がま口 ブック カバー。 パチンと本を守る、がま口ブックカバー 注文3カ月待ち:朝日新聞デジタル

がま口ブックカバー(CAT)

がま口 ブック カバー

宮崎県高鍋町の布小物作家、別府奈弥(なみ)さん(43)が作る「がま口形ブックカバー」が人気だ。 SNSを通じて評判となり、全国から注文が寄せられている。 ブックカバーは三百数十ページの文庫本がすっぽり入る。 口金で閉めるため、かばんの中でほかの書類と交じって、本が開きっぱなしになることがない。 「パチン」という口金を閉める音も心地いい。 布は古着をほどいて使うことが多く、そのほとんどが一点物だ。 別府さんは福岡県田川市出身。 夫の転勤で15年ほど前から宮崎で暮らしている。 子どものころは家庭科が苦手で、友達に提出物を頼んだこともあるほど。 出産を機にベビー用品を自作するようになり、楽しさに目覚め、独学でバッグやポーチなども作り始めた。 父方の祖母に可愛がられたおばあちゃん子。 「おばあちゃんの匂いのするものが好き」といい、がま口もその一つ。 ただ、口金と布を接着する技術が難しく、何度も挫折した。 3年ほど前、がま口の小物作りに絞ろうと決心。 接着剤で手をベトベトにしながら、独学で技術を身につけた。 2年前から注文を取り始め、インスタグラムなどへこまめに投稿すると、全国から世代や性別を問わず注文が入るようになった。 「繊細で細やかなつくりに感激しています」「生地もしっかりしていて丈夫に作られていてびっくりしました」などと評判も上々だ。 一人ひとりとメールなどでコミュニケーションを重ね、相手の持っているざっくりとしたイメージを形にしていく。 布や形を決めるまでに1カ月かかった客も。 制作は平均で1日1個のペース。 オーダーは3カ月待ちだ。 1個3800円から。 夫からは「かかる時間を考えると、元はとれていない」とからかわれるが「喜んでもらった時に、すべてが帳消しになる」と話す。 「手作りだからこそ、宮崎にいながら全国の人たちとも交流ができる。 これからも自分のペースでゆっくりと作っていきたい」 問い合わせは別府さん(0983・30・1053)へ。 (伊藤秀樹).

次の

【在庫商品】がま口ブックカバー【にこだま刺繍】 販売終了品 AYANOKOJI(あやの小路) 公式通販

がま口 ブック カバー

販売期間 こちらの商品は数量、期間を限定して販売している商品のため、売り切れ次第販売終了となります。 <本体> 外寸:高さ18. 5cm、幅14. 8cm 内寸:高さ16cm、幅11. 8cm 背表紙入れ:高さ16cm、幅7. 素材 <袋> 表地:綿 100% 刺繍糸:レーヨン 裏地:綿 100% <口金> 鉄、カラー:アンティークゴールド 製造 日本製(京都秀和がま口製作所) 支払方法 クレジットカード /コンビニ後払い/Amazon Pay• 2個までなら発送可能• 商品説明 ほど良いゆる感ただようにこだま刺繍シリーズから、文庫本やA6サイズが収納可能なブックカバーです。 バッグの中で本がボロボロになるのを防いでくれるので、通勤・通学の電車や、外出先で読書をしたい方におススメ。 5cm、360ページ程度のものが収納可能 POINT 01:本の表紙と背表紙を入れ込む差し込みポケットがあるので、がま口を開けるとそのまま本を読むことができます。 MATERIAL AYANOKOJIオリジナル刺繍生地 通年お持ちいただける生地で長くご愛用いただけます。 また刺繍加工も日本で行っています。 COLOR ・Red(レッド)・Green(グリーン)・Navy(ネイビー).

次の

がま口ブックカバー(CAT)

がま口 ブック カバー

他にも「直線口金」「文鎮口金」で検索してみてください。 ラミネート(ビニールコーティング)生地• 直線口金(19cm)• ボンド• ミシン• (あれば)方眼紙 作り方 型紙を作ります。 型紙図面を以下に示しますので、ご自身の作りたいものに合わせてカットしてください。 黄色い部分は本の表紙をいれるポケットになる部分、青い部分が表に見える部分です。 黄色と青の色の部分が縫い代です。 黄色い部分と青い部分の生地はつなげてカットしてもいいし、別々にカットしてもよいです。 (以下の例は別々にカットしています) 横幅の「+4cm」は、直線口金の高さと口金周りに余裕をもたせるための最低限の大きさです。 事前に型紙を作り、作りたいものの大きさと一致するか試してから製作することをお勧めします。 生地を裁断します。 ちなみに、赤色に見えるテープはマスキングテープです。 ラミネート生地は穴が開いてしまうので待ち針がさせないため、こうしています。 マスキングテープは便利ですよね。 手芸用のクリップなどがあればそれで止めて下さい。 それぞれカットしたところです。 ポケットの縫い代の部分を折って、ミシンで縫い付けます。 本体の上下を縫い代分折って、ポケットを重ね、ぐるっと1周ミシンで縫い付けます。 ペン刺しを追加してみました。 口金の穴があいている方には、穴の大きさにあうように生地を切り取ります。 全体をみるとこのような状態です。 最後に、口金にボンドをつけ、生地を差し込んでできあがりです。 ポイント ラミネート生地を使うことにより、裏地を作る必要がないので手軽にできます。 ラミネート生地だけですと、口金にいれる部分は薄いので、できる限り強力なボンドをつかうことをお勧めします。 今回はペン差ししかつけませんでしたが、カードポケットを追加したりしてもいいですね。

次の