ウテナ op。 【アニメ考察】「少女革命ウテナ」を全力で謎解きする。

少女革命ウテナシリーズを配信中のサービスを一覧で紹介!

ウテナ op

生徒会メンバーの心の革命について 生徒会メンバーは各々が、その人への思いが強すぎるためにその思いに縛られていました。 その人の事ばかり考えて、自分の事で精いっぱいになっていたのです。 しかし、ウテナが暁生と戦った後には、生徒会メンバーの心境に変化が見られます。 気持ちの余裕が見られるようになりました。 解放されたといっても、それぞれの好きな人への気持ちを完全に忘れたわけではないと思思います。 その思いを持ったうえで、もっと広い視野を持てるようになったようです。 それぞれのメンバーの変化を見てみましょう 幹に起こった革命 幹はこれまで、妹との過去への思い出に縛られていました。 そのためピアノで同じ曲ばかり演奏するという行動をとっていました。 しかし、ウテナによる革命が終わった後は自身の生徒会の仕事を石蕗に引継ぎ、生徒会としてより重要な役割を担いそうな雰囲気です。 また、梢はそんな幹を笑顔で遠くから見つめています。 今まで気を引きくためにわざと幹を心配させていたような姿はありません。 西園寺に起こった革命 西園寺は冬芽への劣等感を持っていましたが、ウテナの革命後にはそんなしがらみなく、冬芽と剣を交えているようです。 冬芽に起こった革命 冬芽の変化はここだけではあまりわかりませんが、強引に読み取るのであれば人を信用するようになったという事をいっているのかもしれません。 冬芽は、人には心を許さず、人を道具のように思っているところがありました。 しかし、西園寺と冬芽が道場で剣を交えているシーンは互いに心許せる友になったという事を示しているのかもしれません。 七実に起こった革命 七実は、「兄一筋」すぎることで苦しんでいました。 兄が大好きなので自分だけのものにしたい。 でもそうはできないという感じで。 革命後のシーンで七実が道場で対戦する西園寺と冬芽のためにお茶を入れてあげるシーンがあります。 このシーン、もしかしたら七実が他の男へも目を向けられる余裕が出てきたという事を示している者かもしれません。 お茶を入れる七実にたいしてありがとう。 とお礼を言う西園寺。 しかも、お茶を入れるのに使っていたポットが、若葉と仲良く居候していた時につかっていたものと同じです。 これは西園寺と七実の距離が以前より縮まったことを表しており、兄に縛られていない七実を表しているのではないでしょうか? 樹璃に起こった革命 革命後に、フェンシング部での練習シーンが描かれています。 なんと、そこには部員としての詩織の姿が。 そこには、これまでお互いを意識していた姿はありません。 樹璃は部長として一人の部品の詩織を指導。 詩織は部長として樹璃を尊敬しているようにも見えます。

次の

【少女革命ウテナOP】輪舞revolution 歌ってみた【90年代アニソンツアー】

ウテナ op

公演グッズ事後通販について ご好評を頂いた公演グッズはきゃにめにて事後通販を開始いたします。 購入ページ• 48P• 「黒薔薇編」に相応しい漆黒の表紙に黒銀の箔をあしらった高級感のあるパンフレットに仕上げました。 キャスト紹介ページをはじめ、新作にまつわる制作秘話が満載の幾原邦彦監督と吉谷光太郎氏の対談を6ページにわたり収録。 さらに、さいとうちほ先生による貴重な描き下ろしイラストのほか、本作をもっと深く知って頂くための用語解説や人物関係図や前回好評をいただいた、美術・衣裳解説に加え武器紹介ページも必見。 読み応え満点の一冊となっています。 L判/3枚1セット/全12種• 根室記念館を彷彿とさせるカットのほか、憂愁を漂う表情やかっこいい表情など、珠玉のショットを集めた3枚セットになります。 L判/全23種• 学園生活を満喫している笑顔あふれる表情からキャラクターにちなんだ小道具シリーズまで、個性あふれるショットを満載!ペアブロマイドも初登場。 薔薇の模様が透けて見えるデザインにバージョンアップして登場!さらにグレーのグラデーションが美しい黒薔薇のデュエリストバージョンも新たに追加!御影の決闘の名を刻んだ自覚 conscience は黒アクリル板を使用した唯一無二のデザインに仕上げました。 約40mm x 40mm/全9種• ウテナたちの個性的な衣裳がアクリルチャームに変身!胸元の薔薇まで完全再現され可愛いらしいデザインに。 PVC素材/中面6ポケット• 「少女革命ウテナ」を代表する薔薇の紋章をステンドグラス風にアレンジしたハードカバーチケットケース。 公演チケットやブロマイドも収納可能な使いやすいサイズになります。 A4サイズ/全2種• 本作のキービジュアルを使用したクリアファイルです。 砂時計や蝶々など、「黒薔薇編」に登場するモチーフを散りばめた和紙製マスキングテープです。 お好きなところに貼って、いつでもウテナの世界を満喫してください。 長さ約210mm、7寸30間/全1種/フルカラー印刷• 夏には欠かせない扇子をご用意しました。 持ち運ぶ用の扇子袋も付随。 収録曲: 01. 鏡分ケる二つノ世界 (ミュージカル「少女革命ウテナ 〜深く綻ぶ黒薔薇の〜」メインテーマ) 02. 漆黒の闇、薔薇の園(2019 Re-formation version)(ミュージカル「少女革命ウテナ 〜白き薔薇のつぼみ〜」メインテーマ) 03. 鏡分ケる二つノ世界 inst 04. 漆黒の闇、薔薇の園 inst• ミュージカル「少女革命ウテナ 〜深く綻ぶ黒薔薇の〜」の上演を記念してメインテーマ曲「鏡分ケる二つノ世界」を収録したCDが登場!また新たな出演者による「少女革命ウテナ 〜白き薔薇のつぼみ〜」メインテーマ「漆黒の闇、薔薇の園(2019 Re-formation version)」も収録の両A面CDとなっております。 前回好評の受注生産グッズ「10年後も、20年後も、一緒に笑ってお茶を飲もう」約束のティーカップ&ソーサーセットの再受注が決定!!カップの底には薔薇の刻印をプリントするなど、細部までこだわったファン必見のアイテム。 webからもご購入いただけます• webからもご購入いただけます• 【受付期間】2019年6月29日(土)16:30〜7月15日(月・祝)23:59まで 【お届け予定日】2019年9月中旬〜9月下旬予定 グッズ販売のご案内 公演前、休憩中、終演後の公演グッズ販売について チケットお持ちの方もお持ちでない方も下記の時間帯にご利用ください。 その際の公式HP,TWITTERにて発表いたします。 【東京公演】• スタッフの指示に従っていただきますよう、何卒ご協力をお願い致します。 守られない場合、グッズ販売の中止及び公演自体の中止となってしまいます可能性もございますので、くれぐれもお願い申し上げます。 予めご了承ください。 開演前のご利用をお勧め致します。 各回ご用意いたしました在庫がなくなり次第、販売を終了とさせていただきます。 予めご了承ください。 また、商品不良は当日公演会場のみ、商品の交換が可能となりますので、商品お受け取り後、必ず商品を開封頂きご確認ください。 物販会場を退出された後の不備、返品交換は対応致しかねます。 ご了承ください。 予めご了承ください。 実際の商品と異なる場合がございます。 千秋楽公演を収録したBlu-ray&DVDの発売が決定!• 発売日:2019年11月20日(水)• 商品仕様:Blu-ray2枚組 ¥9,800/DVD2枚組 ¥8,800• Disc1:2019年7月7日千秋楽映像• Amazonと楽天ブックスにてミュージカル「少女革命ウテナ~深く綻ぶ黒薔薇の~」のBlu-ray、DVDどちらかをご予約いただいたお客様に先着順でをプレゼント!詳しくは下記のサイトまで。 ブロマイド5枚セットA付き• Blu-ray:• DVD: ブロマイド5枚セットB付き• Blu-ray:• DVD: 公演グッズの事後通販開始! ご好評を頂いた公演グッズはきゃにめにて事後通販を開始いたします。 受注生産のティーポットも予約再開。

次の

アニメ版少女革命ウテナについて※ネタバレ※

ウテナ op

OP輪舞-revolution歌詞に見るアンシーの気持ち 歌詞を読むと、アンシーの気持ちを歌っているようにおもえてくるんですよね。 歌詞から連想するシーンや歌詞の解釈を順を追って説明していきます。 歌詞の解釈と関連するシーン・出来事 光り射すガーデン手を取り合い誓い合った慰め合った もう恋は二度としないよって。 いきなりだけど、ここの部分は解釈は難しい。 恋をするというのは、アンシーが暁生に依存していた事をいっているのかな?そのせいでつらい思いしたし。 ほほを寄せ合って映る写真の笑顔に少しのさみしさ詰め込んで。 この写真っていうのは、最終回の最後にでてくる写真ですかね?ウテナとアンシーの手つなぎツーショット写真。 あの写真を見た時は少し驚きました。 写真を撮るとき、アンシーが暁生とウテナの間に入ってきましたよね。 そのシーンを見た時は、アンシーが暁生とウテナが隣でくっついている事にやきもちを焼いているのだと思っていました。 しかし、最終回の最後に出てきた写真をよく見ると、アンシーはウテナと手をつないでいます。 じわじわと感動がきました。 まさか、暁生とウテナの間にはいったのがウテナと手をつなぐためだったとは。 あのシーンでアンシーがそんなにウテナの事を好きだとはお思いませんでした。 ウテナ・アンシー・暁生の3人でとった写真だと思いきや、暁生がまさかのフレームアウト。 これにはちょっと笑えた。 この写真を撮ったのはアンシーですよ?兄ちゃんどうでもよかったとはね。 夢を見て涙して傷ついても現実はがむしゃらにくるし。 アンシーにとって、ウテナと一緒過ごすのは夢なんだろうか…とちょっと切ない。 いつしかアンシーにとってウテナが特別になりました。 でも、アンシーは暁生の妹。 大好きなウテナを利用しなければいけない。 ウテナとの時間を無邪気に楽しく過ごすことは夢なのだろうか?…と切なく思いました。 暁生や生徒会メンバーにより、薔薇の花嫁という現実ががむしゃらにやってきてしまいますし。 自分の居場所存在価値を見つけたい。 アンシーはこの気持ちが強いですよね。 最終回では薔薇の花嫁を辞めて、この言葉の通りに旅に出ていったのではないかな? 薔薇の花嫁だったころは「薔薇の花嫁が居場所であり存在価値」だという思いが強かったため暁生に利用されてしまったのかな?とも思いました。 今日までの自分を潔く脱ぎ捨てる裸になる。 自由を舞う薔薇のように。 この部分の「潔い」については、二つの事を思いました。 一つ目は「今まで依存していた暁生をスパッと捨てた」という事。 例え二人離れ離れになっても私は世界を変える。 OPの始まりでは、ウテナとアンシーが眠っている姿が描かれていました。 そして、この歌詞が流れるときには、ウテナだけになっています。 眠っているだけのウテナの目線での歌詞とは思えません。 アンシーがウテナと離れ離れになって、それでも世界を変えようとしているんでしょうね。 実際にアンシーはウテナと離れても自分の世界を変えましたよね。 暁生中心だった世界を捨てましたし。 おわりに 国語が苦手なので、突っ込みどころ一杯かもしれません。 でもいいんです。 自由に解釈!人それぞれ!.

次の