][肴や][まるしん]。 2010年11月1日発行、12月号「居酒屋」特集…「居酒屋に人が集まる本当の理由シリーズ」に寄稿。 」 2010年6月1日発行、7月号「酒」特集…「特別企画」に寄稿。 タイトルは、「もっと飲ませろ!」 2009年7月1日発行、ミーツ・リージョナル別冊『酒場の本』…「エンテツのめし屋酒のススメ」。 もっと詳しく 2009年4月10日発行、ミーツ・リージョナル別冊『東京ひとりめし』…「遠藤哲夫の[信濃路]偏愛話。 」 もっと詳しく 初登場、2008年9月1日発行、10月号「ザ・めし」特集。 特集巻頭エッセイで「茶碗や丼の「街メシ」に、「俺メシ」を獲得する。 」と題して書いた。 京阪神エルマガジン社ともミーツとも、まったく縁がなかったのだが、編集の藤本和剛さんから突然メールをいただき、この初仕事になった。 訪問した食堂は、大阪市西区の[成金屋食堂]… 写真は川隅知明さん.

次の