トム と ジェリー 最後。 トムとジェリー「誰もが思わず笑ってしまう4つの要素」

トムとジェリーの最終回はデマ、最終回など存在しない。ドラえもんと同じですね

トム と ジェリー 最後

ジェリーが大人になった頃トムはもうこの世にいませんでした。 トムは自分の命の終わりがすぐ傍まで来ているのを知ったとき、こっそりジェリーの前から姿を消しました。 ジェリーの前で弱って涙もろくなった自分を見せたくなかったのです。 トムはジェリーの心の中ではずっと喧嘩相手として生きつづけたかったのです。 トムがいなくなったのに気づいたときジェリーは悲しみはしませんでしたが、退屈になるなと思いました。 トムとの喧嘩は最高にスリルのあるゲームでしたから。 胸の奥が不思議にチクチクはするのですが、それが何なのか、ジェリーにはよくはわかりませんでした。 トムの願い通り、ジェリーの心の中でトムはいつまでも仲の悪い喧嘩相手でした。 そんなある日、ジェリーの前に一匹の猫が現れました。 トムよりのろまで体も小さい猫です。 喧嘩相手のトムがいなくなって寂しかったジェリーは、 今度はこの猫を喧嘩相手にしようと考えました。 そこでジェリーは、穴のあいた三角チーズが仕掛けられたねずみ取りを利用して、その猫に罠をかけることにしました。 いつもトムにしていたように。 ジェリーは物陰に隠れて、ねずみを求めて猫がねずみ取りの近くに来るのを待っていました。 そして思惑通り猫が罠に向かって近づいてきます。 ジェリーはしめしめと思いました。 いつものように、自分がねずみ取りにひっかかるふりをして、逆に猫をねずみ取りにかけてやるんだ。 うふふ。 手か尻尾を挟んだ猫の飛び上がる姿が頭に浮かび愉快です。 でも、その猫はトムではありません。 猫はチーズの近くまで来たとき、ジェリーが出てくるより早く美味しそうなねずみの匂いに気づき、目にもとまらぬ速さで隠れていたジェリーに襲いかかってきました。 ジェリーはいつもトムから逃げていたように逃げましたが、トムよりのろまなはずの猫にすぐに追いつかれてしまい、体をガブリと噛まれました。 ジェリーも噛みつき返しましたが、 トムより体が小さいはずの猫は平気です。 血まみれのジェリーは薄れ行く意識の中で、本当は鼠が猫と喧嘩して勝てるわけがないことと、いつもトムはジェリーに「してやられた」ふりをして、わざとジェリーを捕まえないでいたことを、そのとき始めて知ったのです。 トムの大きな優しさと友情に気づいたのです。 そしてトムがいなくなった時の胸の奥のチクチクの正体にも気づきました。 かけがえのない友を無くした悲しみでした。 ジェリーの魂が体を抜けた時、空の上には優しく微笑みジェリーを待っているトムがいました。 「また喧嘩ができるね」 「のぞむところさ、今度こそは捕まえてやるぞ」 都市伝説の解説 日本のファンが創作した都市伝説 1940年にアメリカで最初に公開され、今もなお人気の高い「トムとジェリー」。 その幻の最終回として、チェーンメールやインターネットを介して広く流布した都市伝説です。 一説によると、日本のファンの人が創作してネット上に公開したことが始まりのようです。 もちろん、「ドラえもん」や「サザエさん」などと同様に一話完結型のアニメですので、今のところは最終回としての決まりきった話は存在しません。 実は仲が良い二匹 作品中では常に喧嘩の絶えない二匹ですが、ジェリーが苦しがるふりをした際、トムが急いで救急箱を持ってきたり、トムが家から追い出された際にジェリーが悲しんだりと、お互いにセンチメンタルな一面を持ち合わせているようです。 そういった点では、今回のような感動的な最終回も納得ができるかと思います。 誰が作ったんだ、こんなひどい話。 「血まみれのジェリー」て変だろ、ものすごいリアルで。 トムとジェリーの中では「そんなことしたら怪我するよ、死ぬよ、でも次の場面では平気」 なんて言うのは、このアニメの中のルールみたいなものだ。 その中に「血まみれのジェリー」なんて出てきたら世界観が壊れるよ。 トムとジェリーがお互いに気遣うシーンなんて本作にいくらでもある。 最終回で実はトムは…見たいな話作らんでも。 それにそもそもジェリーは子供ではない。 最終回とか作ってるの嫌いじゃないけれど、 もう少し本作を見て違和感のない話にしろよ。 「トムとジェリー、最終回、天国で、仲良く喧嘩 …どうだ感動だろ、泣けるだろ。 」みたいな、 本作を理解していない作者の、下心丸出しのひどい話だ。 トムとジェリーファンから言わせれば、「バカバカしくて幼稚すぎて日本人の発想」 トムとジェリーを観ていないからこんな「お涙頂戴」な妄想ストーリーを書ける。 トムとジェリーは、根本的に仲が悪いから追いかけっこはしていない。 ただお手伝いさんの黒人に言われて追いかけるのが多い。 食べる目的の回もあるが、トムがあまりにもジェリーを捕まえないためにお祓い箱にされかけた話は何話かある。 お祓い箱にされて新しい猫を気に食わないジェリーと手を組んで新しい猫を追い出したり、言うことをきかない預かった子猫たちをジェリーと共にお仕置きしたり、電話ばかりして仕事をしない学生アルバイトのナニー(アメリカでは学生のアルバイトでナニー(ベビーシッター)が多い)のせいで赤ちゃんが逃げ回るのを2匹で助けたりする話もある。 失恋し、酔っ払い線路で自殺しようとしたトムをジェリーが助けた話もある。 基本的に2匹は仲が悪くなく、でもそこまで仲良くもないという回やプロデューサーが変わるたびにまちまち。 しかし共通するのは、追いかけっこ自体を楽しんでいる描写はない。

次の

トムとジェリーの最終回はどんなんですか

トム と ジェリー 最後

トムとジェリーの最終回 そんなトムとジェリーについて、ネットではトムとジェリーの最終回が存在していて、 そのストーリーがとても泣ける話なのだという。 トムとジェリーの最終回についてネットなどで、 よく見かけるストーリーは、ジェリーが大人になった頃、 トムは既に死んでいてとかなんとか言う話なのだが、 実はこれは全くのでたらめで、誰かが勝手に言い出した事であり、 トムとジェリーには最終回など存在しない。 エンドレスに続いていくアニメであり、 言うなればドラえもんやサザエさんと同じなのだ。 トムとジェリーは1期、2期、3期という具合に制作者が変わりながら、 続いているシリーズ物なのだが、 その都度シーズンの区切りとしての最終回はあるものの、 別に物語が終わるわけでもなんでもないので、 いつもと変わらないノリで終わっているのである。 ドラえもんもよく都市伝説で、誰かが勝手に作った、 最終回のデマが出回る事がありますが、 こうしたデマは人気作品の宿命なのかもしれない。 トムとジェリーの人気の秘密は? トムとジェリーはDVD化されて、今でも子供たちに人気があります。 基本的には猫とネズミが追いかけっこをするというお決まりのパターンなのですが、 賢いネズミ・ジェリーと、ちょっとお人よしのネコ・トムとの掛け合いが、 本当に楽しい! ばかばかしいくらい単純なのですが、 その単純さが素直に面白いのですね。 何度も見て、ほとんどストーリーも覚えてしまっているというのに、 見飽きないのが不思議でした。 トムとジェリーは、制作された時期によって制作スタッフが異なり、 キャラクターの顔や体の描き方の質感など、絵のタッチが若干違うようです。 私は、初期の作品ウィリアム・ハンナとジョセフ・バーベラによる作品が好きです。 1950年ごろの作品でありながら、とても絵がていねいで動きもなめらか。 ディズニーのアニメ作品を思わせます。 家の中の描写などに、アメリカの暮らしが垣間見えるのも、興味をひかれました。 そして、音楽がまた素晴らしい! フルオーケストラを使用していたり、 アニメーションの動きにぴったりとあった音楽は本当にすごいと思います。 アカデミー賞をとった作品があるのも、納得です。 「トムとジェリー」は1作品が10分前後と短く、3本立てで放送されていました。 最初と最後の2本が「トムとジェリー」であり、 真ん中は「トムとジェリー」以外の作品でした。 そのいわゆる「真ん中作品」も面白くて、大好きでした。 大人になってからも懐かしくて、 「トムとジェリー」はDVDで見たりしたのですが、 「真ん中作品」は収録されておらず、残念に思っていたところ、 あれはテックス・アヴェリーという人の作品らしいということを聞きました。 そこでネットでDVDを探したところ、やっと見つけることができました。 「真ん中」で放送されたもののすべてを見ることはできませんでしたが、 「へんてこなオペラ」「ぼくはジェット機」などの懐かしい作品がおさめられていて、 うれしかったです。 当時、この放送を見ていなかった私の子供にも、 「トムとジェリー」やテックス・アヴェリーの作品を見せるととても喜ぶので、 時代を越えて愛される作品なのだな、と思います。 (スポンサーリンク) おすすめ記事 おすすめ記事: おすすめ記事: カテゴリー•

次の

トムとジェリーの最終回はデマ、最終回など存在しない。ドラえもんと同じですね

トム と ジェリー 最後

1940年に公開された。 言葉を話すことがない猫とネズミのアニメが、なぜあんなにも面白いのか。 言葉を使わなくても、誰にでも伝わるストーリーと笑いを提供してくれる。 作品テーマ:老若男女・万国共通の笑いとは? 立場が逆転する 猫とネズミの場合、猫=強者でネズミ=弱者と言うのが一般的な概念(記号)であろう。 ただ、の場合はかならずしもそうとは言えない。 基本的にはトム(猫)はジェリー(ネズミ)を追いかけるが、時にジェリーがトムへ反撃をする。 弱い者を応援したり、同情したくなるのは人の心理だろうが、の場合は弱者と強者が簡単に入れ替わるため、思わずトムの方に同情している。 なんてこともしばしば起こりえる。 ジェリーを追うトム トムの歯をトンカチで粉々にするジェリー 思わず突っ込みたくなるシーン 猫であるトムは、ネズミのジェリーを食べよう追いかける。 本来なら命がけの争いのはずなのだが、の場合には思わずつっこみを入れたくなるシーンがある。 例えば、パンに挟まれたジェリーが、自ら自分の身体にバターを塗り始めたり、あるいは拳銃を向けられたトムが、なぜか落とした拳銃を渡してあげるなど、真剣勝負の世界にもかからわず、ユーモアがある。 自らの身体にバターを塗り始めるジェリー 拳銃を向けられたトム 思わず転んで拳銃を落とすと… トムが拾ってあげる。 表現の豊かさ では、物理の法則をはずれた表現がしばしば起こる。 トムの身体は割れ物ののようになったり、粘土のようになったり、風船のようにもなる。 誰もが猫がそんな風になるわけがないと知りながらも、大胆で創造性に満ちた表現は誰でも楽しむことができる。 ジェリーがレンガをなげると… トムに命中し、身体が割れ物のように弾け、 フレームだけになってしまう。 チューブを通り抜けたトムの身体はチューブと同じ形に… スコップが命中したトムの顔がスコップと同じ形に ジェリーから空気を送り込まれて顔が風船のように膨らむトム 結局、仲良し いつも喧嘩ばかりのだが、最終的にはお互いが殺しあうことはない。 だからこそ子どもから大人まで安心して楽しむことができるのだろう。 直前まで喧嘩をしていても最後は風邪をひいたトムのために温かいスープを食べさせるジェリー manganogakumon.

次の