スーパー コンボ 女優。 ワイルドスピードスーパーコンボの指導者って誰?最新作には登場するの?

『ワイルド・スピード/スーパーコンボ』最新予告映像

スーパー コンボ 女優

— 2019年12月月26日午前1時10分PST 舞台は「アイスブレイク」の事件から2年後。 元MI6エージェントのデッカード・ショウ(ジェイソン・ステイサム)と元FBI特別捜査官ルーク・ホブス(ドウェイン・ジョンソン)は、政府から協力要請を受けます。 要請はデッカードの妹で、肉体を改造したテロ組織のリーダー・ブリクストンに襲われて行方不明になっているMI6エージェントのハッティを、保護するというものだった。 ハッティは人類の半分を死滅させるウイルス兵器を、潜入捜査で入手していたのです。 人類の脅威となる兵器ウイルスの回収を最優先するため、二人は渋々コンビを組むことにします。 犬猿の性悪同士が手を組んだ「スーパーコンボ」が、敵に立ち向かっていくのです! Sponsored Links キャスト — 2019年12月月21日午前3時13分PST ショウが初登場したのはシリーズ6作目の「ワイルド・スピード ユーロ・ミッション」のエンディング後に姿を現しました。 演じるジェイソン・ステイサムは、イギリス出身の俳優で飛込みの選手やファッションモデルとしての経歴を持っています。 ブリクストンはハイテクなテロ組織の「エティオン」によって肉体を改造され、人間離れした能力を手にしています。 改造人間ブリクストンは姿を見せないボスの指令によって動き、ホブス&ショウに敗れた後は、生きるも死ぬもボスの「一声」によって機能を終了させられてしまうのです。 声のみでブリクストンを操っていた「指導者(ディレクター)」の正体は何者なのか!? 「指導者」の存在は映画のラストで、過去にホブス&ショウのどちらにも何らかの関係があることが示唆されています。 指導者って誰? — 2019年12月月17日午前3時32分PST 謎の声?・・・「指導者」の正体に迫るためのヒントがあります。 最大のポイントは、本作で「指導者」の声を務めた俳優にあります。 エンドクレジットには「Champ Nightengale」という謎の名前が?掲載されていますが、この名前は『デッドプール』シリーズで知られる俳優ライアン・レイノルズの運営するジンのブランド「アビエイション・アメリカン・ジン」のAmazon商品ページに自らカスタマーレビューを投稿した際に使用した偽名なのです。 ということは声の主とは・・・チャンプ・ナイテンゲール=ライアン・レイノルズでは!! また、エティオンの指導者はかつてホブスと戦ったという話をしていました。 過去にホブスが戦ったテロリストといえばサイファー・ジャカンディ・オーウェンの3人でした。 3人の内サイファーは逃走、ジャカンディは死亡、オーウェンは不明です。 逃走者が、過去の怨みや復讐のために再度登場したのでしょうか! もしくは、これまでシリーズに登場しなかった新キャラクターか? 最新作には登場するの? — 2019年12月月16日午前4時31分PST 本作で登場したエティオンは、現代のテクノロジーとは思えないほどの技術力と資本を持っているテロリスト集団です。 彼らの目的は一貫して世界を救うということにあるのかと思われますが、もしかするとそれ自体「指導者の嘘」で、指導者の目的は世界を征服することが本来の目的としているかもしれません。 そして、再度ディレクターが登場する可能性は濃厚と思われます。 Sponsored Links まとめ.

次の

【ワイルドスピード/スーパーコンボ】知っておきたい全てのこと|予習

スーパー コンボ 女優

監督は『』や『』の。 初の長編映画で、シリーズ第8作『』から2年後を舞台に、演じるルーク・ホブスと演じるデッカード・ショウを主人公に描く。 あらすじ ・。 殺人ウイルス「スノーフレーク」を積んだテロ組織のトラックをの部隊が襲撃。 ウイルスを確保しようとするも、 ブリクストン率いる科学テロ組織「エティオン」の一団が現れ部隊を一掃する。 部隊の1人 ハッティ・ショウは、ブリクストンらの手にウイルスが渡るのを阻止するためウイルスを自身の体内に注入しその場から逃走。 ウイルスを逃したブリクストンは情報操作によってハッティを部隊を裏切ったテロリストに仕立て上げたのであった。 英米両政府は、元アメリカ外交保安部(DSS)の捜査官 ルーク・ホブスと、ハッティの兄で元イギリス軍特殊部隊員・元MI6エージェントの デッカード・ショウにハッティの保護を依頼。 かつて敵同士であった経緯から協力関係を結ぶことを拒否した2人は単独で行動するも、ホブスがハッティの身柄を確保したことで再び合流。 しかし、そこへブリクストンが現れハッティを連れ去る。 ブリクストンを追うホブスとショウであったが、組織に人体改造を施され超人的な力を得たブリクストンの前に2人がかりでも苦戦を強いられ、ハッティを取り戻しカーチェイスの末にブリクストンの追跡を振り切るもハッティと同じく情報操作によってテロリストに仕立て上げられてしまう。 3人はエティオンに関わる アンドレイコという男の存在を突き止め、接触する。 科学者であるアンドレイコはスノーフレークを生み出した張本人で、それをエティオンに悪用されてしまったのだという。 ウイルスが間も無くハッティの体を侵し世界に拡散するであろうこと、エティオンの研究所にある装置でしか体内のウイルスの抽出ができないことを聞き出した3人は、研究所のあるウクライナに向かう。 マダムMの手引きによって研究所内に潜入、一度はブリクストンに拘束されるも装置を奪うことに成功する。 しかし、脱出の際の激しいカーチェイスによって装置は破損してしまうのであった。 ホブスは装置を修理するため、疎遠になっていた故郷を訪れることを決意する。 家族・故郷を裏切った過去から兄・ ジョナをはじめとする兄弟はホブスへの協力を拒否するも、母から喝を入れられたホブス兄弟たちは家族で営むカーカスタムショップのノウハウを生かし装置の修理を開始。 ホブスやショウは戦いに備え、地の利を活かした作戦を計画する。 ショウの読み通り、ブリクストンは夜明けを狙って襲撃を仕掛ける。 決戦を前にホブスとジョナ、ショウとハッティはそれぞれわだかまりを解消。 家族愛を確かめ合いブリクストンとの決戦に臨むのであった。 ハッティは修理を完了した抽出装置を取り付ける。 ハッティの工作により武器が無効化されたブリクストンの部隊とサモアの島民との間で肉弾戦が勃発。 地の利を活かして形勢優位に戦うサモア人たちであったが、超人的なブリクストンの相手にはならず、ブリクストンは装置をつけたままのハッティを連れてヘリコプターでの逃走を図る。 ホブスとショウ、ジョナらホブス兄弟はレッカー車でヘリを追い、フックでヘリを捕らえ上昇を阻止、罠を仕掛けていた北側の崖へとヘリを誘導する。 ヘリは罠によってダメージを受け上昇不能となったが、ブリクストンはヘリを急降下させレッカー車もろとも崖の中腹へ墜落。 ホブスとショウは再びブリクストンとの直接対決に挑む。 ブリクストンの超人的能力の前にやはり苦戦する2人であったが、一方が攻撃を受けると同時に他方が攻撃を加えるというコンビネーション攻撃を駆使して徐々にブリクストンを追い詰める。 ダメージを負い戦闘不能となったブリクストンに対し、ホブスとショウは「人を信じること」が強さだと説く。 しかし、エティオンの「指導者(ディレクター)」から「廃棄処分」と判断されたブリクストンは崖から転落し海の藻屑と化した。 ハッティのウイルスも抽出が完了し、無事ウイルスの拡散を阻止したホブスとショウ。 彼らに対し、ヘリのスピーカーを通してディレクターは宣戦布告するのであった。 エンドクレジット。 娘の サマンサと共に改めてサモアを訪れ家族との絆を取り戻したホブス。 ハッティと共に服役中の母・ マグダレーンとの面会を果たしたショウ。 家族愛を再確認した2人のもとへ新たなウイルス出現の知らせが届く。 登場人物 ルーク・ホブス 元アメリカ外交保安部(DSS)捜査官。 ロサンゼルスにて娘のサマンサと暮らしていたところ、の要請を受ける。 ショウとは犬猿の仲であり、任務の協力者として顔を合わせたショウに対して「『』の気取った発音が気に入らない」などと口汚く罵った挙句、共同作戦中も終始いがみ合っている。 本作でサモア出身であることが明かされた。 父親はかつて家族ぐるみでの盗品稼業に手を染めており、自身もそれに加担していた過去があったことから警察官となった。 島を出て警察官となったこと、警察官として父親を検挙したことなどが家族から「裏切り」と見なされ故郷とは疎遠になっていた。 デッカード・ショウ 元イギリス軍特殊部隊員で元MI6エージェント。 ロンドンにて愛車のと共に優雅な生活を送っていたところ、の要請を受ける。 ホブスとは犬猿の仲であり、任務の協力者として顔を合わせた際には「顔を見ると目が腐る」などと罵った。 家族想いであり、服役中の母親と定期的に面会している他、疎遠となっていた妹のハッティに対しても積極的に関係修復を試みている。 ブリクストン 元MI6エージェントで超人的な能力を持ち自らを「黒いスーパーマン」と称するテロ組織「エティオン」の戦士。 全身黒のハイテクスーツに身を包み、自動走行や自在な変形が可能なハイテクバイクに搭乗する。 増強されたパワーや俊敏性を武器に、敵の行動を予測する能力を駆使して攻撃を受けることなく相手にダメージを与える。 かつてはショウの同僚であったが、任務上の都合からショウによって射殺された。 その後エティオンに人体実験を施され超人として復活。 ショウに裏切られたことを恨み、人を信じることを拒否している。 エティオンが掲げる「人類の殲滅による世界の浄化」の実現を目指し、「スノーフレーク」を利用しようとする。 エティオンの権力を利用した情報操作を得意としており、ショウがMI6から追われることとなった原因を作った。 ハッティ・ショウ MI6エージェントでデッカードの妹。 兄であるデッカードに対してはMI6を裏切った人物として距離を置いていた。 幼少期から兄と共に銀行強盗ごっこなどで遊んていた。 マグダレーン・ショウ デッカードとハッティの母親。 本作では服役中となっており、模範囚である模様。 子供達の兄妹仲を案じている。 悪の組織から多種多様な武器を強奪し流通させている。 女性で構成されるチームを率いる。 ショウとは良い仲にある模様で、エティオンの研究所へ潜入する際には武器や戦闘機を提供したり作戦に協力するなど全面的にサポートしている。 ロック CIAのエージェントでホブスの友人。 ホブスにハッティ保護任務を要請する。 饒舌で軽口が目立ち、軽薄な印象を受けるもののEDクレジットの描写から、かなり現場慣れし戦闘術に長けたエージェントであることが伺える。 09点となっている。 劇中に登場する主なマシン 自動車• - 青色の個体がデッカードの愛車として主に登場し、ポスターにも登場している。 ロンドンでのカーチェイスの際に損傷し乗り捨てる。 なお、メガスーパーカーモーターショー2019での本作のPRブースでは、同仕様の車両の展示があった。 - デッカードのコレクション車両の1台として登場。 - デッカードのコレクション車両の1台として登場。 - デッカードのコレクション車両の1台として登場。 なお、『ミニミニ大作戦』 を髣髴とさせるセリフが登場している。 - 黒色の個体がマダムMの際に赴く際に用いられている。 - 改造したようなデザインの装甲車が敵の使用する主要なマシンの1つとして多数登場する。 積載車 敵の所有する大型の積載車。 エティオンの研究所から脱出する際に奪い取り、カーチェイスを繰り広げた。 バギー いかにもオフロードバギーといった見た目のデザインで、上記の積載車と共に脱出に使用された。 レッカー車 ホブス兄弟たちによって改造されたレッカー車が何台も登場し、力を合わせて敵のヘリと対峙する。 - オープニングクレジットに於いてホブスの愛車として登場。 バイク• - ブリクストンの使用する主要なマシンの1つ。 に登場する、ディアブロス・カスタムというバイクに非常によく似た形状のヘッドライトが特徴。 自動走行、変形機構を有しており、持ち主の元へ素早く駆け付ける。 航空機• 旅客機 民間の旅客機。 ロシアへの移動に使われた。 旅客機内では新たな協力を得ることができた。 ジェット戦闘機 整備された滑走路でなくとも、豪邸の庭(芝生)から飛び立つことができる。 エティオンの研究所への移動に使われた。 UH-60 主に中盤から終盤にかけて登場する。 映画館の展示やポスター等一部メディアにはAH-64が使われており、本来はAH-64になる予定であったが変更されたことが推測される(よって、シーンの変更が行われたことも分かる)。 ドローン 小型の無人航空機で、銃を装備しており、上空から攻撃を仕掛ける。 脚注 注釈• D'Alessandro, Anthony 2018年5月9日. Deadline. 2018年5月15日閲覧。 映画ナタリー. 2019年2月4日. 2019年3月12日閲覧。 映画ナタリー. 2019年3月28日. 2019年4月6日閲覧。 2019年9月7日閲覧。 2019年9月7日閲覧。 - 2020年2月14日閲覧。 シネマトゥデイ. 2019年2月5日. 2019年3月12日閲覧。 アニメイトタイムズ アニメイト. 2019年7月12日. 2019年7月12日閲覧。 ふきカエル大作戦!! 2019年8月5日. 2019年8月5日閲覧。 シネマトゥデイ. 2019年7月30日. 2019年8月1日閲覧。 ディアブロス・カスタムのモデルはドゥカティ・ディアベル draXterであり、その両車を組み合わせたようなデザインとなっている。 外部リンク• - (英語)• - (英語)• 日本語版オフィシャルサイト.

次の

スーパーコンボの最後エンドロール後を考察!デッドプールのライアンレイノルズ参戦!?

スーパー コンボ 女優

声で気づいた方が多いと思いますが、彼は デッドプール役のライアン・レイノルズ。 生年月日:1976年10月23日(42歳)• 出身:カナダ・バンクーバー• 身長:188cm• 配偶者:スカーレット・ヨハンソン(2008-2010)ブレイク・ライブリー(2012年-)• 代表作:ウルヴァリン:XMEN ZERO、グリーンランタン、デッドプールシリーズ 今作の監督がデッドプール2を手掛けたデヴィッド・リーチということで、ライアンがスーパーコンボにキャスティングされたことに納得ですね。 デッドプールのときと似たようなキャラクターでとにかく話が長い。 カメオ出演のわりには彼の尺が長かったように感じていますね。 エンドロール後にも登場したので、続編が作られたらまた出てきそうなキャラクターですね。 ジュマンジのケヴィン・ハート ライアンに続き、カメオ出演の割に印象が強かったケヴィン・ハート。 スーパーコンボでの役名はAir Marshall Dinkley。 指名手配されている3人が飛行機に乗っているときに、口喧嘩をしているホブスとショウの仲介役になった人。 なんでも手配できる人で、間接的にハッティの体内からウイルスを取り除くミッションに関わったといえるでしょう。 彼も話が長く、正直どんな内容を話していたかあまり覚えてないですね。 生年月日:1979年7月6日(40歳)• 出身:アメリカ合衆国ペンシルベニア州• 身長:163cm• 職業:俳優、コメディアン• 代表作:ペット、ジュマンジ ケヴィンはジュマンジの主要キャラクターとして、ホブス役のドウェイン・ジョンソンと共演しています。 同映画でドウェインと相性が良かったことから、今回スーパーコンボにもキャスティングされたのだと思います。 一つはライアン・レイノルズが襲撃を受けてホブスに電話をするシーン。 新型ウイルスが発見され、彼いわく今度は皮膚を溶かすものだとか。 ということで、このウイルスが次回作につながる伏線となるのでしょう。 ただ、またウイルスだと今作と変わらないストーリーになることが予想され、面白くなるのか心配ですね。 ブリクストンを支配していたラスボスがまだ生きていることから、次回作では彼が表に出てくるかもしれません。 そしてもう一つは、ホブスがショウに電話をしたあとに、ショウのいたカフェに警察が襲撃するシーン。 なぜ、彼のところに警察が来たのかよくわかりませんが、どうやらホブスが彼を裏切り通報した模様。 そういえば、 ホブスとショウの決着はまだついていないので、次回作では再びホブスvsショウの展開が見れるかもしれません ね。 カメオ出演したライアン・レイノルズとケヴィン・ハートは、スーパーコンボの監督やキャストと接点があったことで、キャスティングされたのではないかということでした。 エンドロール後に、新たにウイルスが発見されことが判明し、再びホブスとショウが対立する伏線を残しており、続編が楽しみですね!.

次の