ニュース ライブドア。 エキサイトニュース

エキサイトニュース

ニュース ライブドア

2020年3月20日に発売されたNintendo Switchのゲーム「あつまれ 」が大きな反響を呼んでいる中、インターネット上では人気キャラクター「ちゃちゃまる」や「ジャック」などが、現実の通貨や電子マネーで取引されている。 5000円で売られていくちゃちゃまる 「あつまれ どうぶつの森」(以下あつ森)は、2001年に発売された「どうぶつの森」のシリーズ最新作。 どうぶつたちとともに無人島に移り住み、島に移住してきたキャラクターとの交流や、村での自給自足の生活を通して、各々の島を開拓していくゲームとなっている。 ゲームは現実の時間と連動しているが、社会人など時間に制約のあるユーザーからは「時間が足りない」といった声も。 そのため、島に移住してくるキャラクターの厳選や、ゲーム内のマイレージポイントを集めて交換する「マイル旅行券」を入手するための時間や手間を省くため、現実の金銭でゲーム内コンテンツの売買する人たちが現れた。 一般的に、ゲーム内のコンテンツを現実の通貨や電子マネーで売買することを、「リアルマネートレーディング」(以下RMT)と呼ぶ。 インターネット上では、 「あつまれ どうぶつの森 あつ森 のアイテム 出品31912個 取扱中!登録無料ですぐに取引できます!取引はメッセージで簡単にできて、お金のやりとりは〇〇(編集部注;サイト名)が仲介するから安心!」 「本日より、あつまれ どうぶつの森 RMTの取り扱いを、開始いたします!」 と、あつ森のRMTを行うサイトが多数あり、企業が仲介を行っているものも。 編集部が確認すると、「ちゃちゃまる」、「ジャック」といった人気キャラクターや、「マイル旅行券」、ゲーム内の通貨である「ベル」などの販売が行われている。 ツイッター上でもレアアイテムやキャラクターの販売を行うアカウントが、人気キャラクター「ちゃちゃまる」、「みすず」、「ジュン」を5000円、「ジャック」を8000円で販売していた。 規約上「ポイントやその他の仮想通貨等を現実の通貨で売買」はNG あつ森内で、このようなやりとりは許されているのだろうか。 任天堂公式サイト上の「ニンテンドーネットワーク利用規約」、「第9条ショッピングサービス等」を参照すると、 「お客様は、ニンテンドーネットワークおよびニンテンドーネットワークコンテンツに関して、リアルマネートレード(ポイントやその他の仮想通貨等を現実の通貨で売買する行為をいいます。 )を行うことはできません。 」 と、記載されている。 任天堂はリアルマネートレードの定義を「ポイントやその他の仮想通貨等を現実の通貨で売買する行為」としており、あつ森のポイントや通貨では、「ベル」が該当するだろう。 それでは、ポイントを交換して入手できるアイテム「マイル旅行券」や、キャラクターの売買は、規約に反するのだろうか、J-CASTニュースは任天堂に取材した。 RMT仲介の企業には「個別に対応を検討いたします」 J-CASTニュースは9日、任天堂にメールで取材。 任天堂は10日、「あつまれどうぶつの森」内でRMTが行われている実態について「承知しています」とし、「ユーザー間、もしくはユーザーと企業間におけるキャラクターやアイテムなどの売買は、任天堂のゲーム規約に反しているか」という問いに対して、 「当社の利用規約に違反すると認識しております」 と、明言した。 さらに、キャラクターやアイテムなどの売買を行うユーザーや企業、RMT仲介を行う企業に対しては、総じて「案件ごとに個別に対応を検討いたします」と回答した。 ツイッター上では、 「ちゃちゃまる5000円で人身売買されてた。 闇が深い... 」「近いうちにジャック譲ろうと思ってガチでジャック探し続けてる人を探しているんだけど、検索してもRMT業者ばっかり出てきて嫌になっちゃう、、、」 と嘆く声が上がっている。 外部サイト.

次の

まとめたニュース

ニュース ライブドア

2020年3月20日に発売されたNintendo Switchのゲーム「あつまれ 」が大きな反響を呼んでいる中、インターネット上では人気キャラクター「ちゃちゃまる」や「ジャック」などが、現実の通貨や電子マネーで取引されている。 5000円で売られていくちゃちゃまる 「あつまれ どうぶつの森」(以下あつ森)は、2001年に発売された「どうぶつの森」のシリーズ最新作。 どうぶつたちとともに無人島に移り住み、島に移住してきたキャラクターとの交流や、村での自給自足の生活を通して、各々の島を開拓していくゲームとなっている。 ゲームは現実の時間と連動しているが、社会人など時間に制約のあるユーザーからは「時間が足りない」といった声も。 そのため、島に移住してくるキャラクターの厳選や、ゲーム内のマイレージポイントを集めて交換する「マイル旅行券」を入手するための時間や手間を省くため、現実の金銭でゲーム内コンテンツの売買する人たちが現れた。 一般的に、ゲーム内のコンテンツを現実の通貨や電子マネーで売買することを、「リアルマネートレーディング」(以下RMT)と呼ぶ。 インターネット上では、 「あつまれ どうぶつの森 あつ森 のアイテム 出品31912個 取扱中!登録無料ですぐに取引できます!取引はメッセージで簡単にできて、お金のやりとりは〇〇(編集部注;サイト名)が仲介するから安心!」 「本日より、あつまれ どうぶつの森 RMTの取り扱いを、開始いたします!」 と、あつ森のRMTを行うサイトが多数あり、企業が仲介を行っているものも。 編集部が確認すると、「ちゃちゃまる」、「ジャック」といった人気キャラクターや、「マイル旅行券」、ゲーム内の通貨である「ベル」などの販売が行われている。 ツイッター上でもレアアイテムやキャラクターの販売を行うアカウントが、人気キャラクター「ちゃちゃまる」、「みすず」、「ジュン」を5000円、「ジャック」を8000円で販売していた。 規約上「ポイントやその他の仮想通貨等を現実の通貨で売買」はNG あつ森内で、このようなやりとりは許されているのだろうか。 任天堂公式サイト上の「ニンテンドーネットワーク利用規約」、「第9条ショッピングサービス等」を参照すると、 「お客様は、ニンテンドーネットワークおよびニンテンドーネットワークコンテンツに関して、リアルマネートレード(ポイントやその他の仮想通貨等を現実の通貨で売買する行為をいいます。 )を行うことはできません。 」 と、記載されている。 任天堂はリアルマネートレードの定義を「ポイントやその他の仮想通貨等を現実の通貨で売買する行為」としており、あつ森のポイントや通貨では、「ベル」が該当するだろう。 それでは、ポイントを交換して入手できるアイテム「マイル旅行券」や、キャラクターの売買は、規約に反するのだろうか、J-CASTニュースは任天堂に取材した。 RMT仲介の企業には「個別に対応を検討いたします」 J-CASTニュースは9日、任天堂にメールで取材。 任天堂は10日、「あつまれどうぶつの森」内でRMTが行われている実態について「承知しています」とし、「ユーザー間、もしくはユーザーと企業間におけるキャラクターやアイテムなどの売買は、任天堂のゲーム規約に反しているか」という問いに対して、 「当社の利用規約に違反すると認識しております」 と、明言した。 さらに、キャラクターやアイテムなどの売買を行うユーザーや企業、RMT仲介を行う企業に対しては、総じて「案件ごとに個別に対応を検討いたします」と回答した。 ツイッター上では、 「ちゃちゃまる5000円で人身売買されてた。 闇が深い... 」「近いうちにジャック譲ろうと思ってガチでジャック探し続けてる人を探しているんだけど、検索してもRMT業者ばっかり出てきて嫌になっちゃう、、、」 と嘆く声が上がっている。 外部サイト.

次の

まとめたニュース

ニュース ライブドア

47 ID:77A7mtkD0 Wendy's where Rayshard Brooks police shooting happened engulfed in flames 米ジョージア州アトランタで12日夜、ハンバーガー店「ウェンディーズ」のドライブスルーで飲酒運転の取り締まりを行っていた警官が黒人男性を射殺する事件が発生した。 地元警察のエリカ・シールズ本部長は13日、この事件を受けて辞任した。 アトランタ市のケイシャ・ランス・ボトムズ市長は記者団に「正当な武器の行使とは思わない」と述べた。 関連ニュース 【また】発砲動画有:白人警官が黒人を射殺。 イカ、タコなどの海の幸を楽しめる(12日、盛岡市のフェザンで) 牛乳瓶に新鮮な魚介類などを詰め込んだ岩手県宮古市のご当地グルメ「瓶ドン」が今月、「市外デビュー」した。 元々は市への誘客のため、市内の飲食店限定だった。 新型コロナウイルスの影響で観光業が打撃を受けたため、開発した宮古観光文化交流協会が通信販売や県内での出張販売に乗り出した。 通販には全国から注文が集まっている。 だが、その考えは誤りのようだ。 少なくとも、ガーターヘビに関しては。 ガーターヘビは、カナダの平野部からコスタリカの森林地帯にかけて生息する、毒をもたないヘビ。 今回新たな研究で、このヘビが一緒に過ごす仲間には明確な好みがあることが判明した。 つまり、彼らには「友達」がいるのだ。 「あらゆる動物は、他者と交流する必要があります。 もちろんヘビも」と、カナダ、ウィルフリッド・ローリエ大学の行動生態学を専攻するモーガン・スキナー氏は話す。 今回の研究リーダーを務めた同氏は、トウブガーターヘビ(Thamnophis sirtalis sirtalis)の性格と社交性を評価するため、新しい実験を考案した。 その結果、「ヘビも人間のように社会的接触を求め、親しくする相手について選り好みする」ことを明らかにし、2020年4月に学術誌「Behavioral Ecology and Sociobiology」に発表した。 「青葉容疑者に実施されたのは、自家培養皮膚移植と呼ばれる治療法です。 これは、損傷していない皮膚の細胞を採取して1ヵ月ほど培養し、完成したものを欠損箇所に移植する方法で、ハガキ大の皮膚を一枚つくるのに30万円ほどかかります。 今回の青葉容疑者のやけどの状態から推測するに、使用した培養皮膚は150〜250枚ほど。 7500万円近くはかかっているはずです。 ほかに、人工真皮の貼り付けに5000万円、ICUでの10ヵ月の入院費用が5000万円、その他の医療機材や処置代を入れると、合計2億円はくだらないでしょう」 (省略) 国民の血税で一命を取りとめた青葉容疑者。 701 ID:nCZqk4wxr. 436 ID:ffU7FEC60. 218 ID:Djzfa1YIa. 350 ID:nCZqk4wxr. 501 ID:3Orqj8dm0. 750 ID:GEZwBA9Br. 746 ID:yjS6ViTH0. 309 ID:97u5iTLNa.

次の