カワウソペット。 ペット「カワウソ」の悲惨な境遇とは

カワウソ(ペット)の値段と寿命|飼い方や臭いを調査!

カワウソペット

丸いお顔にくりくりの瞳、小さくて器用な手。 そんなかわいい姿で世界中の人々を魅了している動物をご存知でしょうか? そう、いま空前の大ブームとなっている動物といえば...... 「コツメカワウソ」。 「私も飼ってみたい」と思ったそこのあなた...... ちょっと待って! 実はカワウソブームの裏側には、さまざまな問題も存在しているのです。 カワウソを飼ってみたい人だけでなく、カワウソ好きのみなさんに知ってもらいたい 「カワウソのホント」。 大人気カワウソの飼い主さんにお話を伺ってきました。 密輸が社会問題に!「カワウソブーム」の問題点を、カワウソの飼い主さんに聞いてきた! キューキューかわいい声で鳴きながら、人に甘えるカワウソの人懐こい姿をテレビで目にしたことのある人も多いことでしょう。 日本でもテレビやSNSをきっかけに人気が加熱し、ペットとして飼う人も増えているそうです。 カワウソの写真集やカレンダーが続々販売され、各地でも「カワウソカフェ」ができたりと、今や空前のカワウソブーム。 しかしそんなブームの裏側で、先日もカワウソを密輸した容疑で逮捕者が出たことをご存知でしょうか。 ここ数年で何十匹ものカワウソが日本に密輸されています。 過酷な状況下で輸送されたカワウソは、税関職員が発見した時には半数が死んでしまっていたことも。 カワウソは繁殖の難しい動物なので、ここ最近の人気により完全な供給不足に。 そのような事情から、「密輸カワウソ」が後を絶たないそうです。 「問題は密輸だけではありません。 こうして苦労して手に入れたカワウソを飼いきれずに、捨ててしまう人も少なくないんです」と話してくださったのは、自宅でカワウソをペットとして飼育しているAyakoさん。 Instagram() Ayakoさんは旦那さん、娘さん、そして2匹のカワウソと生活されています。 カワウソの「竹千代」こと「竹ちゃん」と「葵ちゃん」は、Instagramで26万人超のフォロワーがいる人気者。 Ayakoさんもカワウソの飼育は5匹目という、ベテランカワウソママさんです。 「いえいえ、私なんてベテランじゃありませんよ。 カワウソは謎の多い生き物で、私もまだまだ勉強しながら竹ちゃんたちと暮らしています」とAyakoさん。 Ayakoさんいわく、カワウソは決してペット向きの生き物とは言えないそうです。 「カワウソはとっても賢くて、かわいい動物です。 でも犬猫のように飼えると思ったら大間違い。 かなりの覚悟がなければ、ペットとしてはおすすめできません」 そう話すAyakoさんの腕の中で、うっとり顔の葵ちゃん。 詳しいお話を、Ayakoさんに聞いてみましょう。 本当はミニチュアダックスフンドを見に行ったのですが、馴染みのペットショップ屋さんに「今ならカワウソがいるよ」って。 行ってみたら赤ちゃんのカワウソがいて、かわいくてかわいくて...... 気付いたら犬の何倍もの予算を出してお迎えしていました(笑)。 当時は今ほどカワウソを飼っている人もいなかったので、すべてが手探りでした。 水浴びさせるのも一苦労で、もう手も足も傷だらけの血まみれで。 カワウソはよく噛むんですか? 基本は甘噛みですが、怒ったときや驚いたときに噛まれると、大怪我になる恐れもあります。 遊んでいるオモチャを取り上げようなんてしたら、ガブッと思い切りいかれます。 懐いている飼い主でも、手がグローブみたいに腫れて傷跡が残ることもあります。 獣医さんの話だと、アゴの力が大型犬並みにあるそうです。 野生のカワウソは甲殻類もエサにしますから、アゴの筋肉が発達しているんですね。 力も強くて、竹ちゃんは大人が座っているソファを動かせますよ。 (竹ちゃん&葵ちゃんが大好きな「ぶらさがり遊び」。 タオルに噛み付いたまま、思い切り揺さぶられるのが大好きだそう。 賢いでのこっちの言っていることは理解できますが、その通りにするということはありません。 まずは人間との上下関係を確立させるのが大切。 噛まれたからといって怯えたら、その瞬間から「噛めば思い通りになる」と覚えてしまいます。 ひるむどころか、こっちも思い切りやり返すくらいの強さが必要。 そうすれば、こうしたら怒られるということは少しずつですが覚えます。 きれい好きなので、トイレは覚えてくれますよ。

次の

【元動物園の飼育員が解説】カワウソはペットにできる?カワウソの生態やコツメカワウソの値段・飼い方を解説

カワウソペット

カワウソの紹介 1. カワウソの原産地 日本で多く流通しているコツメカワウソは東南アジアを中心にインド、中国南部の水辺に生息しています。 またほかの種類のカワウソはオーストラリア、ニュージーランド、南極を除いた世界中の河川周辺や海上で生息しています。 カワウソの平均体長・平均体重 カワウソの平均体長は 40~130cmで、尾長が 12~65cmです。 平均体重は 2. 6~5. 5kgになります。 日本で飼育されている数・歴史 カワウソはかつて、日本固有の種として ニホンカワウソが全国で生息していました。 しかし乱獲などで数が激減。 1979年以降は目撃されていません。 現在、日本で多く流通している コツメカワウソは、ワシントン条約で輸入が制限されている為、人間の飼育下で繁殖された個体のみが流通しています。 しかし数の少なさから価格は高めです。 カワウソの名前の由来 カワウソは漢字で書くと「 川獺」「 獺」と書きます。 名前の明確なルーツは不明ですが「 嘘の皮」という言葉の語源が「 カワウソの皮」を指すことからきています。 昔の中国や日本でタヌキ、キツネなどと同様に人間を化かす生き物と考えられていた為、川に住み嘘をつく(人を化かす)生き物としてカワウソと呼ばれるようになったのではないかと思われます。 カワウソの平均寿命 カワウソの平均寿命は 10~15年。 20年以上生きた個体もあるそうです。 カワウソの3つの種類と特徴 1. コツメカワウソ 爪が小さいのが名前の由来。 東南アジアに生息する、カワウソの中で最も小柄な種で昼光性。 性格は人懐っこく甘えん坊で活発。 遊びと水浴びが大好きです。 野生では10匹以上の群れで生活しています。 また絶滅危惧種としてレッドリストに指定されている。 オオカワウソ 体長が2メートル弱あり、特に尾は大きく幅が広い。 昼行性で活発。 野生では10匹あまりの群れで生活する。 またよく鳴きます。 魚や甲殻類などの動物食です。 集団で小さなワニを襲う場合もある。 ユーラシアカワウソ ヨーロッパカワウソとも呼ばれる。 ユーラシア大陸全域と北アフリカに生息している。 群れでの集団生活は行わず、単体で行動する。 乱獲による激減で現在、準絶滅危惧種としてレッドリストに指定されている。 カワウソの飼育に適している人の2つの特徴 1. スキンシップが好きな方 人懐っこいカワウソを飼育するなら毎日遊んであげるのが理想なので、ペットとスキンシップを楽しみたいフレンドリーな人が向いています。 金銭的に余裕のある方 カワウソは一匹、70万円以上の金額で販売されています。 また食べる物が魚類、甲殻類、貝類などペットの餌としては犬や猫より高額になる為、飼育する場合は金銭的に余裕がある家庭が良いと思われます。 カワウソを飼う場合の初期費用と入手方法 1. カワウソの購入価格 カワウソの購入価格ですが、コツメカワウソの場合で一匹 70万円以上です。 カワウソの入手方法 国内流通量が少なく、ペットショップでも滅多に取り扱われない為、カワウソが飼いたい場合は最寄りのペットショップや専門店に相談してください。 カワウソの飼育に必要な3つのグッズ カワウソを自宅に迎えるにあたって、飼育設備として何が必要なのか。 何をどのように揃えるのかをお伝えします。 ケージ 家の中でずっと放し飼い状態にしておくと、思わぬ事故やケガの原因となります。 また好奇心旺盛なカワウソは人間が見ていない時、室内を荒らしてしまうこともあります。 家の中で放し飼いをするという場合でも、飼い主不在時におけるトラブル防止の為、広めのケージを用意しておく必要があります。 水浴び用の大きな容器 カワウソは毎日水浴びしないとストレスがたまる生き物です。 必ず水浴び出来るよう環境を整えておきましょう。 トイレ カワウソはしっかりトイレを覚えます。 ペットショップのスタッフと相談し、個体に合ったトイレを用意してあげましょう。 おもちゃ 活発なカワウソが毎日しっかりと遊ぶ為、ペット用のおもちゃを用意してあげると良いです。 上記の4点はペットショップ、専門店のスタッフと相談しながらカワウソに必要な大きさ、道具を選択すると良いでしょう。 カワウソに多い2種類の病気 1. 食欲不振 ストレスなどが原因で食欲不振になることがあります。 思わぬ病気の可能性もありますので、すみやかに動物病院で診察を受けさせる必要があります。 寄生虫 カワウソは餌としてザリガニなどを食べますが、生きた餌には寄生虫がいる場合があり危険です。 一度冷凍するなどして、寄生虫を殺してからあたえましょう。 カワウソの飼育で注意する5つのこと 1. 動物病院 カワウソを診察してくれる動物病院は非常に少ないです。 いざという時、近くで診察してくれる動物病院があるか確認しておきましょう。 住みやすい環境 個体に合った室温や住みやすい環境を心がけてあげましょう。 体調管理 体調の変化を把握する為に出来れば毎日、体重を記録しておくと良いでしょう。 長期間の旅行 カワウソの飼育はある程度、広い場所が必要ですので旅行で狭いペット用のキャリーに長期間、入れ続けるのはおすすめ出来ません。 またカワウソは一度に大量の糞尿をする場合がありますので極力、長期間キャリーに入れっぱなしという状況は避けることをおすすめします。 繁殖が難しい カワウソは一般的に繁殖が難しいと言われています。 繁殖を目指す場合はペットショップのスタッフや専門家の意見をよく聞いて参考にして下さい。 カワウソを飼育する3つの魅力とは 1. 癒される 豊かな表情と愛らしいリアクションで癒されます。 また幼少期から育てると、とても懐きます。 飽きない 活発でよく動くので、見ていて飽きません。 よく遊ぶ カワウソは遊ぶことが大好きなので、飼い主は毎日ふれあいながら楽しく遊ぶことが出来ます。 今回のまとめ カワウソの平均寿命は10~15年。 20年以上生きた個体もある。 カワウソは一匹、70万円以上で販売されている。 また餌が比較的、高額になる。 国内流通量が少なく、ペットショップでも滅多に取り扱われない。 迎え入れる前にカワウソを診てくれる動物病院があるか、事前に調べておく必要があります。 ケージ、水浴び用の大きな容器、トイレ、おもちゃなどが必要。 餌はフェレットフードを中心に魚類、甲殻類、貝類などを適量、バランス良くあたえる。 寄生虫が原因で病気になることがあるので、寄生虫を殺した上で餌をあたえる。 とても人懐っこく可愛らしいので癒されます。 ストレスがたまらないように毎日、水浴びをさせる。 じゅうぶんに遊ばせることも大事です。

次の

ペットと一緒にカワウソを見られる水族館「油壼マリンパーク」

カワウソペット

そもそもカワウソって? カワウソが可愛いのは分かりますが、そもそもどんな動物かは分かりませんよね! カワウソとは、ネコ目(食肉目)イタチ科カワウソ亜科に属する哺乳動物になります。 南極、オーストラリア、ニュージーランドを除く、世界全域の水辺や海上で生息しているそうです。 主に東南アジアに生息しているようですが、現在絶滅危惧種に指定されているのでペットとしれ流通しているのは国内で繁殖されたものだけのようです。 体長41〜64cm。 尾長25〜35cm。 体重2.7〜5.4kg。 え、結構大きいですね(笑) 最小って猫くらいかと思ったのですが、猫の重さで胴長ってイメージですかね(笑) また性格は、• 人懐っこい• 頭がいい• トイレや芸も覚える• 夜行性ではないので夜が騒がしくない と言われ、犬に匹敵するペットと言えるそうです。 体臭がする• 毎日水浴びが必要• 温度管理が大変?• また触れることで臭いがうつったりするそうなので、まず臭いを確かめる必要があると言えるでしょう。 そして2の、 毎日の水浴びも必要になります。 水浴びをさせないとストレスになるそうなので、臭いを和らげるためにも水浴びし、軽く洗ってあげると良いかもしれませんね! 3ですが、もともと暖かい地域の動物になるので 冬の寒さは厳禁になります。 温度管理のために光熱費が上がるのを念頭に入れておきましょう! 4は カワウソの専門として診てもらえる病院が少ない可能性があるということです。 飼うことを検討している方は、最寄りの病院にかかれるのかのチェックは必要になります。 一時期CMにチワワが出演した時もチワワが大人気になり、CMに出ていた同じ真っ白のチワワはかなりの高額で売られていました。 安く手に入れる方法はショップから購入よりもブリーダーから購入が少し安く手に入ると思います。 コツメカワウソは、絶滅の恐れがある種とされ、 ワシントン条約で輸出許可が必要な動物に指定されています。 また国内の繁殖は動物園でないと難しく、もし『国内ブリード』であれば、 動物園からの販売許可証があるはずです。 正規ルートを通過するコツメカワウソの首元には、マイクロチップを埋め込んで管理され、寄生虫予防の投薬などを済ませてから輸出されています。 人気で話題になっていますが、購入の際には• しっかり飼う準備ができている事• 最後まで飼う覚悟がある事• 購入の際には正規ルートで販売しているカワウソかどうかの確認をする事 が大事です。 カワウソはタイでは激安で売っている? 日本では100万以上になっているカワウソの値段ですが、今年女子大学生がカワウソの密輸を行なったとして逮捕されました。 女子大学生は売られているのが可哀想だったからと話していましたが、転売目的では?と言われています >人<; 密輸されていたカワウソは 10匹でなんと33,000円なんだそうです。 1匹3,300円。 人気急上昇のカワウソは輸入販売がなく、国内繁殖のみなので稀少で値段が高騰している。 犬に匹敵する飼いやすさだが、臭いがきつく飼うには覚悟が必要。 日本での値段は60万円以上だったが、現在は100万円以上になってきている。 タイでは1匹3,300円で市場に売られている。

次の