東 久留米 市 下 里 殺人 事件。 日本のいじめ事件史

全国部落調査 部落地名総鑑の原典

東 久留米 市 下 里 殺人 事件

8日午後1時半ごろ、東京・東久留米市下里の住宅で「玄関の窓が割れている」とこの家に住む女性の次男から警視庁に通報がありました。 警察官が駆けつけたところ、2階の寝室で50代くらいの男性が首や胸など十数か所を刃物で刺された状態で死亡していたということです。 男性はベッドの上であおむけで倒れていて、衣服は着ていたということです。 警視庁によりますと、この家には通報した次男の母親と妹が住んでいましたが、今月2日から9日までの日程でイタリア旅行に行っていて不在だったということです。 この家には母親の知人男性が同居していて、8日午前11時半すぎに知人男性の勤務先から「男性が出勤してこない」と連絡があり、次男が確認に行ったところ事件が発覚したということです。 住宅の1階のリビングや2階の部屋の引き出しなどが開いていて、荒らされた跡が残されていて、警視庁は、強盗殺人事件と見て捜査するとともに、男性の身元の確認を進めています。 nhk. html 東久留米市下里の住宅でこの家に住む二岡一浩さんが2階で血を流して死亡しているのが見つかりました。 男性には刃物で切られた痕があったということですが、凶器とみられるものは見つかっていません。 この家に住む二岡さん夫人の次男からの通報を受け警察官が駆けつけたところ、2階の寝室で二岡さんが首や胸など十数か所を刃物で刺された状態で死亡していたということ。 二岡さんはベッドの上であおむけで倒れていて、衣服は着ていたということです。 この家には、通報した次男の母親と妹が住んでいましたが、11月2日から9日までの日程でイタリア旅行に行っていて事件当時は家に不在だったということです。 犯人は、当日二岡さんが家で1人だということを予め知っていたのでしょうか?それとも家族旅行に行っているという情報は知っていて、家に侵入したら旅行に参加しなかった二岡さんと居合わせ、備えとして持っていた刃物で切りつけた? また、二岡さんは首や胸など70ケ所近くも刺されており、その中には背中にまで達するものもあったことから、怨恨の可能性も十分に考えられます。 二岡一浩さん殺害犯は窓を加熱して割っている 犯人は1階リビングの窓ガラスから侵入したことが分かっていましたが、この窓ガラスは加熱して割られていたことがわかりました。 熱を加えてガラスを割ると飛び散る破片が少なくなり、衝撃音も小さくなるということです。 警視庁は、犯人がガスバーナーやライターなどの道具を準備して犯行に及んだ疑いもあるとみて捜査しています。 東久留米市下里 殺人犯は物取りの犯行を偽装 二岡さんの財布と財布が入っていたショルダーバッグが1階のリビングから見つかっています。 この財布の中には紙幣を含む現金も入っており、財布が入っていたショルダーバッグについては開けられた形跡がなかったということ。 また、二岡さん宅は1,2階の居住スペースの大半が物が散乱するなどしており、荒らされた形跡こそ見受けられるものの、これまでになくなった物は確認されていないということです。 血痕は2階寝室のベッド周辺からしか見つかっていません。 二岡一浩さんは午前0時ごろから明け方までに襲われた 二岡一浩さんが殺害された時間帯については午前0時ごろから明け方までに襲われたとみられることが分かりました。 二岡さんはイタリアまで海外旅行に出かけて内縁の妻と午前0時ごろ、SNSでやり取りをしていたことが新たに分かったということです。 このことから、二岡さんは明け方までに襲われたとみられています。 またベッドの枕元からは二岡さんのものとみられるスマートフォンが見つかっています。 強盗殺人事件現場となった東久留米市下里2丁目の自宅 東久留米市下里の殺人事件のニュースで映っている現場はこのあたりのようです。 — teru teru333 この真ん中に写る家が、殺人事件のあった二岡一浩さんの家です。 二岡さん一家はこの家で、内縁の妻(50歳代)と妻の長女(20代)と3人で暮らしていました。 近所に住む60代の女性は「事件が起きた住宅は5年ほど前に建ったばかりで、地域との交流は少なかった印象です。 地域には子どもも多いので犯人が捕まっていないのは本当に怖いです。 早く解決してほしいです」と話していました。 東久留米市下里周辺で少し前にも窃盗事件があった 現場の近くに住む男性の話では「1,2か月くらい前にこの地域の家に泥棒が入った。 今回の事件と関係があるか分かりませんが、物騒で不安です。 早く犯人が捕まってほしいです」ということでした。 東久留米市下里強盗殺人事件 みんなの反応 【 複数の刺し傷 】 東京都東久留米市下里の住宅で11月8日、刃物で刺され殺害された男性の遺体が見つかりました。 殺人事件とみられています。 男性は上半身を複数ヵ所刺され大量の血を流して死亡。 犯人は逃走しているということで、近隣住民の方々は十分にご注意ください。

次の

東久留米の名前の由来|東久留米市ホームページ

東 久留米 市 下 里 殺人 事件

座標:33. 3127739062, 130. 564012821 住所:福岡県久留米市山川町1328-2 令和元年(2019年)6月26日午前1時15分ごろに発覚した 久留米市山川町長女監禁暴行死事件の現場です。 この家の長女の 溝上由美子さん(45)の父の 溝上庄四郎(75)と兄の自称建設業・ 溝上博文(47)が2人で共謀し、令和元年(2019年)6月25日午後9時20分ごろから6月26日午前1時15分までの約4時間、自宅リビングで由美子さんの手足などを縛り監禁。 帰宅した70代の母親が、意識がない状態の由美子さんを発見し、消防に通報しました。 由美子さんには殴られたように痕があるほか複数ヶ所骨折しており、搬送先の病院で死亡が確認されました。 博文は「父と一緒に縛った。 監禁はしていない」と供述し、庄四郎は「主な行為は息子」と2人とも容疑を一部否認しています。 2人は金銭トラブルを理由に由美子さんに暴行を加えたとみられ、傷害致死も視野に捜査しています。 由美子さんは普段はこの家に住んでおらず、事件のあった夜に実家を訪れていました。 また由美子さんと庄四郎は日頃から口論が絶えず、事件当日も言い争う声が聞こえていました。 1 55 330 10 10 2 75 13 13 15 22 19 12 4 2 5 2 8 40 23 35 13 8 7 23 1 32 13 10 5 7 3 18 8 4 7 26 31 13 7 13 12 5 11 8 1 2 5 26 4 4 4 21 4 1 16 1 2 4 8 6 5 2 5 3 12 2 3 0 3 0 3 2 2 30 85 91 44 13 30 39 39 33 45 56 107 74 26 24 23 20 15 11 18 22 16 21 18 17 8 10 9 5 4 4 10 10 4 3 3 1 2 5 2 1 4 2 2 2 1 1 6 3 1 1 3 1 1 3 1 2 3 3 1 1 2 4 1 1 1 2 1 1 1 2 1.

次の

日本のいじめ事件史

東 久留米 市 下 里 殺人 事件

この事故は、福岡市西区にある福岡市西部動物管理センターで働く福岡市職員の今林大(逮捕時22)が、居酒屋とスナックで飲酒後に自家用車を運転し、同橋を走っていた家族5人乗りのRV車に追突。 家族の車はガードパイプを突き破って約14m下の海面に転落し、乗っていた4歳の長男と3歳の次男、さらに1歳の長女が死亡したというもの。 友人の福岡県警担当記者は言う。 「33歳の父親と29歳の母親が転落した車から車外に脱出した後、母親が何度も海に潜って、沈んでいく車内に残された子供たちを助け出そうとしました。 3歳の次男と1歳の長女は海面で立ち泳ぎをする父親に手渡せたのですが、4歳の長男を車から出すことはできなかった。 現場では『子供がもうひとりいるんです』と父親が救助隊員に叫び、母親も長男の名前を叫び続けていたそうです。 結果、後になって3人の子供たち全員の死亡が確認されました」 海上が修羅場と化している一方で、今林は現場から逃走を図ろうとした。 しかし、運転していた車は大破しており、約300m走ったところで走行不能となった。 彼はそこで数人の友人に電話をかけ、身代わりの出頭を求めたが断られている。 さらに中学時代の同級生である大学生A(22、後に証拠隠滅容疑で逮捕)には、ペットボトルに入った水を持ってくるように依頼。 そのように証拠隠滅を企てた末、事故から約40分後に衝突現場へと戻ってきた今林は、業務上過失致死傷と道路交通法違反の容疑で逮捕された(起訴された際は危険運転致死傷罪と道路交通法違反)。 その日、午後5時に仕事を終えた今林は、帰宅後に父親とフグ鍋を食べながら、缶ビール1本と焼酎のロックを3杯飲んでいる。 さらに午後7時頃からは居酒屋で、中学時代の野球部の後輩であるタイル職人B(20)と、実家が近い先輩男性C(32、後に飲酒運転ほう助の道路交通法違反容疑で逮捕)らとともに飲んでいた。 同店の関係者を取材したところ次のように語る。 「3人で生ビールを4杯、焼酎のボトルを1本空けています。 みんなはしゃいでいて、声がやたらと大きく、他の客の迷惑になるから注意しようと思ったほどでした。 年上の男性(C)の印象はあまりないですが、年下の男性(B)は、やたらみんなにペコペコしている感じでした。 支払いもこの年下の男性がしたのですが、所持金が足りなかったらしく、先に店を出ていたふたりを慌てて呼びに行ってました」 午後9時半頃に居酒屋を出た今林は、BやCとともにタクシーで、自家用車を停めた自宅近くの駐車場へと向かう。 彼らを乗せたタクシー運転手は証言する。 「車内でなにを話したかは憶えてないけど、車に乗ってすぐに冗談めかして『500円で行ってよ』とかって言ってましたから、あまりカネがなかったんじゃないでしょうか」 やがて駐車場に着いた今林は、通勤に使っている父親名義の車を運転してBやCと行きつけのスナックへと向かう。 そこではブランデーの水割りを飲みながら、カラオケを10曲ほど歌っていたことがわかっている。 そこで「ナンパをしに行こう」とBに提案した今林は、10時40分頃に店を出ると、BとCのふたりを乗せて車を運転。 まずCを彼の自宅近くまで送り届け、福岡市中心部へと向かおうとした。 今林が運転する車は時速100㎞近くスピードを出しており、後の裁判では走行中にBが今林に対して、「いつもこんなに飛ばすんですか?」と尋ねたところ、「いいや、飛ばさん」との返答を最後に会話が途絶え、その約10秒後に衝突していることが明らかになった。 追突されたRV車は前後部ともに損壊が激しかった 衝突後の今林は、反対車線にはみ出した自分の車を自車線に戻し、アクセルを踏み込んで逃走しようとしたが、左前輪がパンクしており、エンジンルームが大破していたため、それは叶わなかった。 やっと車が停車して、Bから「どげんなったんですか?」と聞かれるも、「俺にもわからん」と答えている。 一方で、自分の車が後続車に追突されないようにハザードランプをつけており、さらに自分ひとりが車に乗っていたことにしようと考えて、Bにその場から逃げるよう指示。 Bは事故現場から徒歩で立ち去っていた。 また、事故を起こした今林が友人らに電話をかけた際、心配したひとりの友人が、とりあえずその場に向かうことを口にすると、「事故を起こしたっちゃん。 事故した相手がおらん」と話していたこともわかっている。 結果として今林は、3人が死亡するという甚大な被害を生じさせたことと、過去にも飲酒運転を繰り返していた疑いがあるといった犯情の悪さから、危険運転致死傷罪などで起訴された。 やがて始まる公判前に私が今林の実家を訪ねたところ、対応した祖母は玄関口で涙ながらに語った。 「両親が毎日のように面会に行っとるんですけど、(今林)大は泣いて謝ってばかりいるそうです。 私にも手紙が2回ほど来よりましたが、『ばあちゃん、ごめんなさい』と謝っとる内容でした……」 後に行われた裁判では、一審の福岡地裁は業務上過失致死傷罪のみを認定し、懲役7年6月の判決を下した。 しかし、検察側と弁護側の双方が控訴。 二審の福岡高裁は危険運転致死傷罪を認定し、懲役20年の判決を下した。 さらに今林の上告を受けた最高裁は、11年10月に上告を棄却する決定を出し、懲役20年の判決が確定したのだった。 この事件をきっかけとして、飲酒運転に対する罰則が強化されることになったのである。 取材・文:小野一光 1966年生まれ。 福岡県北九州市出身。 雑誌編集者、雑誌記者を経てフリーライターに。 アフガン内戦や東日本大震災、さまざまな事件現場で取材を行う。 主な著書に『新版 家族喰い 尼崎連続変死事件の真相』(文春文庫)、『全告白 後妻業の女: 「近畿連続青酸死事件」筧千佐子が語ったこと』(小学館)、『人殺しの論理 凶悪殺人犯へのインタビュー』 幻冬舎新書 、『連続殺人犯』(文春文庫)ほか.

次の