手 の かからない ペット。 手がかからないペットっているの?基本あまり手がかからないペット5種

高齢者にお勧めのペット

手 の かからない ペット

<目次>• 鳥をペットとしておすすめする理由 ペットとして人気の高いセキセイインコは、おしゃべりする子も多く、楽しい家族になります。 もちろん、年齢に関係なく鳥をペットにすることはできますし、鳥を楽しむこともできます。 でも、1分が惜しい出勤前の朝に鳥のためにどれだけ時間を作ることができるか考えてみたり、挿し餌を待ち鳴く雛鳥とベビーベッドで鳴く赤ちゃんがいたときにどちらの対応を優先するかを考えてみたりすると、 自分のための時間を作ることができる世代の方がよりいっそう鳥を楽しむことができると思うのです。 また、セカンドライフを考える世代は、それまでに子育てや仕事などを通して、努力すればするほどあとから大きな喜びがやってくることを知っていますので、賢い鳥さんとの暮らしを楽しめると思います。 鳥にとっても、すぐに結果を求める飼い主より、努力の先を見通して接してくれる飼い主の方が安心していられます。 個人の性格によるところもありますが、 人生経験豊富で焦らずに楽しむ余裕のある大人と暮らす方が、鳥はストレスの少ない暮らしをおくれるでしょう。 もう1つのおすすめ理由は、鳥の寿命が長いことです。 私たち人間も、ペットと同じように寿命があり、歳をとるといろいろな病気に悩まされることが多くなります。 そして、悲しいことに友人や知人との別れを経験することも多くなってしまいます。 大切な相手との別れは辛く、悲しいものです。 それは相手がペットでも同じこと。 できるだけ別れは少なく、楽しみを多くペットを飼うことを考えた場合に、20~30年の寿命を持つ鳥たちは、最後のペットとして飼うことができるでしょう。 鳥と暮らす楽しみ 「可愛い」「愛らしい」イメージの強い文鳥ですが気の強い面も持っているため、繁殖を望むならば若いうちにペアにするのが望ましいようです。 鳥のイメージはいろいろあると思うのですが、よく言われるのが「可愛い」です。 文鳥などのフィンチ類には可愛いというよりも愛らしいという言葉が合うのではないかと思うのですが、みなさんが毎日目にしているであろうスズメのように、小さくひょこひょこ動き、高い声で鳴く姿は可愛いものだと思います。 でも、鳥って可愛いだけではないんです。 鳥は、私たち人間に比べると頭の大きさが小さく、きっと脳ミソも少ないと思うのですが、私たち以上に賢いと感じることが少なくありません。 鳥を飼ったことの無い人でも、テレビのニュースなどで歌を歌ったりおしゃべりする小鳥や、道路に木の実を落として車に割らせて中身を食べるカラスなど、鳥の賢さを見たことがあるでしょう。 鳥との暮らしを楽しむためには、彼らの賢さに注目して欲しいと思っています。 おしゃべりが好きな鳥と暮らしていれば、教えようと思っていなくてもいつの間にかあなたの口癖を鳥は覚えてしゃべるようになります。 でもここで、鳥に自由に覚えさせるのではなく、あなたが鳥に言葉や歌を教えてみて欲しいのです。 部屋に放して鳥を自由にさせて遊ばせるのは楽しいことです。 でも、たた遊ばせるのではなく、鳥の名前を呼んだり、なにかの合図をして鳥をあなたの指先に来るように教えてみたり、あなたの肩にとまるように教えてみたりして欲しいのです。 トレーニング次第で合図に合わせて移動したり、飼い主のところに来るようにしたりすることができるので、賢さに注目して鳥を飼うと鳥の魅力をもっと知ることができるようになると思います。 教え始めるとわかると思うのですが、鳥は本当に賢い子が多く、そして飼い主といっしょに何かをすることが好きな子が多いので、容姿や鳴き声を楽しむ以上に鳥と過ごす時間が楽しくなると思います。 でも、そうは言っても、教えてその日にできるようになることはまずありません。 何日も繰り返し教え続けることで、鳥はあなたが教えようとしていることを理解し、覚えていくのです。 鳥には、日中、お日様のあがっている時間に活動する昼行性の種類が多いです。 そのために、 鳥との時間を多く持つには日中いかに時間を作れるかどうかがポイントになります。 子育てや仕事に追われることがなくなって時間に余裕のある方ならば、問題なく鳥のために日中時間を作ることができるでしょうから、鳥と生活サイクルを合わせることもできるでしょう。 鳥は賢い、と説明してきましたが、賢すぎて困ることもあります。 気が付かないでいいことに気が付いてしまった場合、問題行動をとることがあるのです。 たとえば、鳴けばケージから出してもらえると気が付いてしまった鳥は、ケージから出たいときには大騒ぎして鳴くようになってしまうことがあります。 でもこれは、言ってみれば子供のわがままと同じようなもの。 スーパーでお菓子欲しさに泣く子供とそれほど大きな違いはありません。 どちらも、行動の意味や原因を考え、しつけをすることで改善できます。 すでに人間の子供を育てあげた経験を持つ方ならば、さほど悩まず、苦労せず、もしかしたら楽しみながら鳥をしつけることができるでしょう。 ペットとして人気の高い鳥たち 多くのペットショップが扱う、人気の高い鳥たちを紹介します。 まずは、はじめて鳥を飼う人や鳥の飼育経験が少ない人におすすめの鳥たちです。 文鳥 文鳥は、可愛らしい外見からは想像しにくい気の強い面も持っている鳥ですが、飼い主によく馴れますし、手乗りに育てられた子を売っているお店も多いので、鳥の楽しさを味わえる種類だと思います(文鳥の飼い方はから)。 セキセイインコ セキセイインコは、正しく飼えば病気になることが少なく、また、雛のときに挿し餌をしていなくても若い子であれば手乗りに育てることができる柔軟性を持っていますので、鳥をはじめて飼う人におすすめしたい種類です(セキセイインコの飼い方はから)。 オカメインコ 環境の変化による影響を強く受けやすい種類なので、オカメインコは初めて鳥を飼う人にはあまりおすすめしません。 これまでに鳥を飼ったことがあり、もっと鳥を楽しみたい、楽しむための努力もしたい、と思う方におすすめの種類です。 オカメインコを購入するときは、必ずペットショップを選んで購入してください。 輸入されたばかりの雛は弱っていることがありますので、健康な子を選べる友人といっしょにペットショップに行ったり、雛の世話をしている店員さんの様子を見たり、話を聞いたりして健康状態の良い雛を購入してください(オカメインコの飼い方はから)。 鳴き声を楽しみたい人におすすめなカナリアは、鳴き声だけでなく見た目も麗しい鳥さんです。 続いて、すでに何羽も鳥を飼ってきている方や、最後のペットとして鳥を迎えようと考えている方におすすめしたい鳥を紹介します。 ヨウム ヨウムはおしゃべり好きな子が多く、また、遊び好きな陽気な子も多いので、毎日を楽しくしてくれること間違いなし!な鳥です。 ただし、遊び道具が無い状態で飼い続けたり、おしゃべりすることができない状態で飼い続けたりした場合には、大きなストレスを受けて体調をくずすことがあります。 鳥とたくさん遊びたい、鳥といっしょに楽しみたいと思っていないならば、ヨウムを飼うのは大変かもしれません。 カナリア おしゃべりよりも鳴き声を楽しみたいならば、おすすめしたいのはカナリアです。 カナリアは10~15cmぐらいの小型の鳥で、平均寿命は10年と言われるものの、20年以上生きている子も少なくない種類です。 ですので、適切な飼い方をすれば長く付き合えるペットになると思います。 ペットショップでは黄色や赤いカナリアを見かけることが多いように思いますが、ローラーカナリア、ボーダーファンシーカナリア、スコッチファンシーカナリア等々、いくつもの種類のカナリアがペットとして飼われています。 カナリアの美しい鳴き声は聞いているだけで癒され、優しい気持ちになれるように思います。 飼育する前に検討しなければいけないこと 鳥を飼う前に、検討しなければならないことが最低でも5つあります。 すでに書いてきていることをもう一度書いている部分もありますが、鳥を飼うことを検討するときには以下のことも検討してください。 健康管理 意外に思われるかもしれませんが、鳥を診てもらえる動物病院は多くありません。 ですので、 飼う前には動物病院を探す必要があります。 診てもらえる動物病院の多さとは関係ないと言えば関係ないのですが、具合が悪いのを発見したときに近所の動物病院に飛び込んでも満足な治療をしてもらえるかどうかわかりませんので、 鳥の健康管理をしっかりする必要もあります。 飼いたい種類が決まったら、その鳥の生息地から快適と感じる温度や湿度、食べ物などを調べ、 鳥にとって快適な環境を作り、維持することができるかどうか検討してください。 種類を決めたときに動物病院を見つけられていたならば、その動物病院に相談に行くのもいいと思います。 あなたが飼いたいと思っている鳥に多い病気や注意することをアドバイスしてもらうことができるでしょう。 購入場所 鳥を購入する際、ほとんどの人がペットショップで購入します。 ですが、ペットショップによっては鳥を扱っていなかったり、犬猫がメインで鳥にあまり力を入れていなかったりするお店もあります。 購入する前に、鳥をメインで扱っているペットショップを探しましょう。 ペットショップは、販売する前にペットの健康状態を確認するのが一般的ですが、鳥に詳しくないお店や悪質なお店では、健康状態が悪いものを販売することもあります。 ですので、購入する前に鳥に詳しい友人や知人とペットショップを訪れて鳥の健康状態を確認してもらうといいでしょう。 ペットショップの店員さんに直接、鳥のことを質問して健康状態を確認するのもいいと思います。 鳥に詳しいお店ならば、健康状態だけでなく飼い方についてもいろいろアドバイスしてくれると思います。 費用 鳥は小さなペットです。 当然ながら食べる量は少ないですから、お金がかからないイメージがあるようです。 ですが、 犬などのほかのペット同様、鳥を飼うにもお金はかかります。 毎日のごはん(専用フードと果物や野菜、種子類など)はもちろんのこと、快適な温度を維持するためのヒーター代は毎日かかる費用ですし、最初に購入するだけだと思っていたケージも育つにつれてもっと大きなもの、もっと大きく扉が開けられるもの、と欲が出て買い換える可能性もあります。 おもちゃの類は多く必要ですし、もし病気になってしまったならば私達が病院にかかる費用の何倍もの金額が必要になることもあります。 身体が小さいからお金がかからない、と思ったら大間違いですので、この先ずっと鳥さんのために必要な費用を工面できるかどうかも検討してください。 寿命 鳥は寿命の長い種類が多い生き物です。 小型のセキセイインコであっても10年以上生きますし、大型のインコ類では50年以上生きる種類もいます。 飼う前に、鳥の寿命よりも自分が長生きできるかどうか、検討してください。 鳥だけでなく、犬や猫などほかのペットも含めてペット全般で言えることですが、飼い主に死なれて行き場のなくなったペットというのは辛く、寂しいものです。 ペットにとっては、飼い主は親であり友であり、恋人でもあるのです。 パートナーに死なれてしまうのが辛いのは、人間でもペットでも同じです。 運よく新しい飼い主と出会えたとしても、ペットがあなたを忘れることはありません。 悲しいことですが、新しいパートナーと出会えない子も少なくありません。 ペットを飼うときは、自分の年齢と寿命、それに飼う予定のペットの長寿記録から考えたペットと暮らすことになるであろう年数を考慮し、飼えるかどうか検討してください。 鳴き声や感染症 ペットを飼うと、わずかではあってもご近所に迷惑をかけるものです。 自分にとっては心地よく聞こえる鳥のさえずりが、お隣の人にとっては騒音かもしれません。 ベランダでの日光浴はあなたにもペットにも気持ちの良いものですが、オウム病や鳥インフルエンザなどの感染症から鳥を警戒している人には脅威に思えるかもしれません。 あなたにとって最愛の家族になるであろう鳥さんがご近所の方に嫌がられたり、苦情を言われたりしないようにするためには、あなたがすすんで近所付合いをして円満な人間関係を築く努力をする必要があります。 ご近所の方が間違った情報から鳥を嫌ったり、敬遠したりしないように、自分が正しい情報を伝え、自分のペットがご近所の人からも好かれるペットになるように努力できるかどうか検討してください。 種類を問わず、ペットは飼い主の生活に潤いや刺激、癒し、充実感などを与えてくれるものだと思います。 自分に合ったペットは何か、自分が飼えるペットは何か考え、ペットと暮らすことを検討してもらえたら嬉しく思います。 もし、あなたが選んだペットが鳥だったならば、鳥が飼い主によせる愛情や信頼に気づき、鳥のパートナーになってあげて欲しいと思います。 鳥のパートナーになることは、大変なときもあるでしょうが、それ以上に幸せなときが多いものです。 鳥との暮らしを楽しんでください。 【関連記事】•

次の

手がかからないペットっているの?基本あまり手がかからないペット5種

手 の かからない ペット

Contents• ペットを飼うということ さてその前に、ペットを飼ったことのない方にひと言。 ペットを飼うということは、あなたに家族が増えるということ。 命を預かるということです。 ペットの命を預かるということは、 自分優先の生活ではなく、ペット優先の生活を覚悟する必要があります。 子育てをすることと同じですね。 もちろんペットが病気やケガをした際は、 真っ先に病院へ連れていかないといけません。 飼っていて万一煩わしくなったとしても、 決して外に捨てたりしてはいけません。 責任をもって最後まで飼うようにしましょう。 何らかの理由で飼い続けられなくなったとしても、 信用のおける人に譲るなど、適切な対応をしましょう。 ペットを飼うデメリット お次は、ペットを飼う際のデメリットを考えてみましょう。 人によってはペットロスにより、ひどい喪失感に襲われかねません。 時間が経つことでショックがやわらいだり、 違うペットを飼うことで喪失感は解消されていくでしょうが、 ペットの死に立ちあうことになるのは覚悟しなければなりません。 他にもペットのトイレを掃除したり、適度に運動させたりと、 少なからず手間がかかるので、 自分個人のための時間が減るのはやむを得ないところです。 ある程度出費を抑えることはできますが、 ペットを飼う上でお金がかかるのは致し方ないところですね。 一人暮らしだと集合住宅に住んでいるでしょうから、 近所迷惑になることには最新の注意を払う必要がありますね。 ペットを飼うメリット ペットを飼うメリットはこんなものがありますね。 かわいいペットを見ていたり、触れ合っていると、 心底癒されて、嫌なことなんて忘れてしまいます。 ペットのおかげで、自分の生活を律することができるようになります。 これは意外なメリットと言えますね。 身内が亡くなることは人生にそうないので、 ペットの死は貴重な経験と言えます。 ペットとの別れを通じて、学ぶこともあることでしょう。 多忙な一人暮らしが飼いやすいペットの条件とは? 忙しい一人暮らしの社会人がペットを飼うには、 色々と条件がかかわってきます。 以下、条件を挙げてみました。 犬のように毎日散歩に連れて行く必要があるペットを飼うのは 骨が折れることでしょう。 職場に来ていくスーツに臭いがついてしまっても面倒ですからね。 ちょっとした温度変化だったり、 餌をやらない時間が少し位あっても平気なペットの方が飼いやすいでしょう。 ペットの購入代金やケージ代などの初期費用は致し方ないとしても、 エサなど毎日お世話する際の費用は あまりかからないペットの方が望ましいでしょう。 多忙な一人暮らしにおすすめのペット5種を厳選 それでは先ほど書いた条件より、多忙な一人暮らしでも無理なく飼うことができる おすすめのペットを5種類厳選してみました。 ・セキセイインコ セキセイインコは、インコの中でも小型で飼いやすいですよ。 癒しを求めるよりは、楽しさや賑やかさを求める人に 向いているペットかもしれません。 寿命は 約10年と長めです。 (一人暮らしにおすすめな点) ・1羽の値段は 2,000円~8,000円とそれほど高くありません。 ゲージなどの用品代も5,000円~10,000円ほどかかりますが、 月々の餌代などは 1,000円もしないので、育てやすいです。 ・おしゃべりが楽しいです。 インコを飼う目的はおしゃべりですよね。 ・餌と水を用意しておくことで、 2~3日程度であれば留守番をしてくれます。 (注意点) ・ヒナのうちから飼うと、餌を数時間ごとにやらなくてはいけないため、 一人暮らしには向いていません。 成鳥から飼うようにしましょう。 ・暑さ寒さには弱いので、室内の温度管理が必要です。 ・インコもずっとひとりだと寂しくなって そのストレスが原因で病気になることがあります。 1日1回は声をかけて、一緒遊んであげましょう。 ・防音設備のあるマンションであれば問題ありませんが、 木造のアパートだと鳴き声が隣に聞こえてしまうかもしれません。 ・セキセイインコにとって、 タバコの煙は毒です。 飼い主は絶対にタバコは吸ってはいけません。 ・部屋の中にも 止め木を用意しましょう。 ゲージから放した際にカーテンなどに留まって糞をされるのを防ぎます。 ・熱帯魚 熱帯魚にはたくさんの種類があるため、 自分好みのアクアリウムを構成することができますよ。 熱帯魚の寿命は種類によりバラバラですが、 2年~3年辺りが多いです。 (一人暮らしにおすすめな点) ・水槽で飼うので室内が汚れません。 トイレの設置も不要です。 手がかからないという点ではペットで1番です。 ・きれいな熱帯魚の泳ぐ姿は見ているだけで癒されます。 ・人気の熱帯魚でも一匹 100円~400円程度とお求めやすいので、 予算に合わせてなん匹でも買えます。 ・維持費は他のペットと比べて圧倒的に安いです。 餌は年に数回飼う程度で済みます。 ・ペット不可の集合住宅の大半で問題なく飼えます。 念のため大家さんに断っておいたほうがいいですが。 (注意点) ・いくら手がかからないとはいえ、 1週間に1回は水を取り替える必要があります。 ・混泳NGの種の魚がいるので、 事前に熱帯魚ショップで確認しておきましょう。 ・成長すると大きくなる種がいるので、 これも事前に熱帯魚ショップに確認しておきましょう。 ・うさぎ うさぎは見ているだけでも癒されますが、 人懐っこいうさぎは、ぴったりとくっついてきて、 可愛いことこの上ないですよ。 寿命は 5年~7年位です。 (一人暮らしにおすすめな点) ・飼育ケージは50㎤ほどで足りるので、集合住宅でもスペースを取りません。 ・毛がふわふわしていて、何よりかわいいです。 ・ 鳴かないため、集合住宅で買いやすいです。 ・室内の運動で十分足り、散歩する必要はありません。 ・草食動物のため、 体臭はほとんどありません。 ・トイレの場所が決まったら、かならずそこで用を足すため、 部屋が汚れる心配はありません。 (注意点) ・購入費用は 5,000円~100,000円が相場で、品種によってはお高めになります。 ・食事は毎日必ず 2回に分けて行う必要があります。 えさがもらえなくて死んでしまう可能性もあるので、ご注意を。 ・おしっこの臭いが強いため、トイレ掃除はマメに行う必要があります。 ・噛んだり穴を掘る習性があるため、 室内で野放しにしていると、コード類を噛み千切ってしまったり、 カーペットに穴を開けてしまうことも。 ・換毛期といって、毛が抜ける時期があります。 年に4回あり、いろんなところに毛がくっついてしまうので、 丁寧に掃除しましょう。 ・モルモット ずんぐりとした体形でかわいらしいモルモット。 臆病なところがあり、最初はビクビクしていますが、 慣れてくると、したってくれるようになりますよ。 寿命は 6~8年と、ハムスター(2~3年)よりはるかに長寿です。 (一人暮らしにおすすめな点) ・モルモットは、よく人になつきます。 こちらが日頃愛情込めて接することで、 その気持ちに応えてよくなついてくれますよ。 ・モルモットも、飼育ケージはウサギと同じくらいの広さ(50㎤ほど)で、 まかなえます。 ・ 鳴き声が静かなので、近所迷惑になる心配はありません。 ・モルモットの魅力のひとつに、 美しい毛並みがあります。 日頃からブラッシングして手入れをしてあげることで、 綺麗な毛並みに生まれ変わります。 ・モルモットは 夜行性で昼間は寝ていることが多いので、 日中仕事で不在でも安心できます。 (注意点) ・購入費用の相場は 5,000円前後ですが、 珍しい種だと10,000円以上してきます。 ・げっ歯類なので、噛まれると指に穴が開いてしまいます。 注意しましょう。 ・ウサギと違い、トイレの場所を決めても決まった場所でしてくれないので、 まめに掃除をする必要があります。 ・足が速いため、脱走すると捕まえるのが大変です。 ・毛におおわれて一見寒さに強そうですが、実はとても寒さに弱いです。 冬はペット用ヒーターを用意してあげましょう。 ・ハリネズミ ハリネズミは実は買いやすさでいうとトップクラスの動物です。 珍獣のイメージが強いですが、最近人気急上昇中のペットですよ。 寿命は 5~10年辺りと言われています。 (一人暮らしにおすすめな点) ・飼育ケージはウサギと同じくらいの広さ(50㎤ほど)と、 あまり広さを必要としません。 ・ 鳴き声をあげることもないので、 アパートやマンションでも飼いやすいです。 ・ 臭いはほとんどありません。 ・外で散歩しなくても大丈夫です。 ・噛まれてもいたくないです。 (針が刺さると痛いですが) ・脱走しても、 足が遅いため、捕まえやすいです。 ・エサ代も安く、専用フードもあるので便利です。 ・何より、愛くるしいルックスが魅力です。 (注意点) ・購入費用は 10,000円~30,000円辺りと ものすごく高価というわけではありませんが、安価でもありません。 ・なつきにくいところがあり、慣れるまでは、 針を逆立てていて痛いかもしれません。 ・暑さ寒さに大変弱く、冬はヒーターなどで温度管理する必要があります。 まとめ いかがでしたでしょうか。 ペットを飼うことで、 家に自分を待っているかわいい存在ができるため、 忙しくても早く終わらせて帰ろうと仕事を頑張れますよね。 ペットを飼う際は、ぜひ参考にしてみてください。 一人暮らしぼっちは入らないと損!Amazonプライムを超オススメします もしあなたがわたしと同じ一人暮らしのぼっちなら、インターネット通販で有名なAmazonの有料サービス「Amazonプライム」を強くオススメします。 Amazonプライムは年額3,900円の有料サービスです。 3,900円と聞いて「高い!」 と思った方、年額ですからね。 月換算すると325円で利用できます。 めっちゃ安くないですか!? 毎月支払う月額会員の場合なら、月400円で利用できます。 特典豊富でとってもお得なので、年額有料会員がオススメです。 では何がオススメなのか、以下詳しくご紹介します。 しかし、Amazonプライム会員なら、注文金額にかかわらず配送料無料。 さらにオプションのお急ぎ便やお届け日時指定便も無料で利用することが出来ますよ。 表にすると下記の通り。 Amazonプライムを知ってからは、この特典に大変助かっています。 注意:配送特典が利用できる商品は、価格の横にプライムマークが付いている物のみとなります。 プライム会員ならそのタイムセールに一般会員より30分早く参加できます。 人気商品だと、タイムセール開始前にプライム会員によって売り切れとなる可能性も。 セールタイプが「プライム会員先行タイムセール」とある商品が先行入場可能です。 パソコンやスマートフォンのほか、テレビでも視聴可能。 わたしは Amazonプライム会員になってから、テレビを観る時間がめっきり減りました。 それだけ Amazonプライムビデオには観たいコンテンツが豊富にあるということです! これだけのために Amazonプライム会員になっても十分元が取れますよ。 音楽の専門家がつくったプレイリストも用意されており、気分次第で気軽にBGMを楽しめます。 自分好みのジャンルが24時間楽しめる「プライムラジオ」 Prime Musicの機能では「プライムラジオ」が特にオススメです。 プライムラジオは、Prime Music対象の楽曲をジャンル別に、24時間いつでも、途切れることなくお楽しみいただけるラジオ機能です。 音楽のエキスパートが選曲した、一定数の楽曲を決まった曲順でお楽しみいただくプライムプレイリストとは異なり、途切れることなく、ランダムに楽曲を再生するのが特徴です。 プライムラジオなら、自分の好きなジャンルを選ぶとエンドレスで音楽が再生されます。 曲の好き嫌いを選択することで、自分好みの音楽のみ再生されるオリジナルラジオとなります。 プレイリスト同様終わることもなく流れるので、作業用BGMにも最適です。 ちなみに、わたしはいつもジャズを流しっぱなしにしていますよ。  さらに、新曲から名盤まで4,000万曲聞き放題の、Amazon Music Unlimitedも! 月額980円(Amazonプライム会員は月額780円)で、音楽好きも満足できるサービスを楽しめますよ。 スマホ、タブレット、パソコンで共有できるので、スマホなどのデータ残量も気にする必要ありません。 わたしはぼっち旅で撮った大量の写真を保管しています。 普段スーパーで購入するような商品を、一箱にまとめて届けてくれます。 忙しい一人暮らしの方には重宝するサービスと言えますね。 利用できる地域は限られますが、対象地域の方にはかなり便利なサービスです。 今後サービスエリアは拡充していくでしょう。 1時間以内の配送は890円、2時間便は配送料無料で利用できます。 たとえば冷蔵庫などに設置しておき「もうじき無くなるな」と思ったらポチッと押すだけ! このボタンは購入に500円かかりますが、ダッシュボタンでの初回注文時に500円引きとなるため、実質無料で利用できます。 Kindle、Fireタブレットを買いたいなら、3,900円払ってプライム会員になった方がお得と言えますね! 『電子書籍って使いづらいんじゃない?』 と思う方もいるでしょうが、Kindleはとても見やすく使いやすいですよ。 無料で読める作品は Kindleオーナーライブラリー対象タイトルのみですが、読書好きにオススメのサービスです。 これだけで会費の元が取れますね。 学生はPrime Studentに入らないと損!6か月無料ですよ! 学生向けサービス「Prime Student」は、入らないと絶対に損です! プライムビデオ・Prime Musicなど一部特典は利用できませんが、 6ヶ月の無料体験が可能です。 さらに、有料会員に移行しても、年会費は通常のプライム会員より2,000円も安い1,900円。 月換算で159円という破格の安さです。 しかも現在、新規登録から30日以内にプライムビデオを視聴(有料会員に移行)すると、2,000円分のクーポンをゲットできます。 年会費が1,900円で2,000円分のクーポンがもらえるため、Prime Student有料会員になれば100円得するんです! 正直、学生がうらやましいですね。 まとめ 以上、Amazonプライム会員のお得な特典を紹介しました。 最後にもう一度まとめるとこんな感じ。 配送料、お急ぎ便、お届け日指定便が無料• タイムセールに30分早く参加できる• 映画やドラマ、アニメが見放題「プライムビデオ」• 邦楽や洋楽、クラシックなど100万曲以上が聴き放題「Prime Music」• 写真を無制限に保存しできる「プライムフォト」• 必要なものがまとめて届く「Amazonパントリー」• 商品が1時間以内に届く「Prime Now」• ワンプッシュで商品が届く「Amazonダッシュ・ボタン」• Kindle・Fireタブレットが4,000円引き• Kindle端末があれば電子書籍が毎月1冊無料「Kindleオーナーライブラリー」• 学生なら入らない理由がない「Prime Student」 これだけの特典があって、月あたり325円は破格! 特典が多すぎて細かく紹介できませんが、プライム会員は本当にオススメです。 「なんか、良さそう」と少しでも思ったら、とりあえず無料体験してみましょう。 もし、あまりメリットを感じなければ30日間の間に解約すれば費用は一切かかりません。 万一、無料体験中に解約し忘れても、プライム特典の利用がなければ全額返金されるので、ご心配なく。 一人暮らしのぼっち生活がウンと充実する超オススメのサービスなので、ぜひお試しください!.

次の

なつく鳥をペットに……余裕のある大人に鳥がおすすめの理由とは? [小動物] All About

手 の かからない ペット

うちの場合、もっとも手がかかっていないのは「リクガメ(草食)」です。 停電にさえならなければ、あとは毎日2度のエサと、週に1〜2回のお風呂のみです。 ただし、手がかからない環境づくりの為に、なんだかんだと数万円の投資をしています。 エサに関しては、基本的には祖母の家庭菜園から小松菜とモロヘイヤ、その他いろいろを 調達してきますので、自宅でこういったものを栽培できない場合は、野菜購入費用とその手間が 別途かかることになります。 あと、欲張ったり(小さな水槽でたくさん飼育するなど)しなければ、熱帯魚も手がかかりません。 うちには週に1回のエサと、2〜3週間に1度、蒸発した水を足すのと水草の手入れだけで 維持できている水槽があります。 でも、この「水草の手入れ」が曲者で、成長が早い水草が多いもんで、毎週手入れしないと ジャングルの様になってしまうのが目下の問題です。 こちらも水槽自体はそう大きくない(40cm)のですが、照明や濾過器はお金に糸目をつけず、 維持管理しやすくて良いパフォーマンスを発揮してくれるものと思い、一般的な40cm水槽用の 機材に比べて1. 5倍くらいの初期費用がかかっています。 ペットを飼育していく上で「そのうち徐々に良い機材を」というのが 良くあるパターンですが、 飼育する種によっては「最初っからハイグレードなものを」という考えの方が、後々絶対に 楽で得する事が多いです。 初期投資さえケチらなければ、爬虫類、魚類は犬や猫の様に予防接種があるわけでもないので、 ほんとに手間がかからない良いペットだと思います。

次の