レヴィ エリファ。 エリファス・レヴィ

レヴィ・エリファ

レヴィ エリファ

エピソード• 改めて自己紹介ツイートをした所、日本語が難しくて名前を打ち間違えた。 該当ツイートは削除された。 日本語を勉強中であり、言葉遣いに特徴が見られる。 「待機所」を「たいじょき」としか言えなかったりした。 産まれてから3年間寝て過ごした。 初めて知った日本語は、親に魔界のことを聞いた時に返ってきた「 地獄絵図」• ガチ恋をするためには魔物である父親を倒さなくてはいけないらしい。 父親はガノンドロフによく似ているらしく、その実力は娘すらどうなるか言い淀む程である。 南無三。 父と母の馴れ初め• 母がなぜだか魔界に迷い込んでしまい、寂しさを紛らわせる為に歌を歌っているところに偶然魔物である父が通りかかり倒そうとしたが、その歌があまりに素敵だったために聞き惚れてしまい、それから仲良くなっていったという。 頭の角は美味しくはないものの食用とすることができ、時間が経つとまた生えてくる。 ただし元気がないと生えてこない。 黒い部分は肉を焼けるほど熱を持っている(お酢味)。 オレンジの部分は冷たい(ラー油味)。 角は取り外し出来る。 気合で角が生える。 角は非常食。 味はお酢とラー油を混ぜた味(おいしくない)。 アルミホイルで巻いてオーブンで焼くといいらしい。 織田信長は分からないが第六天魔王は分かる。 落語「寿限無」の名前部分だけを暗唱すると思いきや、マクラから始めるレベルの落語好き。 収益化記念の歌配信で米津玄師の「lemon」を歌うも、途中で視聴者に曲の権利関係について指摘され中断。 その後、それを見ていたからdiscordが送られる。 母の年齢は30歳。 BLに造詣が深く、。 胎教の影響もあり、BLを含めてレヴィ自身の趣味嗜好の基盤となっている。 では、既に歌った曲を間違えて流してしまっても、最後まで歌い切ろうとする律儀な面が見られた。 そうしないと コンクリートに埋められ海に沈められるらしい。 結局喉が限界になり途中で諦めていたが。 朝配信では歌いながら筋トレしたりする。 主催ので、一つの言葉に対して一人ずつ割り振られたシチュエーションを演じ当ててもらうゲームをした。 ネタバレ: 引いたお題が「色っぽく」なのであながち間違ってはいない。 高橋留美子作品が好きでうる星やつらが特にお気に入り。 お母様に「ぼく夏のように田舎の夏を満喫できるようなゲームは無いか」と聞いてみたところいたく喜んだ様子で SIRENをおすすめされた。 ゲームを起動すると走るノイズに不穏なサイレン…お母様どうして?• なおレヴィ自身は困惑しつつも異様にスムーズな動きを見せ、既プレイ勢を唸らせることとなる。 相当な筋肉の持ち主。 筋トレ歌枠配信をやり切るところから推し測れる身体の強さであるが、リングフィットアドベンチャー配信にてその強さが目に見える形になった。 なおその時露わになった体重がプロフィールにもある128kgである。 歌を歌うことが好きなレヴィであるが、過去の歌枠ではたびたび喉の調子の悪さをこぼしていた。 しかし12月にをすることができ、調子による違いがあることを実際に歌うことで示した。 その後加湿器を導入することで喉の調子が安定することが分かった。 保湿は大事。 操作が異様にうまい委員長であったがSIRENは完全初見。 やりずらいゲームシステムとステージ、さらに情報が大量のコメントにワザップも沸く中苦戦していたところで的確なアドバイスを行った。 このことがきっかけとなり、委員長のSIREN配信第三回以降は通話を繋げてのコラボ配信となった。 プレイではしっかりナビを行い、ストーリーについて熟知しつつも初見であることを配慮した解説を行った。 またことあるごとに委員長を褒めまくっていたため、シリーズ終盤ではレヴィのホメをキメる委員長を見ることができる。 辛い物が得意で好きなレヴィであるが、というトンデモ企画を行った。 いつもより力強く感じる歌声や、配信最後の替え歌はエモさ抜群で必聴であるが、よりトンデモなのはがいたことである。 衣装はモノトーンから一転してきらびやかなアイドル衣装。 ボトムスはスカートではなくパンツなのがこだわりポイント。 お披露目後は歌枠に移行し、EDトークではこれまで、そしてこれからへの強い気持ちをあらわにした。 ちなみにこれは5万人衣装ではなく冬衣装という括りのようである。 またデザインはきる太ママではないが 温かいツイートを多く残しており、も描かれている。 魔界の工場は倒産すると物理的に消えるらしい。 爆発したりする。 メンバーは ショー、チク、バイの3種類にグレードが分かれ、バイに登録することでメンバー限定のバッジ、絵文字、配信視聴をすることができる。 またショー、チクでは追加の特典として今後投稿される歌動画の先行公開が行われるようである。 今のところ最高グレードのショーはチクと特典が変わらないため、さらに応援したいという気持ちの方に向けたグレードのようである。 ではぞくぞくと登録者が現れたが、「バイ へようこそ!」という文章にリスナーライバー共々困惑したとかしなかったとか。 メンバーシップ登録がバイ2名、チク1名、ショー1名の順番で並ぶことを「バイバイチクショー」と呼ぶ。 コメント欄の英語コメに良い発音で対応。 英語わからないと言いながらもつよつよな一面を見せる。 お母様の勧めにより始まったSIREN1の実況であるが、 元ジャンク品の中古PS2 と母から受け継いだ 17年もののオリジナルソフトを使った実機プレイであったために 音声がループしてフリーズという今となっては懐かしいバグにより進行不可となってしまった。 ソフト面を改善するまで中断という形となり、 SIREN2をプレイするようである。 新しいソフトが手に入り無事再開された。 なおキツいスケジュールの模様。 「ベーチャルライバー」• 「マンドラゴラみたいやないかーい!」• 魔物や亜人たちの間で流行っているギャグ。 誰かが叫んだ時につかう。 が自身の誕生日配信で にじさんじ一上手いクソヘタクソなモノマネを披露してる中、配信に凸して「もしもーし!」の後に放った直球のバッシング。 広告のホストの顔について。 その後探し出したホストに対しては「ベイクドぐらいにはなるんじゃなイ?」• 筋トレしながら歌う配信にて、あまりのキツさに何度も絶命する亜人。 この前後にけっこう濃い話をしている。 また他の配信でも時々エリ腐ァが出てきてしまうのはご愛敬。 初めての夜勤で世知辛さを感じる亜人。 彼女へのケーキを安く作れるシーフードケーキで済まそうとしたパラッパに対して。 大先輩。 レヴィの大好きなゲーム「SIREN」をきっかけにコラボをするように。 美兎は以前よりSIREN配信を行っていたが半ば詰まった状態になっていた。 そのため趣向を変える意味も求めてSIREN有識者のレヴィの手をかりるという形に。 美兎を持ち前のSIREN知識で助ける。 その結果大先輩でありながら 「師匠」と呼んでくるようになった。 そういえばレヴィの同期は逆に後輩を師匠と仰いでいたような……。 美兎が何をしても基本的に褒める。 がゲーム内容がゲーム内容なので「殺すのが上手ですネ!」といった何とも言えない褒めかたになってしまった。 それ以外も肯定が基本だったが美兎のクソダジャレには困惑した。 一緒にデビューした同期の英雄。 異世界ファンタジーな二人である。 他の同期組ほど目立ったコンビ活動をしていないが相性も仲も結構良い二人組。 ながらくコンビ名が決まっていなかったが、半年記念配信にてコンビ名が「 」となった。 デビューの際レヴィに配信関連のことを教えてくれた。 レヴィが歌動画を上げた際、エクスは• ちなみに表でエクス側からレヴィに何かしらの反応があったのはこれが初。 だったのだが普通に良いことをすることが珍しすぎてその後のやり取りもほほえましいので必見。 にてファン待望のコラボ。 適当に「凸配信」をやる、と冗談で言った結果突発で通話が繋がった。 物まね対決を披露。 下手くそな物まねをするエクスに終始マウントを取ったり、アンパンマントークに付き合わせたりと振り回したが、最後に「僕は友達と思っている」というカウンターを食らった。 亜人、照れる。 そしてにも今度はエクスがかけてくる。 放送前から待機していたようだが放送間際 20時頃 に寝落ち、結果配信開始の1時間半経過後に現れた。 レヴィは誕生日プレゼント繋がりで鼻セレブ実食オフコラボを持ちかける。 この前のエクスの誕生日配信で同期コラボを持ちかけていたが、どうやらそのあと話が進んでいなかった模様。 突如その日にちを決める話題となる。 双方スケジュール管理に難があり、それがコラボを持ち掛けられない理由の一つになっているらしい。 その後仮ではあるが無事に予定が決まった。 その後もスケジュールの合わなさは変わらないが、気の置けない仲のようである。 某国の研究者の後輩。 レヴィのにて、遺品を拾ったりなどの縁があって通話を繋げての突発コラボとなった。 ゲームセンスの光る彼であるがARKは初見で、ソロプレイで立ち往生していたところをまったりプレイながら先行していたレヴィから持ち掛ける形で基本設定、操作、序盤の生活基盤の確立まで手伝うコラボを行った。 手厚い支援に彼はレヴィのことを 靴をグッショグショに舐めつつオヤヴィンと呼ぶようになった。 アコースティックギターの演奏技術を活かし、オンラインでセッションを行った。 手法上の限界もあってか満足行く出来にはならなかった曲もあり、時勢が落ち着き次第オフラインでのリベンジを切望している模様。 なお、この時にコラボ名が「晴レ日」に決まった。

次の

レヴィ・エリファ前世は?歌い手がかわいい?性別・顔や年齢の身バレは?

レヴィ エリファ

エリファス・レヴィ( Eliphas Levi、本名 アルフォンス・ルイ・コンスタン Alphonse Louis Constant 、 - )は、・出身の、思想家。 41歳の時に本名を風にした「エリファス・レヴィ」に改名し、隠秘学の著作を残した。 パリのの文芸サロンに出入りしていたが、後に、、、などの研究を行い、の象徴的存在となった。 は理性に基づいた合理的科学であると主張し、実際にはその教義体系は精密さを欠くものであったが、古代の密儀、、 ()などのさまざまな伝統を「魔術」の名の下に総括しようとした。 後のフランス、のオカルティストに大きな影響を及ぼし、また、、、、、、などの作家、詩人たちも影響を受けたとされる。 パリ市内にあるレヴィの生家。 貧しい職人の家の一人息子として生まれた。 少年時代は病気がちだったが、頭がよく善良な子供で、15歳の時に司祭になるために聖ニコラ・デュ・シャルドネ神学校に入学。 ヘブライ語や哲学を学び、また校長のフレール・コロンナは動物磁気学の研究家で、の持ち主であり、コンスタンにも感化を及ぼした。 次いで神学研究のためにに再入学し、聖シュルピス会創立者オリエの著作に親しみ大きな影響を受けた。 1835年に25歳の若さでに任命され、聖シュルピス教会の伝道師となる。 しかしこの翌年にある娘に恋をし、神学校を脱退、このために母親は自殺したとも伝えられる。 コンスタンはと女権運動家のに出会って思想を知り、社会主義者で詩人であったアルフォンス・エスキロスの手引きで、の文学サークルに出入りするようになる。 ここで知り合った、彫刻家で女性崇拝の宗教を主宰していたマパ・ガンノーを、にも紹介している。 ロマン派詩人として [ ] 1839年に信仰に立ち返ろうとし、の修道院に滞在する。 ここでやのや、クリューデネル夫人のの著作に触れ、の伝説集『五月の薔薇の樹』を出版し、これが処女作となる。 しかし修道院の入院資格を認められなかったため、デューイ村の学校の生徒監となる。 ここでから社会主義的な思想を論じる『自由の聖書』を出版するが、「聖書の教えを不法に誤り伝えた」として8ヶ月の禁固と300フランの罰金の刑を受け、著作の全部を押収され、サント・ペラジーの刑務所に収監されて、この獄中でエスキロスに再会し、社会主義者のにも知り合い、またや様々なの著作にも出会う。 出所すると、の教会で宗教画や小説の挿絵の仕事をしながら、1841年には女性崇拝思想を展開する『女の昇天あるいは愛の書』を出版。 1844年に正統的なカトリック信仰を表すものとして出版した『神の母、宗教的人道主義的叙事詩』は、しかしと社会主義、と革命論、後の世界としてのなどを述べた内容はカトリック界では受け入れられず、教会から退去させられる。 以後、個人教授をしながら執筆を続け、1845年の詩集『三つの調和』の「コレスポンダンス」は、ボードレールの「万物照応 Correspondances 」に影響を与えたことで知られる。 1846年に自分が教えていた17歳の女子学生マリー・ノエミ・カディオと結婚。 隠秘学者として [ ] 1848年のを期に、社会主義的思想に基づく文学作品からは遠ざかり、1853年に エリファス・レヴィと名を変え、の義弟モンフェリエと隠秘学の雑誌『進歩的評論』を刊行する。 1854年にイギリスで小説家と知り合い、リットンの属しているに加入して、大きな影響を受ける。 帰国後に、フランスの薔薇十字団を再建。 1856年に『高等魔術の教理と儀式』を刊行。 1860年から『秘教哲学全集』全6巻の刊行を開始。 その後も隠秘学の著作をまず多く執筆し、1875年にパリで死去した。 作品 [ ] 神学校時代のコンスタンは、オリエの著作から聖母崇拝、女性崇拝への志向を強めていった。 『五月の薔薇の樹』も神秘主義的な著作であり、『女の昇天あるいは愛の書』は女性そのものをキリストと同一視するという女性崇拝思想が述べられている。 イタリアの神秘主義者シルヴィオ・ペリコや、スウェーデンボルグらの影響を受け、社会主義系の出版社ル・ガロワから出た『涙の書あるいは慰安者キリスト』は、キリストが近代の現れて社会主義思想を実現するという物語である。 『高等魔術の教理と儀式』は、隠秘学の原理であるアナロジーがに結びついてユゴー、ボードレール、リラダン、マラルメ、イエイツ、ジャリなどの象徴派詩人に深い影響を与え 、また現代の、などの作家にも影響した。 『秘教哲学全集』は隠秘学に関する膨大な著作で、この中の『魔術の歴史』はランボーが夢中になって読んだと言われ、の『わが読書』でもたびたび引用されている。 主な著作 [ ]• le Rosier de mai ou la Guirlande de Marie、1939年(『五月の薔薇の樹』)• l'Assomption de la femme ou le Livre de l'amour、1841年(『女の昇天あるいは愛の書』)• les Trois Harmonies、1845年(『三つの調和』、詩集)• Dogme et rituel de la haute magie、1856年(『高等魔術の教理と儀式』)• Histoire de la magie、1859年(『魔術の歴史』秘教哲学全集)• Le Sorcier de Meudon、1861年(秘教哲学全集)• Philosophie occulte. Philosophie occulte. 『高等魔術の教理と祭儀 祭儀篇』訳、人文書院、1982年。 『高等魔術の教理と祭儀 教理篇』生田耕作訳、人文書院、1992年。 『大いなる神秘の鍵』 鈴木啓司訳、人文書院、2011年。 参考文献 [ ]• 澁澤龍彦「フランス奇想小説の系譜」(『西欧文芸批評集成』河出書房新社 2011年)• 「影の水脈」『定本 何かが空を飛んでいる』 国書刊行会、1913年。 『悪魔のいる文学史 神秘家と狂詩人』中央公論社 1982年 外部リンク [ ]• - (2002年6月18日アーカイブ分)• パブリック・ドメイン• パブリック・ドメイン•

次の

レヴィエリファの前世(中の人)は顔出し歌い手のレジだった。

レヴィ エリファ

人気記事• 2,829 views 20 comments• 1,982 views 0 comments• 1,665 views 13 comments• 1,499 views 15 comments• 1,415 views 1 comment• 1,103 views 6 comments• 1,069 views 0 comments• 990 views 0 comments• 964 views 7 comments• 932 views 3 comments• 907 views 4 comments• 877 views 5 comments• 839 views 3 comments• 823 views 3 comments• 813 views 2 comments• 778 views 0 comments• 764 views 0 comments• 709 views 3 comments• 707 views 0 comments• 668 views 0 comments.

次の