楽天デビットカードゴールド。 楽天ゴールドカードのメリットとは?審査や特典について詳細まとめ

楽天ゴールドカードと楽天カードはどっちがお得かを比較!年間どのくらい楽天市場を使うと、楽天ゴールドカードがお得か計算してみた。

楽天デビットカードゴールド

楽天銀行のデビットカードは、デビットカードならではの利便性の良さに加え、高い還元率の楽天スーパーポイントをしっかりと貯めていくことができるお得なカードです。 ポイントを貯められるデビットカードはいくつかありますが、その中でも、楽天銀行デビットカード(JCB)は抜群の高還元率を誇っています。 しっかりポイントを貯めていきたい人には、楽天銀行のデビット機能付きキャッシュカードがおすすめです。 楽天デビットカードは「楽天銀行デビットカード(JCB)」「楽天銀行ゴールドデビットカード(Visa)」「楽天銀行デビットカード(Visa)」の3種類が用意されていて、ライフスタイルに合わせて選ぶことができます。 楽天銀行ゴールドデビットカード(Visa)では、Visaゴールドカード会員と同様のサービスを受けることができるのが特徴です。 あなたにぴったりの一枚を選びましょう。 楽天銀行のデビットカードは楽天スーパーポイントが貯まる 楽天銀行のデビットカードならではのメリットは、楽天市場、楽天トラベル、楽天ブックス、楽天モバイルなどの楽天系列の利用や買い物で使える「楽天スーパーポイント」がしっかり貯まるということです。 貯まったポイントは、1ポイント1円で使うことができます。 10ポイントから電子書籍を読むことができたり、12ポイントでスマホからの写真プリントができるなど、少額ポイントから有効活用できるように工夫されていますので、小さなポイントから大きなポイントまで、楽しく利用することができます。 楽天デビットカードは楽天銀行デビットカード(JCB)、楽天銀行ゴールドデビットカード(Visa)、楽天銀行デビットカード(Visa)の3種類があります。 それぞれ特徴がありますので、あなたに合った一枚を見つけてください。 楽天銀行デビットカード(JCB)• 年会費 永年無料• 世界中のJCB加盟店で使える• 海外ATMで現金通貨も引き出せる• 利用金額100円ごとに1ポイント、つまり1%の高いポイント還元率• 楽天市場での買い物はいつでもポイント2倍 デビットカードのポイント還元率が1%ととても高い、お得なカードです。 通常のお買い物で利用金額の1%のポイントが貯まります。 1%だけでも高いポイント率になっていますが、それに加えて、楽天市場での買い物の場合、「楽天銀行デビットカード(JCB)使用ポイント1%」プラス「楽天市場利用ポイント1%」の合計2%が貯まり、屈指の高還元率を誇っています。 高いポイント還元率にもかかわらず、年会費が永年無料というのも大きなメリットです。 また、海外旅行に行ったときや、海外留学、赴任中など、自分の銀行口座から現地通貨として出金することもできます。 楽天ゴールドデビットカード(Visa)• Visaゴールドカードのサービスを受けることができる• 年会費 3076円(税込)発行手数料は無料• 海外の提携ATMから現地通貨を引き出すことができる• 利用金額1000円ごとに5ポイントもらえる 楽天銀行デビットカード(Visa)は、1000円の利用につき楽天スーパーポイントは2ポイントもらえますが、楽天ゴールドデビットカード(Visa)なら、その倍の5ポイントをもらうことができますのでお得です。 また、この楽天ゴールドデビットカードは、Visaのゴールドカードと同じ優待特典を利用することができるカードです。 Visaのゴールドカードでは、世界200以上の国と地域でカードを利用することができるのはもちろんのこと、渡航時にカードを紛失したり、盗難にあった場合、年中無休24時間、いつでも日本語で対応してもらえます。 世界に180万台以上あるATMで、自分の銀行口座から現地通貨を引き出せることも魅力です。 これ以外にも、海外旅行をもっと便利に、快適に過ごせるゴールドカードならではのサービスが整えられています。 Visaゴールド国際線クロークサービス(一時預かり) 国際線の便を利用する場合、空港で一時的に手荷物を預けることができるサービスを15%OFFで利用することができます。 対象空港は成田空港、羽田空港国際線ターミナル 出発階のみ 、中部国際空港、関西国際空港です。 Visaゴールドライフサポート 割引優待を受けることができる「ベネフィット・ステーション」と、特典商品がもらえる「モラエル」に入会すると、ベネフィット・ステーション内で使うことができるポイントが1500ポイント(1500円相当)もらうことができます。 (「モラエル」は月額1026円かかります) Visaゴールド空港宅配 海外から帰国後、海外で使ったVisaカードの利用控えを提示すると、空港からの荷物の宅配が1個目500円(税込)で利用できます(通常は1700円)。 2個目以降は通常料金の15%OFFで利用でき、とても便利です。 Visaゴールド海外Wi-Fiレンタル 海外モバイルルーターレンタルの通信料金が、20%OFFで利用できます。 Visaゴールド京都駅キャリーサービス JR京都駅から、京都市内ほぼ全域のホテル、旅館や民宿等への手荷物の宅配が、通常1個750円(税込)のところ、Visaゴールドカード優待価格である300円(税込)で利用することができます。 楽天デビットカード(Visa)• 発行手数料は無料、年会費が1029年(税込み)• 1000円の利用ごとに2ポイントの楽天スーパーポイントがたまる 年会費が低く抑えられており、楽天ゴールドデビットカードと同様に世界中のVisa加盟店で利用することができます。 ショッピングはもちろんのこと、Visa加盟店であれば、病院や公共機関でも支払いをすることができるので便利です。 楽天銀行デビットカードを持つメリット、デメリットは? デビットカードをまだ使ったことがない人は、デビットカードのどのようなところが便利で、どのようなデメリットがあるのかよくわからないという人も多いでしょう。 カードを作るときは、メリットとデメリットの両方をしっかりと理解した上で申し込むことが大切です。 デビットカードのメリット 審査がない クレジットカードであれば18歳以上でなければ作れず、未成年者は親の同意書が必要なこともありますが、デビットカードは15歳もしくは16歳以上であれば、誰でも審査なしで作ることができます。 借入残高が多かったり、過去に支払いが滞ったり、自己破産をした人でも簡単に作ることができます。 もちろん、年金生活の人でも大丈夫です。 即時払い方式なので、あとから高額の請求が来て困ることがない デビットカードは、即時払い方式を採用しており、支払いで使ったときに、すぐにあなたの銀行口座から利用金額の引き落としがされます。 クレジットカードのように、1か月、2か月後に請求が来るという「後払い」方式ではないため、あとから多額の請求がきて、支払いが滞ってしまうということもありません。 クレジットカードは後払い、つまり借金をしているような感覚になるため、何となく怖い、抵抗があるという現金主義の人でも安心です。 デビットカードでは現金を使っているような感覚で買い物ができ、実際にATMで出金する必要もありません。 使った時と請求時のタイムラグがないので、お金の管理も簡単です。 スムーズに、スマートに支払いができる 支払いをデビットカードに統一すると、たいていの支払いはカード1枚で済みますから、支払いがとてもスマートにできます。 カードでの支払いに慣れると、お財布から小銭を探したり、それを出したりする手間と時間が予想以上に多くかかっていた、ということに気付くことでしょう。 スーパーなどでの長いレジの列では、細かい小銭を出したいけれど、他の人に気を使ってしまって出せなかったという経験もあるのではないでしょうか。 レジでのやり取りがカード1枚で済むということは、出すお金のことを考える必要がなくなりますので、とても便利で精神的な負担も少なくなるのです。 もちろん、クレジットカードでの支払いに抵抗があるという人も、デビットカードならばすぐに引き落としされるので安心です。 また、たくさんの小銭でお財布がパンパンになってしまうということも防げます。 お財布の中がいつもすっきり、きれいになりますよ。 ATMに行く手間が省け、手数料もかからない 現金払いをしていると、お財布にお金がなくなるたびにATMに行かねばなりません。 自分が使っている銀行のATMがすぐ近くにあれば良いですが、そうでない場合、ATMのために遠くまで行かねばならず、時間がかかってしまいます。 時間節約のために他行のATMで現金を出金すると、手数料がかかってしまいますね。 デビットカードを使うと、ATMに行く時間を節約できますし、余計な手数料を支払うこともありません。 夜間や休日の手数料がかからないということも大きなメリットとなっています。 お金の管理がしやすくなる 現金払いの場合、家計簿をつけることでお金の管理をすることになりますが、例えば主婦の場合、買い物の後は家事や食事の用意、子供の送り迎えなど、やることがたくさんありますので、すぐに家計簿に書き込むことはなかなか難しいですね。 夜にしようと思っていてもできない日が続き、気づいたら1週間分のレシートがたまってしまったということも珍しくありません。 レシートは紙なので意外とかさばりますし、失くしてしまうこともあります。 しかし、デビットカードならば、銀行の明細ページに使った金額がしっかりと記録されていますので、お金の管理も簡単になり、レシートを保管する必要もなくなります。 また、デビットカードでお金を支払った直後に、事前に登録してあるメールアドレスに「取引があった」ことを通知するメールが届きます。 万が一不正に利用された場合でも、すぐに気づくことができ、適正に対処することができます。 お金を使いすぎてしまうことがない デビットカードの利用上限額は、あなたの銀行の残高となりますので、持っているお金以上の買い物や利用をすることができません。 ついつい使いすぎてしまったということもなく、あなたが使いたい範囲内、持っているお金の範囲内で利用することができます。 銀行口座に残高がなくなると、支払いにカードを出しても決済することができず、自動的にストップがかかります。 どれくらいクレジットカードで支払ったかを把握できておらず「今月いくらカードで支払ったかな。 まだ使っても大丈夫かな・・・」などといつも心配しながらクレジットカードを利用していた人も、デビットカードならば安心して使うことができます。 ネットショッピングやゲーム課金でも困らない ネットショッピングをするときや、ゲームなどの課金は、原則クレジットカード払いでしか受け付けていない場合があります。 買い物の場合は代引きという手段もありますが、別途手数料がかかってしまいますね。 また、18歳未満の場合はクレジットカードを作ることができませんし、18歳以上でも、学生の場合、使いすぎなどへの不安から子供にクレジットカードを作らせていないという人も多いと思います。 しかし、カードを持っていない場合、ネットショッピングやゲーム課金などの、カード番号の入力が必須の場合、どうしても不都合になることが多いのです。 このような場合でも、デビットカードならば安心して子供に使ってもらうことができます。 銀行口座に入っているお金の分だけしか支払いができませんので、使いすぎを防ぐことができます。 また、デビットカードの利用のたびに通知が来ますので、親のメールアドレスを登録しておけば、いつどのような利用があったのかを細かく把握することができます。 子供に持たせる最初のカードとしても、デビットカードはおすすめです。 デビットカードのデメリット デビットカードにはたくさんのメリットもありますが、人によっては、後払いができないことをデメリットと捉える人もいるでしょう。 デビットカードのデメリットは「後払いができない」ということです。 もう少ししたらお給料日だから、欲しかったこの品を買っておこう!と思っても、デビットカードの場合は実際にお給料が入ってからでなければ買うことができません。 クレジットカードであれば、請求は早くても1か月近く後になりますから、前借りのような状態で買い物を楽しむことができます。 クレジットカードの場合、あとから請求が来て困る反面、お金がない状態でも買い物ができるのがメリットともいえますね。 デビットカードはお金を持っていないと利用することができないということがメリットでもあり、デメリットでもあるということを理解しておきましょう。 まとめ このように、デビットカードはメリットが多く、ポイントも貯まるので、上手に使えばとてもお得です。 日本ではクレジットカードが主流ですが、海外では即時支払い方式のデビットカードが人気です。 使いすぎる心配がないため、学生や社会人になりたての人が最初に持つカードとしてもぴったりです。 お金の管理が大切なデビットカードを使いながら、お金の使い方、管理の仕方について学んでいくことができます。 楽天銀行のデビットカードは3種類ありますが、通常の利用で1%、楽天市場の買い物では2%のポイントがたまる、JCBの楽天銀行デビットカードが一番人気となっています。 逆に、海外に頻繁に行く人や、海外留学中の人であれば、海外サービスが充実している楽天銀行ゴールドデビットカードが良いかもしれません。 あなたのライフスタイルや利用する場所などをよく考え、あなたにぴったりの1枚を選ぶようにしましょう。

次の

楽天デビットカードのポイント 2年使ってわかったメリット デメリット

楽天デビットカードゴールド

楽天カード株式会社が発行中のゴールドカードである『楽天ゴールドカード』。 このゴールドカードは楽天カードよりもポイント還元率が良いものの、別途2,000円+税の年会費が必要になるため、だいたいどのくらい利用すると楽天カードよりもお得になるのか気になっている方も多いのではないでしょうか。 そこで今回は楽天カードと楽天ゴールドカードの違いを徹底比較。 どちらのカードを選ぶべきかで迷っている方は是非、参考にしてみてくださいね。 楽天カードと楽天ゴールドカードの違い: 2枚のカードをわかりやすく表で比較: まず、楽天カードと楽天ゴールドカードをざっくりと比較した表は下記の通り。 楽天市場での支払い:楽天ゴールドカードに魅力あり• ETCカード:楽天ゴールドカードなら年会費無料• 明細書発行:郵送費が楽天ゴールドカードなら無料 他、楽天ポイントカード内蔵、楽天Edy搭載可能、ネット不正あんしん制度などのサービスから、代金引き落とし日や支払いサイクル等々はどちらも一緒です。 楽天市場での利用金額で選択: そのため、楽天カードを選ぶか楽天ゴールドカードを選ぶかの基準は、楽天市場でどのくらいの買い物をするかどうかで選ぶのがおすすめ。 単純計算で年会費2,000円を取り戻すためには年間10万円(税別)の買い物が必要になってくるので、これ以上買い物をする方は楽天ゴールドカードを選び、そうでない方は年会費無料の楽天カードでも十分でしょう。 年間10万円以上、楽天で買い物:楽天ゴールドカードが有利• 年間10万円未満しか楽天市場は使わない:楽天カードで十分 これが2種類の楽天カード選びの判断材料となります。 年間10万円は月にするとだいたい1万円: 尚、年間10万円の利用と書くと、『いやいや、自分はそこまで楽天市場を使わないからなぁ…』と思われる方は多いかと思いますが、年10万円を月の利用額にするとだいたい1万円弱。 楽天市場での利用額 楽天カード 楽天ゴールドカード 月5,000円利用 年1,800円分のポイント獲得 年3,000円分のポイント獲得 月1万円利用 年3,600円分のポイント獲得 年6,000円分のポイント獲得 月2万円利用 年7,200円分のポイント獲得 年1万2,000円分のポイント獲得 月3万円利用 年1万800円分のポイント獲得 年1万8,000円分のポイント獲得 つまり 1ヶ月あたり1万円は楽天市場で買い物をする方なら楽天ゴールドカードのほうがお得なので、なんだかんだでみなさん、楽天ゴールドカードを作るほうがおすすめだったりしますよ。 付帯サービスを踏まえて比較: もちろん、『私は飛行機を使った出張が多いから、国内空港ラウンジを無料で使いたい!』とか、『うちは自家用車で高速道路を通行することが多いから、ETCカード無料なのは嬉しいな』というプラスアルファで楽天ゴールドカードに魅力を感じてくれる方であれば、それ以下の買物額でも楽天ゴールドカードを選んでOK。 空港ラウンジを使う方:ゴールドがお得• ETCカードを使う方:ゴールドがお得• 明細書の郵送を希望:ゴールドがお得 大切なのは楽天ゴールドカードのほうがいかにお得かどうかなので、そのあたりでどちらを選ぶかの判別をしてもらえればと思います(楽天ETCカードの年会費を無料にする方法は下記記事を参考に)。 ゴールドカードなのもひとつの魅力: 加えて楽天ゴールドカードの券面色がゴールドというのも楽天ゴールドカードの大きな魅力です。 楽天カード:シルバー色• 楽天ゴールドカード:ゴールド色 やはり『年会費無料の楽天カードだとちょっとカッコ悪い…』と思う方は一定数いると思うので、そういったクレジットカードにステータス性を求める方は、年会費が多少高くついたとしても楽天ゴールドカードを作っておいたほうが無難かも。 年会費2,000円は1ヶ月あたりで考えると税込180円程度…と、家計にも決して大きな負担にはなりませんよ。 総合的におすすめできる、お得なゴールドカードになってくれることでしょう。 昔は楽天カードでもお得だった: 楽天市場のSPU(楽天スーパーポイントアッププログラム)では、2018年2月まで楽天カード利用でポイント4%貯まる制度でしたが、2018年3月に変更になり、年会費無料の楽天カードではポイント3%分しか溜まらなくなりました。 2018年2月まで:楽天カード利用で4%還元• 2018年3月以降:楽天カード利用が3%還元に その結果、楽天市場での利用で5%分のポイントが貯まる楽天ゴールドカードのほうに大きなメリットが発生。 現在では記事中でも解説した通り、楽天市場を月に1万円以上使う方なら楽天ゴールドカードを使うのがベストな選択肢となります。 キャンペーン特典もゴールドのほうがお得: 最後にもうひとつ。 楽天カードよりも楽天ゴールドカードのほうが魅力的な入会キャンペーンを実施していることが多いので、それらのキャンペーン目当てに楽天ゴールドカードを作るのも手。 あくまで最初だけの特典ではありますが、楽天市場で自由に使えるポイントが欲しいならアリな選択肢ですね。 それぞれキャンペーン内容を是非、比較してもらえればと思います。 以上、楽天ゴールドカードと楽天カードはどっちがお得かを比較!年間どのくらい楽天市場を使うと、楽天ゴールドカードがお得か計算してみた…という話題でした。 参考リンク: 楽天カードの入会キャンペーンにはややクセがあるので、キャンペーン経由で満額のポイント獲得をしたい…という方は、下記記事も参考にどうぞ。 しっかり知識をつけた上で申込をすれば、すべての楽天ポイントを余さず獲得できるようになりますよ。 cardmics.

次の

楽天銀行デビットカード(VISA)のメリットとデメリットを徹底分析!

楽天デビットカードゴールド

楽天銀行デビットカードVisa 楽天デビットカードVisaベーシック まずは ベーシックです。 名前のとおり一般的なデビットカードで、 出典: 他銀行のデビットカードと同じ様に、利用するとすぐに (楽天)銀行の口座からその利用金額が引き落とされ 1回払いのみで、銀行口座に残高がないとデビットカードは使えません。 そして 予め利用しそうな金額だけを入金する、または利用限度額を少なくし使い過ぎを防ぐことも可能で、 年会費は無料。 16歳以上から申込み可能• 審査なし• 国内・海外でポイントで支払える これらは 楽天JCB、Visaベーシック、シルバー、ゴールドの共通点で 高速道路料金やオンラインカジノ等では使えない、 ガソリンスタンドでは普通預金口座の残高が10,000円以上ないと利用できません。 ちなみに、 楽天Visaの場合、海外ATMで現地通貨を引き出す場合にポイントが付かないのに対しJCBは付く、 ここが 楽天VisaとJCBの大きな違いですが、JCBはまだまだ海外で使えない場所があるのに対して Visaブランドは世界幅広く使えるのがメリットです。 楽天デビットカードVisaシルバー 次に シルバーで、 年会費が税別2,000円になります。 年会費が2,000円になっているのには、もちろん訳がありまして ベーシックの内容に• ショッピング保険• Visaゴールド優待特典 これらの特典が加わっています。 ショッピング保険は 楽天デビットカードVisaシルバーで購入した商品が、購入日から60日以内に偶然の事故や盗難などによって損害にあってしまった場合に 年間30万円を限度に補償するものです。 そして優待特典が多いのが魅力で、2019年4月現在は• 楽天デビットカードVisaゴールド 最後に 年会費5,000円(税別)の ゴールドです。 ベーシック、シルバーの内容に加えて旅行保険が付くことが特徴で まずは海外ですが、条件がありまして 自宅から出発空港までの交通費(電車、バス、タクシー、飛行機)や、海外航空券やツアー代金をこのカードで支払った場合に適用される 利用付帯になり、適用期間は日本出国から3ヶ月間です。 補償内容は 傷害による死亡・後遺障害 最高1,000万円 傷害(ケガ)による治療費用 100万円限度 疾病(病気)による治療費用 100万円限度 賠償責任 1,000万円限度 救援者費用 100万円限度 こうなっていまして 海外旅行保険が付くデビットカードは少ないとはいえ、この年会費に対して若干物足りない感じがします。 次に国内旅行保険ですが 傷害死亡・後遺障害 最高1,000万円 傷害入院保険金 日額3,000円 傷害通院保険金 日額2,000円 こちらも利用付帯で 自宅から旅行先までの運賃(飛行機、電車、バス、船)や、ホテル等の宿泊費をこのカードで支払っていて その乗車中、宿泊中に事故や火災などでケガなどした場合に適用されます。 シルバーの+3,000円で旅行保険ということです。 楽天デビットカードVisaを他と比べると 楽天(クレジット)カードのJCBやMasterを持っている、や VISAブランド以外のデビットカードを持っている人にとって、楽天銀行デビットカードVisaが候補に上がってくると思います。 利用しそうでしたらこれらを選んでも、と思いますが 他にも 海外ラウンジが使えるミライノデビットPLATINUM(Mastercard)もありますし また、 旅行保険が付いて年会費無料のデビットカードもありますから ライバルが手ごわいのも事実で 個人的にも、他を考えてしまいます。 というわけで 楽天銀行デビットカードVisaでは、 ベーシックが一番お勧めです。 This website uses cookies so that we can provide you with the best user experience possible. Cookie information is stored in your browser and performs functions such as recognising you when you return to our website and helping our team to understand which sections of the website you find most interesting and useful.

次の