草野マサムネ 声。 スピッツの現在【メンバー,ボーカル草野マサムネ】年収,病気,結婚,死亡,崎山龍男,三輪テツヤ,田村明浩

草野マサムネは本当に実在するのか

草野マサムネ 声

人物 [ ] 概要 [ ]• 身長167. 5cm、体重53kg、血液型はO型である。 弟と妹がいる長男である。 スピッツのメンバーは全員が長男である。 草野家の長男は代々名前に「正」の字がつく。 祖父は正実、父親は正典である。 10代の頃からで、持ち。 とを使用している。 自身の性格について本人は、「あまのじゃくでひがみっぽい子分肌」と語っている。 来歴 [ ]• 中学時代は部の部長をしていた。 1年生の1学期までは部であった。 出身高校は。 バンド初体験は高校の学友と組んだである。 「ラディッシュ」というバンドを組んでおり、当時はギタリストであった。 同級生であるによると、学校で一番のギターテクニックの持ち主としてロック好きの男子に慕われるタイプであった。 に入学し、東京都府中市に住む。 同級生であると意気投合し、バンドを結成した。 音楽サークル「重音」に所属した。 先輩は(後にアレンジャーとして参加するが在籍)やなどである。 に影響を受けて音楽活動をいったん休止した。 東京造形大学を中退しへ入学した。 田村の自宅にがあったことから交流は続き、バンドは再結成に向かう。 趣味・嗜好など [ ]• のファンである。 地元福岡のライブではアンコール時にのレプリカユニフォームを着用する。 本人曰く昆虫博士、地図オタクである。 好きな色はである。 好きな作家は、好きな詩人はである。 時は急性ストレス障害を経験した。 音楽的影響 [ ]• 小学生のころ、ラジオのヒットチャートカウントダウン番組のベスト10を毎週ノートにつけており、などの洋楽や、などのやを愛好していた。 今でも影響を受けたアーティストとしてチープ・トリックを挙げている。 バンドに興味を持つようになると、などの・に夢中になり、に傾倒をはじめた。 チーターズではチータことの「」をパンクロック調で演奏したり、「」を風に演奏したりするなど奇をてらい、洋楽と歌謡曲の融合傾向が当初より見られた。 学生時代にスピッツの前身といえる「ザ・スピッツ」を結成した当時はパンクかぶれだったが、の「」に出会い、自分の求めていた音楽を先にやられたことにショックを受けて自信をなくし、一旦音楽活動を休止した。 再開してもしばらくはTHE BLUE HEARTSの影響を抜け出せず、自分の個性を模索し始め、たどり着いたのが、を参考としたアコースティックギターを持ってのフォーク・ロックだった。 洋楽だけではなく、、、など日本のロックからも多大な影響を受けている。 パンク音楽を脱した影響の一つに、のアルバム『』を挙げている。 音楽活動 [ ]• スピッツの楽曲の全てのと、ほとんどのを担当している。 作詞、作曲の際の名義は本名の「 草野正宗」を用いる。 他アーティストへの楽曲提供もしている。 聴き手自身でいろいろな解釈をしてもらいたいからと、自身で楽曲の解説をすることは少ない。 作詞に関しては他のメンバーから全面的に信頼されており、外部プロデューサーのも一切口出しをしたことがない。 歌手としても多くの作品に参加している。 ファンタジー() 作詞のみ。 アルバム『TRANSISTOR GLAMOUR』収録。 青い星のまん中で() 作詞のみ。 アルバム『froggie』収録。 野生のチューリップ() もともとはスピッツがアマチュア時代に演奏していた曲。 2ndアルバム『』の時にレコーディングされたが収録には至らず、歌詞を一部変更して提供した(その後、『』にオリジナルを収録)。 テディベアに埋もれて() 1994年、スピッツとしてライブで一度だけ演奏され、1年後にrosyに提供となった。 プロデュースは、後にスピッツの9thアルバム『』を手がける。 流れ星() これももともとはスピッツがアマチュア時代に演奏していた曲(後に『花鳥風月』でセルフカバー,シングル『』になった)。 ちなみに辺見えみりはスピッツの大ファンであり、この曲と同名のアルバムでは「」「」「」もカバーしている。 愛のしるし() これも後に『花鳥風月』でセルフカバー。 メロディーはもともと『』の候補曲として書いていたもの。 から依頼を受けたため、同じく依頼を受けたと電話で相談してお互いに提供することを決めたという(トータス松本は「ネホリーナ・ハホリーナ」を提供)。 () 作曲のみ。 作詞は。 後にイベントでセルフカバーした。 2015年には松本隆のトリビュートアルバムで草野が歌う音源が発表された。 (後述)• 帰り道() 映画『』主題歌。 映画監督のから作詞作曲の依頼を受けた(ちなみに、塩田監督の『』に、スピッツの「運命の人」が主題歌に抜擢された経緯がある)。 Never on Sunday() 作曲のみ。 アルバム『』収録。 恋のエチュード() アルバム『Splurge』収録。 のCMソングにもなった。 夜明け() アルバム『宴 〜party〜』収録。 編曲と演奏にはスピッツのメンバー全員が参加。 よなは徹とは過去に、スピッツの「ナンプラー日和」(11thアルバム『』収録)でコラボレーションしている。 また、スピッツにもライブでのみ演奏された楽曲に「夜明け」というものがあるが、提供曲とは異なる楽曲である。 () アルバム『Ken Hirai Singles Best Collection 歌バカ2』のSpecial Disc「歌バカだけに」収録。 後に『見っけ』でセルフカバー。 スナオになりたいね/(シングル/1993年2月21日) カップリング曲「今さら I LOVE YOU」にバッキングボーカルで参加。 WHAT'S UP?/(2000年3月10日) 6曲目「18の夏」にアコースティック・ギターで参加。 /(2002年5月27日) 亀pact discの1曲目「灰色の瞳」(とのデュエット曲のカバー)で椎名林檎とデュエット。 /(2003年12月10日) スペシャルディスクの1曲目「Sleep John B」(の「Sloop John B」のカバー)にコーラスで参加。 /(シングル/2007年6月20日) アコースティックギターとサビ部分の作詞、ボーカルで参加。 アルバム『』ではアルバムバージョンで収録。 トリビュート(2007年7月11日) の「」をカバー。 編曲はの。 /(2009年5月27日) 11曲目「わかれうた」 のカバー でとデュエット。 / トリビュート・カバーアルバム(2015年6月26日) 2曲目「」を歌っている。 出演 [ ] ラジオ番組• (、2018年1月7日 - ) 脚注 [ ] [].

次の

スピッツ・草野マサムネの博多弁、ファンを瞬殺…「あざとい」「完全ノックアウト」と話題

草野マサムネ 声

軽やかで息っぽい声 なんとなく常に息をまとったような声じゃないでしょうか。 平たく言えばちょこっとハスキー。 声帯をほんの少しだけ閉じて、通常よりほんの少しだけ息を吐くことで、ちょこっとハスキーになります。 声質は「重い・硬い」というよりは、「軽い・柔らかい」感じなので、喉仏は下げないようにしましょう。 もう喉仏はほったらかしで良いです。 あと低音域においては声を口の中で留めるイメージで、高音域へ向かうに従って鼻の後ろ目掛けて声を流すとマサムネさんっぽくなるように思います。 ちなみにマサムネさんの歌声は話し声とさほど変わらないので、マサムネさんの話し声が聴ける動画を頼りに、話し声を真似ることから始めても良いかと思います。 無駄な力が入っていない マサムネさんの歌声を聴けば分かりますがCDにせよライブにせよ、声を振り絞ったり、叫んでいるような声の出し方をしている様子は一切無いですね。 映像を観ても眉間にシワ寄せたり、体をブンブン動かしたりせず、いつも涼しい顔で歌っています。 なので熱っぽくならずに、極力クールな姿勢を保つことが必要です。 具体的に言えば声は決して張らないよう心掛けましょう。 マサムネさんはダイナミクスの変化がほとんど無いので、声量を一定にすることが大きなポイントかと思います。 それと口の開きを最小限にすること。 映像を観ると分かりますが、マサムネさんはどんなフレーズや音域においても、口の開き具合が狭いです。 口の開きを抑えることによって、過剰な呼気を抑えやすくなりますし、過剰な呼気を抑えることで、発声が安定しますし、発声が安定することでクールなテンションを保ちやすくなります。 これに関しては、1番サビ「ささやかな よろこびを」のフレーズが練習に最適です。 「 よろこ」は母音が同じなので口の開きを抑えやすいのと、スピッツ最大の課題である高音域の部分なので、「口の開きが抑えられない。 抑えられても肝心の高音域では開きが大きくなってしまう」と言う場合は、このフレーズを足掛かりにすると良いかと思います。 実際、映像においてこのフレーズを歌っているマサムネさんの映像を観てみてください。 口が全く動いてない様子が観られます。 あと細かい点ではありますが、上唇(上顎)がほとんど動かず、基本的に下唇(下顎)を動かすことで口を開けているように見えます。 なので口の開き方としては、上唇(上顎)を使わず下唇(下顎)を使いましょう。 平たく言えば、上の歯が見えたり隠れたりしないようにしましょう。 見えたり隠れたりするってことは、上唇(上顎)が動いているってことなので。 浅めの発音 どの子音も口先の方というか、前歯の近くというか、口の中の浅いポジションで作られているイメージです。 分かりやすい子音だと「t」「d」でしょうかね。 「t」と「d」は舌の前辺りを上顎に付けて息をせき止め、解放することで生じた息の勢いに母音が乗ることで発音される子音です。 そのため息が勢いよく飛び出すことで、破裂音のような音が生じるかと思います。 マサムネさんの場合、この破裂音が比較的小さいように聴こえます。 このことから舌の動きが少なめかと思われます。 そのほか舌の動きが大きい「r」も、割合発音が弱いような気がします。 「n」も舌が上顎にくっつく子音ですが、「t」や「d」に比べ浅いポジションなのでそれほど影響は出ていないように思います。 試しに「た」と「な」を発音して、舌のポジションの浅さと深さを比較してみてください。 逆に舌が大きく動かない「k」や「s」では、「k」の破裂音や「s」の息の流れている音がよく聴こえます。 これら舌のポジションの件はとても微妙な点なので、聴いてもはっきりとは分からないかと思います。 なのでつべこべ言わず、実際に口の前辺りで発音をするつもりで歌ってみてください。 各子音を発音する際に生じる動作を大げさに動かしてハキハキと発音するよりは、遥かにマサムネさんっぽくなるはずです。 いわゆるフォールというやつですね。 ただしサビにおいてはこの特徴がほとんど見受けられません。 なので曲調が落ち着いている部分や低音域において、フォールさせると良いかと思います。 (どこでフォールするかは曲やライブによって変わりそうですが) 語尾の処理としてフォール以外にビブラートやブツ切り、フェードアウトなどもされています。 語尾を裏声にして音程を上昇させる「ヒーカップ」は使っていないので、別の言い方をするならば「語尾の処理にはヒーカップ以外を使う」とも言えます。 まとめ• 声帯をゆるく閉じて呼気をゆるく流す• 声量を一定にする• 口の開きは最小限• 舌の動きは抑えめ• 語尾の処理はフォールを多めに.

次の

スピッツ 草野マサムネの声や歌唱力についての分析

草野マサムネ 声

軽やかで息っぽい声 なんとなく常に息をまとったような声じゃないでしょうか。 平たく言えばちょこっとハスキー。 声帯をほんの少しだけ閉じて、通常よりほんの少しだけ息を吐くことで、ちょこっとハスキーになります。 声質は「重い・硬い」というよりは、「軽い・柔らかい」感じなので、喉仏は下げないようにしましょう。 もう喉仏はほったらかしで良いです。 あと低音域においては声を口の中で留めるイメージで、高音域へ向かうに従って鼻の後ろ目掛けて声を流すとマサムネさんっぽくなるように思います。 ちなみにマサムネさんの歌声は話し声とさほど変わらないので、マサムネさんの話し声が聴ける動画を頼りに、話し声を真似ることから始めても良いかと思います。 無駄な力が入っていない マサムネさんの歌声を聴けば分かりますがCDにせよライブにせよ、声を振り絞ったり、叫んでいるような声の出し方をしている様子は一切無いですね。 映像を観ても眉間にシワ寄せたり、体をブンブン動かしたりせず、いつも涼しい顔で歌っています。 なので熱っぽくならずに、極力クールな姿勢を保つことが必要です。 具体的に言えば声は決して張らないよう心掛けましょう。 マサムネさんはダイナミクスの変化がほとんど無いので、声量を一定にすることが大きなポイントかと思います。 それと口の開きを最小限にすること。 映像を観ると分かりますが、マサムネさんはどんなフレーズや音域においても、口の開き具合が狭いです。 口の開きを抑えることによって、過剰な呼気を抑えやすくなりますし、過剰な呼気を抑えることで、発声が安定しますし、発声が安定することでクールなテンションを保ちやすくなります。 これに関しては、1番サビ「ささやかな よろこびを」のフレーズが練習に最適です。 「 よろこ」は母音が同じなので口の開きを抑えやすいのと、スピッツ最大の課題である高音域の部分なので、「口の開きが抑えられない。 抑えられても肝心の高音域では開きが大きくなってしまう」と言う場合は、このフレーズを足掛かりにすると良いかと思います。 実際、映像においてこのフレーズを歌っているマサムネさんの映像を観てみてください。 口が全く動いてない様子が観られます。 あと細かい点ではありますが、上唇(上顎)がほとんど動かず、基本的に下唇(下顎)を動かすことで口を開けているように見えます。 なので口の開き方としては、上唇(上顎)を使わず下唇(下顎)を使いましょう。 平たく言えば、上の歯が見えたり隠れたりしないようにしましょう。 見えたり隠れたりするってことは、上唇(上顎)が動いているってことなので。 浅めの発音 どの子音も口先の方というか、前歯の近くというか、口の中の浅いポジションで作られているイメージです。 分かりやすい子音だと「t」「d」でしょうかね。 「t」と「d」は舌の前辺りを上顎に付けて息をせき止め、解放することで生じた息の勢いに母音が乗ることで発音される子音です。 そのため息が勢いよく飛び出すことで、破裂音のような音が生じるかと思います。 マサムネさんの場合、この破裂音が比較的小さいように聴こえます。 このことから舌の動きが少なめかと思われます。 そのほか舌の動きが大きい「r」も、割合発音が弱いような気がします。 「n」も舌が上顎にくっつく子音ですが、「t」や「d」に比べ浅いポジションなのでそれほど影響は出ていないように思います。 試しに「た」と「な」を発音して、舌のポジションの浅さと深さを比較してみてください。 逆に舌が大きく動かない「k」や「s」では、「k」の破裂音や「s」の息の流れている音がよく聴こえます。 これら舌のポジションの件はとても微妙な点なので、聴いてもはっきりとは分からないかと思います。 なのでつべこべ言わず、実際に口の前辺りで発音をするつもりで歌ってみてください。 各子音を発音する際に生じる動作を大げさに動かしてハキハキと発音するよりは、遥かにマサムネさんっぽくなるはずです。 いわゆるフォールというやつですね。 ただしサビにおいてはこの特徴がほとんど見受けられません。 なので曲調が落ち着いている部分や低音域において、フォールさせると良いかと思います。 (どこでフォールするかは曲やライブによって変わりそうですが) 語尾の処理としてフォール以外にビブラートやブツ切り、フェードアウトなどもされています。 語尾を裏声にして音程を上昇させる「ヒーカップ」は使っていないので、別の言い方をするならば「語尾の処理にはヒーカップ以外を使う」とも言えます。 まとめ• 声帯をゆるく閉じて呼気をゆるく流す• 声量を一定にする• 口の開きは最小限• 舌の動きは抑えめ• 語尾の処理はフォールを多めに.

次の