レナウン 債権 者。 債権・債務とは?|意味と違いをわかりやすく図解|債権回収弁護士ナビ

【ドキュメント】名門レナウンの民事再生 : 東京商工リサーチ

レナウン 債権 者

債権と債務と聞いて、その違いを正確に答えられる人は少ないと思います。 この記事では、用語の説明はもちろん、事例を交えて、わかりやすく解説していきます。 まず、債権(さいけん)とは、相手方に特定の行為をさせる権利のことを言い、 債務(さいむ)とは、相手方に特定の行動をする義務のことを言います。 では、実生活において、どのようなことが債権・債務の関係になるのでしょうか? 不動産の売買契約を例に、債権と債務の違いを確認してみましょう。 AさんがBさんから不動産を購入した場合、Aさんは 金銭を支払う義務(債務)を負い、 不動産を受け取る権利(債権)を得ます。 一方、BさんはAさんから 金銭を受け取る権利(債権)を得、 不動産を引き渡す義務(債務)を負います。 この記事では、債権・債務の定義や違いについて、より詳細にお伝えしていきます。 では、早速ですが債権と債務の言葉の定義を通じて、両者の違いを確認していきましょう。 まず、債権とはある特定の人に、ある 特定の行為、給付を請求することができる法定権利です。 わかりやすい例で説明すると金銭の支払、物の引き渡しなどをあげることができます。 そして債務とはその反対に、ある特定の人へ、ある特定の行為、給付を提供する義務を表す言葉です。 債権と債務は対義語であり、特定の行動を請求する人 債権者 と、される人 債務者 の両者が存在することで成立します。 債権を理解する過程で、物権の言葉の意味と混合する人は少なくないでしょう。 この二つの権利の違いは、物権は物に対して発生する権利であり 誰に対しても所有権を主張することができる権利なのに対して、債権は人に対して発生する権利であり、当事者間でのみ成立する権利だということです。 Aさんは、月額20万円の支払 債務 の代わりに、Bさんに対してのみ土地の使用を要求する権利 債権 を所有しているに過ぎないのに対し、Bさんは誰に対しても土地の所有権を主張することができます。 債権と債務についてより理解するために、シチュエーション別に分けて債権と債務の関係性を確認していきましょう。 まず双務契約における債権債務について確認していきますが、双務契約とは契約を結んだ当事者が 双方共に債権者であると同時に債務者である契約です。 売買契約 主要な例ですと売買契約があげられますが、商品を買う人は商品を売る人に対して、商品の引き渡しを請求する権利 債権 があると同時に、商品の代金を支払う義務 債務 が発生します。 それとは反対に、商品を売る人は、商品を買う人に対して、代金の支払を請求する権利 債権 と同時に、商品を引き渡す 債務 が発生します。 債権 債務 販売者 代金の請求 商品の引き渡し 購買者 商品の請求 代金の支払 労働契約 また、双務契約の一つに労働契約も含まれますが、コンビニとパートの大学生を例に債権と債務をイメージしてみてください。 雇い主であるコンビニは、パートの大学生に対して労働を要求する権利 債権 があると同時に、労働の対価に見合った給与を支払わなければなりません 債務。 それとは反対に、パートの大学生は、コンビニに対して給与を請求する権利 債権 があると同時に、給与に見合った労働を提供する義務 債務 が発生します。 債権 債務 被雇用者 給与の請求 労働の提供 雇用主 労働の要求 給与の支払 次に片務契約上の債権、債務について確認していきますが、双務契約とは対照的に片務契約では、 片方だけが債権者であり、もう片方が債務者であるという契約です。 贈与契約 そのため債権と債務も一つずつになりますが、例えばAさんがBさんに対して、パソコンを無料で譲り渡す契約 贈与契約 を結んだ場合を想定してください。 この場合、AさんはBさんへパソコンを引き渡す義務 債務 が発生する代わりに、Bさんはパソコンの引き渡しを請求する権利 債権 が発生します。 その反対に、AさんはBさんに対して何も請求する権利 債権 がありませんが、同時にBさんもAさんに対して何の義務 債務 を背負う必要がありません。 消費貸借契約 すなわち債権と債務が一つずつであるため、片務契約だということがわかりますが、消費賃借契約も片務契約の一つに含まれます。 消費賃借契約とは、借主が貸主からある物を消費する目的で借り、貸主へ借りた物をそのままの状態で返す契約です。 例えばAさんがデートのランチ代が足りないために友人のBさんから、2000円を借りたとします。 Aさんはその2000円をランチ代で消費しますが、後々、Bさんに対して2000円を返さなければなりません 債務。 それとは反対にBさんはAさんに2000円を要求する権利 債権 が発生します。 反対にAさんはBさんに対して債権を持たず、BさんはAさんに対して債務を持たないため、債権と債務が一つずつの片務契約であることがわかります。 次に、相殺における債権債務を確認していきますが、相殺とは互いに対して発生している別々の同じ性質の債権と債務を帳消しにする行為です。 破産手続きにおける相殺 例えばですが、自社に対して買掛金債務 借金 を抱えたまま取引先が破産手続きを行ったと想定してください。 当然、取引先から売掛金債権を回収することは難しくなりますが、この時、その取引先に対して借入金債務 借金 が発生していたとします。 取引先の会社がそのまま破産した場合、取引先への売掛金債権はなくなりますが、反対に借入金債務はなくなりません。 しかしながら、互いの債権、債務を相殺することで取引先に対して借入金債務の弁済をする必要がなくなります。 相殺は債務者の了承を得ずに内容証明郵便を送ることでできますが、詳しくは「債務者が破産した場合の債権者の取るべき行動」を参考にしてください。 合併による相殺 債権者と債務者の同一 また、ある取引先の会社へ売掛金債権を所有しているが、その会社を吸収合併することになった場合、取引先の会社への売掛金債権はどうなるのでしょうか。 この場合、債権者 自社 と債務者 取引先 は一つの会社 同一 になるため、自社と取引先が互いに抱えている債権・債務は相殺されます。 もし親族の誰かが亡くなった場合、被相続人の債権・債務はどうなるのでしょうか。 相続人は被相続人の財産を相続する場合、債権だけでなく被相続人の債務も引き継がなければなりません。 そのため相続できる債権と債務の額を比較した上で、相続人になるかを判断するべきです。 もし、相続人からの債務を相続したくない方は、「」を参考にしてください。 では、最後に第三債務者が存在する場合の債権債務の関係について確認していきましょう。 第三債務者とは債務者に対する債務者のことであり、 債務者に代わって債権者へ弁済する者を指します。 第三債務者が存在するケースとして、債権執行があげられますが、債権執行とは債務者の債権を差押さえするための強制執行手続きの一種です 参照:「」。 例 例えばですが、会社A 債権者 が取引先の会社B 債務者 に対して未回収の売掛金債権1000万円を所有していていた場合を想定してください。 この時、会社Bは自社の取引先C 第三債務者 に対して、貸付金債権800万円を所有していることが判明したため、AはBのCに対する貸付金債権800万円を差押さえすることにしました。 この場合、Aは残額の200万円をBへ請求することができます。 上記の例にそのまま当てはめて考えると、会社Aは会社Bから売掛金債権の弁済をしてもらう当てがないため、会社Bが所有する貸付金債権を譲渡してもらうことにしました。 この場合、会社Aは譲受した貸付金債権の債務者である会社Cから直接、弁済を受けることになります。 また、会社Cからの弁済額が元の売掛金債権の額に満たなかった場合に備えて、契約書に会社Bから残高の弁済を受けるための文面を加えておきましょう。 債権譲渡によって第三債務者から弁済を受けるためには、満たさなければならない要件がありますが、詳細は下記の記事を参考にしてください。 債権譲渡をする メリットや、具体的な方法、注意点など、債権譲渡を検討する上で知っておくべきことを紹介します。 第三債務者が存在する例として債権者代位権について説明しますが、債権者代位権とは債務者が所有する債権を、その債権の 第三 債務者に対して行使することができる権利です。 債権者代位権を行使する要件として、「債務者に対する債権が金銭債権でかつ弁済期を迎えている」、「債権代位権の対象の債権がまだ行使されていない、かつ一身専属ではない」、「債務者に弁済能力がない」があげられます。 先ほどの例にあてますと、会社Aは会社Bから弁済期を過ぎているのに、売掛金債権の弁済が行われない上に、会社Bには弁済能力がないことが判明したため、債権者代位権を行使することで、会社Cから貸付金債権の弁済を受けることになります。

次の

レナウンの今後の考察

レナウン 債権 者

1.債権者とは 債権者とは「債権」を保有している人のことです。 そして、債権とは、債務者(特定の人)に対して一定の給付を行う権利のことを言います。 例えば、銀行などの貸金を融資した金融機関は債権者となり、融資を受けた借入人は債務者となります。 我が国の民法においては債権の発生原因を、(1)契約、(2)事務管理、(3)不当利得、(4)不法行為、の4種類と定めています。 (1)契約 契約は最も身近な債権の発生原因と言えるのではないでしょうか。 例えば、不動産売買契約であれば家の買主は家を買って代金を支払う、その一方で家の売主は家を売って代金を受け取る、という契約になります。 「家」を軸にして考えれば家の売主は債務者で家の買主は債権者ですが、「売買代金」の観点から考えれば家の売主(売買代金を受け取る人)は債権者で家の買主(売買代金を支払う人)は債務者となります。 このように双方が債務(債権に対する反対給付)を負う契約を双務契約と言います。 その他にも、典型契約(民法で定められている典型的な契約)として、贈与契約、売買契約、交換契約、消費貸借契約、使用貸借契約、賃貸借契約、雇用契約、請負契約、委任契約、寄託契約、組合契約、終身定期金契約、和解契約、の13種類があります。 (2)事務管理 事務管理とは、法律上の義務がない人が他人のために事務の処理を行うことです。 例えば、入院中の友人の代わりに公共料金の支払いを立て替えるような行為を言います。 この場合、事務管理を行った者に対して、本人はその費用を償還する義務があります。 (3)不当利得 不当利得とは法律上の原因(正当な理由)もなく、他人の財産などから利益を受けて他人に損害を与えることを言います。 不当利得を得た者は、損失を蒙った人に自分が受け取った利得を変換する義務が生じます。 (4)不法行為 不法行為とは、違法に他人に対して損害を与える行為のことです。 不法行為を行った者は損害を被った者に対して、その損失を賠償する義務があります。 2.債権者の種類 債権者は大きく分けて(1)一般債権者と、(2)担保債権者、になります。 (1)一般債権者 一般債権者とは、債権に担保が含まれていない債権を保有している人を言います。 (2)担保債権者 担保債権者とは、一般債権者とは異なり、担保を含んだ債権を保有している人を言います。 債権者にとって、最も重要なことは債権がきちんと履行されるかどうかです。 例えば、具体的に言うと、ローンの返済日にきちんと貸金を返してくれるかどうかが重要なのです。 そこで、例えば金融機関が融資をする際には債権保全の方法として、借主が保有する土地に抵当権を設定して、もし返済がなされない場合にはその土地を債務者(融資金の借主)から取り上げてしまいますよ、という担保を取ることが一般的です。 つまり、一般債権者に比べると担保債権者の方が債権に対する返済の可能性が一般的には高い、と考えることができます。 しかし担保の対象によっては、価格が大きく変動してしまうもの(上場株式など)もあるので、常に担保価値の変動には注意を払っておくべき必要があるケースもあります。 3.債権の目的による分類 債権の目的物によって債権者が請求するものも異なります。 債権はその目的によって、(1)特定物債権、(2)種類債権、(3)金銭債権、(4)利息債権、(5)選択債権、の5つに分類されます。 債権の種類(目的別) 説明 (1)特定物債権 特定物債権とは、特定の「モノ」を請求する権利のことです。 主に売買契約で成立しますが、客が品物を購入することで、モノの所有者が債務者から債権者へと移ることになります。 他にも土地の売買による引き渡しなどが考えられます。 (2)種類債権 種類債権とは、目的としているモノの種類と数量を指定した債権のことを言います。 特定物債権の場合は、例えば「この車」と代替が効かないモノを対象としますが、種類債権の場合は車種と台数が特定されていれば問題はありません。 極端なことを言えば、もし車種と台数が指示通りであれば、燃費がとても悪い車に当たってしまっても文句は言えない可能性があります。 (3)金銭債権 金銭債権とは、金銭の請求を行う債権のことです。 例えば働いて(労務の提供)給与を貰う権利は金銭債権と言うことができます。 (4)利息債権 利息債権とは、貸したお金などの対価として利息を請求することができる権利のことです。 一般的には銀行からお金を借りたら返済する時には利息も請求されます。 金融機関に返済する貸金の元金は金銭債権ですが、利息分は利息債権となります。 (5)選択債権 選択債権とは、複数種類の物や金銭などの中から選択して請求できる債権のことです。 原則として、どのような債権で支払うか(給付するか)の選択権は債務者側にあります。 4.債権者の権利 債権者に対して、問題なく債務者からの給付が行われれば良いのですが、返済期日に間に合わない、お金が足りない、など反対給付の実施の際には様々な問題が生じることが考えられます。 そこで債権者には以下のような権利(効力)が認められています。 債権者の権利 内容 (1)給付保持力 給付保持力とは、債務の履行によって給付を保持しても不当とはみなされない効力のことです。 わかりやすく言うと、裁判で以下のような方法を用いて所有を移してしまった場合でも問題はない(不当利得にはならない)という効力のことです。 債権の必要最小限の効力とされています。 (2)訴求力 訴求力とは、訴訟手続きによって、裁判所に自分の債権の存在を訴えることができる効力のことです。 もし債務者が債権者の請求に応じなうような場合には、訴訟を提起しても十分に認められる権利があるということです。 法律的には、訴訟手続で債権を実体法上の権利として確認できる効力、と言い換えることができます。 (3)執行力 執行力とは、裁判の判決を得ることによって、その内判決容を執行することができる効力のことです。 これは、確定判決を債務名義に執行しうる効力、とも言うことができます。 (4)貫徹力 貫徹力とは、債権の内容を強制的に実現することができる効力のことです。 これは、本来の給付をそのまま強制的に実現する効力、とも言い換えることが可能です。 (5)掴取力 (かくしゅりょく) 掴取力とは、債権の内容を実行する場合には、財産を差し押さえることも可能である、という効力のことです。 つまり財産の差し押さえと換価という手段で給付を実行させる権利のことです。 上記のように債権者には様々な権利(効力)がありますので、原則として、債務者はその債務から逃れることは難しいとされています。 まとめ お金は借りた者勝ち、のような言葉が言われることがありますが、上記のように債権者は法律的には様々な方法で保護されています。 しかし、普段から相手方の信用能力(支払能力)を踏まえたうえで取引は行うべきですし、いざという場合の債権保全(担保設定)にも留意しておく必要があります。 長期間の取引の中で強固な信頼関係を構築できているような相手先であれば比較的安心できるとは思われますが、現在のように環境変化のスピードが速く、急激に状況が変わってしまうような中では、債権者として常にアンテナを高くしておくことが大切でしょう。

次の

レナウンの親会社、中国“ファッション帝国”企業にデフォルト懸念…伊藤忠も共同出資

レナウン 債権 者

撮影日2020年5月18日 東証1部上場 特別情報東京版(H22. 13、H22. 25、R2. 27)で既報。 5月15日に子会社の 株 レナウンエージェンシー(法人番号:8010701021765、東京都江東区)に東京地裁へ民事再生手続開始を申し立てられ、同日付で民事再生手続開始決定および管理命令を受けた。 管財人は永沢 徹弁護士(永沢総合法律事務所、東京都中央区日本橋3-3-4 永沢ビル5階、TEL 03-3273-1800)が選任された。 負債総額は申立時点で138億7,900万円内外。 平成16年3月に、旧・ 株 レナウンと 株 ダーバンが経営資源の集結・再分配による事業収益拡大を目指して経営統合して設立したアパレル業者。 旧・ 株 レナウンは明治35年2月に衣料品販売を手掛ける「佐々木商会」として創業し、昭和22年9月に法人化した国内上位のアパレルメーカー。 昭和時代にはレディースアパレルとして人気を博し、ピークを迎える平成元年12月期売上高は2,317億6,500万円内外を計上していたが、基幹・戦略ブランドは衰退をたどり、業績は低調に推移し平成16年1月期(決算月変更)売上高は591億5,500万円内外まで減少。 人件費や物流費などのコストが膨らむ中、多角化に伴う有利子負債なども重くのし掛かり、欠損計上が続いていた。 設立後は、レナウングループ全体の経営戦略の策定と実施などの経営企画や商標権管理業務などを手掛け、平成18年3月に旧・ 株 レナウンと大手紳士アパレルのダーバンの事業会社を吸収し、事業全般を継承して現商号に変更した。 その後は、立て直しを図りながら合理化を目指し、事業会社2社を合併した平成19年2月期(決算月変更)売上高は924億7,500万円内外にまで回復した。 以降は再建を進めていたが、個人消費の冷え込みやファストファッションの台頭など、同業他社との競合は激しさを増して業績は低迷。 経営力強化のため、平成22年5月に中国の繊維大手、山東如意科技集団有限公司の第三者割当による新株発行で筆頭株主となり、山東如意グループの傘下入りした。 その後は、中国における販売強化や社有不動産の売却などを行い財務面の健全化を進めたが、売り上げは漸減をたどり平成24年2月期は売上高546億1,900万円内外まで落ち込み、3億3,400万円内外の営業赤字を計上した。 その後も業績不振は続き、平成29年2月期売上高は494億円内外まで後退し、以降は営業損益段階で連続赤字を計上。 10カ月変則決算となった令和元年12月期は売上高502億6,200万円内外を上げるも、営業損失79億9,900万円内外を計上する中、山東如意グループの取引先に対する売掛金の回収難が発生。 同期に貸倒引当金53億2,400万円内外を計上して大幅赤字に転落し、決算短信に「継続企業の前提に関する注記」(GC注記)が記載された。 その後の動向が注目される中、今年から感染拡大の「新型コロナウイルス」の影響によって、主力販売先の百貨店などが相次ぎ休業したため売り上げは激減。 3月27日の新代表就任の会見で、毛利 憲司新社長は「新型コロナウイルスで消費は経験したことのないような打撃を受けている」と、業績悪化による甚大さを話していたが、今回の事態となった。 なお、レナウンからは「子会社の法的手続きの予定はなく、管財人の下でスポンサー探索を行い、当社グループの事業の維持再生に取り組む」という方針が発表されている。 また、同社株式は5月15日付で東京証券取引所の整理銘柄に指定され、その後は上場廃止となる見込み。 なお、上場企業の倒産は平成31年1月の 株 シベール(平成31年1月18日付本情報号外で既報、法人番号:5390001000864、東証JASDAQ上場、山形市)以来となり、今年初となる。

次の