朝ドラ スカーレット 最終 回。 朝ドラ『スカーレット』最終週、武志は亡くなる?真奈との恋路は?史実に隠されたヒント

朝ドラ「スカーレット」最終回 喜美子と八郎「好きがこぼれてる」10年ぶり“敬語”再会シーンの秘話

朝ドラ スカーレット 最終 回

スポンサーリンク こんにちは、どら子です。 朝ドラ『スカーレット』は、2020年3月28日で最終回を迎えます。 残り2週間となったところで視聴者の誰もが注目しているのが、 「武志の病気は治るのか」「亡くなってしまうのか」 という点だと思います。 スカーレットは、喜美子と八郎の離婚を描き、 容赦ない脚本とファンから言われていることもあり、ヒロインの最愛の息子・武志が最後死んでしまうという展開も十分に予想されるだけに、注目が集まっているのです。 (私もかなり気になります) この点について、一部ネタバレが公開されましたので、詳細にお伝えしていきます! (考察も交えてますのでご注意ください) ここから先はネタバレを含みますので、知りたい方だけご覧ください。 スポンサーリンク Contents• 【スカーレット】武志は病気で亡くなる 最終回は第150話の3月28日。 その結末は「武志は亡くなる」というもの。 3月28日最終回の公開あらすじには、病気が完治するとも亡くなったとも書かれていません。 ちなみ最終回の28日まで、武志が登場することもわかっています(作陶する様子が回想シーンではなくしっかりと描かれる)。 しかし、 「二年後、喜美子は武志の作品を大崎(稲垣吾郎)と共に見つめていた。 作品作りに挑戦する大崎。 そして八郎(松下洸平)が訪ねてきて…」 と書かれており、 2年後の喜美子の横に武志という言葉がありませんでした。 (泣) 八郎が訪ねてきて…の後に武志が一緒にくる、というのをあえて隠している可能性もありますが、今までのストーリー展開としては八郎と武志が一緒にいる可能性は低いかと思います。 武志の亜鉛結晶、作品づくりのために八郎に弟子入りした、とかならわかりますが…八郎はしばらく陶芸から離れていましたし、武志の作品づくりも最終回前に一旦成功していますし… この検証を強固たるものにすべく、最終回までのネタバレあらすじを振り返りつつ、最終回・スカーレットの終わり方をみていきます。 【スカーレット】第24週の終わり方 まずスカーレット最終週の直前、第24週は、 武志が作品を完成させて終わります。 24週では武志が発熱し、体調が再び悪くなる様子も描かれますが、それ以上に陶芸への熱い気持ちや周りの子が亡くなることなどが中心に描かれることになります。 24週はそこまで武志の悪化がみられずに終わり、真奈との関係も切れることなく続きます。 「もしかしたらこのまま武志は生きるのかも」という 期待を視聴者は持つことになります。 (私は週ネタバレを観てそうなのかもしれないと思いました) 【スカーレット】ラスト週!第25週のネタバレ 武志の体調悪化と焦り 武志は、待望の作品を完成させ達成感を味わっていましたが、 身体に異変が起きます。 大崎医師に「味覚がない」ことを告げる武志。 一方家では、武志の作品完成のお祝い会の準備が進んでおり、そのこともあって武志はやり場のないイライラを八郎にぶつけてしまいます。 武志は、亡くなった高校生から亡くなる前に手紙をもらっていたのです。 その手紙に書いていた内容が自分の身に迫っていると感じ、焦りや恐怖を感じた武志。 八郎はただただ寄り添ってやるしかできないのでした。 武志は食欲も日に日になくなっていきます。 関連記事: 武志の作品が人気に。 生きる気力をもらう 【亜鉛結晶釉】武志が出会った亜鉛結晶釉。 もしかしたら以前 八郎が どうしても果たせなかった あのフカ先生の絵葉書のような作品への挑戦は、武志がこの亜鉛結晶釉を使って それを作ってしまうことへの伏線だったのかもしれない。 ちなみに亜鉛結晶釉の青いのはこんな感じです。 — ひぞっこ musicapiccolino 武志が完成させた作品が、ピキピキと音と立てていることに気づく喜美子。 これは焼き上がった陶芸作品に細かなヒビが入る時の音です。 これを観た武志は「 お皿が生きてるんや」と生きる勇気や希望をもらいました。 その後、市役所の若手職員が信楽の陶芸作品を集めた陶芸展に喜美子の作品を出させてくれないかと話にきました。 その話は武志の作品にも及び、喜美子は武志に相談。 考えた末、出展することになり、事前に関係者に披露するとなんと武志の作品は人気を集めるのです。 鮮やかな色をまとう武志にしか作れない作品がみんなの心にささったのです。 武志と真奈はドライブに出かけて… 武志と真奈は、第24週の真奈の宣言「病気だから私を避けてたんですか?…そんなのは許可しません!また来ます〜」により、関係が途切れることなく続きます。 (真奈ちゃんええ子すぎる、かっこいい…) そんなある日、二人の関係を知った直子の粋な計らいにより、武志と真奈はドライブに出かけることになりました。 運転手・直子付きだったためか、ふたりはくっつくこともなく離れて過ごしていたそうですが、その様子を見ていた直子は「 本当に好きなんやな、想いやってるんやな」と感じとのこと。 「好きになってはいけない」と距離をとろうとする武志の気持ちにも変化が出てきます。 (直子ちゃんさすがや) ドライブ後、家でふたりきりになった武志は、「記念」と言わんばかりに真奈の似顔絵を描き始めるのでした。 プレゼントされた真奈はとても嬉しそうでしたね。 関連記事: 武志が寝込むシーン 3月26日、148話では陶芸を元気な姿でする武志が描かれつつ、寝ている武志を喜美子と信作が眺めるというシーンがありました。 「体調が悪化している」 という切迫した雰囲気もなく、穏やかなあったかいシーンではありました。 しかし、確実に武志に病魔が迫っている。 そんな伏線にも感じるシーンでした。 関連記事: 信楽の陶芸展で過去登場メンバーが集結 信楽の陶芸展が開催され、ちや子の計らいで大阪時代のメンバーが、そして百合子の計らいで草間さんもやってきます。 まさかのジョージ富士川も。 (スカーレットの終わりがこんな盛大な感じになるとは予想できませんでした…!人情、人との繋がり、人を敬う気持ちを大切に描いてきたスカーレットらしい終わり方ですよね) (チビ武志も出て欲しいところですがそれはないですね…!笑) 陶芸展では、「自由は不自由」のジョージ富士川が自由な作品を作ろうと皆に提案しました。 大きな白い紙に武志は「変わらない日々は、特別な一日である」と描きました。 関連記事: スカーレットの最終回前日は出発の琵琶湖で 最後、武志は大崎医師の診察を受けます。 完治したとは言われませんでしたが、快方に向かっており、このままいけば完治も夢じゃないと思わせる雰囲気。 少し安心したような晴々としたような表情を見せる武志。 喜美子は八郎と武志、そして仲間みんなで琵琶湖にいきます。 喜美子と八郎は目を合わせて武志、その横で微笑む真奈を眺めるのでした。 大切な仲間が集い、武志も幸せを噛み締めるかのような表情をしています。 その後、またいつのも日々がやってきます。 いつもと変わらない、特別な日々です。 スカーレットの最終回では武志の姿と、武志がいない生活が描かれる そして、ラストのラスト、 3月28日の第150回では、武志の姿と武志がいない生活の両方が描かれます。 (覚えてますか?) — 2019年 9月月25日午後8時30分PDT 最終回は、八郎の姿はなく、喜美子・武志・真奈という3人で描かれましたね。 その後、武志が信作の娘である桜と桃のピアノの発表会に行けたというナレーションが流れます。 (真奈と二人で行ったようですね^^) いつもと変わらない1日は、喜美子にとっても特別な1日です。 喜美子は武志を抱きしめて「幸せか?」と武志に問います。 武志は「すごく幸せだ」と答えます。 その言葉に喜美子は笑顔で返します。 その後、展開が一転して2年後が描かれます。 個人的には、「喜美子と大崎医師が一緒にいるのに武志がいない、八郎がやってくる」という公開あらすじから、 武志は亡くなったものと推測していますが、まだそれも確定ではありません。 スカーレットは、最後の最後まで武志の死、そして武志と喜美子の生き様を描いた作品となりました。 いや〜なんとも。 武志が亡くなるのかについてここまで引っ張るとは思いませんでしたが、それほど「息子 子供 の死」というのは、人生に大きく関わることだということなのでしょう。 スカーレットは「生きる」ということがテーマでもあると言われていますが、まさに、そのことを視聴者が考えさせられた作品となりました。 関連記事: スポンサーリンク 【スカーレット】最終回のその後 スカーレットは、スピンオフがすでに放送済 第21週のスペシャルサニーディにて であるため、最終回後の様子が描かれない可能性が高いです。 そのため、最終回後、喜美子たちがどのように暮らすのか、ちょっと考察してみました。 八郎が信楽に引っ越してくる 喜美子と八郎は「 新しい関係を作ろう」という喜美子の提案で、再婚はしないものの父母としての役割を果たすかのように、協力しあっていました。 喜美子は、武志が病気だとわかったあと八郎が引っ越してくることを一度拒否していますが、武志のことが落ち着いたことでそれもありだと考えるようになるのかなとも思っています。 「 大事なもんを大事にする」という喜美子の言葉を受けての、「お姉ちゃんも大事にしいや」という直子の言葉。 これは八郎のことも含まれているのかな〜?と個人的には思いました。 ただ、武志が亡くなったあととなると、八郎が信楽にいるというのは喜美子のため、喜美子と暮らすため、という意味合いがかなり強くなってしまうので、可能性は低いかな〜と思います。 最終回のあらすじにも「八郎が訪れてきて…」とあるので、喜美子と同居していないことがわかります。 もしかしたら信楽には引っ越して来ているかも、とは思いますが、多分名古屋に住んだままたまに信楽で過ごす、というスタイルを継続しているのではないかなと思います。 武志は陶芸家として成功する? 武志については、作品展で人気を集めた勢いのまま、次なる作品づくりに励みます。 その後、すぐに二年後が描かれており、武志の姿はあらすじからは確認できませんでしたが、亡くなっているものとして考察すると… 作品展で人気を集めたあと、「川原武志」という名前はどのようになるのでしょうか? 実在モデルだと、まだ若かったこともありそこまで有名になることはなかったようですが、テレビに取り上げられるなど(白血病のこともあり)したようです。 関連記事: 陶芸家としても成功を最終回でどの程度伝えるのか、気になるところですが、「いろんなところからお声がかかりました」くらいのナレーションはあると嬉しいですね〜 スポンサーリンク 【スカーレット】最終回で武志は?まとめ スカーレットは、 全150話の重くも深みがある朝ドラ作品となりました。 過去作品の中で、視聴率こそ芳しくなかったもの熱いファンは多い気がします。 私もそのひとりですが、派手じゃない演技やシーンの中にしっかりとしたメッセージが込められているので、深みにハマるとどんどんハマる、そんな感じです。 正直、あと1週間でスカーレットが終わるなんて考えられない(考えたくもない)ですが、ラスト第25週はスカーレットらしさを噛み締めて視聴したいと思います…! 私の中でスカーレットはかなり思い出の作品となりました。 もしかしたら全話見返すかもしれません(泣)好きなシーンは必ず…!!!皆さんもぜひ…!! 関連記事: 今ならUーNEXT経由のNHKオンデマンドで、全作品が観られますので、スカーレットを観たことがない方もぜひこの機会に観てみてください! スカーレットの虜になること間違いなしです!.

次の

スカーレット

朝ドラ スカーレット 最終 回

水橋 そうですね。 最初にお話を頂いてから、大体2年弱くらいでした。 誰よりも長く「スカーレット」の世界にいたので、なかなか抜けきらないですね。 執筆を終えた瞬間はすごく楽しかったなと思ったし、「まだまだ明日も書きたい」と思うくらい充実していました。 実はもう次の仕事に入っているんですけど、それでもまだふとした時に「スカーレット」のことを考えたり、反省したりします。 削ぎ落とされて良くなる場合もあれば、15分に収まらず仕方なくカットということもあって。 最終週はそれがかなり多かったんですね。 たとえば最終週の月曜日、八郎(ヒロイン喜美子の夫、松下洸平)が作った玉子焼きを前に、武志(喜美子の息子、伊藤健太郎)が八郎に思いをぶつけますが、脚本では八郎もそれに対してきちんと言葉を返し、これまでの思いを語る長いセリフがあったんです。 そして「武志が突っかかってきたん初めてや」と。 そのこと自体は「嬉しかった」と言うんですね。 喜美子(ヒロイン、戸田恵梨香)も武志に「突っかかったこと気にせんでええよ、これからは思うたことなんでも言うたれ、喜んで受け止めてくれるわ。 それがお父ちゃんや」と言ってあげるんです。 父親と母親と、息子の受け止め方の違いを描きたかったんですけど。 どうしても入らなかったんでしょうね。 制作統括の内田ゆきプロデューサーも泣く泣くカットしたところがありますと仰っていたので。 私がもっとうまく構成を組んで、入れ込めなかったかと。 皆さんに伝えられなかったことが申し訳なくて。 どうすればうまく出来たかと他にも色々と反省してます。 「スカーレット」最終週・第25週の台本。 水橋 ないです。 そういう余裕がなかった。 舞台が昭和で登場人物のセリフが方言なので、私が書いたものを、ことば指導と時代考証の先生たちに読んでいただく必要があるんです。 通常のドラマよりも決定稿になるまで日数がかかるんですよ。 撮影が始まってからはそのせいもあって、ずっと追われているような感じで、ひたすら机に向かっていたんです。 プロデューサーの内田さんが私のメンタルがやられないように守ってくれたのかもしれません。 内田さんは外の声を私にはふきこまない。 世間がどうとかSNSでこんなふうに言われているとかいう情報を一切言わない。 揺らがなかったですね。 三津の登場が、川原家に波乱を巻き起こす。

次の

「スカーレット」最終回 武志、26歳の誕生日を前に…ロス広がる「『幸せや』で涙が」「孤高の朝ドラ」― スポニチ Sponichi Annex 芸能

朝ドラ スカーレット 最終 回

「」より 3月28日の最終回に向けて、いよいよクライマックスに突入した 朝ドラ『 スカーレット』(NHK)。 全話平均視聴率は8作ぶりに20%台を下回ることが濃厚など、手放しで「成功した」とは言い難い。 しかし、ネット上の盛り上がりはここ数年間でもトップクラスであり、その過半数を称賛が占めるなど、「記録よりも記憶に残る作品」と言えるのかもしれない。 まもなく迎える最終回を前に、『スカーレット』はどんな物語だったのか? 川原喜美子(戸田恵梨香)はどんなヒロインだったのか? そして、どんな結末が予想されているのか? クライマックスをより楽しむために、一足早く作品の全体像を見極めていきたい。 近年ではまれに見る地味なヒロイン 昨年10~12月に放送された前半パートを振り返ると、喜美子は苦労続きだった。 幼い頃は、漢字が読めず給食費も払えないほどの貧乏暮らしの中でも家族のために尽くし、中学卒業後は単身大阪へ。 女中として懸命に働き、実家にお金を送っていた。 そこで喜美子は美術学校への進学を夢見るようになり、女中の仕事に加えて内職もこなすが、家族の窮状を知って信楽へ戻ることに。 「丸熊陶業」の社員食堂で働くことになるが、意を決して深野心仙(イッセー尾形)に弟子入りし、絵付けの修行を始める。 しかし、絵付け師として歩み始めた頃、経営方針の変更で絵付けの仕事が減り、師匠との別れを余儀なくされてしまう……。 ここまで喜美子に朝ドラのヒロインらしい幸せはほとんど訪れず、「夢や目標を抱いても、すぐにくじかれてしまう」という、つらい人生続き。 辛抱の日々でも家族を思い、ひたむきに生きる喜美子の姿は、近年の朝ドラヒロインには見られない地味なものだったが、女性視聴者を中心に支持を集めた。 喜美子は『おしん』に象徴されるように、「往年の朝ドラらしいヒロイン」とも言えるだけに、当然なのかもしれない。 風向きが変わり始めたのは、前半の物語も終わりが見えた12月。 喜美子は丸熊陶業の商品開発室で働く十代田八郎(松下洸平)から陶芸を教えてもらうことで急接近し、ほどなく相思相愛の仲になる。 「独身の女性と2人きりになるのはよくない」「交際女性以外は下の名前で呼ばない」という、喜美子よりさらにまじめな人柄の八郎に女性視聴者たちは熱狂した。 八郎は朝ドラ史上に残る誠実な男性像であり、演じる松下洸平が「朝ドラ定番の若手イケメン俳優ではない」という意外性も加わって、喜美子との恋愛は大盛り上がり。 これまで喜美子をさんざん振り回してきた父・常治(北村一輝)からの反対を受けたが、2人はめでたく結婚し、独立して「かわはら工房」を立ち上げた。 ここが、『スカーレット』の中で最高の幸せなシーンだったのではないか。 前半パートの最後で、喜美子はようやく陶芸家としての第一歩を踏み出した。 つまり、女性初の陶芸家を描く物語であるにもかかわらず、前半パートでその片鱗はほとんど見られなかったのだ。 アンチ視聴者から「地味」と揶揄された最大の理由は、成功とはほど遠い晩成型の物語によるものだろう。

次の