あぶらかれい 栄養。 魚介類

カレイのレシピは栄養たっぷり!人気のから揚げや洋風メニュー

あぶらかれい 栄養

左ヒラメの右鰈というヒラメとかれいの区別方法があります。 ただ、ヒラメ科に分類されるもののなかには、かれいの名称がはいっているものも多く存在します。 カレイとは、かれい目かれい科に分類される魚を総称するもので、漁獲量が多いとされるものでは、アカガレイ、アブラガレイ、イシガレイ、マガレイといったものがあり、これらを加えて約20種類ほどあります。 漁獲には、刺し網(さしあみ)や底引き網(そこびきあみ)などが用いられ、生息区域は、世界中の寒帯から温帯まで分布しています。 ホシガレイやマコガレイは北方系に多く、オヒョウ、マガレイ、アカガレイ、マツカワ、イシガレイといったものは南方系に多いとされます。 餌は二枚貝やゴカイなどを食していて、敵から身を守るために砂泥底から出る際は、体表を保護色に変化させます。 内湾や沿岸の砂泥底を拠点として生息し、産卵期は冬になります。 旬は、脂が乗っている時期で、通常は冬となります。 ただ、旬が夏となるメイタガレイやマコガレイといったものや春が旬になるヤナギムシガレイも存在しています。 尚、かれいは幼魚の時期は両側に目がついていて、中層の海を遊泳していますが、成長と共に目の位置が移動して、体の右部分に寄っていきます。 最終的には砂泥底の海底生活を送るようになります。

次の

鰈/カレイ【カロリーと栄養成分】真鰈・生【GAROP】

あぶらかれい 栄養

素揚げ 3〜8% から揚げ 6〜8% てんぷら 15〜25% フリッター・フライ 10〜20% 100gのものを素揚げにすると、3〜8gは油を吸収するという意味です。 炒め物の油の量も調査されています。 当サイトもこの書籍の油の量を参考にさせて頂いています。 例: 当サイト的には、引用したい内容が盛り沢山の本です。 引用したい部分が多すぎて、著作権にふれてはいけないので差し控え ますが、カロリーダウンする調理方法を知りたい方にもオススメの本です。 油は10gで92Kcalと少量でカロリーの高いものです。 自分で揚げ物をされる方は参考にして、「カラッと」揚げてみて下さいね。 衣は薄い方が吸油率が少なくなります。 100gの肉に、20gの衣を付けて揚げて、油を15g吸った場合。 125なので、吸油率=12. 15なので、吸油率=15% 一般的には、A.の衣を含めた重さで計算するようですが、から揚げと 天ぷらの吸油率を比較する場合など、B.の衣を含めない重さで吸油率 を出して比較したりもするようです。 ちなみに上の書籍はB.の記述でした。 管理人は一般人ですので、色々資料を読んで、そーらしいという所です。

次の

【カロリー】「からすがれい(参考値)」の栄養バランス(2016/4/19調べ)

あぶらかれい 栄養

「かれい 鰈 」について 栄養 かれいには、良質なたんぱく質、ビタミンB1、B2、D、タウリンが多く、特に多く含まれているタウリンは動脈硬化の予防や血圧の正常化、コレステロールや血糖値の正常化に効果があります。 低脂肪高たんぱく質の身なので低カロリーで消化がよく、病人食や離乳食、ダイエット食にもむいています。 主な産地 日本で食べられるかれいだけでも40種以上はあり、産地も様々なので、特徴と名前の由来についてお話します。 目は例外を除いて右側についています。 ひらめと比べて口が小さいのも特徴。 かれいはゆっくりとした動きでごかいや海老などを食べ、海底にすんでいますが、同じく海底にすんでいるひらめは猛動ですばやく動く小魚などを捕食します。 その為、ゆっくり動くかれいは身が柔らかく、煮物や揚げ物などふっくら柔らかい料理にできます。 一方筋肉のよく発達したひらめは身が引き締まっているので刺身などにむきます。 また、かれいは本来「鰈」とかきますが、「比目魚」、「偏魚」とも書き、古名は「からえい」といいます。 「かれい」の由来は色々あり、 1 身の一方が黒く、一方が白い。 又、目が一方に偏ってついている魚の片割れのようなので「かたわれ魚」と呼ばれていたことに由来する説。 2 「えい」に似ているが、小さくて涸れているようなので「からえい」と呼ばれていたことに由来する説。 3 朝鮮半島周辺でよくとれた、またはよくとれた「えい(さかたざめ)」に似ているようなので「韓えい」と呼ばれていたことに由来する説。 このような由来があります。 旬 それぞれに特徴と旬が異なりますが、主に冬場に産卵を向かえるため、卵ごと食べると美味しいもの、卵の入っていない夏場に食べると身がしまって美味しいものとに分かれます。 また、底のもといい、あまり動かず、底引き網で根こそぎ漁獲してしまうため、漁獲できる期間が決められているものも多くなっております。 その時々で販売されているかれいの特徴を知り、美味しく調理して食べてください。 【特徴と調理方法】1mにもなる大型のかれいで、北大西洋で漁獲され、頭と内臓を取り加工したものが冷凍され輸入されます。 ぷりぷりとしていて煮物によいでしょう。 一般的にはフライや粕漬けに加工されることが多く、寿司屋の縁側としての需要が高くなっています。 【特徴と調理方法】ベーリング海などで漁獲したものが冷凍され輸入されます。 身が柔らかく煮物や唐揚げにむいています。 活け締めは高級魚として扱われることも多く、大型は刺身に、小型は素揚げや煮物にむいています。 煮物に是非お勧めです。 鮮度のいいものは刺身や握りに。 また、椀種、蒸し物、唐揚げなどによいでしょう。 焼き物、揚げ物にもむいています。 北海道でのかれい釣りと言えばこのかれいです。 60cmにもなるかれいで、切り身を卵ごと煮物にするのがお勧めです。 身がほろほろと柔らかく蒸しても美味しい。 焼き物、揚げ物にもむいています。 煮物にもむいていますが、唐揚げやフライにもお勧めです。 旬の時期にたっぷりと卵が入っていますので是非卵入りで煮物にしましょう。 ほかのかれいとは違っておなか側が赤いほど鮮度がいいものです。 干物にもいいですが少し大きすぎます。 煮物は少し生臭みが残りやすいため、他には揚げ物などがよいでしょう。 水分が多いので干物にして食べるのが一番お勧めです。 焼き物や唐揚げにしても美味しく食べられます。 かれいの干物としては最高級品として販売されています。 フライやムニエルにむいているでしょう。 とろかれいと言われて切り身で売られていることもあります。 スーパーで選ぶ際のポイント 身が割れておらず、張りがあって固いもの、表面が乾いてないものを選びましょう。 おなか側は白色がはっきりしているものがよいものです。 養殖ものや、ストレスがあるとおなかの色がまだらに黒っぽく変色する場合があります。 ただ、あかがれいは赤色なので発色のよいものを選びましょう。 美味しく味わうための下処理や調理法、保存法 刺身の場合5枚おろしにするのが基本ですが、煮物や揚げ物ならぶつ切りにするだけです。 ただ、うろこやぬめりがありますので切る前によくたわしでこすり洗い、ぬめりと表面のざらざらした細かいうろこを取ってください。 切り身にしてから軽く塩を振り、15分程度おいておき水分をふき取ります。 ここまではどの料理にも共通してした処理として行ってください。 以降は料理別になります。 塩をしたのち更に臭みをとる、霜降りの作業までが下処理になります。

次の