尿道 が 痒い。 ペニスが痛いと感じる時の具体的な症状とすぐに対処すべき理由

尿道が痛い?かゆい?治らない?新しい性病?!マイコプラズマ・ジェニタリウムが原因かも! 今月の特集|STD研究所

尿道 が 痒い

尿道炎とは 尿道炎は、体外に触れることがある尿道を通じて細菌やウィルスが侵入・感染して炎症を起こす病気です。 尿道炎などの泌尿器に細菌などが感染して起こる病気を「尿路感染症」といいます。 原因 尿道炎は、排尿時などに尿道から細菌などが侵入して感染症を起こし、尿道が炎症を起こすことで発病します。 尿道に入り込む細菌の中には、腸内細菌である大腸菌も含まれます。 尿道炎の原因となる細菌は、尿路感染症を引き起こす細菌と同じものであることがほとんどのため、放置しておくと遡上して膀胱炎や腎盂腎炎などを発病させる場合があります。 男女間の発症率の違い 尿道炎の患者の割合は、圧倒的に男性が女性を上回っています。 これは、男女の身体の違いに理由があるといわれます。 男性の方が女性よりも尿道が長いため尿道炎を起こしやすく、女性は尿道が短いため侵入した細菌などが膀胱に達しやすく膀胱炎を起こしやすいためと言われています。 症状 尿道炎の主な症状としては、「排尿時に痛みを伴う」ということがあります。 尿道の内部が炎症を起こしているため、尿がしみやすくなっているのです。 炎症を起こした尿道からは透明または緑黄色の膿が出ることもあります。 尿道炎は発達すると頻尿や尿道狭窄を起こし、炎症に膿みが溜まって膿瘍になり尿道に深いダメージを与えることがあります。 感染 尿道炎は、場合によっては異性に原因となる細菌を感染させてしまうことがあります。 これは尿道炎の原因となっている細菌の中には、粘膜接触による感染能力を持っているものが含まれているためです。 尿道炎を起こしている場合は、出来るだけ早く根治治療を行わなければ自分が感染源になることも充分にあるのです。 尿道炎の治療法 尿道炎の治療に当たって、原因となる細菌を特定するための検査を受ける必要があります。 原因を特定しないままで治療を行うことは、症状の悪化にも繋がるからです。 検査 尿道炎の検査には、通常の尿検査に加えて膿の検査を行います。 膿の検査には尿道から細い綿棒を入れて、尿道内部の膿を擦り取って検体を採取する方法がとられます。 検査の前には、排尿を行わないように我慢する必要があります。 排尿すると膿が尿で押し流されて、検体の採取が出来なくなることがあるのです。 治療 尿道炎の治療には、原因となっている細菌やウィルスに効く抗生物質を数日間に渡って投与する薬剤療法が取られます。 抗生物質は、腎臓を通って尿に混じって排出されるという性質があるため、非常に有効な治療法といえます。 しかし、抗生物質の投薬を医師の処方を無視して行うと、菌を除去できず症状を悪化させてしまうことがあります。

次の

尿道がかゆい2つの原因!病気の可能性もあるの!?

尿道 が 痒い

排尿痛がある、排尿時に痛い 排尿痛がある、排尿時に痛い 排尿時に痛みを起こす最も一般的な病気は急性膀胱炎です。 急性膀胱炎は、女性に多く、頻尿(おしっこが近い)、血尿(おしっこに血が混じる)、排尿時の痛みが特徴的な症状です。 多くは排尿の終わりごろに尿道に不快な痛みを感じます(排尿終末時痛)。 特に問題となる基礎疾患がなくても、尿道から細菌が膀胱へ侵入することによって起こり、尿検査により炎症細胞(白血球)や細菌が認められますが、抗生剤治療あるいは無治療でも数日以内に完治することがほとんどです。 高熱や倦怠感などの全身症状、背部痛などを伴う場合には腎盂腎炎を併発している可能性もあり、重症化するリスクもありますので、すみやかに医療機関を受診することが必要です。 男性で排尿時の痛みを起こす病気には、前立腺炎や尿道炎があります。 前立腺炎は尿道から侵入した細菌によって起こる細菌性前立腺炎と非細菌性前立腺炎があり、いずれも排尿時の痛み以外に、頻尿、会陰部(陰嚢と肛門の間の部位)や下腹部の不快感や痛みなど多彩な症状があります。 細菌性前立腺炎は、当初は急性の経過をとり、発熱や倦怠感などの全身症状を伴うこともあり、適切に治療を行わないと慢性前立腺炎に移行することがあります。 非細菌性前立腺炎の原因は明らかではありませんが、前立腺に慢性の炎症が起こる病気で、長時間におよぶデスクワーク、乗り物移動、運転などで、前立腺が振動や接触などの刺激を受けることが関連することもあります。 なかなか治りにくい病気で、ストレスや運動不足で症状が悪化したり、再発したりします。 尿道炎では、排尿時痛は細菌感染や尿道の粘膜に傷がついたことが原因で起こります。 尿の出始めに痛む場合は、クラミジア尿道炎、淋菌性尿道炎などの性感染症が原因であることが多いので注意が必要です。 いずれも排尿時に焼けつくような痛みやかゆみ、発熱、不快感、尿道から黄色や白色の膿が出て尿が濁る、尿の出口が赤く腫れる、頻尿などの症状が現れることが多いですが、中には自覚症状のない場合もあります。 特に女性は症状が軽い傾向にあり、気づかないうちに感染が広がるケースも少なくありません。 尿道炎は放置すると尿道狭窄となることが多く、排尿に支障をきたすようになるため、早めに専門医を受診したほうがよいでしょう。 その他に、尿道結石、間質性膀胱炎、膀胱や尿道の悪性腫瘍などの特殊な疾患が排尿時痛に関与することもありますので、長期間症状の改善がみられない場合には泌尿器科専門医の受診が推奨されます。

次の

陰部がかゆい原因とその対処法

尿道 が 痒い

関連キーワード: 尿道にかゆみ、排尿すると痛い• 答える人: 夏目泌尿器科【院長】夏目 紘 四日ほど前から尿道にむずかゆさを感じ、 さらに尿道の出口が発赤し、下着に黄色いうみがつくとともに排尿時に痛みをともないます。 どんな病気でしょうか。 (海部郡・男性 28歳) ご相談の方は外来を受診され、診察すると下着には分泌物が付着し、外尿道口は発赤と浮腫を伴い、尿道を圧迫すると黄緑色のうみを排出したので、分泌物を染色鏡検したところ、淋菌を認め、さらに話を聞いたところ、独身で一週間前、ファッションヘルスに行ったとのことで、典型的な性感染症、急性尿道炎と診断しました。 性感染症は性器と性器、性器と口腔、性器と肛門などの接触による感染形態があり、最近の尿道炎の半数以上が、いわゆる風俗店での口腔内射精などに伴う口腔咽頭から感染したケースです。 女性の咽頭は淋菌、クラミジアとも細菌などにとって居心地のよいところで感染巣となり、しかも多くが無症状であることがやっかいな点です。 幸いにもご相談の方は、初尿によるクラミジア・トラコマティスの検査は陰性で、一週間の抗生物質の投与で完治しました。 治療の基本として飲酒を控え、尿道洗浄をする目的で水分の摂取を多くし、化学療法を行いました。 もちろん性行為はつつしんでもらい、パートナーに感染しないように指示しました。 要は通常の性行為でなくともオーラルセックスで尿道炎が起きることを知っておくことと、多少とも異常を感じたら診療を受けることです。 クラミジア感染の場合は、尿道の違和感程度で分泌物も少なく、症状も軽佻なことが多いので放置しないで下さい。

次の