渋谷 パルコ ハンバーグ。 【超グルメ】自分で焼くスタイルのハンバーグ専門店『極味や』が最高すぎる! 東京・渋谷パルコ

自分で焼くハンバーグと最高級TKG!「極味や 渋谷パルコ店」に行ってきた

渋谷 パルコ ハンバーグ

極味(きわみ)や 渋谷パルコ店で極味ハンバーグステーキを。 千代田線で表参道まで行って銀座線に乗り換えて渋谷駅へ。 3日ぶりの渋谷ただいま。 渋谷パルコがリニューアルして一度も入ったことがなくて、今回が初訪問。 正面入口から下りエスカレーターをおりて地下1階のすぐ左手に今回の目的地、極味やがありました。 雨天のお昼過ぎを狙って行きましたが、満席で数人並んでいました。 厨房を囲むかたちで全席カウンターです。 さすがパルコ。 あたりを見渡すと若い女性客が中心です。 鉄板から漂う脂の香りで食欲を沸かせながら案内を待ちます。 待ってる間に注文を聞かれました。 ほどなく席に案内されました。 目の前に鉄板があり、既に岩塩やタレの入った皿が置かれています。 注文したサイズに間違いがないかを尋ねられハンバーグのタネをジュっと一焼き。 ネギをかけて良いか尋ねられ、あとは自分で銀の箸を使ってしっかり焼いて、木の箸で食べてねと案内がありました。 周りで焼いている人をチラッとうかがうと、かなり細かく割いてしっかり焼いています。 初めてなので倣うように一口小サイズに割いて鉄板に並べ、両面をしっかり焼いていただきました。 こんなにチビチビとハンバーグを食べるのは初めて。 岩塩やわさび、タレが豊富で、毎口味変できるくらいです。 一番小さなSサイズでしたが2周くらいまわれたと思います。 肉汁の旨味をぎゅっと引き締めて、わさびの香りが鼻に抜ける感じです。 セットで注文したご飯やサラダはおかわりできるようでしたが、焼きながらゆっくり食べるせいか満腹になり、おかわりなしで食事を終えました。 しばらく待つと店員さんが様子を伺い、食後のソフトクリームを案内してくれます。 ねっとり濃厚。 ほどよく溶けていてふわふわです。 多くのキャッシュレス決済に対応していて楽天ペイで支払い。

次の

【超グルメ】自分で焼くスタイルのハンバーグ専門店『極味や』が最高すぎる! 東京・渋谷パルコ

渋谷 パルコ ハンバーグ

実は招待客向けのプレオープン日(20日・21日)が設けられており、私(佐藤)はしてきた。 特に地下のカオスキッチンは「最高!」の一言に尽きる。 そんな素敵な飲食フロアで、今後人気になりそうな「極味や」というお店を紹介しておこう。 目の前の鉄板で ハンバーグを自分で焼くスタイルのハンバーグステーキ店なのだが、福岡を中心に支持を得ており、このほど初めて東京進出を果たした。 マジで美味いぞ、ハンバーーーッグ! ・プレオープンでも1時間待ち プレオープン初日、私は時間の都合で「極味や」の訪問を断念した。 翌21日13時30分頃のお店にたどり着くと、すでに行列。 これは正式オープンの時にはかなり混雑する予感。 昼時は長蛇の列になるかも。 実際、私が鉄板のカウンター席に着けたのは、並び始めてから1時間後の14時30分だった。 プレオープンでも1時間待ちとは……。 注文は席に着く前に行う。 メニューを見ると、看板メニューは 「極味や ハンバーグステーキ」(120g 1090円、160g 1490円、200g 1890円、いずれも税別)だ。 これにご飯・サラダ・スープ・ソフトクリームのセット(すべておかわり自由)が別途税別350円となっている。 肉食うぞ! ・カウンター席のみ 店内はコの字型のカウンターが2カ所設けられており、それを囲うようにして鉄板が敷かれている。 この上でハンバーグやステーキを焼くのである。 ちなみに箸は2種類用意されていて、銀箸はハンバーグを焼く用に。 そして竹割箸は食事用に使用するとのこと。 焼いたハンバーグは、岩塩・わざび・ゆず胡椒ポン酢・甘ダレ・オニオンソース・肉ダレのいずれかにつけることができる。 もしくはそのまま食べても良いそうだ。 ・宴じゃ~い! すべての準備が整った。 宴の始まりである! 目の前でスタッフが300gの肉塊をこね始めた。 そしてひと通り肉のなかの空気を抜いたところで鉄板という名のリングに…… ハンバーグ入場です! なんという鮮やかな色合い! そしてなんという大きさでしょうか! 見るからに大量の肉汁をそのなかに携えていることが分かります。 これはまさに 「肉汁核弾頭」、ハンバーグと呼ぶにはあまりにも武骨な 「たんぱく質の小惑星」といっても過言ではありません! ハンバーグをオーダーした人はもれなくその肉塊をスマホで撮影せざるを得ない。 そのくらい視覚インパクトが絶大だ。 まず片面こんがりと焼き、プレートにのせるところまでがスタッフの仕事。 あとは食べる人がハンバーグを一口大に切り分けて、自ら鉄板で焼く。 それが極味やの食べ方の流儀だ。 ・自分で切り分けて焼く! この段階でハンバーグの中に火は入っていない。 したがって、切り分けて鉄板の上でしっかりと焼く必要がある。 箸でカットしながらハンバーグを焼く行為はとても新鮮だ。 まるで焼肉を楽しむような感覚で、ハンバーグを焼いている自分に気づく。 こんなお店、いままで東京になかったぞ! 最初の1片は、肉ダレでいただく。 そのままでも肉の旨味が十分詰まっているのに、さらに肉の旨味を閉じ込めたソースにつけると、 頭のなかの旨さを計測するメーターが振り切れた! なんじゃこりゃーーッ!! 「ハンバーグ」という一言で片づけるのが惜しくなる、天上界の食べ物のようだ。 何が言いたいかというと、「とにかく美味い」である。 肉塊を分解しながら「俺のハンバーグ」を焼き続ける。 そのプロセスを4~5度繰り返した結果、ある結論に至った。 オニオンソースで食うのが1番美味い! である。 少なくとも私はこれが1番美味かった。 肉の旨味とタマネギの甘さの相性がとても良い。 このソースなら、無限にハンバーグを食べられる気がしてくるじゃないか。 それにしても、今までにない初めてのハンバーグ体験は感動と興奮に満ちたものだった。 シメにソフトクリームを食べて、楽しい昼食は終了した。 ・店舗拡大熱烈希望! 極味やは、渋谷パルコの人気店になるに違いない。 いまだ1店舗しか東京にないのが非常に残念だ。 できればパルコを足掛かりに2店舗3店舗と拡大していって欲しい。 1時間並んで食べた価値は間違いなくあるぞ~! パルコの極味や、要チェックや~ッ!! ・今回訪問した店舗の情報 店名 渋谷パルコ店 住所 東京都渋谷区宇田川町15-1-B1F 営業時間 11:00~23:00 定休日 なし(施設に準ずる) Report: Photo:Rocketnews24.

次の

あの“行列ハンバーグ店”が東京初上陸!「極味や」渋谷パルコに出店

渋谷 パルコ ハンバーグ

目の前に鉄板が!1人でも訪れやすい専門店 「渋谷」の地下1階にある「極味や」。 福岡を中心に展開しているハンバーグ専門店の関東初上陸店です。 同店は2001年、現代表・松尾和幸氏が福岡市の住宅街に小さな焼肉店として創業したのがはじまり。 その後、大阪にもハンバーグのお店をオープンし、「極味や 渋谷パルコ店」は10店舗目となるそう。 同店はオールカウンターで24席。 1人でふらりと訪れる人も多いそうですよ。 目の前に鉄板がある、同店初の鉄板スタイルのお店です。 席につくと「極味やハンバーグ 楽しい食べ方」の説明書が。 この食べ方こそ、ほかのハンバーグ専門店にはない魅力。 さすが、海外からの観光客も多い渋谷! 英語バージョンもありますよ。 まずはテーブルの下の引き出しから、お手拭きとお箸を準備。 お箸は2種類あり、銀箸はお肉を焼く用、そして竹箸は食べる用と、しっかり使い分けられるようになっています。 使い捨てのエプロンも用意されていますよ。 細やかな気遣いがうれしいですね。 楽しみ方は無限大!好みの食べ方を試せるハンバーグ 今回オーダーしたのは、お店で一番人気の黒毛和牛を使用した「極味やハンバーグステーキ」。 ・Sサイズ 120g 1090円(税抜) ・Mサイズ 160g 1490円(税抜) ・Lサイズ 200g 1890円(税抜) 上記の3つのサイズから選べます。 今回は、一番オーダーが多いという「Mサイズ 160g」を注文。 目の前で挽肉の状態からハンバーグを成型してくれます。 ふんわりと美しい大判型。 これを目の前の鉄板で焼いてくれる、ステーキ店のようなスタイル。 肉汁がジュージュー音を立てていて、期待感が高まります! 軽く焼き目が付いた状態で裏返しに。 両面に軽く焼き色が付いたら、ネギをトッピングしてお皿に盛り付け完成! こんなに赤いままで…?と思いますが、ここからが「極味や」スタイル。 このハンバーグを、銀箸をつかって自分で好きなサイズにカット。 鉄板に戻して広げます。 そして両面を好みの焼き加減になるまで焼いていくんです。 焼きあがったら竹箸に持ち替えて、まず1口目はそのままで。 直前まで鉄板で焼いたハンバーグは、口にいれた瞬間、ジューシーな肉汁の旨味が広がりとろけます。 熱々で香ばしく絶品! 2口目からは、お肉に合わせて作られたというオリジナルの調味料を付けて味わってくださいね。 調味料は全6種類(岩塩・わさび・ゆず胡椒ポン酢・極味やの甘ダレ・オニオンソース・極味やの肉ダレ)です。 1口ずつ焼けるため、焼き加減や味などをいろいろと楽しめるのが贅沢でうれしい! プラス350円で、ご飯・スープ・サラダ・ソフトクリームまでついたお得なセットにもできますよ。 こちらはすべておかわり自由。 サービス満点ですね。 渋谷店限定!究極のたまごかけご飯は必食 ハンバーグ以外にも注目なのが、渋谷パルコ店限定のたまごかけごはん。 化学物質は一切使わずミネラルが豊富な飼料で育てられている大分県産の高級卵「蘭王」の卵を3つも使用した、贅沢なメニューです。 その名前も「KKKTKG(黒トリュフ 香る 究極の たまご かけ ごはん)」1200円(税抜)。 熱した和牛脂の上に黒トリュフを贅沢に削っていきます。 黒トリュフの香りがなんとも贅沢! そこに、大分県産の高級卵「蘭王」とこだわりの佐賀県米「にこまる」を合わせた たまごかけごはんを投入。 自家製のタレとトリュフと混ぜ合わせていきます。 器に盛り付けをして、最後にさらに「蘭王」の黄身をトッピング。 濃厚な卵とトリュフの香りがなんとも贅沢な一品です。 まさに究極のたまごかけごはん! ドリンクメニューは、ソフトドリンクはもちろん、ビールやハイボール、赤白のワインなどもあります。 おいしいハンバーグをつまみながらサク飲みもおすすめです。 ステーキ店のようなスタイルで味わう、これまでにない究極のこだわりハンバーグ。 ぜひ食べに行ってみてくださいね。 変更される場合がありますので、ご利用の際は事前にご確認ください。

次の