退職 挨拶 電話。 「ビジネスマナー」電話応対・敬語・手紙・挨拶・スピーチ・お礼状・メール

メールはOK?退職の挨拶のマナー(メール・電話・手紙・スピーチの例文つき) |転職ならdoda(デューダ)

退職 挨拶 電話

退職挨拶メールの目的とは? 退職挨拶のメールを送るのは、お世話になった先輩・同僚・後輩への感謝の気持ちを表現する目的に加えて、去り際の印象をクリーンなイメージにするという目的があります。 退職後、転職先がどこであれ、縁あって一緒に仕事をすることもあるでしょう。 そのときに取引先としてやり取りする可能性も考えると、最後の印象は大切です。 特に、メールは文面として残ります。 メールの受け手が後から見直してもおかしくないか、推敲を重ねるようにしましょう。 これだけは知っておこう。 メールを送るタイミングと基本マナー 社内へのメールは、最終出勤日に。 退職が決まったら、一体いつ挨拶メールを送ればよいか迷ってしまう方も多いかもしれません。 社内と社外でも違うため、しっかり使い分けるようにしましょう。 まず社内の場合は、これまでの感謝を伝える「最後の挨拶」に近いものです。 そのため、退職が掲示板などで広報されてすぐ送るのではなく「最終出勤日」に送るようにしましょう。 もちろん、社内での慣習がある場合は、そちらを優先するべきです。 ただ、ない場合は「最終日」を選びます。 そして、なるべく業務に支障がない時間に送るのもポイント。 9時~16時は、業務上で大切なやり取りが行なわれる場合も多いため、定時から1時間前~退社までの時間がベストでしょう。 有給などを消化する方は、あらかじめ最終日に送っておくと良いです。 社外へのメールは、退職日の2~3週間前に。 社外に挨拶メールを送る場合は、なるべく早めが良いです。 目安としては、最終出社日から2~3週間前がベストです。 というのも、後任者が引き継ぎをしやすいというのが1点。 そしてもう1点は、取引先に「仕事を計画的に進められる人だ」という好印象を与えられるからです。 たとえ今の会社を辞めたとしても、人脈は一生続くもの。 今後に悪影響を与えないようにするのが肝心です。 飛ぶ鳥後を濁さずとは言いますが、一緒に仕事を進める人に安心してもらうことが大切といえます。 一斉送信は、決して失礼ではありません。 メールを送る相手は、これまでお世話になった方々です。 同じ部署、社外の取引先、懇意にしてもらった上司など、挙げていくとかなり大人数になってしまうかもしれません。 挨拶メールを一斉に送ってしまっても良いのか、戸惑う方も多いでしょう。 ですが、一般的に一斉送信は失礼ではありません。 しっかりメールの文面で感謝の言葉を書くようにすれば、受け取る側にもしっかりと伝わるものです。 一斉送信の場合は、宛先に注意しましょう。 必ず送りたい相手は「bcc」に入れ、自分のアドレスを「To」に入れるのがポイントです。 他人同士でアドレスを知られないように配慮する意図があります。 また、お世話になった方には、個別でメールを送るようにしたいです。 そのほうが、退職した後も良い関係を続けることができるでしょう。 もちろん、一番良いのは、メールではなく直接お礼を告げること。 退職までに会う機会がある方に対しては、しっかり直に感謝を伝えるようにしましょう。 いざメールを送るにあたって。 そのまま使える文例をご紹介! 社内への一斉送信は「シンプル」が肝心! それでは、いちばん迷うことになる「内容」に関してです。 ただ、要点さえ抑えれば、決して身構えるものではありません。 以下にポイントを踏まえてご紹介しますので、ぜひ参考にしてください。 まずは社内への挨拶メールについてです。 メールの中には、迷惑メールや自分には関係ないものとして、読み飛ばされる場合があります。 そのため、件名は趣旨がひと目で分かるものにしましょう。 一度書き始めると、どうしても退職理由まで細かく書きたくなるかもしれません。 ですが、あまり込み入った話をしないのが、ビジネスマナーです。 「一身上の都合」と書くにとどめるようにしましょう。 今後も社内での関係性を維持し、連絡をとっていきたい方もいると思います。 社内の場合は、挨拶メールに「試用の連絡先」を書いてもOKです。 「今後連絡をいただける場合は、下記までお願いします」と添えるようにしましょう。 そして、名前と所属先のみを書いたシンプルな署名をつけるのがポイントです。 最後になりましたが、皆様のさらなるご健勝とご活躍を心よりお祈り申し上げます。 今まで、本当にありがとうございました。 社外への挨拶は「安心してもらう」目的で! 取引先にメールを送る際の内容も、基本的に社内とは変わりません。 ですが、明確に変わるところが3点あるので、お伝えします。 取引先がメールを受け取った際、返信や電話をくださる場合もあるかもしれません。 その際「連絡をしてみたら、辞めた後だった」というのは失礼にあたるものです。 だからこそ、いつ退社するのか、しっかり明記するようにしましょう。 仕事を引き継ぐ必要がありますので、その場合は後任者の名前を絶対に書くようにしましょう。 もちろん、退職前に一度直接ご挨拶するのがいちばんですが、難しい場合はメールに一文添えると良いです。 退職後の連絡先を書いて、その後のビジネスに発展してしまった場合、今いる会社に「顧客情報を利用している」と誤解を与えてしまうことがあります。 どうしても書きたい場合は、上司などに相談するようにしましょう。

次の

取引先に退職の挨拶をする適切な方法。気を付けたいポイントとは?

退職 挨拶 電話

敬語のマナーの例 ビジネスの文書や会話で良く使われる敬語は? …ビジネスの文書や会話の中で、相手に対する敬意を表わすために、相手に関するものを敬う表現を使います。 例えば相手に関するものは「貴社」「御社」のように「貴、御」などをつけ、自分や自分に関するものをへりくだってする表現には「弊社」「拙宅」など、「弊、拙、小」などをつけます。 ビジネスでの会話で良く用いられる敬語のマナーは? …会話の中では、自分をへりくだって表現することにより相手に対する敬意を表わす謙譲語を良く用います。 ビジネス文書の送付のマナーの例 ビジネス郵便物を送るときの宛名の書き方は? …会社あてに郵便物を送る時の宛名は、社名や部署名の下に「御中」とつけます。 「サンプル商事御中 見本一郎様」というように「御中」と「様」を同時に使用している文書を見かけることがありますがこの使い方はNGです。 請求書や見積書などのビジネス文書を送るときのマナーは? …ビジネス文書を送る時には、その文書だけを送るのではなく、必ず送付状(添え状または送付案内状とも言います)を同封します。 送付日、担当者、同封する書面の内容、送付枚数などについて記載し、受け取り手が、記載内容を見て、送られてきた内容に不足や誤りがないかを確認することができます。 就職活動のマナーの例 履歴書や職務経歴書を送るときの送り状には決まった書き方があるの? …就職や転職を希望する人が書類を郵送する際に同封する書類を送り状(添え状)と言います。 人事担当者が書類選考をする際に少しでも目に留まるように送り状でも簡単な自己PRをすると良いでしょう。 特に多数の応募が予想されるような場合には少しのチャンスでも有効に活用します。 内定が決まったらお礼状を出すの? …近ごろは大学の就職課、学生課が学生に対して「内定を受け取ったらお礼状を出すように」と指導しているところが増えてきているようです。 お礼状は「内定承諾書」「入社承諾書」「誓約書」など、会社から指定された提出書類と一緒に送ると良いでしょう。 例文を紹介していますのでご参照ください。

次の

退職の挨拶はこれで決まり!万人受けするメール・スピーチの例文集

退職 挨拶 電話

社外への挨拶では何を伝えるべき? 初めての退職だと挨拶といっても何を伝えれば分からない人もいると思います。 得意先や協力会社などへの挨拶では、以下の3つの点を伝えるようにしましょう。 訪問のお願いをする場合は、先方や後任の日程都合もありますので、なるべく早めに連絡をして退職日前にアポ設定できるよう調整しましょう。 取引先企業と後任担当者を知るあなたが、関係構築をサポートできるように引き継ぎをしっかりと行いましょう。 具体的な後任への引き継ぎのコツは記事後半でご説明しています。 とくにメールで挨拶を行う時には、ビジネステンプレート的な文章になってしまいがちです。 出来れば、その 企業・担当者との個別エピソード等を交えながらお礼を伝えられると、先方にも良い印象を与えることができます。 得意先への退職挨拶の注意点!会社に迷惑をかけないための3つのマナー 退職の挨拶では、避けるべき話題などもあります。 あなたと先方企業との関係は終わりますが、今後も自社の取引先であることは変わりません。 以下の挨拶マナーを守って、後腐れのない引き継ぎを心がけてください。 あくまで会社のお客様であり、ビジネス上の付き合いであることを忘れないでください。 会社を辞める時には、仕事に対する気持ちが緩んでしまいがちですが、 漏らした内容によっては現職の会社と訴訟問題にも発展しかねません。 コンプライアンスは最後まで守りましょう。 たとえ退職の理由がネガティブなものであったとしても、そのまま伝えるのは避けましょう。 仕事が辛いから、パワハラやモラハラがあった、など内容次第では、会社の評判を大きく落とす事態に発展します。 場合によっては、それが理由で取引が終了することもあります。 そうなっては大問題ですよね。 退職理由を聞かれたら、基本的には一身上の都合と伝えるのがマナーです。 ただし、 妊娠・出産や結婚などおめでたい前向きな理由である場合は、素直に伝えても良いでしょう。 何度も繰り返しになりますが、退職時には顧客との関係性を壊さず円滑に引き継ぎを行ってください。 一斉メールが必ずしもダメというわけではありませんが、受け取り側の気持ちを考えると自分宛てに届いたメールの方が気持ちの良い挨拶となるでしょう。 上手な後任への引き継ぎ方法!顧客と良好な関係を続けるポイント 後任担当者への引き継ぎも退職前にやっておくべき重要事項です。 あなたの退職後も、顧客と後任が良い関係を続けていくためにただ後任を紹介するだけではなく、企業と後任双方へ配慮をすることが大切です。 後任へ顧客情報の共有をしっかりと行う まず、後任担当者に顧客情報の共有をしっかりと行いましょう。 これまでの取引回数や取引内容などの定量的な情報だけではなく、 先方担当者の人柄やタイプ、取引先への満足度など定性的な情報まで、漏れなく伝えることが大事です。 トラブルなく、後任がスムーズに顧客とやりとりするためにあなたの情報共有が肝になります。 一緒に訪問する時は仲介人であるという意識を忘れない 後任と一緒にクライアントを訪問して挨拶する場合には、自分の話ばかりをするのではなく、後任と顧客の関係性構築を意識しましょう。 例えば、後任の社内での良い評判や人柄をお客様に紹介したりすると良いと思います。 お客様から「次の担当は頼りなさそう」と思われてしまっては、引き継ぎがうまくいったとはいえません。 単に窓口が変わったことを伝えるのではなく、担当が変わっても顧客が安心できるような気遣いをするのが引き継ぎ挨拶の目的です。 取引先への退職挨拶メールの例文 挨拶メールの例文を、2パターンご紹介します。 退職報告後に後任と一緒に挨拶にいくケースと後任が1人で挨拶するケースで、それぞれ紹介します。 退職報告後、後任と一緒に取引先に挨拶する時のメール お世話になっている取引先には、後任と一緒に挨拶に行くほうが良いでしょう。 誠にありがとうございました。 本来であれば、直接ご挨拶をさせていただくべきところ、メールでのご連絡となってしまい申し訳ありません。 下記日程のうち、ご都合のよろしいお時間はありますでしょうか。 貴社にご迷惑をおかけすることのないよう、十分に配慮いたしますので、今後とも変わらぬご愛顧のほどお願い申し上げます。 ================== 署名 退職報告後、後任が単独で挨拶に行く時のメール あなたと後任が一緒になってご挨拶に伺わない場合は、このように書きます。 誠にありがとうございました。 本来であれば、直接ご挨拶をさせていただくべきところ、メールでの急なご連絡となってしまい申し訳ありません。 ================== 署名.

次の