村人 です が 何 か 無料。 LV999の村人 1

LV999の村人のネタバレと感想【無料立ち読み】

村人 です が 何 か 無料

才能の有りし者には戦士に武闘家か。 はたまた僧侶か魔法使い。 盗賊に商人に狩人に呪術師と、様々に役割を得る事も可能ではあるが、神の御業である天啓にて得られる王族に賢者と勇者は、世界の命運を託されるほんの一握りの存在でしかない。 そしてこの世の価値無しと、ありふれた存在は凡庸たる村人だった。 だがLV999にいたる村人は、既に凡庸な存在ではなく、世界を変える存在となる。 これは運命と役割に挑む、一人の村人の物語である。 LV999の村人のあらすじ紹介 剣と魔法の世界であるアースクリアに生まれたる者には役割が存在する。 神によって天啓を得て、国を統べる事を許された王族となるか、王や全ての人々に叡智を授ける賢者となるのか、それとも国を救うべき勇者として、救国の英雄となるのか、それは全て神の采配でしか得る事の出来ない役割だった。 だが大抵の人々は賢者として王族として勇者としての役割を与えられることは無く、戦士か武闘家か、僧侶か魔法使いの役割を与えられ、勇者と共に世界を救うべくに旅立つのがセオリーであるも、それもまた選ばれた役割を与えられた特別な存在に変わりはなかった。 才能亡き者と神から烙印を押され、力無き者として守られる側にいる存在である村人が、世界の大半を占める世界。 鏡・浩二もこの世界にて、大した役割を神から与えられなかった、その他大勢の大衆こと村人でしかない。 平凡な衣服屋を営む夫婦の間に生まれた、ごく普通の凡人でしかない彼。 国を繁栄させるが為の役割を持ち、宿屋か道具屋を営み過ごす事を運命づけられた存在の彼は、事もあろうことかLV999の村人だった。 そんな彼は世界を救わずに、生活の為に自分の為にと今日もモンスター退治に精を出していた。 目標金額10000ゴールドを目指し、今日も手軽な金稼ぎであるモンスター退治を行っていく。 これはそんな村人の神の役割を無視する者の物語である。 LV999の村人のネタバレ・今後の展開 世界を救う勇者でもない、ただの村人である鏡・浩二は、ステータスや役割とHPなどが存在する世界において、モンスター退治をしながらに日銭を稼ぐと言う、なんとも剣と魔法の世界に適応した生活をする村人でもありました。 アースクリアに生まれた者ならば、村人に生まれ落ちてしまった時点で色々と負け組な人生かと思いきや、世界の理を逆手に取り、普通に働くよりはモンスター退治をすれば、効率よく稼げると、そんな仕組みを生活に活かしたなんともチートな村人でした。 でも真正面からモンスターと戦うのではなく、石などを投げ、距離を置き投擲でモンスターを倒すと、姑息な手段を使いながら、日々モンスター退治を続けていった結果、いつのまにかLVが999と。 実にとんでもない成長を遂げてしまった村人の彼。 今の彼にはLV上げよりも、お金稼ぎに夢中となり、ある店に売られている10000万ゴールドの何かを買う為に、必死に資金調達に勤しんでいました。 でもある日、彼が洞窟の隠し部屋で見つけた聖剣を勝手に勇者に売ってしまった事で、事態がとんでもない彷徨へと動いてしまいます。 また魔王の娘ことアリスと知りあり、大きく運命を変えていく事となる鏡。 はたしてレベル最強の村人は、世界を救う事ができるのでしょうかと、続きが気になる、村人の英雄譚となっています。 サイト内で【 LV999の村人】を検索! LV999の村人の読んでみた感想・評価 「LV999の村人」は、小説家になろうで連載している、星月子猫先生によるファンタジーライトノベル作品です。 レベルが999と、既にカンストの位置にある、チートな村人の鏡を主人公に繰り広げられる英雄譚。 普通ファンタジーならばと、神々より与えられた聖剣を抜き、ドラゴンを必殺技で退治するなど、またチートな能力を持って世界を救うなどがありますが、この村人の主人公は、そんなチートにも恵まれなかった、ごく普通のただの村人でした。 ただ彼にあったのは、世界を恐怖するのではなく、世界を受け入れて挑戦する前向きさと、役割なんて気にはしない、自分自身の気持ちに素直なところなど、ポジティブな思考でした。 自分の命を奪う危険な存在であるモンスター相手に怯むことなくに、頭を使い戦う術を見言い出し、レベルを稼いでお金を稼ぐと、恐怖の存在であるモンスターを日銭を稼ぐ簡単な手段として受け入れているなど。 危険な世界に臆することなくに、世界をありのままに受け入れ、日々をのんびりと生きている鏡に、どことなくに愛嬌が持てるなど、その独善としたマイペースさが、この物語の主人公に相応しい生き様と言えます。 そんな最強の村人となってしまった彼ですが、勇者と共に世界を救うのではなく、魔王の娘の為に動くと、なんともフリーダムな村人さんの無双ぷっりに世界が揺れ動く事となると、実に痛快な物語となっていきます。 勇者を引き立たせる立ち役にもなれない、ただの脇役の村人が主役となる物語。 そんなファンタジーライトノベルもあってもいいじゃないかと思えるような、痛快な内容です。 ファンタジーRPGをプレイした人におススメ ファンタジーRPGをプレイした人におススメしたい、またゲームの中で話しかけるだけの村人が、颯爽と活躍する作品を読んでみたい方におススメしたいのが、この「LV999の村人」です。 かつてRPGをプレイした人ならば、ふと思ったことはありませんか? なんでこの村人はこの情報を知っているのだろうと? 例えばここから東に行けば伝説の武器があるだとか、武器は装備しなければ使えないぜと、得意げに当たり前の事を言う村人など、勇者を導く役目を追った彼らが、もし主役になればどんなに面白いのかと、そんな気持ちを作品にしてくれたのが、今作です。 RPGにおいては脇役以下の存在でしかなく、下手をすれば話しかけずに通り過ぎてしまう、モブ以下の存在である村人。 そんな村人を代表する主人公が、勇者よりも強く、勇者よりも世界を愛している等と、どっちが主人公か解ら無くなってしまう面白さや、村人が勇者よりもカッコいいと思える小説がこの作品です。 伝説の聖剣すらも売ってしまい、日銭を稼ぐ事を目的とした村人が、世界を救う為に活躍すると、今までに無い冒険英雄譚なライトノベル作品。 ありふれた勇者の物語ではなく、ありふれた筈の存在である村人が輝く主役となり、英雄となる、そんな話を読んでみたい人や、成り上がりの極地を堪能したい人に読んでほしい作品です。

次の

村人検索

村人 です が 何 か 無料

村人ですが何か?のあらすじ紹介 リュート=マクレーンこと飯島竜人は異世界に転生した人物でした。 異世界転生と聴けば大抵はチートな能力が付きものと思いきや、リュートは何の能力も持たずに異世界転生してしまった、ただのしがない農家の息子でした。 でも彼は平和な日々を送り、貧しいながらも幸福な家族に恵まれ、また自分の事を好いてくれる幼馴染のコーデリア=オールストンに想いを抱かれる等、それなりの幸福を得ていましたが、それはある日あっさりと終わりを告げてしまいます。 それは15歳となった頃。 リュートとコーデリア、そして幼馴染のモーゼズと共に村はずれの森へと赴いていました。 コーデリアは勇者の素質を持ち、王都の騎士団への入隊が決まっていました。 またモーゼズも賢者としての素質を持ち、幼馴染の二人はチート持ちと、リュートは肩身が狭い思いをしていましたが、そんな自分を区別なく接してくれる二人の事を大切に想っていました。 またコーデリアは、リュートに密かに想いを寄せていました。 王都へと旅立つ前に想い出を作りたいと、また自分の想いを告げたいと思い、彼を村から連れ出したのですが、それがリュートの命取りとなってしまいます。 コーデリアに屈折した想いを寄せていたモーゼズによって薬を盛られ、川へと落とされてしまいます。 村人ですが何か?のネタバレ・今後の展開 リュートが滝壺から落とされてしまい、激しい激流によって行きついた先は、人語を解するドラゴンの住む洞窟でした。 偶然にも流れ着いたリュートですが、命は既に風前の灯でした。 もはや手の施しようの無い致命傷を負ってしまった彼は、ドラゴンの慈悲で願いを聞き届けてもらう事となりました。 彼が願った事、それは……彼等の住処に連れていってもらい、強くなる事でした。 でも、今から死んでしまうリュートを連れていく事は出来ず、また年齢も幼ければ駄目だと言われてしまいます。 でもそれがリュートの狙いだったのです。 彼は転生者でしたが、チート能力を持たずに生まれ変わっていたのではなく、彼は転生前の女神さまとの謁見の際に、ある能力をもらっていたのです。 それは……死に戻りの能力でした。 彼はチュートリアルとして、自分が生まれかわる異世界に転生し、再び生まれ変わる為に、ドラゴンとの約束を取り付けたのです。 再び死に、女神さまの元へと戻った彼は、再び転生をする事となります。 はたして三度目のやり直しで、彼は英雄へと成り上がる事ができるのでしょうか? サイト内で【 村人ですが何か?】を検索! 村人ですが何か?の読んでみた感想・評価 異世界転生を題材にしたライトノベル作品が多く出されている中で、試行錯誤の主人公を取り扱った今作。 自分が生まれ変わる異世界のチュートリアルを知る為に、死に戻りを選び、ドラゴンの下で修業をすると、最強のチートなチャンスを得た、主人公リュートの成長が楽しめる内容となっています。 チート物と言えば、大抵はご都合主義的なものと思いきや、彼は異世界でも耐えられる為の不屈の精神と、ガーデニングの才能を持って異世界転生をする事に成功します。 持って生まれた能力だけでトントン拍子で成り上がっていくエスカレータ式な主人公ではなく、努力型のヒーローとして成長を遂げていく彼。 そんな彼の事を慕うヒロインのコーデリアにリリスと、恋のバトルも楽しみな展開が読み所な今作は、村人として生まれた彼が、世界を救う勇者ではなく、英雄として成り上がっていく物語。 選ばれた勇者ではなく、それすらも超えていく英雄となる冒険譚を楽しめる、最高のライトノベルとも言えます。 モブ役に焦点を当てた少し変わったライトノベルです 勇者ではなく村人が好きな人に、またファンタジー作品のモブ役である村人を主役に当てたライトノベル作品を読んでみたいと思う方におススメしたのが、今作の「村人ですが何か?」です。 村人と、ファンタジー作品では決して日の当たらない、脇役の中の脇役とも言われている様なモブに生まれ変わってしまった主人公のリュートの活躍する、成り上がりの冒険譚となっています。 チートを女神さまから貰う事ができると、異世界転生ならば思わずチートな能力を選んでしまう所を、選ばずに、自分が生まれ変わる異世界の情報を集める為のチュートリアルから始め、死に戻りで再び転生し直すと、盲点を突いた展開などの見所があります。 生まれ持った能力で無双するのではなく、実力が伴った完成された能力を手に入れる為に努力をして行く主人公と、チートな異世界転生なライトノベルは苦手な人にも楽しめる内容となっており、異世界ならチートがあり気だろうと思う方にも満足の出来る内容の作品となっています。

次の

村人検索

村人 です が 何 か 無料

村人ですが何か?のあらすじ紹介 リュート=マクレーンこと飯島竜人は異世界に転生した人物でした。 異世界転生と聴けば大抵はチートな能力が付きものと思いきや、リュートは何の能力も持たずに異世界転生してしまった、ただのしがない農家の息子でした。 でも彼は平和な日々を送り、貧しいながらも幸福な家族に恵まれ、また自分の事を好いてくれる幼馴染のコーデリア=オールストンに想いを抱かれる等、それなりの幸福を得ていましたが、それはある日あっさりと終わりを告げてしまいます。 それは15歳となった頃。 リュートとコーデリア、そして幼馴染のモーゼズと共に村はずれの森へと赴いていました。 コーデリアは勇者の素質を持ち、王都の騎士団への入隊が決まっていました。 またモーゼズも賢者としての素質を持ち、幼馴染の二人はチート持ちと、リュートは肩身が狭い思いをしていましたが、そんな自分を区別なく接してくれる二人の事を大切に想っていました。 またコーデリアは、リュートに密かに想いを寄せていました。 王都へと旅立つ前に想い出を作りたいと、また自分の想いを告げたいと思い、彼を村から連れ出したのですが、それがリュートの命取りとなってしまいます。 コーデリアに屈折した想いを寄せていたモーゼズによって薬を盛られ、川へと落とされてしまいます。 村人ですが何か?のネタバレ・今後の展開 リュートが滝壺から落とされてしまい、激しい激流によって行きついた先は、人語を解するドラゴンの住む洞窟でした。 偶然にも流れ着いたリュートですが、命は既に風前の灯でした。 もはや手の施しようの無い致命傷を負ってしまった彼は、ドラゴンの慈悲で願いを聞き届けてもらう事となりました。 彼が願った事、それは……彼等の住処に連れていってもらい、強くなる事でした。 でも、今から死んでしまうリュートを連れていく事は出来ず、また年齢も幼ければ駄目だと言われてしまいます。 でもそれがリュートの狙いだったのです。 彼は転生者でしたが、チート能力を持たずに生まれ変わっていたのではなく、彼は転生前の女神さまとの謁見の際に、ある能力をもらっていたのです。 それは……死に戻りの能力でした。 彼はチュートリアルとして、自分が生まれかわる異世界に転生し、再び生まれ変わる為に、ドラゴンとの約束を取り付けたのです。 再び死に、女神さまの元へと戻った彼は、再び転生をする事となります。 はたして三度目のやり直しで、彼は英雄へと成り上がる事ができるのでしょうか? サイト内で【 村人ですが何か?】を検索! 村人ですが何か?の読んでみた感想・評価 異世界転生を題材にしたライトノベル作品が多く出されている中で、試行錯誤の主人公を取り扱った今作。 自分が生まれ変わる異世界のチュートリアルを知る為に、死に戻りを選び、ドラゴンの下で修業をすると、最強のチートなチャンスを得た、主人公リュートの成長が楽しめる内容となっています。 チート物と言えば、大抵はご都合主義的なものと思いきや、彼は異世界でも耐えられる為の不屈の精神と、ガーデニングの才能を持って異世界転生をする事に成功します。 持って生まれた能力だけでトントン拍子で成り上がっていくエスカレータ式な主人公ではなく、努力型のヒーローとして成長を遂げていく彼。 そんな彼の事を慕うヒロインのコーデリアにリリスと、恋のバトルも楽しみな展開が読み所な今作は、村人として生まれた彼が、世界を救う勇者ではなく、英雄として成り上がっていく物語。 選ばれた勇者ではなく、それすらも超えていく英雄となる冒険譚を楽しめる、最高のライトノベルとも言えます。 モブ役に焦点を当てた少し変わったライトノベルです 勇者ではなく村人が好きな人に、またファンタジー作品のモブ役である村人を主役に当てたライトノベル作品を読んでみたいと思う方におススメしたのが、今作の「村人ですが何か?」です。 村人と、ファンタジー作品では決して日の当たらない、脇役の中の脇役とも言われている様なモブに生まれ変わってしまった主人公のリュートの活躍する、成り上がりの冒険譚となっています。 チートを女神さまから貰う事ができると、異世界転生ならば思わずチートな能力を選んでしまう所を、選ばずに、自分が生まれ変わる異世界の情報を集める為のチュートリアルから始め、死に戻りで再び転生し直すと、盲点を突いた展開などの見所があります。 生まれ持った能力で無双するのではなく、実力が伴った完成された能力を手に入れる為に努力をして行く主人公と、チートな異世界転生なライトノベルは苦手な人にも楽しめる内容となっており、異世界ならチートがあり気だろうと思う方にも満足の出来る内容の作品となっています。

次の