トイレ 値段。 便器交換・トイレのリフォーム費用相場の目安はいくら?

トイレ・便器のリフォーム(交換)費用39,800円~(工事・商品コミコミ) | 生活堂

トイレ 値段

工事の種類ごとの相場を知るためにも、まずは、トイレ増設リフォームの基本的な費用を把握しておきましょう。 トイレ増設で基本的に発生する費用 個室のトイレを増設リフォームする場合は、トイレの本体価格と設置費用だけでなく、壁の解体・設置、クロス・床材張替え、照明器具の設置、電気や排水管の配線工事、それに伴う廃材処分など、様々な費用が発生します。 ・トイレの本体価格:約10万円 ・トイレの設置費用:約10万円 ・壁の解体・設置費用:約20万円 ・壁クロス張替え:約5万円 ・床材張替え:約3万円 ・照明器具の取り付け費用:約5万円 ・電気配線工事費用:約3万円 ・給排水管工事費用:約5万円 ・廃材処分費用:約8万円 合計:約70万円 トイレの増設にかかる費用のうち、トイレの本体価格や設置費用はリフォーム会社によって相場が異なります。 また、電気配線工事や給排水管工事を下請け業者に依頼する会社であれば、相場以上の料金になることがあります。 トイレの増設リフォームを行う場合は、自社で一貫して工事を行い、かつトイレの施行経験が豊富なリフォーム会社を探すと良いでしょう。 ちなみに、トイレの増設リフォームの工期は、壁の解体や新設など大掛かりな作業を伴うため、約5日は必要です。 トイレ増設に伴う付随工事の費用 トイレ増設には、以下のような付随工事の金額がプラスされることも、前もって予想しておきましょう。 手洗い場の増設 増設したトイレの近くに手洗い場がない、または、便器の後部に手洗いがないタンクレストイレを設置する場合は、トイレの室内や出口周辺に簡単な手洗い場を設ける必要があります。 ・手洗い場の増設費用:約10万円 床下の補修工事 床下に、シロアリ被害や湿気による腐食が発生している場合は、補修工事が発生します。 特に、トイレなどの水回り機器を設置した床下は劣化しやすいため、リフォームの際に点検・補修をしっかり行っておきましょう。 ・床下補修工事費用:約5~10万円 給排水管の延長工事 トイレを増設する位置によっては、トイレまで給排水管を大きく延ばす工事が発生します。 排水管を延ばすと、床下などの防水処理や、水流を増すためのポンプの追加などが発生し、その分料金も高額になります。 ・給排水管の延長工事費用: 10メートルまで:約10万円 20メートルまで:約20万円 2階にトイレを増設するリフォーム 2階にトイレを増設する場合は、給排水管を横に延長する工事の有無で費用が大きく異なります。 既存の1階トイレの真上にトイレを増設した場合は、給排水管を上に横に延ばすだけで良く、横に延長する必要がないため、工事費も大きく増えることはありません。 しかし、間取りに制約がある場合など、やむを得ず1階のトイレから離れた位置に設けなくてはならないときは、給排水管の延長工事、さらに階下への水漏れを防ぐための防水工事が発生し、費用はやや高額になります。 2階にトイレを増設するリフォームの費用相場 ・基本的なトイレ増設費用:約70万円 ・給排水管延長工事費用:約10~20万円 ・防水工事費用:約5万円 合計:約90万円 2階のトイレ増設費用を抑える方法 押し入れやクローゼットなど既にあるスペースを利用すると、壁の撤去や増設が不要になり、工事費用を抑えることができます。 このとき、できるだけ給排水管の近くにあるスペースを使うことで、給排水管の延長工事の料金も省くことができますので、合計金額は約60万円程度に収まります。 トイレの増設工事が得意なリフォーム会社を探すには 自分が住んでいる地域でトイレの増設工事を得意としているリフォーム会社を知りたい場合は、リフォーム会社紹介サービスを使うと良いでしょう。 リフォーム会社紹介サービスの「ハピすむ」は、お住まいの地域やリフォームのニーズを詳しく聞いた上で、適切で優良なリフォーム会社を紹介してくれます。 運営会社のエス・エム・エスは、東証一部上場企業なので、その点も安心です。 バリアフリーリフォームに伴うトイレの増設 生活に欠かせないトイレは、バリアフリーリフォームの需要も高い箇所です。 新たに増設するトイレをバリアフリー化する場合は、バリアフリーパーツに応じた費用が必要です。 バリアフリーパーツには、足腰の弱い方でもトイレの利用が楽になる、介護用のリフトや手すりなどがあります。 あるいは、和式から洋式トイレへの変更も、代表的なトイレのバリアフリーリフォームです。 和式トイレは、介護が不要で足腰がしっかりしている方でも、しゃがんだ姿勢から立ち上がるときに血圧が急上昇する恐れがあります。 そのほか、便器までの段差の昇り降りが足腰への負担となり、ケガや転倒の恐れがありますので、増設の際は洋式を選んでおくことをおすすめします。 また、これらに追加して、軽い力で開け閉めできるように、開き戸を引き戸にしたり、開口部の段差を解消したりといった、トイレの出入り口付近のバリアフリーリフォームもおすすめです。 バリアフリーリフォームの例と費用 ・和式トイレを撤去して洋式トイレを増設:約80万円 ・手すりの取り付け:約5~15万円 ・介護用トイレリフトの設置:約20万円 ・開き戸を引き戸に変更:約15万円 ・入口の段差解消:約10万円 部屋にトイレを増築する費用 車椅子の移動に配慮して、洗面所などの広い部屋に、新たにトイレのみを増設するバリアフリーリフォームもあります。 この場合は、室内に便器を設置する簡単な工事のみで、壁の解体・設置やクロス張替えなどの工事を伴いません。 しかし、床や壁の穴あけ工事が必要となるほか、他のトイレ増設と同じく、設置位置によっては給排水管の延長工事費用が必要です。 ・トイレの本体価格:約10万円 ・トイレの設置費用:約10万円 ・壁クロス張替え:約5万円 ・床または壁の穴あけ工事費用:約5万円 ・床材張替え:約3万円 ・照明器具の取り付け費用:約5万円 ・電気配線工事費用:約3万円 ・給排水管工事費用:約5万円 ・廃材処分費用:約3万円 合計:約50万円 追加の照明器具は、既存の室内照明の明かりがトイレまで届けば必要はありませんが、暗くて使いにくいトイレにならないよう、リフォーム前に照明が必要かどうか確認しておくことをおすすめします。 マンションのトイレ増設リフォーム 条件をすべて満たせば、マンションでもトイレを増設することは可能です。 ただし、工事前に管理組合にリフォームの内容を相談し、様々な制約をクリアしていることを確認しなくてはならず、簡単ではありません。 マンションの給排水管の制約 マンションの室内にトイレを増設するためには、何よりもまず給排水管の制約をクリアする必要があります。 マンションの中を通る給排水管のうち、各階を貫いて縦に延びている「立て管」は共用部となり、横に延びた「横枝管(よこえだかん)」は専有部として区別されています。 このうち、共用部である「立て管」は、入居者が手を加えることはできませんので、元の位置から移動させることはできません。 そのため、トイレを増築する際は、立て管まで横枝管を延ばさなくてはなりませんが、水流を保つためには横枝管に一定の勾配を取る必要があります。 しかし、このときに床下に十分な空間がなければ、横枝管の勾配を確保することができず、詰まりや漏水の原因となるため、増築そのものが不可能となってしまいます。 マンションのトイレ増設リフォーム費用相場 マンションのトイレ増築費用は、一戸建てにトイレを増築したときの費用の、約70パーセントが相場です。 ・マンションのトイレ増築費用:約50万円 ただし、タンクレストイレに交換して手洗い場が必要となった場合や、管理規約に指定されている床材を使用する場合などは、上記の金額に対し、約20~30万円の追加費用が発生する恐れがあります。 トイレ以外の水回りもリフォームする場合 トイレを含む水回り機器の耐用年数は、約15~20年と言われます。 そのため、トイレのリフォームを行うときは、他の水回り機器も交換や変更などが必要になることがあります。 トイレ増設に伴う間取り変更で、お風呂や洗面台などの水回り機器もリフォームする場合は、それぞれ下記の金額も必要です。 ・お風呂の増設費用:約100万円 ・キッチンの増設費用:約120万円 ・洗面台の増設費用:約70万円 お風呂やキッチン、洗面台も、トイレと同じ水回り機器ですので、設置する位置によっては給排水管の延長工事が発生し、費用が高額になることがあります。 また、ガス管や換気ダクトが必要なキッチンは、壁の穴あけや元栓の移動など多くの工事を伴うため、他の水回り機器に比べて費用相場はやや高めです。 同時に行なうと節約できる工事について 上記の相場費用は、あくまでも単独でそれぞれの工事を行った場合の金額です。 それぞれの工事は、トイレリフォームとセットで行なうと、壁の解体・撤去作業や、床の養生、廃材の処分費用などを一回で済ませることができ、単独で1度ずつ行ったときよりも費用を節約することができます。 また、トイレと他の水周り部材をまとめて発注することで、商品価格を割引するリフォーム会社もあります。 ですので、もし、トイレ以外の水回り機器もリフォームする場合は、まとめて作業できるものがあれば一回で工事を済ませておくことをおすすめします。

次の

トイレ商品一覧|トイレ|商品を選ぶ:TOTO

トイレ 値段

トイレのリフォームにかかる費用と相場について 「ホームセンターやネットで約5〜6万のトイレのセットを見たからトイレのリフォームってそれくらいでできるんでしょ」という質問を受けることがあります。 トイレは実際に約5〜6万でリフォームできるのでしょうか。 ただ便器を交換するということであれば商品の費用に既存の処分費や施工費を加えて約10〜11万程度になります。 しかし、最近の便器にはロータンクレスタイプ(水をためておく部分がないタイプ)やウォシュレット一体型など種類が豊富にあります。 そのようなタイプの便器を選んだ場合、トイレ便器のリフォーム費用の相場としては約10〜25万円程度となリます。 世の中のリフォームのチラシやサイトには商品代だけを記載して、小さい文字で工事費別途と書いてるものが多くあります。 工事費まで一律の料金で施工している施工会社もありますのでよく確認してください。 では価格差はどのような部分で生じるのでしょうか。 またどんな点に気をつけて選ぶと良いのでしょうか。 具体的に考えていきましょう。 タンクありとタンクなし 便器の種類には大きく分けて2種類あります。 タンクありとタンクなしです。 それぞれ特徴があります。 タンクなしタイプ(以下タンクレスタイプ)はお店のトイレなどでご覧になったことがある方も多いと思います。 このタイプの大きなメリットはスペースを節約できることです。 後ろについているタンクの分がなくなりますので、空間に余裕が出ます。 さらにデザインが一体型でスッキリしていますので、便座の後ろなども掃除しやすくなっています。 タンクなしタイプのデメリットは停電時に水が流せなくなるということです。 流す際にモーターを使用するためです。 各メーカーは停電の際の対処方法を準備しています。 ですので購入の際には一度確認することをお勧めします。 ウォシュレットの有無 タンクありタイプはウォシュレットなしを選択することもでき費用を抑えることができます。 一方タンクなしタイプは基本的にウォシュレット一体型となります。 それぞれの生活スタイルや予算に合わせて選択しましょう。 便器の中の洗浄方法の違い 便器の中の洗浄方法の違いによっても価格の差が出てきます。 除菌成分を含む水を流したり、水流を工夫しているメーカーもあります。 この点も確認しましょう。 便器の交換をする時に気をつけるべきこと 便器の交換と聞いてトイレの便器を新しいものに交換するのだろうなと漠然とお考えになるかしれません。 それは正しい理解です。 とはいえ、実際には便器だけの交換はお勧めしません。 便器の交換だけではない 技術的には便器のみの交換も可能ですが、便器を交換する際には床の張り替えや壁紙の張り替えも同時に実施することを強くお勧めします。 例えば便器の交換によって床を張っていない部分が見えるようになってしまったりすることがあります。 そうするとせっかく便器を交換したのに見た目が悪い状態になってしまいます。 また、床や壁の工事を後から実施すると余計に費用が取られてしまうということもあります。 このような問題は新しい便器の寸法によっても異なってきますので、見積もりに来た施工会社に確認しましょう。 施工時間ですが、通常は便器の交換にかかる時間は約1〜2時間です。 しかしながら、床や壁の工事をするとさらに時間が必要になります。 この間はトイレが使えなくなりますので、代わりにトイレを借りられる場所を考えておいてください。 費用と生活スタイルを考える 機能が良くなれば、それだけ費用も上がります。 メーカーのショールームを見に行くのは良いことですが、大抵のお客様は見てしまうと、機能の高い商品が欲しくなります。 この点も気をつけてください。 本当に自分のライフスタイルや予算に合うものはどれなのかじっくり考え良い見積もりを提案してもらいましょう。 トイレリフォームに対応する優良な会社を見つけるには? ここまで説明してきたトイレリフォームは、あくまで一例となっています。 「費用・工事方法」は物件やリフォーム会社によって 「大きく異なる」ことがあります。 そのとき大事なのが、複数社に見積もり依頼して必ず 「比較検討」をするということ! この記事で大体の予想がついた方はへ行きましょう! 「調べてみたもののどの会社が本当に信頼できるか分からない…」 「複数社に何回も同じ説明をするのが面倒くさい...。 」 そんな方は、簡単に無料で比較見積もりが可能なサービスがありますので、ぜひご利用ください。 大手ハウスメーカーから地場の工務店まで全国800社以上が加盟しており、トイレリフォームを検討している方も安心してご利用いただけます。 一生のうちにリフォームをする機会はそこまで多いものではありません。 後悔しない、失敗しないリフォームをするためにも、リフォーム会社選びは慎重に行いましょう!.

次の

便器交換・トイレのリフォーム費用相場の目安はいくら?

トイレ 値段

トイレのリフォームの価格帯は、「洋式トイレから洋式トイレへの交換」の場合、大きく「15万円未満」「15万円以上20万円未満」「20万円以上」の3つに分けることができます。 販売件数などの実績を基に、BXゆとりフォームが独自に集計したデータによると、それぞれの割合は 右 上記のグラフのようになります。 トイレのリフォーム価格は、便座のタイプとグレード、オート開閉や温水洗浄などのオプションをどこまでつけるかによって決まります。 6割の人が選んでいる15万円以上20万円未満の価格帯は、温水洗浄機能と暖房便座機能を搭載したタンク付きタイプが中心です。 一方、タンクレスタイプやオート開閉、自動洗浄などの機能がついた20万円以上のクラスも、4件に1件ほどの割合で選ばれていることがわかります。 トイレは毎日何度も使う場所だけに、快適な空間であってほしいものです。 リフォームを決めた理由には、「きれいにしたいから」というシンプルな思いであることが多くなっています。 ここでは、代表的なリフォームのきっかけをご紹介します。 きれいにしたい トイレは、家族が毎日使うことに加え、来客時にも必ず使われる場所だけに 「きれいにしたい」という需要は多いです。 また、件数としては少なくなりますが、古い戸建て住宅では、「和式から洋式に変更して、使い勝手を良くしたい」との考えも、リフォームを決める大きな理由となっています。 便座が壊れた トイレは、「便器」と「タンク」、それに温水洗浄機能などを搭載した「便座」の3パーツから成り立っています。 このうち、便器とタンクは陶器製なので、割れない限り使えますが、さまざまな機能が組み込まれた便座の平均寿命は10~15年ほどが一般的です。 このころになると、排水部分にパッキンの不具合や水漏れが発生することも多いので、 便座が壊れたタイミングで、便座の交換と水漏れなどを直すだけの小リフォームを実施し、再び便座が寿命を迎えたときに、便器やタンクごと取り替えるというケースが多く見られます。 なお、便座の交換だけなら、価格は安い物で40,000円、一般的な物で50,000円以上が一般的な相場です。 価格帯の違いは何の違い? 洋式トイレから洋式トイレへのリフォームの価格は、まずトイレがタンク付きタイプかタンクレスタイプかで、大きく変わります。 タンク付きタイプ同士の交換は、「温水洗浄」と冬場も便座を暖かく保ってくれる「暖房便座」の機能を備えた標準的な商品が15万円前後。 便座が持つ機能が少なければこれより安くなり、逆にオート開閉やリモコン洗浄、オート洗浄などの機能が追加された商品だと高くなります。 タンクレスタイプの場合は、最初から「温水洗浄」「暖房便座」「壁リモコン」の3つがセットになっており、価格は25万円前後が最低ライン。 オート開閉や自動洗浄など、さまざまな機能を備えた商品であるほど価格が上がるのは、タンク付きタイプと同じです。 それぞれの価格帯別のできること・できないことは、およそ次のとおりです。 15万円未満のリフォーム 「温水洗浄」「暖房便座」機能の両方、もしくはその一方が不要なら、10万円前後の費用でタンク付きタイプへの交換が可能です。 見た目や機能は、ほぼ「昔ながらの陶器の洋式トイレ」と同じですが、昔ながらの物とは、使用水量において大きな差があります。 ここ数十年間で、トイレの節水技術は非常に進歩しました。 現在、洗浄に必要な水の量は、ほぼ、どのメーカーでも1990年代初頭の製品の半分ほどになっていますので、節水という点だけでも十分リフォームの効果を感じることができます。 大きな節水効果が得られるのは、もちろん15万円以上の商品についても同じです。 15万円以上20万円未満のリフォーム タンク付きで、「温水洗浄」と「暖房便座」を備えた一般的なタイプのリフォームが、15万円以上20万円未満の価格となります。 同じ価格帯でも、操作パネルの位置(便座の横についているか、壁についているか)や温水洗浄の機能面において、メーカーによる違いがあります。 どのメーカーの製品も便器にフチがない形状で手入れがしやすいものが多く、脱臭機能や洗浄ノズルオートクリーニング機能なども備えていますので、日々の手入れが楽なのも特徴です。 20万円以上 20万円以上のリフォームになると、タンク付きタイプなら「温水洗浄」と「暖房便座」に加え、「壁リモコン」や「温風乾燥」、センサーが反応してフタを自動で開け閉めしてくれる「オート開閉」、自動で流してくれる「オート洗浄」などの機能を備えた便座が選べます。 また、タンクがない分だけ、スペースが広く使えるタンクレスタイプを選ぶことも可能です。 タンクレスタイプでは、タンク付きタイプにあった手洗いはありません。 費用にプラス約10万円~で、手洗いをトイレ内に新設することもできますが、隣接する洗面所で洗えばいいということで、トイレ内には手洗いを作らない場合もあります。 この場合、トイレ内に水がはねるのを防げること、トイレを広く使えること、スタイリッシュな空間を演出できることなどがメリットです。 なお、タンクレストイレは、水圧が低いと使用できないため、マンションの上層階などでは設置できないこともあります。 場所によっては、設置前に無料の水圧調査が行われるのはそのためです。 ここまで紹介した例は、すべて洋式トイレから洋式トイレへ変更する場合についてのものです。 和式トイレから洋式トイレへの改装の場合は、工事費が余計に発生し、壁・天井・床も必ずセットでのリフォームとなるため、予算は約30万円前後からとなることが多いです。 トイレのリフォームにかかる費用は、「トイレ本体の商品価格」と「工事費」の2つの部分からなり、その合計額となります。 見積書の内訳についてチェックしてみましょう。 トイレ本体価格 トイレ本体の価格は、タンク付きかタンクなしのどちらのタイプを選ぶか、どこまで機能がそろった便座を選ぶかによって変わってきます。 工事費 交換工事全般にかかる費用で、組立・解体工事や配管工事、廃棄処分費などからなります。 おもな項目としては次のとおりです。 工事前養生費:搬入・搬出や工事によって、床や壁が傷付かないように、シートなどで保護するための費用です。 既存のトイレ・便器解体費、便器撤去、廃材処分費:既存のトイレの解体、搬出、処分にかかる費用です。 新規トイレ・便器取付費:新しい便器と便座を取り付けるためにかかる費用です。 給排水接続費:トイレを使用する上で欠かせない、給水・排水を接続するための費用です。 電気工事費:コンセントがないトイレに暖房便座を設置する場合、電源を引いてコンセントをつける工事が必要となります。 洋式トイレから洋式トイレへの変更の場合、工事費が大きく変わることは少ないですが、床の老朽化が激しく、床下地の骨組み修復などの工事が必要な場合は、その分の材料と職人が必要なので、工事費が通常より50,000円程度高くなることがあります。 また、トイレのリフォームでは、便器・便座・タンクのみを取り替えることもできますが、ペーパーホルダーやタオル掛けなど、トイレ内の小物もいっしょに交換するのが一般的です。 数千円からと、安い価格でトイレの雰囲気を変えることができます。 また、 設置するトイレの形が変わった結果、以前は見えなかった床部分の汚れが見えてくることがあるため、多くの場合、床もセットでリフォームが行われています。 加えて、湿気で壁紙がはがれてしまっていたり、壁紙の貼ってある下地のボードがかびていたりするような場合は、壁と天井もいっしょにリフォームするのがおすすめです。 実際のトイレのリフォーム施工例 「ゲスト用と家庭用で2つあるトイレを1つにしたい」「洗面化粧室とトイレにはつながりをもたせ、豪華で開放的な雰囲気にしたい」という施主の要望で、トイレ・洗面室の全面リフォームを行った事例です。 全体の雰囲気を調和させるために、トイレ本体はすっきりとしたタンクレスタイプで、利用する際に音楽が流れるなどリラクゼーション効果も考慮して選びました。 手洗器には自動吐水・止水機能がつき、手洗い時に優しく手元を照らすライトがある物を選ぶなど、細かい部分の美しさや便利さにも気を配っています。 景観を確保しつつ、収納スペースを設けるために棚の造作も行い、飾り棚スペースも誕生しました。 トイレ・洗面室とともに、床には大理石、壁には高い湿度調節機能・脱臭機能を備えた材質(多孔質セラミックス)を使うことで、一体感のある空間となりました。

次の