厄払い お布施。 厄払いの時の服装。普段着でもOK?それとも礼服が正解?

厄払い「のし袋・白い封筒」の書き方(表・裏・中袋)を詳しく!!

厄払い お布施

もくじ• html 厄払い・厄除けに行く際の服装でまず意識したいのは、厄払い・厄除けで御祈祷・お祓いを受ける際は神社の本殿やお寺の本堂に上がりますが、ここはフォーマルな場です。 神様・仏様に対して、失礼のない服装・所作を心掛けるようにしましょう。 厄払いの服装は? 神社やお寺のHPを見た際に、厄払いを受ける際の服装について「華美ではない服装」「露出の少ない服装」という風に記載しているところもあります。 もちろん、こういった記載がない神社やお寺でも、神様・仏様の前に伺う以上、華美なものや露出は避けてください。 具体的な服装としては、 ・男性ならスーツとネクタイ ・女性ならスーツ、またはワンピースや襟付きの服 で行くのが無難です。 スカートはOKですが、丈が短くなりすぎないように注意してください。 そして、ストッキングは必須です! また、スーツでも派手な色や柄付きのものは避けましょう。 色は濃い紺か黒で、無地かシャドーストライプ(目立たないもの)が望ましいです。 就職活動に着ていくようなスーツのイメージですね! 靴は男性なら革靴、女性ならローヒールのものを。 あまり高いヒールは避けたほうが良いでしょう。 このような服装で行けば、全国どの神社やお寺に行っても間違いはないでしょう。 厄払いを含む御祈祷・お祓いに行く際の服装は、特に統一して決まったルールがなく、それぞれの神社・お寺によって対応が異なるようです。 特に格式の高い神社・お寺になると、 カジュアルな格好では受け付けてもらえない場合もあるそうです。 不安な場合は、直接神社・お寺に問い合わせをしてみてください。 普段着で行っても大丈夫なところもありますが、HP等で 「平服でお越しください」としている神社やお寺は要注意! 「あ!じゃあ普段着で大丈夫なんだ」と考えてはいけません! 「平服」とは、言葉上は「普段着る服」ですが、意味としては「礼服ほど正装しなくても構わないが、その場に適した服」ということです。 そして正装・礼装というのは男性ならモーニングやタキシード、女性ならドレスや着物など、結婚式などの式典に参加する際の服装のことを指します。 「平服で」と言われたら上記まではフォーマルな格好じゃなくてもいいですよ程度の意味だととらえ、略礼装に当たるスーツで行くのが一般的です。 「平服」という言葉から連想して、ジーパンにTシャツといった服装で行かないように気を付けましょう! 経験談では? 私も厄年の際には神社で御祈祷をしてきました。 その際はスーツで行ったのですが、周りを見ましても男女ともスーツの方が多く、一部スーツ以外の方もいたかなぁといった感じでした。 そしてスーツの方も、それ以外の方もみなさん落ち着いた服装で、派手な格好をされた方はいませんでした。 神社の建物や御祈祷中の雰囲気などを考えると、 個人的にはスーツで行くのが一番良い かなとは思います。 html 厄払いに行く際の服装で、ほかに気を付けておきたいポイントをご紹介します! 帽子・コート・マフラーはNG これは厄払いに限らず、一般的なマナーでもありますが、 建物の中に入るときには帽子やコート・マフラーは取りましょう。 着用したまま本殿や本堂に上がることもそうですし、神様の前に帽子やマフラーを付けたままお願いに上がるのも大変失礼にあたります。 一般的な厄払いの流れでは、受付を済ませた後、待合室に通されますので、帽子・コート・マフラーはそこで脱いでおきましょう。 ちなみに、コートやマフラーが必要な季節ですと、本殿や本堂も非常に冷えます。 見えないところで貼るカイロや、ヒートテックなどの機能性インナーを着こんで、防寒対策をしておくことをおすすめします! 短パン・裸足はNG 神様・仏様の前で肌の露出は控えましょう。 特に短パンや短いスカートは、いくら普段着でもOKとしているところでも断られてしまう可能性があります。 男性は必ず長ズボンを、女性はスカートの丈に気を付けて。 またスカートをはく場合はストッキングを必ず着用しましょう。 そして御祈祷を受ける本殿や本堂には、靴を脱いで上がります。 屋内に裸足で上がるのは、これも失礼にあたりますので、靴下を忘れずに! あとそもそも、サンダルなどで行くのもカジュアルすぎますので避けましょう。 冬場は、本殿の板の間がとても冷たくなりますので、靴下は2枚履いていくのがおすすめです。 アクセサリーはシンプルのが好ましい アクセサリーはシンプルなものならつけていっても大丈夫です。 ただし、もちろんあまりにもきらびやかなものは避けたほうが良いですし、ゴロゴロと大きいものや、動くたびにジャラジャラ音がするようなものはつけていかないようにしてください。 できるだけシンプルなものが好ましいです。 昔からアクセサリーには、縁起物や厄除けとして身に着けたものもありましたので、一緒にお祓いを受けて、その後お守り代わりに身に着けるのもよいかもしれませんね! 長いもの・七色の物・うろこ模様の物などは厄除けとして身に着けられる方も多く、普段から使いやすいネックレスやブレスレットはオススメのアクセサリーです。 html 場所によっては、スーツなどのフォーマルな格好でないと受け付けてもらえない神社やお寺もあるようですが、 多くの場合は私服で行くこと自体は大丈夫です。 場所によっては、普段着の方が多い所もあるとか。 最初に書いたように、 神様や仏様に対して失礼のない服装で行くことが重要です。 男性の場合なら、ジャケット着用で、襟付きの服装を。 ズボンはチノパンなどを選びましょう。 ジーパンは避けたほうがベターです。 女性の場合ならワンピースや襟付きの服を。 下はスカートでも構いませんが、露出は避けたほうが良いのでストッキングを忘れずに! イメージとしては「授業参観に出席するお母さん」くらいの、よそ行きファッションが望ましいです。 繰り返しますが、神様・仏様にお願いに伺うのですから、フォーマルな場であることを忘れずに、色や柄など派手過ぎず、カジュアルすぎず、大人しめの服装を心掛けましょう! またこれも繰り返しになりますが、厳しいところだと本殿や本堂に入れない場合がありますので、 私服で行こうとする場合は事前に神社やお寺に確認しておくことをおすすめします。 mypl. スーツを着ていく場合は濃い紺色か黒だと間違いありません! それ以外のアイテムや服装も、基本的には落ち着いた色を選び、できるだけ無地で柄のないものが好ましいです。 下に着るワイシャツも白にしましょう。 ネクタイは白が最もふさわしいとされていますが、ほかの色のものでも構いません。 (あまりに派手な色は避けてください) 柄もあまり好ましくありませんので、できるだけ無地のものを。 タイツや靴下も柄が入ったものや、派手な色は避けましょう。 付き添いであっても、本殿や本堂に上がる以上は、神様・仏様の前にお邪魔することになりますので、 華美な服や露出の多い服装は避けましょう。 お祓いは一度に数名~数十名でまとめて本殿・本堂に上がって受けるのことも多いので、周りから浮かないように、お祓いを受ける本人と同じような服装で合わせていくとよいですね。 両手を洗い、口をすすいで、身と心を整えます。 その後、新札所で厄払いの申し込みを行います。 申込用紙が置いてありますので、必要事項を記入し、初穂料を渡します。 その後は待合室へ通されますので、帽子やコート・マフラーは脱いで、名前が呼ばれるのを待ちます。 呼ばれたら本殿へ上がり、御祈祷を受けます。 祓い棒でお祓いを受ける際には、静かに頭を下げ、祝詞を奏上している間も姿勢を崩さず、頭を下げた状態で聞きます。 最後に、普段の参拝と同様に「二拝二拍手二拝」を行い、厄払いは終了です 料金のマナー 初穂料は水引のついたのし袋に入れて持っていくのがマナーです。 のし袋を選ぶ際は、紅白で蝶結びになっているものを選びましょう。 ここに新札を入れて、裏面の下部には金額を算用数字で、横書きで記載します。 表面には、神社での御祈祷は「御初穂料」か「玉串料」。 お寺での厄払いなら「御布施」と縦書きで記載し、その下に自分の氏名を書きます。 金額は神社のHPに掲載されていることが多いのですが、わからない場合は電話で確認しておきましょう。 3000円~10000円程度が相場で、おおよそ5000円くらいが一般的なようです。 お礼参りのマナー 厄払いが終わったら、 翌年の同時期にお礼参りを行います。 1年間を無事、平穏に過ごせたことのお礼をきちんと行いましょう。 例えば、前厄の厄払いを受けた場合、翌年の初詣のときにお賽銭を投じて、前厄の厄払いに関するお礼と新年のあいさつを同時に行います。 その後、本厄の厄払いに申し込むこととなります。 そして、このとき神社の受付職員の方に、前厄のお礼参りをお願いしたい旨を伝えておきましょう。

次の

お布施を郵送する際の添え状の文面を教えてください。

厄払い お布施

のし袋を印刷する方法。 のし袋の表書きをパソコンで印刷するには、専用のソフトやテンプレートを使うのが便利です。 初めてのし袋の印刷にチャレンジする場合は、専用ソフトよりもワードやエクセル対応のテンプレートを使った方が、表書きの編集もしやすく印刷も簡単でオススメです。 無料で使えるソフトやテンプレートはたくさんありますので、いくつか使ってみて自分がいちばん使いやすいと思ったものを使うのがいいでしょう。 私が実際に使った中で、初めての方でも簡単に編集できると感じたテンプレートでのし袋を印刷していきますね。 のし袋を印刷する無料テンプレートを使って印刷してみた。 今回利用した、は、無料でダウンロードできるところと、すぐに使えるところがうれしいポイントです^^ こちらのテンプレートはワードで編集するタイプのものですが、表書きと名前の部分だけ用途に応じて変更すればいいので、使い方も難しくないですよ。 ダウンロードしたテンプレートを開くと、ワードの画面でこんな感じに表示されますので、赤いマルで囲んだ部分を編集していきます。 今回は結婚式のご祝儀の表書きを印刷していきましょう。 初めてこちらのテンプレートを使う時に、「こちらのファイルは安全でない可能性があります」といったメッセージが表示される場合がありますが、「編集を有効にする」をクリックすれば編集できるようになりますよ。 表書きは「寿」、名前は「山田 太郎」さんにしてみました(笑)文字のフォントは自動的に行書体になっていますので、こちらで設定しなくても大丈夫です。 あとはこれを印刷すればOKですが、使うのし袋の大きさによって文字のバランスが小さい場合があるので、のし袋と同じ大きさぐらいのいらない封筒や、のし袋の大きさに切った紙でためし印刷をしてから本番印刷をしましょう。 封筒やハガキなど規格外の大きさのものを印刷する時は、後ろ側の印刷トレイにセットします。 ご自宅でお使いのプリンターによって、規格外の用紙をセットする場所が異なりますので、わからない場合は説明書などを確認してくださいね。 まずはためし印刷なので、履歴書を入れるためのいらない封筒に印刷していきます。 封筒(のし袋)のあいている方を下にしてください。 プリンターの環境によってメッセージが異なりますが、のし袋セットができたらOKをクリックしましょう。 これで表書きが印刷されて出てきます。 こちらがためし印刷をした封筒です。 このままでもいいのですが、若干名前の大きさが小さいと感じた場合は、編集画面で大きくできます。 ワードの編集画面で名前を入力する部分にカーソルをあわせると、文字のフォントと大きさが自動で表示されるので、文字の大きさの数値を少し大きくします。 自動で表示された数値より1~3つ上のサイズにするとバランスがよくなります。 自動で設定されている数値が24だったので、2つ上の28に設定して再度ためし印刷をしてみました。 名前の大きさを編集してこんな感じになりました。 バランスはこれでOKなので本番印刷をしていきましょう。 こちらが本番印刷したのし袋です。 きれいに印刷できました~! のし袋には水引や短冊がはさまっていて、この短冊の部分に名前を書くタイプのものもあります。 こういったのし袋は、規格外の用紙トレイにセットしてもプリンターの中をのし袋が通過しないので印刷できません苦笑 そんな時はのし袋の大きさに切った紙に、表書きと名前を印刷して短冊の大きさにカットする方法がオススメです。 印刷する紙は普通のコピー用紙だと折れやすいので、厚手用紙やコピー対応の和紙に印刷するのがいいですよ。 厚手用紙は家電用品店店や文具店で購入できます。 印刷したものに付属の短冊を上からあてて、鉛筆やシャープペンでカットする線を書きこみます。 これをハサミで切りぬけば、表書きの印刷された短冊の完成です。 印刷した短冊をのし袋にセットしてみました。 文字のフォントが行書体なので、筆ペンで書いたようなきれいな感じに印刷できるのがポイントです。 表書きの直筆が苦手という方は、ぜひお試しください^^ スポンサーリンク のし袋を印刷して表書きをきれいに作るポイント。 のし袋をきれいに印刷するポイントは、かならずためし印刷をしてできあがりのバランスを確認してから本番印刷をすることです。 ためし印刷をした時に、余分なインクで用紙が汚れてしまう場合は、プリンターのインク設定を厚地やハガキに設定すると汚れにくくなりますよ。 また、印刷するのし袋によっては余白が多くて気になる場合もあるかと思います。 そんな時は印刷設定を変更するとバランスがよくなります。 今回使ったテンプレートを作成した方が、先ほどのダウンロードページで印刷設定の方法について詳しく説明してくださっているので、から確認して再度印刷してみましょう。 さいごに。 今回紹介したテンプレートは、表書きを「ご霊前」や「お見舞い」などに変更すれば、いろいろなのし袋の印刷に使えますので便利です。 毛筆が苦手でのし袋の表書きが憂鬱という方は、ぜひテンプレートを使ってパソコンで印刷する方法を試してみてくださいね。 さいごまで読んでいただいてありがとうございました。

次の

厄払い「のし袋・白い封筒」の書き方(表・裏・中袋)を詳しく!!

厄払い お布施

厄払いとはどういうことで、いつ・どこでやるといいのか? 料金や服装はどうすればいいのか?そもそも、ご利益はあるのかなどについて紹介していますので参考にしてください。 スポンサーリンク 厄払いとは 厄払いとは、厄年の年齢になった時に、災難がなく健康に過ごせるようにと祈願することです。 しかし、厄年は地方や神社によって若干違うので、何歳になったら厄払いをしなければならないということはありません。 また、厄年に厄払いをしないからといって災難が降り注いだり、病気になったりするわけではありません。 最近では、厄払いなどあまり気にしない人の方が多いです。 男性と女性では厄年が違いますが、これは病気になりやすい年周りがあったからでしょう。 生きる知恵のひとつとして厄年や厄払いがあるので、その歴史を感じるために厄払いを受けるのもいいですね。 どこで厄払いする? 厄年になると神社で厄払いをしますが、厄払いするのは神社でお寺でどちらでもOKです。 厄年になったら、条件反射のように厄払いをしなければと感じて、どこの神社がいいかをインターネットで調べる人が多いです。 そして、ネットの情報でご利益がある神社と書かれていると、どうしてもその神社が魅力的に見えてきます。 日本中にあるたくさんの神社では、毎年多くの人が訪れて必ず願い事をしています。 神社に行くと、どうしても願い事をしてしまうものですね。 特に、日本の中心である東京には明治神宮を代表として、大きな神社があります。 厄払いのために東京の神社に行く人も多いですが、東京の神社にだけに特別なご利益があるわけではないので 住んでいる近くの神社で厄払いをすればいいです。 大きな神社は、ネットで検索すればすぐに出てきますが小さな神社もたくさんあります。 大きな神社でないとご利益が少ないと思う人もいるでしょうが、それは大きな間違いです。 神社の神様は、日本中どこでも平等です。 厄払いをしても、問題がすべて解決するわけではありません。 あくまでも、自分の問題は自分で解決するのが原則だからです。 自分でやるだけのことをやりきって、どうしようもないという時に、手を貸してくれるのが神様でしょう。 どこの神社で厄払いをするかが問題ではなく、自分がどのような気持ちで厄払いをするかが大切なポイントとなります。 このことを、しっかりと自覚していれば、厄払いの効果はあるでしょう。 目に見える効果が出るとは限りません。 目に見えない気持ちの変化の方が大きいでしょう。 厄払いの日から、新しい自分に生まれ変わることができます。 スポンサーリンク 厄払いの料金について 厄払いの料金(ご祈祷料)の相場は、3,000円から10,000円くらいです。 神社によっては、 3,000円 5,000円 7,000円 10,000円 と金額が明示されていることもあります。 厄払いの料金の違いによって、ご祈祷後に頂くお礼(ご祈祷符)の大きさが違ってきます。 厄払いの料金は、できれば 新札を準備したほうがいいです。 そして、 「白の封筒」か「紅白の超結びののし袋」に入れます。 表書きは、 神社であれば、「 初穂料」と縦書きに書き、下段に厄払いを受ける人の名前を書きます。 お寺の場合は、「 御布施」と縦書きに書き、下段に厄払いを受ける人の名前を書きます。 ご利益があるかどうかわからないけれど、昔からの風習で神社にお祓いに行く人が多いのかもしれません。 お年寄りの人たちにとっては、厄払いは当たり前のことですが、厄払いに関心のない若い人でも、周りに人から厄払いをするように促されると断れないでしょう。 厄払いをした場合としない場合では、どう違うのでしょうか? 厄払いのご利益はどのように訪れるのでしょうか? 人によって幸不幸の感じ方が違うので、ご利益もひとそれぞれ受け取り方が違うことでしょう。 自分にとっての不幸が他人にとっても不幸なのかは分からないし、自分にとっての幸福が他人にとっても幸福なのかは分かりません。 要するに、ご利益は気持ちの問題です。 ご利益があると信じるのなら、神社やお寺で厄払いをしてもらいましょう。 服装は、特に決まりはないので普段着でもいいですが、できれば、スーツなどのフォーマルのものが気も引き締まるでしょう。 ちょっとしたことですが、厄払いで気持ちが楽になるのであれば、やってみる価値はあるでしょう。 自分は病気になるかもしれないと心配ばかりするのではなく、厄払いで病気を吹き飛ばすこともできるでしょう。

次の