真鍋 香織。 真鍋薰

真鍋 香織 退社のお知らせ▷▷福岡市 東区 美容室 Sourire

真鍋 香織

上流工程から参加! QAエンジニアに求められる真の役割とは? 真鍋 :エムスリーキャリアのQAエンジニア(以下:QA)はテスト工程に携わるだけではなく、上流工程である要件定義段階から参加されるって本当ですか? 川浪 : はい。 目安として1週間以上かかるような大きな案件は、要件定義のレビューに参加して意見や見積もりも出しますね。 真鍋 : QAが上流工程から関わることは珍しくないですか? 川浪 : そうですね。 徐々に増えてきてはいるのですが、まだ一般的ではないと思います。 私はQAの本当の役割を テスト段階にバグが出ないようにシステム開発を導くことと考えているため、上流工程から関わっています。 そうすることでQA視点の提案もでき、やりがいを感じますよ。 真鍋 : 結果的にエンジニアリンググループ全体の生産性も高まりそうですね。 川浪 : はい。 開発エンジニアもビジネスサイドもQAの意見を尊重してくれますし、企画・設計の段階から参加することで他部署ともコミュニケーションがとれるので、気づきや勉強になることも多いです。 属人化しない。 柔軟性を高められる環境。 真鍋 : 担当する案件はどのように決まるんですか? 川浪 :QAチームが担当する案件は常時一覧化しメンバー全員に共有されているので、そのリストをもとにメンバーのアサインが行われます。 QAチームは医師向けのサービスと薬剤師向けのサービスを担当するグループに分かれています。 その中で、同じメンバーが毎回同じサービスを担当しないように割り振りを行っています。 真鍋 : へぇ! それはなぜですか? 川浪 : 当社QAチームの方針として 仕事を属人化しないことを推進しています。 メンバーが徐々に増えて自然と現在の運用方法になったのですが、属人化しないことによって都度良い判断や選択ができていると思います。 真鍋 : なるほど。 現在の体制でやりにくさを感じることはないですか? 川浪 : ないですね。 柔軟に対応できるメンバーが揃っているので 、全体で状況を把握さえすればそれぞれ空いているリソースや時間に合わせて各個人が業務スケジュールを組んで進められます。 そのため働きやすいですし、休みも取りやすいですね。 前職では案件が個人に紐付いていたので、夜間や休日も問い合わせの連絡がきたことがありましたが、現在は全くありません。 真鍋 : オンオフをしっかり切り替えられるんですね。 川浪 : そうですね。 責任もありますが裁量もあって、日々やりがいを感じています。 今後の課題はテスト自動化。 QAの関わる領域を増やしていく 真鍋 : 最後に今後の課題について教えてください。 川浪 : テスト自動化に力を入れていきたいと思っています。 やっと人数が揃ってきてはいますが、今後も仲間を増やし、自動化できる部分は自動化してQAが関わる領域をもっと増やしていきたいと考えています。 真鍋 : そうなればQAのみなさんがプラスアルファのことに挑戦でき、さらなるスキルアップにも繋がりそうですね! 既にテスト自動化に取り組んでいるものはありますか。 川浪 : Seleniumを使った自動テストを一部実施しています。 真鍋 : 今後の構想とその展開について教えてください。 川浪 : 最終目標としては当社が提供しているすべてのサービスで自動テストを実施することだと考えています。 まだ構想段階なので確定事項ではないですが、テスト自動化が導入できるサービスが増えれば増えるほど、作成したスクリプトのメンテナンス業務もより重要になるので、SET(Software Engineer in Test)とよばれるテスト自動化をメインとした、現在のQAとは別のチームを作れるかもしれません。 真鍋 : 組織としてより拡大することで、対応できるサービスの数が増え、サービス公開のスピードも上がりそうですね! 今後、どんな方が仲間に加わると実現できそうですか? 川浪 : エンジニアリンググループもQAチームも事業にさらに貢献できるよう役割を広げていきたいと考えています。 その変化に対し、柔軟に適応し続けられる組織でありたいと思っています。 そのため、自分の意見をしっかり持ちつつも、周囲の意見も積極的に取り入れより良い組織を作りたいと思う方に是非参加してほしいですね。 真鍋 : なるほど。 今後の発展がますます楽しみですね。 採用チームとしてもエンジニアリンググループの拡大・発展に貢献していきたいと思います。 本日はどうもありがとうございました!.

次の

眞鍋かをり

真鍋 香織

その進め方とは? 真鍋:開発プロジェクトの進め方について、教えてください。 山本:まずはプロジェクトシートという統一フォーマットに開発アイデアを持ち寄ることから始まります。 プロジェクトシートはエンジニアだけでなく、営業やマーケティング、QA(クオリティアシュアランス)のメンバーからの提案もあるので、広い視野で課題を捉えることができます。 真鍋:さまざまな部署から意見を持ち寄るんですね。 山本:そうなんです。 その結果としてエンジニアメンバーが他部署の下請け・御用聞きにならず、エンジニア都合だけで開発を進めることもない、良いグループになっているなと感じます。 真鍋:開発の進め方で工夫していることはありますか? 山本:当社には、医師と薬剤師向けの求人サイトがあり、それぞれチームごとに開発を担当しています。 サービスの利用対象者(医師・薬剤師)が異なるためチームは別れていますが、技術やノウハウの横展開は積極的に行い、開発リソースを最適化することを意識しています。 真鍋:技術やノウハウが横展開できると確かに効率が上がりそうですね! 山本:私が入社した2016年頃は、求人サイトごとにエンジニアがチーム分けされている体制でした。 新しいメンバーが増えていく中で 「開発するサイトは違うけれど、共通して使える技術やノウハウも多いよね!」という話が出たんです。 そこから各エンジニアが積極的に技術やノウハウを共有し合うようになり、これまで以上に 短期間でシステム開発ができるチームに進化したと思います。 真鍋:開発の意思決定はどのように行われるのですか? 山本:週1でMTGを行い、プロジェクトシートに記載された意見を深掘りして投資利益率(以下、ROI)を算出します。 算出されたROIの高いプロジェクトから優先順位をつけて開発を進めていくのが基本ですね。 ROIを判断軸にすることで優先順位の高い開発から行えるため、メンバーが納得感を持ってストレスなく開発できるように心がけています。 真鍋:判断軸が明確だからこそ、「会社にとって価値ある開発をしている」と意義を感じながら取り組めるということですよね。 一方で基準が明確だからこそ少し窮屈に感じないですか? 山本:確かに全ての開発にROIの算出を求めると開発スピードは鈍ってしまいます。 また、リファクタリングなどROIでは価値を示しづらいプロジェクトも存在します。 真鍋:会社の成長に貢献でき、裁量持って開発できる環境もあると、ワクワクしますね! 3. 最新技術への先行投資。 将来のコストを削減! 真鍋:新技術の導入やリファクタリングも推進されていると聞きました。 その背景を教えてください。 山本:「新しい技術を積極的に使おう!」というスタンスはとても大切にしています。 なぜなら新技術の導入はエンジニアの技術力を高めるだけでなく、 これまで不可能もしくは困難だったシステム開発を低コストで実現できる可能性を生み出すからです。 過去に再現できなかったシステムを作ったり、コスト削減に繋がれば事業に大きく貢献できます。 新技術の導入は私たちエムスリーキャリアのエンジニアが事業に貢献する手段の一つであると考えています。 真鍋:会社にとっても、エンジニアのみなさんにとってもプラスになりますね! 山本:リファクタリングに関しては、一般的に規模が大きくなったシステムの刷新は多大な労力が必要です。 当社もこれまで何度も苦労してシステム刷新をしてきました。 今後は短いスパンでリファクタリングを繰り返し、今までよりもメンテナンスがしやすいシステム開発をしたいと考えています。 真鍋:現在のメリットだけでなく、将来のメリットを見据えた開発にシフトしているんですね。 その他にエンジニアリンググループで取り組んでいることはありますか? 山本:2018年からAIの導入を始めています。 例としては、求職者の情報(転職希望時期など)を元にスコアリングし、各求職者の意向に合わせた最適なコミュニケーションが取れるよう仕組化しています。 情報提供のタイミング、頻度などを改善することで顧客満足にも繋がっています。 その他には、グループ内のコミュニケーション活性化のためにLT(ライトニングトーク)大会や勉強会も定期開催しています。 知識・ノウハウの共有を積極的に行い、エンジニアとして互いに切磋琢磨することで、 社内から頼られたときに最適な解決策を提供をできるチームでありたいと考えているからです。 真鍋:たくさんの貴重なお話、ありがとうございました!.

次の

Tall body dreaded collection super 4: IZM Limited Company: tall,総集編,イズムコレクション,RYUDAI,WAKA,橋本静子,内田真由,谷原香織,真鍋アズサ: assets.pnconnect.porternovelli.com

真鍋 香織

ここ数日、都内は晴れの日が多く、 ちょっと春先取り気分な真鍋です。 今日は、私が所属しているトラストコーチングスクール認定コーチのグループで、同じテーマで記事を書いてみよう!の日。 テーマは【やめたくてもやめられないこと】。 やめられた、といっても 100やってたのが0に!ということより、 頻度が減った、とか、 反応する自分はいるけれども、 それに気づいて意識や行動を変えられている、 といった変化が現時点では多いです。 0にならなくてもこんなに感じ方や意識や エネルギーのかけ方が変わってくるんだなと 強く実感しています😮 で、そんな変化の中で、 個人的に面白いなと思ったのが、 《話を盛って話したがるところ》 でした。 これは掘り出し物です。 笑 以前営業をしていた頃、 よく上司から 「真面目すぎる」 「つまらない」 「お笑い学んでこい、吉本に入れるぞ」 と言われてたっけな。 数年間、毎日一緒の時間を過ごし、 その話法を染み込ませました。 ・・・ と、昔を思い出して思うのですが、 誰かに笑ってもらうことって、 自分が嬉しいんですよね。 自分が発した言葉やストーリーに反応をもらえることでもあり、 自分が承認されたことに繋がっていたりする。 でも、やめたいのにも理由があって。 笑ってもらえて嬉しい反面、 表現が少し過度なものになってしまう時に違和感があったり、 事実とは違う方向性に読み取られることがあったりすると、 物悲しさを感じることもあったりする。 いま盛りすぎたな、とか、 あんな風に言わなくても良かったな、とか。 ・・・と、 まだまだこの変化も掘れそうですね💡 皆さんは《やめたくてもやめられないこと》思い当たるものはありましたか? やめたい理由も、やめられない理由も、 あなたなりの理由が背景にはあるのかもしれません。 そこを分かったうえで、何を選択していくか。 このテーマ、まだまだ奥が深いので 引き続き書いていこうと思います。 TCS認定コーチ MCS認定マザーズティーチャー 真鍋香織.

次の