あがり 症 治す。 極度のあがり症を治すには

子供の「あがり症」を治すために!親子でできる克服法をご紹介

あがり 症 治す

思春期の頃からあがり症で、数年前に社会不安障害と診断された者です。 いろいろな本を読んでどうにか自分のあがり症という弱点を克服しようと苦闘してきました。 最近、このQ&Aサイトを見つけて、同じ症状の方が非常に多いことを改めて知り、勇気づけられました。 ただ勇気づけられても自分のあがり症が治らない限りは意味がないので、どなたか一番効果的な治療は何かを教えて下さい。 いろいろなあがり症治療法がある中で、それぞれ合う合わないとあると思いますが、情報を教えて下さい。 それを元に私に会う治療法を探してみたいとおもいます。 あがり症、社会不安障害が治った人がいれば、本当に心強いです。 あがり症が治るために一番効果的な治療はこれだった!というものを教えて下さい。 わがままな質問ですが、よろしくお願いします。 私は医者ではありませんが、同じ神経症の卒業生という事で、一言。 「神経症」というものは、症状がどうであり、心のメカニズムは一緒かと思います。 気になる事に意識がいってしまい、それから、心が、体が自由にならない事、と言えるかと思います。 簡単に言えば、上がり症を意識した時に、もっと大事な事を意識すれば、それでよい事になります。 心を尽くすと言う事を学んで下さい。 心を尽くして、何かをするという事は、心を、自由にしておくことです。 気を散らしておくと言う事です。 上がるのではないか、という考えもOKです、ですが、それと同時に、他の事にも、気を使うと言う事です。 人間は同時に幾つもの事を出来ます。 車に乗っていても、ほかの事を考えられます。 携帯電話も出来ます。 意識しすぎの時は、他の事にも「気を配る、気を使う」という事ではどうでしようか。 上がり始めたらなにも出来ない、のでは無いのです。 何もしないから「上がりっぱなしに」なってしまうのです。 何かに気を使って、動く事をすれば「上がりっぱなし」の状態から開放されると思います。 上がるから出来ない、のではありません。 しないから、上がるのです。 人前で歩く時だってそうです。 ちゃんと歩くと言う事をして下さい。 ちゃんと歩くと言う事は、足元を良く見て、平らに靴の底が減るように歩く事です。 貴方の靴底はちゃんと、平らに減っているでしようか? 私が知っている社会不安障害が治った人の話では、 釣りをする事で治ったとか、何もしなくても治っては また逆戻りを繰り返す人。 または、サイトで調べて認知療法などさまざまな療法を実践して 改善した人。 心療内科で貰った薬とそれらを併用して治った人もいます。 一般的に、社会不安障害や対人恐怖症などの恐怖症は 何もしなくても、年齢の経過とともに自然治癒していくそうです。 ただ、それが早く治る人とそう出ない人がいるそうですけど。 問題は、社会不安障害になった原因が別の精神的な病気の場合で 治癒するのは困難で、そう簡単ではないです。 私は、一生をかけてその不自由な症状と付き合おうと覚悟してきていますよ(ちょっと大げさでした?^^;) 治らなくても良い、症状のある事が悪い事ではないんだと 気付いた途端に治ったと言う人もいるそうです。 症状が出る事を恐れると、そこにばかり意識が集中するので、 かえってよくないみたいですね。 これだ!というものはないと思います。 精神的な疾患は治癒するのに時間も労力もかかります。 治したいと思うあなたの気持ちはよく分かりますが インスタント食品のように簡単に治ればみなさん苦労 しないと思いませんか? そのような方法があればここで質問しているみんなが 知りたいでしょうし、悩む人もいなくなります。 質問を検索されたのなら、その中の回答にいろいろな 方法が書かれたいたことも知っているはずです。 すぐに効果がなくとも地道に継続してやっていくこと が一番大事だと思います。 ただ、わたしが思うにあなたはまずそういう楽な方法 簡単な方法に走ろうとするところを直した方がいいと思います。 自分の欠点を直すのはかなり大変なことです。 それだけに時間も労力もかかります。 だから、それを覚悟の上で本気で取り組んでみては? Q 対人恐怖症(医者によっては社会不安障害とも言うと思います)が治った、または改善された人に質問です。 どのような方法で対人恐怖症、社会不安障害を克服できたのですか? 自力でも他力でも治療方法を教えてください。 私は対人恐怖症や社会不安障害と診断されてきました。 安定剤を飲んでも一向に対人恐怖症の症状は良くならず、辛酸を舐めています。 なぜ自分だけがこんなに苦しまなければならないのか、産まれてきた意味を見いだせません。 ほんとうにきついです! 同じ対人恐怖症で苦しんだことがある人ならよくわかると思います。 この世から人間がいなくなることはあり得ません。 自分の対人恐怖症が治ることがない限り、一生この苦しみは続くと思います。 でも、世の中には対人恐怖症、社会不安障害が良くなって、楽しい人生を送れるようになった人もいると思います。 そういう対人恐怖症克服の先輩たちはどんな方法で、どんな心構えで症状を治していったのが知りたいです。 治った病院や施設、機関や、こういう考えで克服できたなど悩める私に教えてください。 A ベストアンサー こん**は! 対人恐怖症(社会不安障害)を克服できた人間です。 今は自分で言うのも何ですが、なかなか充実して楽しいですよ。 充実していると、雪だるま式にどんどん楽しいですね。 対人恐怖症で苦しんでいたときは、やっぱり雪だるま式に転落して恐怖だけがふくれあがっていましたが(笑)。 まあ、悪化する方が圧倒的にスピードが速いので、良くなるためには一度自分のおかれた社会不安障害という状況を受け入れてください。 昔のまだ悩んでいなかった頃の自分と比較してはいけないです。 社会不安障害と言われたのなら、自力で治そうとするとジレンマに陥って落ち込んでしまうので、専門家の力を借りてください。 自分の問題なので、独力で治そうとする意志と決意は必要ですが、焦ったり不安に陥ったときに、よけい不安や症状を強化してしまう恐れがあるので、ぜひ力を借りてみてください。 安定剤を自分も飲んできましたが、まったく効果が出なかったです。 治すにはもっと根本からやらないといけないです。 自分が対人恐怖症が治ったのは、そういう信頼できる実力が高い心理療法士のお世話になったからです。 無意識レベルに対人恐怖症の原因がへばりついているから、どんなに意識で努力しても、なかなかうまくいかなかったですよね? 無意識(意識下)にどうしようもないマイナスの感情や不安が鬱積して、反射神経回路に対人恐怖症が入り込んでいました。 神経症がどんなに努力をして気合いを入れても、しょせんは表面上をなぞるだけで、意識下には届かないです。 だからジレンマに入り込んで、落ち込んでうつ状態になったり、気力が続かなくなります。 理由があって対人恐怖症を発症しているのですが、実は恐怖というのは人間を守るために必要な行為ですよね。 恐怖感、警戒感ゼロの生き物は生きていくことができません。 だから、あってしかるべきなのですが、問題はそれが行き過ぎていることに神経症の問題があります。 恐怖や警戒感、自意識がそこまでなってしまったことには、必ず理由があります。 僕にもそのルーツ分析をして、ちゃんと発見しました。 それはイジメだったり、友人に裏切られたとか、からかわれて人間不信になったとか、親や学校の先生に自分の気持ちを踏みにじられたとか、愛情不足だったとか過干渉だったとか、人それぞれ理由があると思います。 そういうことが積み重なって対人的な恐怖が起きるので、そこを処理していかないと難しいです。 それで、自分がやった心理療法で、無意識(意識下)レベルから原因を破壊していくことをしました。 トラウマ処理ですね。 岩波英知先生という人なんですが、希代のスゴ腕なのですごい深い無意識をのぞける状態に誘導してもらって暗示やルーツ分析をしていきました。 他にも認知療法的なことをやったりしたんですが、つまり無意識にある「原因」を「原因」ではなくすることをして、僕は社会不安障害が治りました。 文字数の制限があるので詳しくかけないですが、対人恐怖症が起こる回路をなくしていくという方法でした。 根本から治していく方法がどちらにしてもいいですよ。 mind-artist. 今は自分で言うのも何ですが、なかなか充実して楽しいですよ。 充実していると、雪だるま式にどんどん楽しいですね。 対人恐怖症で苦しんでいたときは、やっぱり雪だるま式に転落して恐怖だけがふくれあがっていましたが(笑)。 まあ、悪化する方が圧倒的にスピードが速いので、良くなるためには一度自分のおかれた社会不安障害という状況を受け入れてください。 昔のまだ悩んでいなかった頃の自分と比較してはいけないです。 社会不安障... Q 以前 不安障害に悩まされていました。 漠然とした不安が続き些細なことが気になり体調に現れるほどで... とても苦しみました。 病院は拒否し続け 考え方の切り替えや森田療法を 勉強している中で 少しずつ改善されていき ここ3ヶ月程はとても安定した穏やかな前向き思考でいられました。 昨日 少し体調が疲れぎみだったのですが 気分が不安障害に悩まされていた頃の感覚になり まだ酷くはなっていないのですが 今も獲たいの知れない不安を抱えています。 またあの苦しみに戻ったら... と考えてはいけないのですが 怖いです。 質問は 一度不安障害になってしまうと完全に治ることはないのでしょうか? 私の場合はまだ完治したとは思っていませんが 回復に向かっていると思っていたので 異常な不安に苦しんだ感覚を忘れかけていた今 戻ってきたあの嫌な感覚に理解できません。 不安障害について調べて、私なりに勉強して、理解して納得して... と克復してきたので 今回の自分の症状にも納得したいです。 こちらでもとてもお世話になりました。 どなたかまたご教授お願いできないでしょうか? 何卒 宜しくお願い致します。 以前 不安障害に悩まされていました。 漠然とした不安が続き些細なことが気になり体調に現れるほどで... とても苦しみました。 病院は拒否し続け 考え方の切り替えや森田療法を 勉強している中で 少しずつ改善されていき ここ3ヶ月程はとても安定した穏やかな前向き思考でいられました。 昨日 少し体調が疲れぎみだったのですが 気分が不安障害に悩まされていた頃の感覚になり まだ酷くはなっていないのですが 今も獲たいの知れない不安を抱えています。 またあの苦しみに戻ったら... と考えてはいけないのです... Q 20代女性です。 一年前解雇にあってから、現在まで無職です。 就活の事などを考えようとすると、不安やイライラが出て来て、なかなか始められません。 趣味などはできています。 肝心な事になるとやる気がわかないです。 先日、心療内科に行って来ました。 診断は、軽い不安障害とPMS 生理前症候群 でした。 そして、デパケンR100を夜、ルボックス25を朝夜、ワイパックス0. 5を朝に、処方されました。 できれば、抗不安薬のみで治したいのですが、やはり抗鬱薬も使うべきでしょうか? 現在までは頓服でリーゼを飲んでいて、効いていました。 やる気は出ませんが、穏やかではいられます。 ただ、強い不安の時には効かないので、もっと強い抗不安薬が欲しいなと思っていました。 よく話を聞いてくれて、良いお医者さんだとは思いましたが、SSRIは少し不安になってしまいました。 その時もっと詳しく聞けば良かったと思ってます。 出された薬を3日飲んで見た感じですが、発疹が足に少し出ました。 あと、少しカッカする感じがします。 私は、穏やかな飲みごこちのものが好きなのですが、どちらかというとイライラ系です。 できれば、レキソタンなど、評判がいい抗不安薬などを試してみたいと思ってたのですが、やはりSSRIで治療していくべきでしょうか? 薬に関してよく知らないので、教えて頂きたいです。 よろしくお願いします。 20代女性です。 一年前解雇にあってから、現在まで無職です。 就活の事などを考えようとすると、不安やイライラが出て来て、なかなか始められません。 趣味などはできています。 肝心な事になるとやる気がわかないです。 先日、心療内科に行って来ました。 診断は、軽い不安障害とPMS 生理前症候群 でした。 そして、デパケンR100を夜、ルボックス25を朝夜、ワイパックス0. 5を朝に、処方されました。 できれば、抗不安薬のみで治したいのですが、やはり抗鬱薬も使うべきでしょうか? 現在までは頓服でリーゼを飲... A ベストアンサー 私は軽い不安障害ならばSSRIは使うべきでないと思います。 実際にやめるときに苦痛を伴う薬だと思うからです。 絶対に副作用のない薬は存在しませんが、 本当に症状が辛くなったら自分から「飲もう」 って思うんじゃないでしょうか。 風邪の時に、のどが痛いだけの時は熱さましなんて 飲まないのとおんなじです。 精神薬は対処療法ですから、飲み続けて必ず治るという ものではありません。 ましてや抗不安薬は依存性が高く、海外では4週間を超えた処方は しないのが一般的です。 日本の精神医療はこの点をひた隠しにしています。 ですのでどうやったら根本治療できるかを考えたほうがいいです。 もちろん、病気の急性期には安定剤は必要だと思いますし、 頓服して飲むのも依存のリスクを減らしますので大丈夫だと思います。 提案ですが、 漢方はいかがでしょうか。 体質によりますが、イライラや不安に効くものを私は服用してますが、 よく効いてますよ。 即効性はありませんが、穏やかな気持ちが長続きします。 なにより、体質を改善しますので、根本治療の期待が持てることがメリットです。 漢方はほかの薬の邪魔はしませんので安定剤との併用も可能です。 いろいろ書きましたが、 私はこうした薬を何種類も飲んでいたからあまりすすめたくありません。 長期的に脳をコントロールする薬はリスクがありますよ。 私は離脱症状で苦しんでいます。 この苦しみは人格が破壊されます。 よく考えて服用してくださいね。 私は軽い不安障害ならばSSRIは使うべきでないと思います。 実際にやめるときに苦痛を伴う薬だと思うからです。 絶対に副作用のない薬は存在しませんが、 本当に症状が辛くなったら自分から「飲もう」 って思うんじゃないでしょうか。 風邪の時に、のどが痛いだけの時は熱さましなんて 飲まないのとおんなじです。 精神薬は対処療法ですから、飲み続けて必ず治るという ものではありません。 ましてや抗不安薬は依存性が高く、海外では4週間を超えた処方は しないのが一般的です。 日本の精神医療はこの点を... Q この春で大学の二回生になるものです。 昔から大勢人がいるところでの発表やスピーチのときに心臓がドキドキしたり、手に汗をかいたり、上手くしゃべれなかったりして困っています。 大学一回生のときは市販薬のアタラックスPを緊張が予想される場面(といっても普通の英語の授業でも緊張するのですが・・・)の前に服用していたのですがほとんど効果がなく心療内科で薬を処方してもらおうかと考えています。 心療内科に行ったことを家族に知られたくないのですが保険証をつかえば家族にばれてしまうでしょうか? 家族にカミングアウトしたほうがいいという方もいると思いますが、僕の場合症状がそれほど重くなく特定の場面以外では生活にまったく支障が無いので、家族に病院にいった事を言えば僕が考えている以上に心配するでしょうし、家族に必要以上に心配されるとそちらの方が心が重くなります。 どうぞよろしくお願いします。。 A ベストアンサー こんにちは。 「緊張する」のはとてもよくわかります。 私もものすごくあがる体質でたった10人の前で自分の意見をいうのも緊張して声が震えて、手も足も震えて赤面して汗かいてさんざんでした。 でも今はそれを克服しました。 結論をいうと「場数」じゃないでしょうかね~当初質問者様のように心療内科で薬が欲しいといって受診したこともありましたが、認知行動療法をすると言われて、その病院のスタッフの前でプレゼンテーションをやってもらうと言われて思わず逃げ出してしまいました。 でも今思うとこの医師は正しいと思います。 でも・・・ですよね。 緊張しない人は聴衆をかぼちゃと思えとか、相手は自分をしっかりみていないから大丈夫とかそういうことを言われますが、それができたら苦労しませんよね。 それで私はひたすら発表原稿をつくり、それを家で読みまくり発表にそなえました。 100回は読んでいたと思います。 おかげで本番に声がかすれていましたが、アガリは極度に減りました。 さすがに10分原稿でも100回も読んでいると、それが場数になったような気がします。 あとサブリミナル効果のCD「アガリ解消」というのBGMにして原稿を読んでいました。 (CDの効果はビタミン剤みたいで効いているのかはっきりしないものではありますが何もしないよりはいいのかも)嘘と思って一度、一日中原稿読みまくってみてください。 genic-net. html こんにちは。 「緊張する」のはとてもよくわかります。 私もものすごくあがる体質でたった10人の前で自分の意見をいうのも緊張して声が震えて、手も足も震えて赤面して汗かいてさんざんでした。 でも今はそれを克服しました。 結論をいうと「場数」じゃないでしょうかね~当初質問者様のように心療内科で薬が欲しいといって受診したこともありましたが、認知行動療法をすると言われて、その病院のスタッフの前でプレゼンテーションをやってもらうと言われて思わず逃げ出してしまいました。 でも今思うとこの医師は正し... Q 私は、極度も極度、病的な程のあがり症に悩んでいます。 人前での発表などでは中断した経験もあります。 それでも、「みんな緊張している。 」「場慣れだ。 」と自分に言い聞かせ、社会人になり10年頑張ってきました。 話し方教室や呼吸法もやってます。 しかし、場数を踏むことは私にはむしろ逆効果でした。 失敗や恥を重ね、トラウマが根付いてしまったのです。 あがり症で一番怖いと言われる「負のスパイラル」にハマってしまいました。 今では突然、動悸や汗・震えが出てきしまいます。 人前じゃなかろうが、友達や家族と楽しい話をしていようが関係なくです。 「発表」や「報告」なんていう言葉がどこからか聞こえるだけでも一瞬血の気が引きます。 もともと明るい性格なので、その場はすぐにふざけでごまかしますが、いつか鬱になりそうで怖いです。 というか、こんなに神経質になってる時点で既に心が病んでる気がします でもそれをどうにか食い止めたくて、緊張する場だけ薬に頼るのも仕方ないかと思いました。 そこで、海外であがり症の特効薬としてインデラルが用いられていることを知りました。 でも輸入は怖いので、病院でちゃんと処方されたいです。 内科に行けばもらえますか? また、本当にあがり症に効果がありますか? 最後まで長文を読んで頂き、ありがとうございました。 私は、極度も極度、病的な程のあがり症に悩んでいます。 人前での発表などでは中断した経験もあります。 それでも、「みんな緊張している。 」「場慣れだ。 」と自分に言い聞かせ、社会人になり10年頑張ってきました。 話し方教室や呼吸法もやってます。 しかし、場数を踏むことは私にはむしろ逆効果でした。 失敗や恥を重ね、トラウマが根付いてしまったのです。 あがり症で一番怖いと言われる「負のスパイラル」にハマってしまいました。 今では突然、動悸や汗・震えが出てきしまいます。 人前じゃなかろうが... A ベストアンサー こんにちは >海外であがり症の特効薬としてインデラルが >用いられていることを知りました。 メンヘル系の病院に受診すれば、処方されると思います。 sad-net. 言わば対症療法薬に過ぎませんが。 この薬の服用で自信が付いて、根本の拘りや囚われが 解消されればベストです。 逆に拘りやすい傾向の方は、薬自体には依存性が有りませんが 薬を飲んでいないとアガル・震え等の症状がでる だから薬を飲まなければならないと 精神的依存に繋がる可能性を否定出来ません。 このカテゴリーでもその様な方が散見されます。 参考までに私の処方は 坑うつ剤パキシル うつ病性障害も有りますし、SADの治療薬としても 処方されています。 坑不安剤エチゾラム(デパスのジェネリック薬) 溶け易く、甘味があるので頓服や舌下服用に適している。 デパス自体に筋弛緩作用もある。 interq. interq. html >あがり症で一番怖いと言われる「負のスパイラル」にハマってしまいました。 >場数を踏むことは私にはむしろ逆効果でした。 >失敗や恥を重ね、トラウマが根付いてしまったのです。 本当は気にしないのが一番なんですけどね。 不必要な事(アガル、震え、人がどう思うか等)に注意を向けない、改善しようとしない。 何故か判っているのに出来ないですよね。 認知療法で言う自動思考状態になっているんでしょうね。 allabout. jikei. html こんにちは >海外であがり症の特効薬としてインデラルが >用いられていることを知りました。 メンヘル系の病院に受診すれば、処方されると思います。 sad-net. 言わば対症療法薬に過ぎませんが。 この薬の服用で自信が付いて、根本の... A ベストアンサー こんにちは。 大変な毎日を送っていらっしゃると思います。 周りからは、怠けているようにもとられ、本人は、本当は色々とやりたいのにその葛藤…。 私は、昔、街中でいきなりパニック発作を起こし、その後外出ができなくなりました。 かろうじて自分のオートバイで近所まで…なら体調が良ければいけましたが…、、、 毎日昼夜逆転し、このまま廃人になって、終わってしまうのか…と悶々と『死』を感じていました。 ただ、変調が起こって1週間後位に、近くに図書館があるので、自分の状態を徹底的に調べてみました。 すると、精神病ではなく、神経症であることがはっきりしました。 そこで、心療内科に行き、良い先生と出会い、現在は、若干の服薬をしつつも元気にあちこち走りまわっています。 満員電車に乗って新宿に通い、仕事を終わって遊びに行って…、、、 でも、ここまで来るには色々とありました。 鬱に関しては、投薬で劇的に改善するといわれています。 ただ、不安障害のある場合は、鬱の単独でもなく、不安の単独でもなく、両者が心の中に併存している状態との知識を得ています。 つまり、鬱が不安を引き起こし、不安が鬱を引き起こす、こんな感じです。 単独の鬱と違い、不安がある場合は、こちらへの対処、抗不安剤の投薬も必要です。 『治るか治らないか』というご質問ですが、完全に治ってしまう人もいれば、なかなか難しい人もいます。 私の場合、パニック発作の恐怖から不安を予期してしまい、結果、出かけて発作になったら『どうしよう』、なにをしても『発作が起こったら…』と心に拘束されてしまい、非常に落ち込み、一日中何もしないで過ごす時間が過ぎました。 本で調べて、心療内科に行き、私の場合、まず、有無を言わせずに不安を鎮める抗不安剤、抗鬱剤、発作の時の頓服薬として心拍数を下げる薬等で、症状を改善することを徹底しました。 ここがすべてのスタートです。 そこから鬱と同時に不安が和らぐと、少しずつ前進できるようになり、だんだんと行動範囲が広くなり、『薬を持っていれば平気』から、だんだんと自信がついて、自分の中の乗り物恐怖、広場恐怖が消失、そのうちに薬を忘れても大丈夫なようになり、現在に至っています。 質問者様の場合、不安と鬱とが併存している関係ですが、私の経験上、鬱に特効薬があっても、不安にはなかなかどんぴしゃりの薬はありません。 ありませんというのは、『一発で自分に合う薬にめぐり合うのは難しい』ということで、これを見つけられれば、場合によっては相当な効果が見られます。 他の方との重複を避けますが、他の方の言われていることも、経験上、間違いありません。 ただし…、、、病院の先生が『学校へ行け』と言っているとしたら、ちょっと問題です。 鬱や不安症の人間には、一番こたえるもので、特に重篤な鬱病患者に対しては、この言葉は場合によっては破滅をもたらすほどの物騒な言葉です。 不安障害は、まず投薬で症状を和らげ、日常生活に復帰することに全力を挙げます。 先にも申しましたが、『不安』に対しては、投薬を受けるたびに『だるくなる』『眠れない』『口が渇く』『不安が消えない』と医師に訴え、医師がこれを嫌がらずに、きちんと聞いてくれて、さまざまな処方を試すのが理想とされており、私の先生は幸運にもこのタイプの先生でした。 そのため、量は多かったですが、短期間 半年くらい でほぼ投薬によって症状は消失に向かいました。 自分の考えを申し上げると、鬱や不安障害の患者に、『学校へ行け』というのは、どうも不適切だと思います 内心では、実はこういう医師に激しい憤りを覚えています。 その医師は、上記のように、患者の言葉をきちんと聞いてくれるでしょうか?、素人が薬の知識を一応知って、それを質問しても、『黙って言うことを聞いていろ』といった態度を出さず、きちんと対応してくれますか? 私の経歴ゆえ、『実は…』と相談されることがあります。 そのうちの一人は、学校へ行けずに引きこもってしまい、親が精神科に連れて行ったところ、『そんなの青春しているだけだ』と言われ、結局自分でも自分を責め、家族も『病気ではないのだから』という目で見て、理解者のないまま孤立して、結局職場でも同じような欠席の上、辞めてしまいました。 すべてのボタンの掛け違いが、最初の医師の一言です。 不安障害は、言葉で他人がきくとどうでもよいような些細なことに見えがちです。 だからこそ、それをくみ取る感性が、医師には必要です。 信頼できる、と心底思える医師を求めて、病院を変える選択肢も必要です。 あなたは、今の状況で、学校へ行く必要も、行かないことに対する自責も、必要ありません。 ゆっくりと考えていきましょう。 私の医師の方針は、投薬、はるか後にカウンセリングで、私にはぴったりでした。 応援しています! こんにちは。 大変な毎日を送っていらっしゃると思います。 周りからは、怠けているようにもとられ、本人は、本当は色々とやりたいのにその葛藤…。 私は、昔、街中でいきなりパニック発作を起こし、その後外出ができなくなりました。 かろうじて自分のオートバイで近所まで…なら体調が良ければいけましたが…、、、 毎日昼夜逆転し、このまま廃人になって、終わってしまうのか…と悶々と『死』を感じていました。 ただ、変調が起こって1週間後位に、近くに図書館があるので、自分の状態を徹底的に調べてみました。 Q 幼少の時から、私はあがり症で人前に出ると緊張してしまいます。 胸がドキドキし、手は汗ばみ冷たくなり、そして特に手が過度に震えます。 例えば、実習では試験管を持つ手が異常なほど震えたり。 また、プレゼンテーションが非常に苦手で、手に持っている資料が揺れ動いたりして情けない思いをした事が何度もありました。 普段は手が震えることもなく、手作業も普通にできるのですが人前で作業をするとなるとどうしても駄目です。 緊張して、度胸がなく、不安な気持ちでやるからいけないと頭ではわかっているのですが・・・ こんな自分に劣等感を持つようになり、だんだんと気持ちも落ち込んできています。 コンプレックスは更にひどくなる一方で、心身ともに疲れ果てています。 大学に入ってから健康診断では脈拍がなかなか100を切らず、血圧は最高150以上。 甲状腺の疾患を疑われ検査をした事もありました。 現在、私は大学4年生です。 今年はOSCEもあります。 こんな私ですがどうしても夢である薬剤師になりたいと思っています。 手の震えをどうにかする方法があったら教えて下さい。 また、治すためには病院に行った方が良いのでしょうか? アドバイス宜しくお願いします。 幼少の時から、私はあがり症で人前に出ると緊張してしまいます。 胸がドキドキし、手は汗ばみ冷たくなり、そして特に手が過度に震えます。 例えば、実習では試験管を持つ手が異常なほど震えたり。 また、プレゼンテーションが非常に苦手で、手に持っている資料が揺れ動いたりして情けない思いをした事が何度もありました。 普段は手が震えることもなく、手作業も普通にできるのですが人前で作業をするとなるとどうしても駄目です。 緊張して、度胸がなく、不安な気持ちでやるからいけないと頭ではわかっているの... A ベストアンサー ご質問を拝見し、感じたことがありますので書かせていただきます。 私も、あなたと同じように人前での緊張など、あがり症に悩んだことのある経験者の一人です。 ただ、私の場合は、たまたま図書館で目にした森田療法の本をキッカケにして森田療法の学習をしていく中で、あがり症などの神経症の症状を克服することが出来ました。 そして、森田療法の学習をしていく中で、神経症の色々な症状について学ぶことが出来ましたので、この観点から回答させていただきます。 今、あなたは緊張で手が震えてしまうことで悩んでいるとのことですが、これは書痙(しょけい)や震え恐怖と言われている神経症の症状になるのではないかと思います。 そして、これは、あがり症や対人恐怖に含まれる症状だと言われています。 ですから、あなたの場合も、私と同じように森田療法の学習によって今の症状が改善してくる可能性があると思います。 森田療法の学習は以前は森田療法関係の本を読んだり学習団体に入るのが主な方法でしたが、今はメールカウンセリング(MTカウンセリングなど)といった方法もあるようですので一度調べてみてはどうかと思います。 こうしていく中で手の震えに対する「とらわれ」がうすれてくれば、この結果として、今の悩みを克服していけると思います。 なお、健康診断で脈拍や血圧が高くなってしまうのは「白衣高血圧症」と言われている症状であり、これも神経症から来ている可能性が高いと思います。 以上、私自身の経験から感じたことを書かせていただきました。 ご質問を拝見し、感じたことがありますので書かせていただきます。 私も、あなたと同じように人前での緊張など、あがり症に悩んだことのある経験者の一人です。 ただ、私の場合は、たまたま図書館で目にした森田療法の本をキッカケにして森田療法の学習をしていく中で、あがり症などの神経症の症状を克服することが出来ました。 そして、森田療法の学習をしていく中で、神経症の色々な症状について学ぶことが出来ましたので、この観点から回答させていただきます。 今、あなたは緊張で手が震えてしまうことで悩... Q うつ病で精神科に掛かっています。 2週間毎に通っていましたが、調子が悪くなり昨年12月の受診以来2ヶ月近く引きこもり病院へ行けなくなってしまいました。 当然、薬がなくなり不安時などにも困るのですが、病院は遠くなかなか出掛けられそうにありません。 処方は坑ウツ剤がリフレックス、入眠剤がベンザリン、不安時の頓服にリボトリール、イライラ時の頓服にワイパックスでした。 次回の予約は今月末に入れているのですが、行けるか解らないし、その前に薬だけでも貰いに行きたいとは思っても自信がありません。 取り敢えず今困っているのは、眠れないこと(日中も横になったきりなので体は休まっていると思いますが、頭が休まらないのが辛いです)、不安時やイライラ時に対処ができないことです。 近所までやっと買い物に出掛けても、出先で吐き気が出てしまうことがあります。 また最近は精神的なものらしく胃や腸に空気が溜まってしまい、その不快感や痛みから、身体的にも精神的にも不調が出て辛いです。 病院へ行くよう頑張りたいと思いますが、それまでの間の対処法が欲しいのです。 市販で手に入るものでリボトリールやワイパックスのような効能の得られる薬はないものでしょうか。 もちろん病院の処方薬のように強いものはないと思いますが、少しでも楽になれればと思います。 どなたかご存知の方がいらしたら、教えていただけませんでしょうか。 どうぞよろしくお願い致します。 うつ病で精神科に掛かっています。 2週間毎に通っていましたが、調子が悪くなり昨年12月の受診以来2ヶ月近く引きこもり病院へ行けなくなってしまいました。 当然、薬がなくなり不安時などにも困るのですが、病院は遠くなかなか出掛けられそうにありません。 処方は坑ウツ剤がリフレックス、入眠剤がベンザリン、不安時の頓服にリボトリール、イライラ時の頓服にワイパックスでした。 次回の予約は今月末に入れているのですが、行けるか解らないし、その前に薬だけでも貰いに行きたいとは思っても自信があ... Q 20代、女性です。 一年程前に精神科で、不安神経症と診断されました。 一ヶ月ほどセルシンとパキシルを飲んでいたのですが、常に眠いという副作用が嫌で飲むのを止めました。 ちょうど抱えていたストレスが解消されたということもあって、服用せずとも、日常生活を送れるようになっていました。 しかし、この頃また当時の症状が出てくるようになりました。 (特にストレスを感じるわけでもないのですが。 )車を運転するのが怖い、一人行動が怖い、慣れない場所や人ごみを避けたがるなど、これらの行動をとると、気分が悪くなり、意識を失いそうになります。 治すにはやはり、通院することがベストなのでしょうか。 また治療により、元気に活動していた発症前の生活を取り戻すことは可能なのでしょうか? A ベストアンサー かつて不安神経症になったことがあります。 1ヶ月で薬をのまずにやっていけるようになったのであれば、比較的軽症だったかまたはキッチリ治っていないまま今に至っているということだと思います。 私も副作用の眠気がいやで薬をやめましたが、不安神経症は見え隠れしながら長い時間をかけてよくなっていった…ように思います。 発症から1年の頃だとまだ場合によっては気絶しそうになるような症状が出ていました。 2年3年たっても、結婚出産転勤育児などのストレスで追い詰められたときには、症状に似た状態になったりしました。 病院へ行くか行かないかというのは、つまり、薬を飲むか飲まないか、ということだと思います。 私の場合は、もともとが体質が弱く臆病な性格なため、一人で行動すると「途中で気分が悪くなったらどうしよう」という心配が常につきまとうので、がんがん行動できないのは子供の頃からのことなので気にしていないのですが、質問者様は、本来はがんがん行動できるタイプなようなので、症状が落ち着くように薬を飲むのが妥当かと思います。 医者が判断することですけれどもね。 完治するのが一番良いのですが、精神的なものは時間がかかる場合が多いように思います。 少しの薬で日常生活がまあまあ遅れるのであれば、あまり深刻に考えずに、ちょっと風邪をひいた、くらいの気持ちで、具合の悪い期間は薬を飲んでやりすごすような人生でもまあいいか、とラクにとらえてみてください。 この病気はがんばればがんばるほどストレスが増幅し症状が進行します。 それに、不安神経症でなくても、更年期障害でも車の運転はできなくなりますので、あれができないこれができないということをあまり深刻に考え込まないほうが、症状がラクになると思います。 アテにならない回答だったかもしれません。 お大事にされてください。 かつて不安神経症になったことがあります。 1ヶ月で薬をのまずにやっていけるようになったのであれば、比較的軽症だったかまたはキッチリ治っていないまま今に至っているということだと思います。 私も副作用の眠気がいやで薬をやめましたが、不安神経症は見え隠れしながら長い時間をかけてよくなっていった…ように思います。 発症から1年の頃だとまだ場合によっては気絶しそうになるような症状が出ていました。 2年3年たっても、結婚出産転勤育児などのストレスで追い詰められたときには、症状に似た状態にな... Q 生まれつき、不安感の強い性格で、 メンタルクリニックにも通いました。 自分では「不安神経症」でないかな?と思うのですが、 クリニックでは病名はつかなくて、抗不安剤を1年程飲みましたが 効果がありませんでした。 出産などの為、服薬は辞めましたが、 不安に効く漢方薬はあるものでしょうか? クリニックは遠方で、今は通えませんし、通わなければ 漢方薬も処方はしてくれませんよね…。 鍵を閉めたか不安になり何度も確かめる、等 全ての事が不安で仕方ない性格です。 気持ちをリラックスさせる方法(ハーブティーを飲む)なども 教えていただけたら、嬉しいです。 不安って感じない人もいるんでしょうか? 私は生まれた時から、常に不安感とともに生きてきました。 不安が強すぎて、新しい事が出来ません。 A ベストアンサー 漢方薬は全身状態を見て総合的に処方されるので、不安に効くと書いてある物が、全て同じ様に効く訳ではありません。 漢方で一番大事なのは、診察して全身状態(証)を診る事なので、漢方治療を望まれるならば、漢方専門外来の受診がベストだと思います。 効くと思われる漢方は、加味逍遥散、抑肝散、加味帰脾湯、柴胡可竜骨牡蛎湯、柴朴湯、半夏厚朴湯、黄連解毒湯、等々、沢山浮かびますが、どれもがあなたに合う訳ではありません。 また、他の人が書かれているように、「強迫性障害」などではSSRIなどの西洋薬治療などが優先します。 漢方は補助的に使う位で考えた方が良いかも知れません。 不安については、だれでもあると思います。 因みに私は電話を取るのも掛けるのも怖いし、郵便物も怖くて開けられすに溜めてしまいます。 そういう不安をうまく取り払いながら、ゆっくりと社会に適応していく自信をつけるのが大事だと思います。

次の

あがり症改善!28日で劇的に改善させる

あがり 症 治す

あがり症と話し方の専門家 新田祥子 人と話すと心拍数が上がる、声や手が震える、汗が出てくるなどの症状は、「対人不安」から生じています。 それなのに多くの話し方教室では十把一絡げに、「あがり症は場数を踏めば治る」と説明しています。 しかし残念ながら「あがり症」は場数では治りません。 少な くとも、緊張しながらの場数をいくら踏んでも改善は見込めません。 これはスキル不足の問題ではなく、脳のメカニズムの問題だからです。 そもそもなぜ人はあがるのでしょう。 実は、「あがり」は脳が正常に働いている証拠でもあるのです。 私たち人間の脳は生命維持のためのセキュリティ機能を備えています。 たとえば、危険を察知したとき私たちの体はとっさに飛びよけますよね。 これは脳のセキュリティシステムが物理面から生命を守ろうと作動した結果です。 同様に脳は精神面からも生命を守ろうと働きます。 大げさにいえば、私たち人間にとって自尊心とは精神面での生命そのもの。 それが傷つけられるかもしれないと感じた瞬間、脳は「あがり」というアラームを鳴らすのです。

次の

あがり症からの解放・・あがり症を治す方程式

あがり 症 治す

あがり症の治療法 あがり症の治療法 性格が前向きになる、人生が180度変わる! 緊張の縄を断ち切れば「あがり症」は必ず治る! こんなことならもっと早く来ればよかった! 先に述べたように、あがり症が悪化した症状を社会不安障害といいます。 これは、以前は対人恐怖症と呼ばれていたもので、日常生活に支障をきたすほど、強い不安を抱くのが特徴です。 こうした強い不安を抱え続けていると、立ち直るきっかけをつかめないまま症状を悪化させてしまい、うつ病などを併発することもあります。 こうなると「自分の力」だけで治すのはたいへん。 心療内科や神経科を受診したほうがいいでしょう。 ですから、ひとりで悩みを抱え込まずに気軽に受診するようにしてください」 貝谷先生 いつの間にか自分をがんじがらめに縛ってしまった緊張の縄をほどくのは、あなた自身。 前ぺージで紹介した方法でも解消できなければ、医師や薬の助けを借りて縄を断ち切る手段もあるのです。 自分の頭の中で敷居を高くしてしまっているのです。 しかし、いざ受診してみれば、実にあっさりしたもの。 「思いきって受診してみようかな」という気持ちになったら、それだけで半分は治ったといってもいいでしょう。 薬物療法 薬物療法のメリットは、有効性が高く、費用が安く、時間がかからない点。 処方されるクスリには、SSRI、抗うつ薬、抗不安薬、ベータ遮断薬などがあります。 「特にSSRIは、あがり症治療の基礎となるクスリです。 緊張する場面に不安を生じなくする作用があり、また、消極的な気分を解消し、引っ込み思案の性格を前向きにしてくれます。 副作用も少なく、数週間で効果が期待できます。 」(貝谷先生) 行動療法 行動療法は、その人が避けていた状況にあえて立ち向かい、経験を積むことによって、恐怖感を克服する治療法です。 これは水が怖くて泳げない人をプールに入れるようなもの。 そして、その手段にはいきなり深いプールに投げ込んで泳ぎを覚えさせる方法と、浅いプールから徐々に慣らしていく方法とがあります。 こうした経験を積めばしだいに水が怖くなくなるように、避けていた「緊張状況」を克服することができるのです。 認知療法 認知療法は、その人が物事に対して誤った認知の仕方をしていることに気づいてもらい、不安や緊張への対処法を学習していく治療法です。 よく薬物療法や行動療法と併用して行われます。 森田療法ってどんな治療法なの? 森田療法は、精神科医の森田正馬が1920年ごろに創始した日本独自の精神療法です。 さまざまな神経症治療に大きな実績があり、あがり症の治療にも向いているとされています。 その特徴は、神経症は病気なのではなく、症状に対する「心のとらわれ」だとし、行動をすることによって、その「とらわれ」を解いていこうとする点です。 たとえば、「顔がこわばって、うまく話せなかったらどうしよう」という「心のとらわれ」があったとします。 森田療法では、そこで顔がこわばってもいいから、人前に出て話すことをすすめます。 顔がこわばるという症状を治そうとするのではなく、「顔がこわばる自分」を「ありのままの自分」として認めて、行動することをすすめるのです。 そして、そうした行動を重ねることによって、恐怖感という「心のとらわれ」を克服することが可能になるといいます。 自分に向くかどうか、興味のある人は、インターネットなどで調べてみるといいでしょう。

次の