パイン ツリー 河口湖。 1500Channel: そうだ!山梨にいこう! パインツリー編

貸別荘 ヴィラパインツリーに泊まろう!2018年夏新築ログコテージオープン!

パイン ツリー 河口湖

コンドミニアムタイプに4名で泊まりました。 部屋の入口脇 外側 には、バーベキューができるスペース。 1階1部屋。 ダブルベッドとルームシアター設備、トイレとユニットバスがあります。 2階1部屋。 カウンター付きキッチンと収納式シングルベッド2つ。 トイレと窓を開けると露天風呂気分となる温泉。 広めのベランダもあり、ハンモックも常設されています。 とても快適でした。 キャンプ場のコテージ的なものを何回か利用していて、それを想像してましたが、それより格段に快適でした! 広さも充分です。 シャンプー、リンス、ボディーソープはもちろんありますが、身体を洗うスポンジまであります! 以外とこれはありがたかった。 ワイングラスまであります。 お箸も割りばしがたくさん置いてあります。 キャンプ場などのコテージだと、調味料は自分たちで持って行く事も多々ありますが、 塩、こしょう、醤油、砂糖、油もありますので、手ぶらで大丈夫。 ドリップ式コーヒーと、お茶もありました。 連泊の時、タオルは使った物をフロントに持って行くと、新しいものと交換してくれます。 部屋からは残暑ながら木が邪魔で?富士山は見えないですが、敷地内からは見えます。 温泉に気軽に何回も入れ、部屋も広く、ホテルより快適でした。 ただ1点残念なのは、ベランダの椅子の数。 4人泊まれるのに椅子は3つなので、朝食をベランダで食べる時、一人はハンモックでした。 また絶対来たいと思える所でした。 富士吉田の駅からは少し距離は有りますが、車で移動するには最高の立地。 部屋は大人四人が十分、温泉利用の24時間風呂で何時でも入れて助かりました。 でも温泉が常時流れているので風呂の傍で寝た友人が慣れるまで少し時間が掛ったと笑いながら言ってました。 部屋の前にBBQをしましたが、料金は掛りますが炭をおこして貰って我々だけがのんびりゆったりの食事を楽しめました。 大人が多いせいか近くで大騒ぎするお客様も居なかったので隣の部屋の住人達を一度も気にする事無く楽しめました。 サイトで紹介の有った肉屋でお肉を調達(比較的安くて旨かった)、近所のスーパーで野菜やドリンクを買い込んで食べました。 部屋もきれいで清掃の行き届いておりました。 フロントも感じ良く何時でも気軽に旅程を相談出来ました。 入口が少いから車が大きいと少し不便かも知れません。 欠点と言う欠点は有りませんが、人数が少ないと宿泊料が素泊まりにしては高めになるのかな。 それくらいです。 また機会が有れば友人達ののんびり滞在を楽しんで来ます。 それと、場所柄、バイパスにも一本裏の道にも近いので車の混雑に合せて道程を変更出来るのも良いポイントかも知れません。 食べるお店は徒歩範囲でも沢山あるので車が無くても取り敢えずの食事には困りません。

次の

貸別荘 プライベートリゾートパインツリー 写真・動画【楽天トラベル】

パイン ツリー 河口湖

travel. rakuten. rakuten. travel. rakuten. travel. rakuten. main? rakuten. r10s.

次の

貸別荘 ヴィラパインツリーに泊まろう!2018年夏新築ログコテージオープン!

パイン ツリー 河口湖

の河口湖から車で2分の場所、があるに、 「貸別荘パインツリー」という宿泊施設があります。 11月の初旬に、我が家の山梨旅行の際に利用させてもらいましたが、広くて、清潔で、部屋に露天風呂まで付いていて、最高の貸別荘でした! この記事では、貸別荘パインツリーのお部屋の様子をご紹介します。 「貸別荘パインツリー」河口湖まで車ですぐの好立地!高の清潔なコテージ 「貸別荘パインツリー」は、河口湖やから車で2分という好立地にある宿泊施設です。 全部で17棟のコテージやがあり、すべての部屋に露天風呂が付いていることが最大の特徴。 「トラベル」の「シルバーアワード2018」を受賞していることからも、その人気ぶりが伺えます。 貸別荘パインツリーの様子 貸別荘パインツリーには、A、B、C、F、Sの5種類・全17棟のコテージ・があります。 敷地内の様子は、こちらの動画で紹介されています。 (オーナーがアップしている動画のようです) 今回、我が家が宿泊したのは、F棟のログコテージで、2~8名で泊まれるお部屋です。 1泊のお値段は、6人で45,000円ほどでした。 価格表を公式HPから引用します。 ローシーズン 40,700円 レギュラーシーズン 45,650円 ハイシーズン・特定日 52,800円 トップシーズン・特定日 58,300円 ここからは、F棟のお部屋の中の様子を、詳しくお伝えしていきます。 大勢でワイワイできる広いリビング F棟のメインスペースは、広くて開放的なリビング(兼ダイニング)。 掘りごたつのテーブルがあり、ここでごはんを食べながらTVを観ることができます。 DVDプレイヤーがあるので、映画を観ても楽しそう。 エアコンとストーブが設置されていて、筆者は気がつかなかったのですが、ホームページを見ると床暖房もあるようなので、冬でも暖かく過ごせますよ。 無料のも完備です。 リビングの反対側は、こんな感じ。 みんなの憧れ暖炉! こちらの暖炉は、追加料金(2,200円)を支払えば、火を入れてもらえるそうです。 暖炉の隣の窓からテラスに出られて、そこでバーベキューをすることができます。 パインツリーの目玉 全棟「専用露天風呂」付き! この貸別荘パインツリーの最大の特徴は、なんといっても全部屋に露天風呂が付いていること! 筆者が泊まったお部屋の露天風呂は、こんな感じでした。 なにこれ最高! チェックインからチェックアウトまで、好きなときに入ることができます。 多分、温泉ではないのですが、湯加減がちょうどよくて、とっても気持ちよかったです。 今回、山梨旅行の宿泊先を考えるにあたっていちばん頭を悩ませたのが、お風呂問題。 我が家には1歳の娘がいるので、母の頭の中はこんな感じ。 パインツリーなら、こんな悩みは無用! 好きなときにササッと入れるし、家族全員で入ってもいいし、別々に入って子供の身支度だけ夫に託すこともできるし、家と同じ要領で入浴できる! ちなみに洗い場はこんな感じ。 しっかり普通の浴槽もついているので、こちらにお湯を溜めて入ってもOK。 で、脱衣場がまたいい感じなんですよね。 清潔で、脱衣かごと棚なんかもあって、超快適でした。 ちなみに、肝心の娘(1歳)は、薄暗い露天風呂が怖かったらしく、外に出た途端に大号泣。 結構すぐに撤収しました。 笑 何でも揃っているキッチン キッチンと調理器具が自由に使えるのも、コテージに宿泊するメリットの一つ。 特に小さな子供がいると、離乳食の準備ができるのが嬉しいですよね。 パインツリーのキッチンは、「家よりも何でもある」状態でした。 電子レンジ、ポット、炊飯器、冷蔵庫、などなど。 棚を開けると、に湯呑み茶碗、なんと調味料まで揃っていました。 カトラリー類も5人分勢ぞろい。 お皿も、小さい・大きい・深い・浅い、何でもあります。 我が家より確実に備品が充実している... 清潔で快適な寝具 さて、ここまではF棟の1階の様子でしたが、ここからは2階部分のご紹介。 2階には、寝室が2部屋ありました。 1部屋目は、シングルベッドが2台置いてあるお部屋です。 山のコテージ感があっていいですね~。 もちろん、TVとエアコン完備です。 今回の旅行では、このベッドの部屋に祖父母が泊まりました。 我が家の4人は、2部屋目の寝室。 この布団の部屋は、最大6名くらいは寝られそうでした。 1歳の子供がいると、落下の心配があるので、ベッドでは寝かせられないんですよね。 こちらのお部屋なら、布団だし、ドア付きの部屋なので階段から落ちてしまう心配もななく、子供たちを安心して寝かせられました。 しかも天窓があって、夜は月や星がきれいに見えました。 お部屋も寝具も清潔だし、ぐっすり眠れたなぁ。 以上、F棟の中の様子でした。 貸別荘パインツリーで食べるごはんは何にする? BBQ、すき焼き、焼き肉、何でもできます 貸別荘パインツリーは、食事が付いていないので、ごはんは自分たちで作ります。 コテージに泊まるなら、定番はやっぱりバーベキュー。 我が家もバーベキューをするつもりでいたのですが、到着してみると寒すぎたので、急遽、部屋の中ですき焼きをすることになりました。 すき焼きの鍋とコンロは、レンタルしました。 たったの330円。 パインツリーはレンタルが豊富で、以下のものが揃っています。 食材は、車で5分~10分ほどの場所にある大型スーパーので買ってきました。 作るのが面倒なら、周辺に何でもあります パインツリーは、高速から直結の大きな道路沿いにあるため、周辺の飲食店の数が半端じゃなく多いです。 ざっと見ただけでも、ガスト、、ケンタッキー、、ココス、、などのチェーン店がひととおり揃っています。 また、名物の「吉田のうどん」のお店も多数あるので、地元のを試してみるのもいいかも。 作るにしても、食べに行くにしても、なんだか「学生時代にサークルの合宿なんかで来たら最高だな... 」と思ってしまった30代の筆者でした。 からという立地も魅力的で、ジェットコースターで遊び倒して疲れた体を、すぐに休めることができますよ。 パインツリーホテル 施設情報.

次の