バリ 得 こだま 岡山 博多。 【最新2020年6月1から】「バリ得こだま」岡山から「小倉・博多」に格安で行く方法

【レビュー】九州へ新幹線で行くなら絶対に『バリ得プラン』がオススメ!

バリ 得 こだま 岡山 博多

Contents• 岡山~福岡を新幹線で格安に! 新幹線にはいろいろな方法で安く乗ることができるが、使える方法は区間によって違う。 そこで、 岡山~福岡(博多)で新幹線の格安な往復方法を徹底調査! この区間の片道・往復料金の最安値は? 岡山~博多の新幹線【割引きっぷ】料金一覧 まずは、岡山~博多で使える指定席・自由席の料金一覧。 岡山発・博多発とも基本的には使える方法は同じ。 指定席・自由席料金 片道 往復 のぞみ指定席 12,950円 25,900円 スマートEX(のぞみ) 12,750円 25,500円 ひかり・こだま指定席 12,630円 25,260円 スマートEX(ひかり・こだま) 12,430円 24,860円 自由席 12,100円 24,200円 回数券 11,950円 23,900円 eきっぷ 11,180円 22,360円 エクスプレス予約 11,180円 22,360円 (のぞみ) 約 9,000円 格安! バリ得こだま 8,300円 16,600円 (こだま2人) 約 5,700円 格安! 片道料金だけで比較すると、安いのは「のぞみ」ならエクスプレス予約。 「こだま」に限定すれば「 」が安い。 しかし、往復&宿泊なら、 それ以上に 新幹線ホテルパックが安い! 岡山~博多の新幹線料金について解説 岡山~博多は山陽新幹線「のぞみ・みずほ・さくら」で約1時間40分。 「こだま」を利用すると片道3時間20分かかる。 この区間の距離は442キロで、往復割引は適用されない。 岡山~博多でもいくつかの方法で新幹線に格安に乗ることができる。 しかし、山陽新幹線の主要区間の中では、選択肢は極めて少ない。 この区間で料金が安くなるのは、学割や回数券・スマートEX・エクスプレス予約などに限定される。 まず、 スマートEXでネット予約すると、指定席は片道200円安くなる。 しかし、この区間には「早特」がないため、これ以上は安くならない。 次に、 回数券を購入すれば普通車指定席には割引料金で乗ることができる。 回数券は1枚11,950円で自由席料金より安いので、自由席に乗ってもお得。 回数券は福岡市内や岡山市内の金券ショップへ行けば1枚単位での購入も可能。 しかし、有効期間や一部の利用できない期間には注意したい。 岡山~博多では、学生なら 学割を利用することもできる。 学校で学割証を発行してもらうことができれば、学割で乗車券は2割引。 「のぞみ」指定席は11,450円になるので、片道1,500円お得。 さらに、エクスプレス予約で「e特急券」を、JQカード会員であれば「eきっぷ」を利用すれば、特急券・乗車券の両方が割引になる。 岡山~博多でこれ以外に「のぞみ」の料金が安くなるのは エクスプレス予約のみ。 エクスプレス予約を利用すれば片道11,180円なので1,770円お得。 しかし、この区間にはさらに安い「早特」の設定がなく、これ以上には安くならない。 列車を「こだま」に限定すれば「 」で料金は格安になる! 岡山~博多では「こだま」指定席は片道8,300円。 通常料金と比較すれば片道4,330円お得! しかし、その他に、JRが販売する割引きっぷもなく、早割などの新幹線チケットもない。 こんな岡山~博多では、往復&宿泊時には格安な 新幹線ホテルパックを有効に活用したい。 岡山~福岡で新幹線ホテルパックの往復料金は格安! 岡山~博多間で利用できる新幹線ホテルパックを探してみると… 岡山発~博多行きで、福岡市内で1泊する25,500円というパックがある。 このパックに含まれるの1泊の宿泊料金と「のぞみ」指定席の往復料金。 宿泊するホテルの1泊料金が7,500円なので、これを引いた新幹線の片道料金は 9,000円。 エクスプレス予約よりはるかに安くこの区間の最安値。 参考までに、「みずほ・さくら」も利用できるが、「のぞみ」利用のパックの方が安い。 そして、新幹線パックを2人以上で「こだま」で往復すると料金はさらに安くなる。 「こだま」を2人以上で利用した時のパック料金は1人18,900円。 この時の宿泊費を引いた新幹線料金は片道 5,700円という格安料金。 なお、「のぞみ」通常料金で往復し7,500円で1泊した合計料金は33,400円。 これと比較すると「のぞみ」新幹線パックは 1人約8,000円、2人なら14,000円以上安い! このように、他のきっぷとも往復&1泊で比較してみると….

次の

岡山~福岡の新幹線【料金】※格安な往復方法を徹底調査!|新幹線&飛行機の格安テクニック

バリ 得 こだま 岡山 博多

実はバリ得こだまでは "ひかり"を使うことができます。 もちろん料金は同じであり、時間も3時間前後とのぞみとあまり変わらないレベルです。 「安くて早い!」このひかりを使える点が最大の特徴といっても過言ではありません。 ただし、 ひかりは朝と夜にしか走っていないという欠点があります。 山陽新幹線は東海道新幹線と違いひかりの運行がほとんどなく、九州新幹線直通のさくらがその役割を果たしています。 そのため、早朝など時間的に少し無理をする必要があります。 車両は時間によって異なりますが、多くの場合で500系か700系レールスターのどちらかになります。 今回乗車したのは700系レールスターです。 バリ得こだまは 指定席のため、良い座席に座ることができます。 ちなみに東海道新幹線の「ぷらっとこだま」のように混んでるということはなく、基本的にはガラガラです。 そのため隣に人が座るということはまず無いでしょう。 さすがにグリーン車ほどの快適性はないものの、座席はしっかりしており、さらに空いているためリクライニングもある程度まで倒すことができます。 寝たい人にはかなり良い環境といえます。 今回紹介するのは新大阪発のひかりです。 東海道新幹線からの直通なので16両編成のN700,N700Aが使用されます。 また、今回乗車したのは グリーン車です。 プラス500円で利用できるため、 めちゃくちゃお得です。 特に新大阪~博多は長距離移動にあたるため、指定席であれば多少の疲れはたまりますが、グリーン車ではほとんど疲れはたまりません。 周りにはほとんど人がいない状態なので、かなりリラックスした状態で過ごすことができます。 プラス500円と安いので使える方はぜひご利用ください。 バリ得こだまの買い方 予約方法 まずは日本旅行の のページに移動します。 ページが変わると、このようなカレンダーが表示されます。 自分が出発する日をクリックしてください。 黄色く色が変わるだけですが、しっかりと情報は伝わっています。 そのまま下にスクロールしてください。 このような画面が出てきます。 あとは自分の購入したい列車の情報を入力していきます。 基本的には どこに住んでいてもどこの行き先でも自由に買うことが可能です。 往復を選んだ場合は、復路も同じようにして入力してきます。 これで新幹線に関する入力は完了です。 そのまま案内に従って進めていきましょう。 ここから会員登録やクレジットカード入力などがあるため、少し時間がかかります。 進めていくと会員か会員でないかを問われるページが表示されます。 日本旅行の会員の方はログインをしてすぐに予約完了ですが、会員でない方はこれから会員登録が必要です。 下にある矢印の部分を押して進めてください。 他のサイトと比べて記入する箇所が多いですが、根気強く頑張ってください。 会員になると次回以降は簡単に予約することができます。 実際の切符の郵送 申込みが完了すると、2日ほどで日本郵便のレターパックで送られてきます。 内容はこのようになっており、左にあるのが切符、右上が説明書、そして右下が博多駅で使える200円分のクーポンです。 基本的には切符とクーポンを財布に入れて行けばOKです。 まとめ 以上がバリ得こだまの紹介でした。 時間に余裕があり出費を抑えたい方には良い選択だといえます。 こだまの場合は、出張や用事の帰り、また実家に帰る若い方などには使いやすい切符です。 時間はかかるものの、車両は快適であり混雑もしていないためかなりリラックスした状態で過ごすことができます。 本を読んだり映画を見たり、時間を潰す手段があればそれほど苦痛に感じることはないでしょう。 ひかりを使った場合は、普通の新幹線移動と何ら変わりありません。 ぜひ、自分に合った使い方でお使いください。

次の

岡山~福岡の新幹線【料金】※格安な往復方法を徹底調査!|新幹線&飛行機の格安テクニック

バリ 得 こだま 岡山 博多

Contents• 『バリ得こだま・ひかり・つばめ号』とは バリ得こだま・ひかり・つばめ号は 1名利用 ,片道利用が可能な格安新幹線パックす。 九州方面への新幹線では最安のプランです。 ただし、 以下の注意点にもご留意ください。 詳しいことは下記の公式ホームページをご覧ください。 たまたまですが、 キティちゃん仕様になっていました。 機材 乗ってびっくりしたのが、 普通車にも関わらず 2-2配列だということ。 思わず、「 ここはグリーン車か?」と疑ってしまいました。 冗談抜きです。 笑 2-2 配列ということは、 もちろんシートピッチもゆったりしています。 リクライニングも写真の通り。 かなり倒すことが出来ます。 片道 4時間半と聞いていたので、 かなりしんどい時間になると予想していたのですが、 良い意味で裏切られました。 おかげで快適に過ごせました。 笑 横には服をかけるフックがありました。 夏場だったのでかける服がなかったので、使いませんでしたが、 冬場だとかなり役に立ちそうですね。 残念ながらこだま号では機内サービスはありません。 機材 普通車は通常 3-3配列に対して、 グリーン車は 2-2配列になっています。 そのため、縦横ともにゆったりとしています。 写真の通り、スペースを完全に持て余しています。 笑 リクライニングもかなり倒すことが出来ます。 スペースがゆったりしているので、 前の人がフルで倒したとしても窮屈感を感じません。 グリーン車にはフットレストがついています。 帰りの乗車時間は 2時間半とかなり短かったのですが、 靴を脱いでゆっくりくつろげたので、やはりフットレストはあると嬉しいですね。 アームレストのスペースにもゆとりがあり、 ヘッドライトのボタンがついています。 テーブルはサイドポケットに収納されています。 JAL の Jクラス同様の仕様で、安定感のあるテーブルです。 パソコンや飲み物を広げてもスペースに余裕がありました。 かなりしっかりとしたおしぼりが配られます。 車内販売も 1時間に 1回程度あり、頻繁に来てくれます。 時間がなくてドリンクや軽食を買い忘れた方には嬉しいサービスです。 そのほか バリ得プランには 片道につき 200円クーポンが 1枚配布されます。 博多駅の指定エリアのみで使用可能となっています。 指定店舗はカフェやお土産屋をはじめ、本屋でも使うことが出来ます。 僕は帰りに往復分で 400円クーポンとして、本を購入する際に使用しました。 たった 200円クーポンですが、あると少し嬉しい気分になりますね。 まとめ いかがでしたでしょうか。 事前予約制で、 完全 指定席制 なので、 当日の座席を心配する必要もありません。 また、まだ認知がされていないのか、たまたまだったのかわかりませんが、 往復ともに座席にはかなりの余裕がありました。 往復ともに横に人は来ず。 九州方面へ旅行や出張を検討中の方は、 ぜひバリ得プランで九州へ行かれてはいかがでしょうか。

次の