とうもろこし 茹で 方 簡単。 目から鱗が3回落ちる、トウモロコシをふっくらジューシーに茹でる方法

とうもろこしのゆで方と茹で時間【ゆで時間は3~5分】|お料理まとめ

とうもろこし 茹で 方 簡単

夏といえば夏野菜がおいしい季節! シャキシャキと歯応えがおいしいとうもろこしは、夏野菜の代表です。 スーパーで皮やひげ付きのとうもろこしが売っているのも見たことがある人もいるかと思います。 そんなとうもろこし、茹で方がわからないしめんどくさそう…と敬遠している人もいるのではないでしょうか? 実は、やり方さえ知っていればとっても簡単に、おいしいとうもろこしを茹でることができるんです! 普段はコーン缶で料理をする人必見!おうちで簡単にできる、とうもろこしの茹で方をご紹介します。 簡単!とうもろこしの茹で方 おうちでとうもろこしを茹でる方法は、大きく分けて2つあります。 複数本もらった場合は、茹でムラが少ないお湯で茹でればシャキッとジューシーなとうもろこしに、手早く簡単に仕上げたい場合は電子レンジでの調理が向いています。 状況によって使い分けてみましょう。 お湯から茹でる場合 一般的にとうもろこしを茹でる時には、皮とヒゲを取った状態で茹でる人が多いですが、とうもろこしの皮は、お湯で茹でる際には非常に重宝します。 薄皮がラップの代わりをしてくれるので、茹でる時にとうもろこしの旨味や栄養を閉じ込めたまま茹でることができます。 茹でる際には、鍋からはみ出てしまう根の部分は切り落としても大丈夫です。 沸騰したら塩を加え、混ぜ合わせる。 ・とうもろこしを入れ、転がしながら茹でるか落とし蓋をした状態で中火で5分ほど茹でる。 ・茹で上がったらすぐに氷水を潜らせ、水分が蒸発するのを防ぐ。 シャキシャキとした食感や弾力を楽しみたい場合や、複数本一気に茹で上げたい時におすすめの茹で方です。 電子レンジで茹でる場合 より手軽に、より早く仕上げたい場合は電子レンジで茹でましょう! ふっくらとした仕上がりになり、甘さもそのままなので、1本だけ茹でたいけどお湯を沸かすのは面倒だなあ…という時なんかにおすすめです。 材料 とうもろこし 1本 ・皮とヒゲをきれいに取り除き、流水で軽く洗いラップで包む。 ・電子レンジ(600W)で5分加熱する。 ・レンジから取り出し、しばらく蒸らしておく。 蒸らしておくことで、粒がふっくらプリプリとした食感になります。 基本的に放置していていいので、ほかの料理を作りながら同時並行でできるのが嬉しいポイントです。 とうもろこしを使ったレシピ nominaではとうもろこしを使ったレシピも紹介しています! 夏バテのカラダにエネルギーを補給!ミキサー要らずのとうもろこしポタージュ ミキサーを使わないので片付けも楽チンなとうもろこしのポタージュのレシピです。 温かくしてもよし!冷たくしてもよし!お好みで試してみてください。 旬の野菜を楽しもう!簡単にできる「冷製コーンポタージュ」 とうもろこしと牛乳、バターだけで簡単にできる冷製コーンポタージュ! ひんやり冷たくコクのある味わいが嬉しいスープのレシピです。 【スープジャー弁当】キャベツで食べ応えUP!中華風とろみコーンスープ 人気のスープジャー弁当で、中華風のコーンスープを作ってみました。 とろみスープと保温調理で柔らかくなったキャベツがおいしいコーンスープのレシピです。 旬のとうもろこしを楽しもう! 初夏はとうもろこしが一番おいしい季節です。 缶詰ではないとうもろこしを使って、おいしく夏を楽しみましょう! 関連記事リンク(外部サイト).

次の

おうちで簡単!シャキシャキっと歯応えのあるとうもろこしの茹で方

とうもろこし 茹で 方 簡単

カロリー表示について 1人分の摂取カロリーが300Kcal未満のレシピを「低カロリーレシピ」として表示しています。 数値は、あくまで参考値としてご利用ください。 栄養素の値は自動計算処理の改善により更新されることがあります。 塩分表示について 1人分の塩分量が1. 5g未満のレシピを「塩分控えめレシピ」として表示しています。 数値は、あくまで参考値としてご利用ください。 栄養素の値は自動計算処理の改善により更新されることがあります。 1日の目標塩分量(食塩相当量) 男性: 8. 0g未満 女性: 7. カロリー表示、塩分表示の値についてのお問い合わせは、下のご意見ボックスよりお願いいたします。 低カロリーレシピ• 塩分控えめレシピ.

次の

おうちで簡単!シャキシャキっと歯応えのあるとうもろこしの茹で方 | ガジェット通信 GetNews

とうもろこし 茹で 方 簡単

とうもろこしのジューシーなゆで方 北海道などのとうもろこし産地では、とうもろこしが皮で包まれた状態のまま蒸し上げることで、とっても甘くジューシーに調理しているようですが、スーパーなで入手するとうもろこしは、既に一部分だけ皮が剥かれてしまっていたり、お家に蒸し器がなかったりと、なかなか理想の調理がご家庭では難しいと思います。 そこで今回は、 皮を剥いた状態でもジューシーに仕上がるゆで方をご紹介します。 <材料> とうもろこし 水 塩水 <作り方> 1.とうもろこしは調理直前に皮を剥き、ひげを取り除く。 とうもろこしは剥き立てが一番美味しく食べられるため、調理直前に皮を剥いて鮮度を保ちましょう。 2.大き目の鍋にとうもろこしを入れ、とうもろこしが完全に浸かるほどの水を注ぎ、火をかける。 とうもろこしが浮いてしまう場合は、落し蓋などで水に沈めましょう。 水からじっくりとゆでることで、粒の中に水分がたっぷりと蓄えられ、ジューシーな仕上がりに! 3.沸騰後、3~5分茹でる。 ゆでる本数や大きさによりますが、1本の場合は3~4分。 複数本の場合は4~5分を目安にゆで上げます。 4.とうもろこしを塩水(水1Lあたり塩大さじ2)につけて、自然に冷ます。 塩水に漬けることで、とうもろこしの表面がしわしわになるのを防げます。 塩気が足りない場合は、冷めてから少量の塩を揉みこんでください。 電子レンジでのとうもろこし調理法 電子レンジを使えば、もっと簡単にとうもろこしを調理できちゃいます。 急いで食べたい時や、大きな鍋が使えない際にぜひお試しください。 <材料> とうもろこし 1本 塩 一つまみ ラップ <作り方> 1.とうもろこしの皮を剥き、水で洗う 2.水分が残った状態で、塩一つまみをとうもろこしに擦りこむ 3.そのまま、ラップで全体を包み500Wの電子レンジで5分ほど加熱する 4.粗熱がとれるまで、ラップで包んだままにする.

次の