イベントスタッフ。 面接なしでイベントスタッフのバイトができるのか徹底解説!!

イベントスタッフバイトの大手派遣会社を徹底比較してみた。

イベントスタッフ

イベントスタッフになるには イベントスタッフになるには、学歴や資格などが問われることはないようです。 ただし、イベントの内容や関わる分野によってスキルが求められることもあります。 企画・運営を目指すなら、短大や専門学校でイベント制作に関する知識や技術を習得したあと、 イベント会社や広告代理店に正社員として就職する人もいます。 映像・照明・音響などの専門分野を目指したいのであれば、 音響・映像・照明学科がある専門学校で実践を積みながら技術を身につけるのもひとつの方法です。 イベントスタッフのアルバイトは、求人サイトで希望の求人に応募したあと、登録説明会に参加してから仕事を紹介してもらうケースが多いようです。 また、応募後に面接なしで現地集合・現地解散する求人や、事前に面接を受けて採用されるケースもあります。 イベントスタッフの給料・年収 大手求人サイトを見てみると、イベントスタッフの 平均年収は300万円前後、月収は20万円以上が相場となっているようです。 年齢分布としては、21歳~35歳未満の比較的若い世代の給与水準が高い職種といえます。 イベントスタッフは基本的にアルバイト雇用が多く、 時給は1000円~1300円程度が相場で、日給に換算すると7000円~1万円以上が目安となります。 週末のみや週5~6日勤務など稼働日数に応じて収入は変わりますが、週5日以上のフルタイム勤務では月平均20万~25万円の給与が一般的です。 イベントスタッフのやりがい、楽しさ、魅力 イベントは、子どもからお年寄りまで幅広い年齢層の人たちが賑わう場所であり、お客さまの明るい笑顔や楽しそうな様子を見るのが大きなやりがいといえるでしょう。 お客さまと触れ合う機会も多く、人を楽しませるイベントを制作する大勢のスタッフの一員として、 仲間とともに味わう達成感が得られ、次の仕事の活力になるといえます。 また、普段見ることのできない舞台の裏側を覗くことができたり、他のアルバイトでは出会うことのない人たちとの 人脈が広がり、人生観が変わったという人もいるようです。 イベントスタッフのつらいこと、大変なこと 会場の設営・撤去作業では、重い資材を運ぶため、筋肉痛や腰痛で悩む人も多く体力的にハードな仕事といえます。 野外イベントでは、 夏の暑さが大敵で、お客さまやスタッフも熱中症にかかるリスクが伴います。 お客さまの誘導や警備などは、夏の炎天下の中、長時間屋外に立ちっぱなしということもあるようです。 また、 アクセスが悪い現場が多いために通勤が大変だったり、イベント数が少ない地方在住の人にとっては、収入面で不満を抱える人もいるようです。 イベントスタッフに向いている人、適性 体力に自信がある人 暑さ寒さが厳しい季節でも、野外で長時間立ち仕事になることもあります。 日ごろから体を動かすのが好きで、体力に自信がある人が適性といえます。 人と関わるのが好きな人 スタッフの人数も多く、お客さまと触れ合う仕事のため、仲間意識が強く人との交流が好きな人が向いています。 理解力、柔軟な対応力 イベントごとに現場や仕事内容が変わるため、ディレクターの指示に対する理解力と状況に応じて臨機応変に対応できるスキルが求められます。 イベントスタッフの志望動機・目指すきっかけ 元々音楽が好きで、イベントスタッフに興味をもって応募したという人も少なくはないようです。 学生時代にはじめたバンド活動がきっかけで、音楽業界に携わりたいという目標があり、イベントスタッフのバイトから正社員になった人もいます。 志望動機としては、数あるバイトの中で「なぜイベントスタッフを選ぶのか?」がポイントです。 ライブやコンサートなどに関わる を希望する場合は、志望動機が「音楽が好き」「バンド活動をしている」だけでは、採用担当者にアピールする印象としては弱いといえます。 大勢のスタッフやお客さまと関わる仕事のため、接客経験やボランティア活動、部活のマネージャー経験など、イベントスタッフに役立つ 具体的な体験談を添えて積極的に自己アピールすると良いでしょう。 イベントスタッフの雇用形態、働き方 派遣・アルバイト・パート・登録制のアルバイトなど雇用形態は多様にあります。 期間は長期・短期・1ヶ月・1日限定など募集するイベントによって異なります。 登録制アルバイトの場合は、自分の働きたい日にちを希望して仕事に入ることができるのがメリットといえます。 夏休みや年末年始だけ働きたい人に向けた求人や、「大学生歓迎」「バイト掛け持ちOK」「シフト自由」など時間や曜日が選べる単発もあり、 自分のライフスタイルに合わせてさまざまな働き方が可能です。 イベントスタッフの勤務時間・休日・生活 大手求人サイトが実施したイベントスタッフの勤務時間調査によると、 7時間以上が約40%、5時間~7時間勤務が約25%となっています。 ライブやイベントの開催に合わせて単発が多く、基本的に半日~1日がかりの長時間勤務が多いことがわかります。 特に会場設営・撤去スタッフは、作業の進み具合によっては短時間で済むこともありますが、8時間以上拘束される覚悟が必要です。 また、コンサートスタッフでも、チケットもぎりのみなど一つの業務を担当する場合は、短時間勤務を選べるケースもあります。 イベントの開催は、土日祝日などに集中しやすいことから、 シフトによって休日は変わります。 イベントスタッフの求人・就職状況・需要 近年では、スタジアムやホールでの国内および海外アーティスト公演数が増加傾向にあるため、今後も音楽会場でのライブ・コンサートの公演数が増加していく見込みです。 したがって、会場設営や資材搬入、イベント後の解体・撤収作業などの体力を使う業務は、多くのイベントスタッフが必要とされます。 一般的にイベントスタッフと呼ばれる職種は、イベント運営に携わるバイトスタッフのことですので、 イベントが終わるまでの期間限定や単発アルバイトはこれからも需要があるでしょう。 イベントスタッフの転職状況・未経験採用 ベンチャー企業などで オープニングスタッフを募集する求人では、未経験者の正社員を募集している企業もあります。 イベント業界では営業・企画・制作・設営・運営など、さまざまな役割の人材が求められています。 現場を管理・運営する責任者となり、イベントスタッフをまとめるのが、イベントディレクターと呼ばれる職種です。 イベントディレクターの中途採用では、イベント運営経験や 知識がなくても、エネルギッシュな若手の人材を重視する求人も見られます。 イベントスタッフの現状と将来性・今後の見通し 近年では、各地で開催される国際フォーラム、国際交流イベント、フェスティバルなど、世界的規模のイベントや海外向けイベントに向けて、語学力のスキルやグローバルな視点を持つ人材が求められています。 アルバイト経験を経て正社員を目指す場合は、外国人のお客さまとコミュニケーションができる 高い語学力を身につけていると、就活の際にアピールできる武器となります。 特にイベント業界では、• 留学経験や語学力スキルの高さ• イベントスタッフをまとめるマネジメント能力• スケジュール管理能力の高さ などを強みに持つ人は、大規模な国際イベントで活躍できる人材として期待されるでしょう。 イベントスタッフの仕事内容、なるには、資格、給料、求人まとめ イベントスタッフは時間的にも肉体的にもハードな仕事ですが、無事イベントを終えたときの達成感や多くの人との協力で得られる人脈などは貴重です。 また、自分のライフスタイルに合わせた働き方ができるのもイベントスタッフの魅力です。 今後も需要のある仕事ですので、正社員を目指す場合はとくに語学力やマネジメント能力、スケジュール管理能力などを磨いていくとよいでしょう。

次の

イベントスタッフ・コンサートスタッフのバイト・アルバイト求人情報|【タウンワーク】でバイトやパートのお仕事探し

イベントスタッフ

近年ますます注目されている 「和」のテイスト。 その中で最も代表されるのが 甚平、作務衣 ベーシックなものから、刺繍や、プリントを使ったカジュアルなものまで揃えました! 選挙応援、コンサート&イベントスタッフ、 店頭販売、駐車場の誘導係、介護施設のスタッフ、 町内会、交通安全のパトロール隊などの スタッフベストとしてもピッタリ! 文化祭や学園祭、運動会や体育祭 発表会や駐車場の交通整理のスタッフベストにも大人気 また最近は健康維持のため、夜間にウォーキングやジョギングを する人が増えています。 オリジナルプリントが可能です。 別途お見積りしますのでメールよりお問い合わせください。 選挙事務所や、後援会事務所、衆議院選挙、参議院選挙、地方選挙、企業、会社、公的組織や団体様等の イベントやコンサート運動会や大学、高校の文化祭、などご利用も沢山頂いております。 買い進んでいただき備考欄に必要事項(宛名と但書)をご入力ください。 2〜3営業日で発送いたします。 2〜3営業日で発送いたします。 2〜3営業日で発送いたします。 蛍光イエロー 2〜3営業日で発送いたします。 2〜3営業日で発送いたします。 2〜3営業日で発送いたします。 蛍光オレンジ 2〜3営業日で発送いたします。 2〜3営業日で発送いたします。 2〜3営業日で発送いたします。 ピンク 2〜3営業日で発送いたします。 2〜3営業日で発送いたします。 2〜3営業日で発送いたします。 レッド 2〜3営業日で発送いたします。 2〜3営業日で発送いたします。 2〜3営業日で発送いたします。 パープル 2〜3営業日で発送いたします。 2〜3営業日で発送いたします。 2〜3営業日で発送いたします。 ネイビー 2〜3営業日で発送いたします。 2〜3営業日で発送いたします。 2〜3営業日で発送いたします。 ブルー 2〜3営業日で発送いたします。 2〜3営業日で発送いたします。 2〜3営業日で発送いたします。 シロ 2〜3営業日で発送いたします。 2〜3営業日で発送いたします。 2〜3営業日で発送いたします。 クロ 2〜3営業日で発送いたします。 2〜3営業日で発送いたします。 2〜3営業日で発送いたします。 ・楽天バンク決済(前払い) 「楽天バンク決済」は楽天銀行に口座をお持ちで、楽天会員の銀行口座を登録しているお客様のみ、ご利用いただける決済サービスです。 あらかじめ、商品代金+送料等(+楽天バンク決済手数料(お客様負担時のみ))の総額が、お客様の残高の範囲内であることをご確認ください。 お客様とのやり取りの中で得た個人情報(住所・氏名・メールアドレス等)は、裁判所・警察機関等の公共機関からの提出要請があった場合を除き、第三者に譲渡または利用することは一切ありません。 ご注文送信等にはSSLで暗号化するシステムを採用しております。 お客様の個人情報が他から見られる心配はございませんのでご安心ください。 商品代金合計が3,980円 税込 以上の場合で送料無料(海外発送は除く) 商品代金合計が3,980円 税込 以下の場合、 本州:660円・四国:770・北九州:880円・南九州:990円、北海道:2,200円、沖縄:2,750円 送料無料の一部ギフトの商品で大型サイズ(80サイズ)を超える場合は沖縄・北海道・離島・は追加料金が発生する場合が御座います。 受注確認メールにてお知らせを致します。 12時までのご注文で即日配送いたします。 【業者】日本郵便・ヤマト運輸・佐川急便 商品の発送は入金確認後3営業日以内に発送します。 配送時間帯や着荷日の指定も承ります。 注文時に備考欄に記載してください。 以下の時間帯の指定が出来ます。 rakuten. jp 店舗運営責任者:長谷川 和宏 金華shop 当店では海外への発送を随時行っております。 EMSで発送します。 海外へ送る場合は(ギフトを除く)可能な限りの簡易包装を心がけております。 詳しくはこちらのページに記載してありますので、ご参照ください。 当店からの対応はすべて日本語のみとなりますので、予めご了承願います。 Products offered at this site are available for delivery oversea in anytime. If you have any further questions about shipping, Click here please. Our customer services are only available for Japanese.

次の

イベントスタッフになるには|大学・専門学校のマイナビ進学

イベントスタッフ

アルバイトは、運営全般に関する仕事に携わります。 本番の前日は、会場の設営やイベントの準備などが主な仕事です。 機材の搬入や組み立て、会場内の整備など、体力が必要になる仕事がたくさんあります。 イベント当日は、会場内での観客の誘導や人員整理、物品の販売などの仕事があります。 来場者の誘導や人員整理などは、イベントやコンサートを滞りなく進行させるため、そして来場者に安全で快く楽しんでもらうために、大切な業務です。 物品販売は、一定の時間に多くの来場者が集中してやってきます。 金銭のやりとりに手違いがないよう気をつけながら、素早く丁寧な対応をすることが求められます。 本番後は、会場の後片付けの仕事を行います。 機材を解体して撤去し、清掃を行って、会場を元通りの状態に戻します。 イベントスタッフやコンサートスタッフは、力仕事をこなすための体力と、他の多くのスタッフとの協調性が必要な仕事といえるでしょう。 基本的には未経験者でも始めることができます。 イベントスタッフやコンサートスタッフと一口にいっても、仕事内容は様々。 機材の運搬や搬入などの会場設営的な仕事や当日のチケットのもぎり、会場整理などがあります。 スキルや資格は必要ありませんが、デスクワークというよりは体を動かしたり、立ちっぱなしで仕事をしたりしなければならないので、体力が必要です。 子供がたくさん参加するようなイベントの場合は、教員免許や保育士の資格などを持っていると、重宝されることがあります。 また、一つのイベントを成功させるためには、スタッフ同士の連携が欠かせません。 協調性があり、きちんと仲間と協力できる人が向いていると言えるでしょう。 また、場合によってはお客さんに注意を促したり、物販をしたりと言った接客業の側面が強くなることもあります。 スキルや資格の有無というよりは、イベントスタッフとして働きたいという熱意や人柄の方が重視される傾向です。 イベントやコンサートは週末に開催されることが多いので、平日は授業や部活動で予定がいっぱいの大学生も週末に集中して長時間仕事に入ることができます。 時給は比較的高く、一日でもたくさん稼げることがメリットです。 夏休みや冬休みなど、学校が休みの期間はイベントも多く、大学生が短期間で高収入を得られる魅力あるアルバイトです。 また、仕事を通して、イベントの裏側を知ることができる貴重なアルバイトです。 通常は来場者としてイベントに参加している人もスタッフとなり、会場が準備されるまでの過程、イベント終了後の資材の撤去など、設営側の苦労や努力を体験できます。 また、コンサートの警備や誘導のスタッフになると、好きなアーティストの歌を生で聴くことができます。 もちろん、来場者の監視なのでアーティスト側を見ながら聴くという意味ではありません。 スポーツイベントでは、会場の興奮を直に感じることができ、好きなスポ-ツイベントのときは、スタッフとして働くことでモチベーションが高まります。 デモンストレーションや展示会、スポーツ大会、アンケート配布や回収、来客の誘導などが主な仕事になります。 人がたくさん集まるイベントが多く、季節に関係なく屋外や屋内など様々な場所が会場になります。 様々な人が来場し、予想外の事態が発生することもありますので、マニュアル通りの対応だけではなく、自分で考えて臨機応変に行動することが大切な仕事です。 若い世代の方が多いため、和気あいあいと仕事ができます。 プライベートでも付き合えるような仲間を作りやすい職場と言えます。 コンサートスタッフの仕事では、テレビに出ている芸能人に会えたり無料でコンサートが聴ける環境にあります。 さらに観客では入れない場所での仕事もあったりするので、今まで経験したことのない雰囲気を体験できるでしょう。 みんなで会場作りに携わるので、チームとして一致して協力しながら、楽しく仕事を進めて行くことで仲間意識が強くなり気持ちよく仕事ができます。 イベントスタッフバイト みんなの体験談!実際に働いてみてどーだった!? いろいろなイベントに参加できるので、自分の興味のある業界についての知識を深めることができます。 イベントに来ている有名人を近くで見るなど、イベントスタッフをやらないと経験できないことが多くありました。 私は登録制のイベント会社で働いており、イベント当日は現地集合になることが多かったです。 当日に予想もしなかった事態が起こることもあり、不安もありましたが、他のバイト仲間と助け合いながら無事に終え、達成感を得ることができました。 臨機応変に対応するスキルもついたと思います。 イベント会場のことや交通機関にも詳しくなれました。 そのため、イベント当日に初めて顔を合わせるスタッフ同士も多くなります。 この場合には、まず同じ持ち場になったメンバーと打ち解けることを心がけましょう。 イベントスタッフの場合は、持ち場によって仕事内容が大きく異なることがほとんどです。 そのため、上司から説明されたことを確認したり、仕事を進めるうえで連携をとることが大切になります。 できるだけ自分から積極的に話しかけ、相手の名前を覚えることが職場に早くなじむコツです。 イベントスタッフを何度か続けると、以前会ったことがあるスタッフと再会することもあります。 相手のことを覚えていたときには、以前同じだった現場の話などをきっかけに話しかけるとよいでしょう。 また、イベントやコンサートスタッフの場合は、好きな歌手や趣味などが共通している人を見つけやすいことも特徴です。 屋外・長時間の仕事は、体調管理が大切 仕事の環境は、屋外の場合や室内の場合など仕事環境はさまざまです。 真夏の炎天下、真冬の厳寒の中での仕事の場合もあります。 概して、立ちっぱなしの仕事が多く、また長時間にわたることが多いので、体力がない方にはキツイ仕事でしょう。 展示会などの準備では、映像機器やパネルなど大型の荷物が多く、重労働を余儀なくされる場合もあります。 予想外に重い荷物は、パンフレットなどが入っているダンボールです。 会場への搬入の際には、リハーサルなどの邪魔にならないように、回り道をすることもあります。 また、開催時間が早いイベントの場合は、集合時間が朝7時の場合もあり、朝が苦手な方にはきついかもしれません。 とはいえ、未経験者でもできる短期間で集中して稼げる仕事としては魅力があります。 また、イベントの裏側の苦労や努力を体験できることは、大きな社会勉強にもなり、チームワークに必要な協調性を学べる良い機会となるでしょう。 同じ趣味の仲間が集まる職場 その会社がどんなイベントに携わることが多いかによって、働いている人も様々です。 例えば音楽関係のイベントが多い会社であれば、音楽が好きな人やミュージシャンを志している人なども多くいます。 子供向けのイベントが多い会社であれば、子供が好きな人が多く働いているでしょう。 同じ趣味や目標を持った仲間を見つけることができます。 また、どのイベント会社でも共通しているのは、ひとつのイベントを何人かで作り上げるため、協調性のある人が多いということです。 イベントスタッフの仕事は短期や単発のものが多いので、他のアルバイトと掛け持ちで働いているという人も多くいます。 比較的若い人が多くいますが、学生やフリーターなど、立場は様々です。 研修等はあまりなく、最初から現場で働きながら仕事を覚えるということが多い業界です。 先輩の仕事を見て、臨機応変な対応を学ぶことができます。 一緒に仕事を始めたスタッフとはお互いにフォローし合いながら働ける環境です。 イベントスタッフバイト あなたの面接力を倍増!?3つのポイント 面接に行く時の服装は、基本的にはきちんとしていればOKです。 だらしのない服装を避け、シャツとパンツにスニーカーくらいでよいでしょう。 パンツは破れていないジーンズ、チノパンなどが印象が良いです。 ダメージ加工や、オシャレであっても穴の開いたジーンズはやめておきましょう。 Tシャツを着る場合は、襟元がクタクタになっていないもの、体に程よくフィットしたデザインがきちんとして見えます。 フォーマルなイベントの場合は運営に関わったりクロークの手伝いをするなどのお仕事もあります。 その場合はスーツなど、きれいめの服装をすると印象が良くなるようです。 スーツを着る時は、靴は革靴にしましょう。 力仕事だからといって、面接に作業着で行くのはあまり良くありません。 実際にお仕事で作業着を着ることはあっても、面接には着て行かないようにしましょう。 ラフすぎる格好は良いアピールになりません。 時給や日給もよく、短期の募集なども多いため、基本的には人気のバイトです。 誰でもできる仕事と思われがちですが、面接での振る舞い次第では、不合格になってしまうこともあります。 イベントの来場者に対してしっかり対応できるかだけでなく、他のスタッフとしっかりコミュニケーションを取って働けるかなども採用のポイントとなります。 会場を借りて行うイベントの際は設営時間などが限られ、時間通りに行動することが求められます。 面接当日も、時間をしっかりと守りましょう。 早めの到着を心がけ、面接時間ギリギリに駆け込むことのないようにします。 面接では、まずしっかりと大きな声で挨拶をすることが大切です。 受け答えはハキハキとし、敬語や正しい日本語を意識して曖昧な返答はしないようにしましょう。 面接官の目を見て話すことも重要です。 また、猫背になったり、歩き方もだらしない印象を与えないように気をつけましょう。 面接では、質問されたことにハキハキ答えるよう意識しましょう。 出勤日数や働ける時間帯などについてはすぐに答えられるよう、前もってまとめておくと良いです。 また、イベントは土日などに行われることが多い為、土日の出勤が可能かどうかは重要になってきます。 多くの人と接する仕事のため、明るく元気な発言が好まれます。 挨拶は基本ですので、まずは大きな声でしっかり挨拶することを心がけましょう。 接客や力仕事の経験があればアピールしましょう。 初めてアルバイトをするという人も、学生時代の部活動やクラスでの活動など、人と協力して何かを達成した経験があれば話しておくと効果的です。 志望動機についてですが、もちろん「イベントの裏側を見ることができるから」や「芸能人に会えるから」というのも間違いではありません。 しかしそれだけでは単なる興味本位での応募とも受け取られかねません。 「大勢でひとつのものを作り上げることに魅力を感じた」等、相手が「向上心を持って働いてくれるだろう」と思えるような内容を盛り込むと尚良いでしょう。

次の