坂口 杏里 ノン フィクション。 坂口杏里の“リスカ跡”“吐きだこ”に悲鳴! 整形後の顔公開も「前のほうがよかった」の声|日刊サイゾー

坂口杏里「生きててよかった」 『ザ・ノンフィクション』放送後に本音

坂口 杏里 ノン フィクション

【2019年8月4日放送の感想】"62歳のシングル女性が築60年ほどのボロボロのアパートに暮らしながら、お金に困っている人達が住める格安のシェアハウスの経営をしました。 3年前まで彼女が区議会議員をしていた頃のお金をシェアハウスの経費として使っていましたが、議員って本当に儲かるのだなと、つくづく思いました。 貧困や行き場のない女性の味方だと全面に出していましたが、再度選挙に出ると決めたシーンでやけにしらけてしまいました。 意地悪なわたしは「再び選挙に出るためのパフォーマンスとしてシェアハウスを始めたのね」と冷ややかに観てしまいました。 女が1人で生きることは大変だと理解は出来ますが、長く生きていれば嫌な垢も付きますが、わたしは彼女の生き方に賛同出来ないと強く思いました。 正直不快でした。 "(女性40代) 【2019年8月11日放送の感想】いつも見終わった後気分が悪くなるのに、つい見てしまう。 親の犠牲になっている子供がかわいそうだ、本当に。 空回りしてしまう新しい父親は仕方ないと思う。 大家族を養うのも大変だし、血の繋がりのない大きくなってしまった子供との関わり方は難しいと思う。 ただすぐに怒鳴るのは間違っているが。。 それよりも離婚を繰り返し、子供を産むだけ産んで、高校の学費まで子供に負担をかけようとした母親。 父親の愛情を知らないんじゃなくて、母親がちゃんと母親の役割を果たせてない、愛情をかけてやってないと思う。 いい加減、自分のことをミナと言うのをやめて欲しい。 子供みたいにすぐに泣いて、ヒステリーになるのをやめて欲しい。 (女性40代) 【2019年10月13日放送の感想】好きな事だけして生きて行く。 誰もがそうでありたいと思って生きている。 でもそれが現実的ではなく理想としているから、どこかに属して嫌な事も我慢して仕事している。 シェアハウスを運営し自分の気の赴くままに生きている人がいて、それを知った同じ思想の若者達がまたそこに集まって暮らしている。 皆、仕事をせずにゲームやパソコン、料理とそれぞれバラバラの生活。 こんな事が成り立つ時代になってしまっている。 なんだか悲しくなった。 現実逃避にしか思えない。 運営者を慕う19歳の少年が全く同じ道を選択し、シェアハウスの経営者となっていた。 若さゆえなのか。 チャレンジ精神は良いと思うが、働きたくない。 とかそんな理由で社会から逃げて自分が楽しいと思う事だけをやって生きていて良いのか。 この少年の今後が心配になった。 (女性50代) 【2020年5月10日(日)放送の感想】獣医師さんもですが、ボランティア団体の方もすごい、私も犬猫は、飼い、昔は、妹が犬猫ウサギといろいろ拾ってきてかい育てましたので、気持ちは、わかります、特に猫の捨て猫は、うちにも猫がいるため、困ります、うちのには、避妊をしてありますが、野良猫同士で春になると困ります、そもそも最初にすてた人がいるからなのに、今堕胎猫の手術してますが、なぜ飼い猫なのに避妊しないのでしょうか、堕胎しようとしてたのに、生まれた猫、死んでるのもいた、どうするか画面でもみてられない、ボランティアのひとも、見られないでしょうね、飼い主の人いらないなら、なんでと腹たつ、新しい飼い主見つかるとよいですね、(女性50代).

次の

ザ・ノンフィクション「ワケあって…坂口杏里」ネタバレ&感想

坂口 杏里 ノン フィクション

たった28年間の生き様を、これほどまでに切り売りしてきた人を私は知らない。 母・良子は、旅立つ日がそう遠くないことを悟っていたかのように娘を必死で売り込んだ。 杏里の世間知らずなキャラクターはクイズ番組やバラエティ番組に引っ張りだこに。 ところが、2017年4月ーその時杏里には、たった3万円すらなかった。 恐喝事件を起こし逮捕されると、芸能界に彼女の戻る席はもうなかった。 『元・芸能人 坂口杏里』の転落ぶりは、ますます人々の興味をそそった。 撮影を始めたのは昨年6月。 ストリップの殿堂「浅草ロック座」でデビューするという彼女を追い始めていた。 ところが…ストリッパー坂口杏里の踊る姿を収めたのが私のカメラだけになろうとは、その時は思いもしなかった。 この頃杏里はワケあって、夜の世界から抜け出せずに、一人苦しみもがいていた。 そんなことが何度となく繰り返された。 ある夜、私の携帯が受信したのは彼女からの『遺書』。 生きることすら放棄した杏里を奮い立たせたのは、亡き母・坂口良子が残したものだった。

次の

ザ・ノンフィクション「ワケあって…坂口杏里」ネタバレ&感想

坂口 杏里 ノン フィクション

取材した福田真奈ディレクターは、ナレーションも自ら担当し、涙があふれて声が詰まってしまう場面もあった。 そんな福田氏は、杏里に対してどのような心情でこの密着に臨んだのか。 取材してみたらどう? 」と提案されたこと。 まず、インスタグラムにメッセージを送って取材を申し込み、しばらく返事はなかったものの、ストリップ劇場の浅草ロック座に出演することになった杏里から「その取材だったらどうですか? 」と申し出て、密着が始まった。 2013年に母・坂口良子さんを亡くしてホストクラブにハマり、借金を背負い、芸能界から姿を消し、夜の仕事を始め、逮捕までされてしまった杏里。 多くのマスコミ、ネットニュースがスキャンダルを面白おかしく書き立て、自身も「好奇の目を向けていた1人だったのかもしれない」と振り返る福田氏だが、「最初にロック座で取材したときから、自分の見え方をあまり気にしない飾らない子だなと思ったんです。 『タバコ吸うところ撮らないほうがいい? 』とこっちが気にしても『あぁ、全然大丈夫』っていう感じで」と、意外な印象を持ったという。 ロック座のスタッフが撮影を止めようとしても、杏里は「福田さんのカメラは入れてあげて」と、すぐに受け入れてくれたそう。 この事件をきっかけに距離も縮まり、最初は「福田さん」だった呼び方も、「福ちゃん」へと変わっていく。 杏里に対しての一番の感情を聞くと、「ほっとけない」という福田氏。 「本人は『おバカキャラを演じてた』と言うんですけど、本当に抜けてるところがあって 笑。 信頼できる人があまり周りにいなそうな感じがあるし、今までいろいろ裏切られたりもしてきて、人に対して疑心暗鬼になってるところもあるので、『本当に大丈夫? 』って心配な気持ちがあるんです」という。 ナレーションを読む福田氏は、収録の際に感情がこみ上げ、何度も言葉が詰まってしまった。 「実は、お墓の前では30分くらい話しかけていたんです。 その前の良子さんの誕生日にもお墓に行ってそれくらい話しているそうなので、あのシーンを見て、また『わざとらしいな』と思う人もいるかもしれませんが、あれは本当の感情でしゃべっていると思うので、グッと来てしまうんです」という。 その心情は「これだけ世間から批判されているのも見ているし、落ちるところまで落ちたのも見ている。 でも、もう1回芸能界に復帰したいとか、バンドをやりたいとか、何か新しくやりたいことを見つけて動き出していることが、一歩前に進んでる感じがするので、『頑張れ』っていう気持ちですね」と、胸の内を明かした。 外部サイト.

次の