その 瞬間 僕 は 泣き たく なっ た cinema fighters project。 CINEMA FIGHTERS PROJECT

その瞬間、僕は泣きたくなった CINEMA FIGHTERS project : 作品情報

その 瞬間 僕 は 泣き たく なっ た cinema fighters project

解説 EXILE HIRO率いるLDH JAPANと、俳優の別所哲也が代表を務める「ショートショートフィルムフェスティバル&アジア」(SSFF&ASIA)、「EXILE」などに楽曲提供してきた作詞家・小竹正人がコラボレーションしたオムニバス映画「CINEMA FIGHTERS project」の第3弾。 それぞれが詩と音楽、映像を融合させた5編の短編作品から構成され、三池崇史、行定勲、松永大司、洞内広樹、井上博貴がメガホンを取った。 大地震をきっかけに自殺未遂をした男女の奇妙な出会いを描いたEXILE AKIRA主演の三池監督作「Beautiful」、愛に飢えた男女を描いた小林直己主演の行定監督作「海風」をはじめ、松永監督作「On The Way」、洞内監督作「GHOSTING」、井上監督作「魔女に焦がれて」の5編で構成。 それぞれの主題歌にクリスタル・ケイ、Leolaらが参加している。 2019年製作/115分/G/日本 配給:LDH PICTURES スタッフ・キャスト 三代目ライブに行く為、大阪滞在と重なり見に行く事ができました。 三代目の今市隆二さん、小林直己さんのお2人が見たかった、しかもlive viewingの回が見れてよかった 東京会場との2元中継でした 私が住んでいる所ではやっていないから本来は見れない、折角の良い映画なので沢山の映画館で見れたらいいのにと残念に思います。 飽きないくらいのショートストリーが5本も見れるのはお得です 隆二くんは初演技が初々しくて、直己さんはさすがハリウッド映画に出ているだけあって演技力凄かったです 蓮佛美沙子さん同郷だから好き、良き女優さんになられたなと改めて感じました。 極めて普通の話で、何の目新しさは無し。 これだったら、もっと若い監督さんの為に枠を提供する方が肝要だろう。 これはとても良かった。 相手を思いやる事で時空を越える若い2人。 その理由に説得力があったのかどうか?…一応タイムワープ物としては微妙な気もしたが。 若い2人の好演で納得させられる。 但し、純粋にEXILEが好きなお洒落女子からは思いっきり引かれそうだが。 最後にメソメソさせるのは減点。 その辺りどうなのか?とは思う。 はっきりと言って。 どの作品にもEXILE関連の歌をインスパイアして製作されていたが。 2019年• 2018年• 2017年 その瞬間、僕は泣きたくなった CINEMA FIGHTERS project• 作品トップ• 映画館を探す• インタビュー• 「デスカムトゥルー」 C IZANAGIGAMES, Inc. All rights reserved. 「ソニック・ザ・ムービー」 C 2020 PARAMOUNT PICTURES AND SEGA OF AMERICA, INC. ALL RIGHTS RESERVED. 「エジソンズ・ゲーム」 C 2018 Lantern Entertainment LLC. All Rights Reserved. 」 C 2019 Sony Pictures Television Inc. and CBS Studios Inc. All Rights Reserved. 「ドクター・ドリトル」 C 2019 Universal Pictures. All Rights Reserved.

次の

その瞬間、僕は泣きたくなった CINEMA FIGHTERS

その 瞬間 僕 は 泣き たく なっ た cinema fighters project

CINEMA FIGHTERS projectとは 作詞家 小竹正人の詞の世界観を脚本、映像(ショートフィルム)化。 6名の監督をむかえ、主演 キャストにLDHメンバーが参加、 EXILE HIROがエグゼクティブプロデューサー、SSFF&ASIA代表の別所哲也が企画・プロデュースし、ショートフィルム6作品を製作。 今年20周年を迎える米国アカデミー賞公認・アジア最大級の国際短編映画祭。 代表は俳優の別所哲也。 1999年に東京・原宿で誕生し、これまでに延べ38万人を動員。 初年度は映画『スターウォーズ』などのジョージ・ルーカス監督が学生時代に制作したショートフィルムを上映するなどして注目を浴び、ルーカス監督からは、その後も支援を頂いている。 アニバーサリーイヤーとなる今年は130を超える国と地域から10,000本を超える応募があり、選りすぐりの約250作品を上映。 グランプリ作品は、次年度のアカデミー賞短編部門のノミネート選考対象作品になる。 世界に羽ばたく若きクリエイターを応援する映画祭。 「その瞬間、僕は泣きたくなった -CINEMA FIGHTERS project-」 STORY 詩と音楽、映像を一つに融合したプロジェクトの第3弾となる今作。 三池崇史『Beautiful』は大地震をきっかけにそれぞれ自殺未遂をした男女の奇妙な出会いを、行定勲『海風』は愛に飢えた男女の一時の温もりを、松永大司『On The Way』はメキシコの移民を目の当たりにした目標の持てない日本人青年を、洞内広樹『GHOSTING』は悲しい過去と運命を変えようとする霊魂〈ゴースト〉となった青年を、井上博貴『魔女に焦がれて』は不思議な力を持つ同級生に惹かれる男子高校生をそれぞれ描き出す。 それぞれの作品に登場する主人公たちの思いが物語と音楽に凝縮した、観るもの心を揺さぶる内容となっている。 6つの詩から生まれた6つの新たな楽曲を、EXILE TAKAHIRO、三代目 J SOUL BROTHERS from EXILE TRIBE、GENERATIONS from EXILE TRIBE、JAY'ED & 鷲尾伶菜、DANCE EARTH PARTY、DEEPというLDHを代表する6組のアーティストが歌い上げる。 恋人を亡くした主人公・亮は、恋人の父・巌が経営する牧場へ毎日通い、ほとんど言葉も発することなく、黙々と作業を手伝っています。 やりきれない虚しさと深い悲しみを胸の底に押し殺し、日々、張り裂けそうな心で 希望の拠り所を求めてさまよう亮。 喪失感で押し潰された亮は、新しく生まれてきた子牛の姿を見て何を思ったのか。 若くして亡くなった母親と遺された息子。 「お母さんに会いたい」という主人公・純司の強く純粋な想いが、母親の年齢を超えることになる誕生日の夜、奇跡を起こします。 普通の日々がもしかしたら 一瞬で変わってしまうかもしれない。 それは人の愛も同じ。 たったひとつの何か、たったひとつの言葉で、ひっくり返ってしまうのです。 グラグラした今日を生きる主人公ひかるの葛藤を恋人、知和との過去と数年後である現在の危機を交差させながら物語は進みます。 タイトルの「アエイオウ」は 世界中の言葉のベースとなっている母音。 母の音です。 かつて大和ではアエイオウが原点だったという説があります。 ひかるを通して老婆が語る「おわりのはじまり」は、「戦争と平和」「生と死」「光と闇」、真逆に見えるが実は 表と裏でひとつ。 これは見る人のそれぞれの内にある物語でもあります。 人の心が様々な情報や価値観に飲み込まれず、原点へと回帰して、過去から未来へ どうやって繋いで行くのかを描いた作品です。 しかし、まったく相手のことを知らなければ、気軽に心を許すことが難しいことがほとんどです。 対岸にいるハナとテンは、ダンスでアンとの 対話を試みます。 遠いおとぎ話のように見える本作のメッセージは、まさに現代に生きる私達に最も身近なテーマを投げかけています。 本作は、主人公・奏( かなた)が 誕生日に会社を出てから帰宅するまでの道のりを約16分間で追った、ショートフィルムならではの手法で描かれている作品です。 始まってすぐ、彼の想う女性はすでに彼のもとを去った 過去の恋人だということに気付かされます。 携帯の写真を見ながら、何かを思う奏。 そして彼の誕生日を祝おうとする同僚たちを振り切って帰ろうとする奏を諭す親友の言葉も、 彼のことを好きな人の告白にも、母親からの電話さえも、奏の心には届きません。 この映画を観た後に、私たちは気付かれます。 果たして、彼は不幸だったのかと。 そして、 本当の幸せとは何なのか。 強すぎる光は 深い影を生み、その闇の中で必死に光を取り戻そうと、もがきます。 幼馴染のカオルと漁師になったばかりの花田は、その傷ついた心に寄り添おうとします。 命を引き換えにしてもいいほどに・・・。 「CINEMA FIGHTERS」 ABOUT ショートフィルムの総合ブランド「ShortShorts」と「EXILE TRIBE」が所属するLDH JAPANが タッグを組み、作詞家・小竹正人氏の世界観を音楽と映像で具現化する新しいプロジェクト! LDH楽曲をテーマにしたショートフィルムに、倍賞美津子さん、鹿賀丈史さん、山田孝之さん、 桜庭ななみさんほか豪華メンバーを迎え、LDHからはEXILE AKIRA、岩田剛典、鈴木伸之、町田啓太、 Dream Ami、石井杏奈が出演! PRODUCERS エグゼクティブプロデューサー:EXILE HIRO 企画・プロデュース:別所哲也 コンセプトプロデューサー:小竹正人.

次の

その瞬間、僕は泣きたくなった

その 瞬間 僕 は 泣き たく なっ た cinema fighters project

「しょっぱなの言葉だけで泣いた!」「海風がすごかったー…!言葉にならない!」「心が温かくなるような感覚で、良い意味で期待を裏切られました!」 上映中【2019年11月8日 金 公開】 EXILE HIRO、SSFF&ASIA代表・別所哲也、作詞家・小竹正人によって打ち出された詩と音楽、映像を一つに融合するプロジェクトの第3弾。 運命と奇跡が生み出した出会いや、青春ラブストーリー、ヤクザと娼婦の物語など短編5話のオムニバス。 監督は、「ハナレイ・ベイ」の松永大司、「リバーズ・エッジ」の行定勲、「ラプラスの魔女」の三池崇史、「40万分の1」の井上博貴、「東京彗星」の洞内広樹。 出演は、三代目J SOUL BROTHERSの今市隆二、「たたら侍」の小林直己、「悼む人」の秋山菜津子、「この道」のEXILE AKIRA、「鋼の錬金術師」の蓮佛美沙子、「4月の君、スピカ。 」の佐野大樹、「虹色デイズ」の佐野玲於。 -Movie Walker-  あらすじ<STORY> 「On The Way」健太(今市隆二)はNPO活動をしている母の代理でメキシコを訪れ、アメリカを目指す隣国からの移民たちのために食事や衣類を提供している移民センターにやってくる。 そこで、命がけで国境を目指す人々の姿を目の当たりにし……。 「海風」生まれてすぐ親に捨てられ、ヤクザとなった蓮(小林直己)と、横浜で若いころから体を売って一人で生きてきた蘭(秋山菜津子)。 蓮は蘭に母を感じ、蘭も蓮に離れ離れになった息子を感じる。 二人は哀しみを共有し、一夜を共にするが……。 「Beautiful」すべてを亡くした街が創り出した満天の星の下で、重なっていく二人の心を描く。 「魔女に焦がれて」高校三年生の雅人(佐野大樹)に突然、霊感が備わる。 彼の初恋の相手・真莉愛は、あることがきっかけで魔女呼ばわりをされて、クラスで疎外されてしまう。 「Ghosting」事故死した青年バク(佐野玲於)は、一日だけ霊魂のまま、1999年の春、恋心を寄せていた幼馴染の少女メイが亡くなった日に戻る。 少年のころの後悔とともに、バクの魂はメイを追う。 言葉にならない。 乾いたかなしみが吹き抜けていくような余韻の残るフィルム。 直己さんの演技めちゃくちゃ良くて震えました。 ヤクザと娼婦の大人なのに不器用すぎる心の通わせ方がすごく好みだった。 全5章からなるオムニバス。 暗いエピソードに希望を持たせたストーリーが連なる。 プロジェクトのテーマ通り、詩的かつ情緒的。 冒頭が三池崇史監督作で、彼にしては珍しくしっとりしたラブストーリー。 5つのショートフィルム。 一番印象に残ったのは行定監督作品。 年配の娼婦との交流。 朝ご飯が美味しそう。 男性は特に食に弱いね。 今までのシネマファイターズの中で 一番好きかな。 作品の内容も分かりやすいし😌 個人的に好きだったのは「GHOSTING」 これは泣きます😢 玲於くんの演技も素敵でした👏 「OnTheWay」もまるでドキュメンタリーを 見ている感じで感動しました。 そして「海風」はいろんな意味で凄かった... 「その瞬間、僕は泣きたくなった」というタイトルから、 観ている自分も泣きたくなってしまうような、悲しい話ばかりなのかと思っていたら、 全てを見終わった後は、心が温かくなるような感覚で、良い意味で期待を裏切られました。 5本の映画それぞれ監督が違っていて、世界観もストーリーも全く違うから、 一本分の映画の上演時間なのに、とても充実感を感じました。 大切な人を守りたいという、相手を思いやる気持ち、 愛情の表現の仕方を、いろいろな形で見せてもらった映画だと感じました。 映画の後に流れる音楽が、主人公は実はこんなことを思っていたんだよと 教えてくれているような歌詞なので、映画を見終わった後に歌を聞くと、 ただ流して観てしまったシーンや、自分の理解が浅かった部分を深めてくれるものに感じました。 これはもう、パンフを買って、歌詞を読んで、 それからもう一回映画を観たい! たぶん、一回目に観た時とまた違った感情を持てる、 見るたびに深みが増す映画だと感じました。 一番心に刺さったのは、小林直己が出た「海風」。 ヤクザと娼婦が出会い、お互い惹かれあっていくけど、 男女としてではなくて、お互いの寂しい気待ちを埋め合う家族としての関係で在りたいとするところが、 家族と一緒に幸せに暮らしている私には無い感覚だったので、切ない気持ちになりました。 最後、「自分の母親にして良い?」と聞いたシーンや、遺灰を食べるシーンは、 それほど娼婦のことを母親だと思っていて、大切な人に感じていたのに、 亡くなってしまったことに対する大きな悲しみが上手く表現されているなと感じました。 歌の歌詞の一部、「まだ帰らないでよ すぐに笑うから」は、 きっと娼婦はすごく心は弱いのに、強がって日々過ごしていたんだなと感じ、 歌が流れた瞬間に胸が熱くなりました。 生きることにこんなに必死になったことないなーとか色々考えた。 少し山をやった経験のある人ならばそんなアホな!って突っ込みが炸裂してしまう。 パロディ映画だ。 確実に言... 敵が必要以上に大きすぎ。 その1人の敵に対して、主人公のルフィ1人ではなく、海軍、... 設定等は過去のアニメ プラ... これで高評価の口コミばかりでサクラどんだけ使ってるのか... にも20代にも40代にもちゃんと見える!」「村川絵梨さんと平原テツさんが切なくて苦しい!」「頭の中で物語を組み立ながら、演技に引き込まれながらの150分! ….

次の