フォス ファチ ジル コリン。 ホスファチジルコリン

痩身目的のメソセラピーに/高濃度 フォスファチジル : メソセラピー関連速報

フォス ファチ ジル コリン

ホスファチジルコリンとの違いとは? 当サイトで紹介しているホスファチジルセリンとよく似た名前のホスファチジルコリンという物質があります。 ホスファチジルコリンとは、ホスファチジルセリンと同様に細胞膜のリン脂質に含まれ、特に脳や神経細胞に多く存在しています。 これらの違いとしては、結びついている化合物が「セリン」なのか「コリン」なのかという点になります。 その結果、同じリン脂質の成分でありながら、異なった存在となっているのです。 ホスファチジルコリンはサプリメントなどに含有される際には、「レシチン」という名称で称されることが多い為、聞きなれていない方も多くいらっしゃると思います。 ただし、最近では、リン脂質を配合したもの総してレシチンと呼ぶ場合もありますので、摂取の際には、「レシチン=ホスファチジルコリン」であることをチェックしましょう。 ホスファチジルコリンを含む食品としては、大豆、卵黄、牛肉、レバーなどがありますが、ホスファチジルセリンと同様に食品中には微量にしか含まれていませんので、サプリメントでの摂取が注目されています。 ホスファチジルコリンの効果! ホスファチジルコリンの効果を下記に紹介していますので、ホスファチジルセリンとの違いを確認して下さい。 集中力や記憶力の向上に役立ちます。 脳内では、神経細胞の間を情報伝達物質が行き来することで記憶や判断などの働きを行っていますが、ホスファチジルコリンは脳の働きに重要な神経伝達物質であるアセチルコリンの主要材料ですので、しっかりと摂取することで集中力や記憶力の向上に役立ちます。 動脈硬化の予防に役立ちます。 ホスファチジルコリンには、本来では混ざらない「水分」と「油分(脂質)」を混ぜ合わせる働き(乳化作用)がありますので、血管壁のコレステロールを溶かしてキレイにする作用によって動脈硬化の予防に役立ちます。 肝臓の働きを助け、ダイエットをサポートします。 肝臓の脂質代謝を活発する働きを持つホスファチジルコリンは、肝臓に溜まる脂肪の排泄を助け脂肪肝を予防するだけではなく、体内の脂肪の代謝の促進させる作用もありますので、ダイエットや肥満の解消をサポートします。 糖尿病の緩和に役立ちます。 ホスファチジルコリンは、細胞膜の成分として細胞を活発化させる為の栄養分の吸収をスムーズに行いますので、インシュリンの分泌を正常化を助け、糖尿病の緩和に役立ちます。

次の

フォスファチジルセリンとは?効果・副作用は?【うつ病に効くサプリメント】

フォス ファチ ジル コリン

脂肪溶解注射 痩せたい部位の皮膚内に有効成分を注入することで、皮下脂肪が減少し、溶け出した脂肪は血中を経て、尿や便として排出されるとても効果的に行える痩身法です。 手術ではなく治療で、極細の針で注射を打つだけなので、気軽に行える方法として大変人気の高い治療法です。 CONSULTATION 脂肪溶解注射 脂肪溶解注射の成分の1つに、フォスファチジルコリンと言う成分があります。 これは脂肪細胞に含まれる脂肪(トリグリセリド)を、遊離脂肪酸として細胞から血管のなかに取り出す働きがあります。 しかし脂肪細胞から取り出された遊離脂肪酸は、そのままにしておくと、また脂肪細胞に取り込まれて元に戻ってしまい、痩身の効果は望めません。 この3つの成分の内、1つでも欠如していると、十分な効果は期待できません。 フォスファチジルコリン フォスファチジルコリンは、植物および動物の細胞膜に広く存在し、脂肪分散(乳化)作用があります。 脂肪溶解注射で用いるフォスファチジルコリンは、細胞膜に豊富に存在する大豆レシチンから抽出したリン脂質です。 ドイツでは医薬品として、脂肪塞栓症や脂肪異常症、アルコール性肝炎の治療に使われ、血液中のコレステロールや中性脂肪の量を下げ、脂肪の適切な代謝を促すものです。 現代では、ダイエットサプリメントや生活習慣病予防サプリメントとして多く使用されています。 まず、このフォスファチジルコリンを注射することで、脂肪細胞から脂肪酸を遊離します。 L-カルニチン 脂肪溶解注射にカクテルするL-カルニチンは、体内で遊離脂肪酸を細胞のミトコンドリアに運ぶ働きがあります。 ミトコンドリアの中で脂肪酸が燃焼することによってエネルギーが生成されます。 ミトコンドリアの働き 生物の細胞に含まれる細胞内構造物の一つです。 ミトコンドリアは細胞の中で呼吸をして、エネルギーを作り出します。 血液によって体内の細胞に酸素が運びこまれ、ミトコンドリアによって糖や脂肪が燃やされエネルギーとなります。 炭水化物やたんぱく質、脂肪や糖をエネルギーに変換しやすくします。 また、優れた抗酸化力成分としても広く知られており、美容サプリメント、ダイエットサプリメントなどでも多く製品化されており、ここ数年でとても身近なものになりました。 ミトコンドリアの働きを活発にすることで、代謝能力をアップさせる働き、脂肪や糖をエネルギーに変換しやすい状態を作り出す働きがあります。 CONSULTATION 脂肪溶解注射のメカニズム フォスファチジルコリン• 脂肪細胞が大きく肥大している為、体の表面が圧迫され、皮膚がタルミます。 気になる患部に注射でオーダーメイドの薬剤を注入します。 L-カルニチン• 脂肪細胞を溶かし小さくすることにより、体型の乱れを 改善します。 溶け出した脂肪は尿や便によって体外に排出されます。 ポイント 体型が乱れる(太る)原因は脂肪細胞が大きく肥大する事によって起こりますが、脂肪細胞そのものを消滅させてしまえば、脂肪を蓄える脂肪細胞がない為、理論上リバウンドの心配はありません。 ただ、経験豊富な専門医が「体型」「体質」「使用する薬剤の分量」などを計算した上で施術を行う必要があります。 やみくもに脂肪溶解注射(メソセラピー)を打つだけでは、目に見える効果は現れません。 脂肪細胞を溶かし小さくすることにより、体型の乱れを 改善します。 溶け出した脂肪は尿や便によって体外に排出されます。 ポイント!ダイエットと異なる点は?• 小さな脂肪細胞は消滅する ダイエットは大きくなった脂肪細胞を小さくするだけで、脂肪細胞の数を減らす事は出来ません。 ダイエットを中止すると、直ぐにリバウンドを起こす根本的な理由は「脂肪細胞」の数が同じだからです。 「脂肪細胞」の数を減らす事により、太りづらい体質にする事が可能です。 SIDE EFFECT 主なリスク、副作用など メソセラピー・脂肪溶解注射・BNLS注射等を行う場合、針を刺した箇所が一時的に赤くなることがありますが、殆どの方が当日中には気にならなくなります。 治療当日は少し突っ張った感じがありますが、時間の経過とともに減少します。 また、内出血となるケースがありますが、時間の経過とともに気にならなくなります。 治療後すぐ、針を刺した箇所以外はメイクが可能です。 治療後翌日からは、針を刺した箇所もメイクが可能で、万が一内出血となった場合でも、ファンデーションやコンシーラーで気になる部分をカバーできます。

次の

フォスファチジルセリンとは?効果・副作用は?【うつ病に効くサプリメント】

フォス ファチ ジル コリン

レシチンとは レシチンは、動植物、微生物界に広く分布している、リン脂質の一種です。 レシチンは一般名で、日本ではフォスファチジルコリンだけでなく、他のリン脂質やスフィンゴミエリンとフォスファチジルコリンの混合物を指しています。 (広義のレシチン) アメリカの栄養指導では、レシチンとはフォスファチジルコリンそのものを指しています。 (狭義のレシチン) ここでは、レシチンはフォスファチジルコリンのこととしてお話しいたします。 レシチンは細胞膜の主成分 60%が水でできているヒトのからだを、きちんと区切ってくれているのが細胞膜です。 細胞膜はタンパク質と脂質でできています。 細胞膜は、「区切る」だけでなく、からだの情報を伝えたり、必要な物質を通して要らない物質を通さないようにするなど、とても大きな役割をしているものです。 私たちは、この細胞膜が健やかでいてくれるおかげで、毎日を無事送ることができています。 そして、レシチンはこの細胞膜の主役になっている成分です。 レシチンを守るビタミンE レシチンは真ん中にサビやすい(酸化されやすい)不飽和脂肪酸がくっついています。 そのため、それをサビ(酸化)から守ってくれるビタミンEと一緒に摂ると効果的です。 レシチンの働き• 脂質の吸収を助ける• 情報伝達物質の材料(アセチルコリン)• 脂肪肝の改善• 神経細胞のミエリン鞘(髄鞘)の主成分 など レシチンは脂質の吸収を助けます レシチンは水とあぶらの両方に親しみやすい性質を持っています。 そこでレシチンは、からだの中で脂質、脂肪酸、コレステロールや脂溶性ビタミン(ビタミンA、E、D、K)など水に溶けにくいものを包み込み、ミセルをつくり、水に溶けるようにします。 そうすることで、これらの栄養素が腸で吸収されるのを助けてくれているのです。 脂肪肝とレシチン レシチンは、肝臓から中性脂肪を運び出す手助けをしてくれます。 脂肪肝や隠れ肥満の方は、肝臓から脂肪を出す働きをしてくれるタンパク質とレシチンをしっかり摂るといいかもしれません。 レシチンは神経伝達物質アセチルコリンの材料 レシチンは、神経伝達物質アセチルコリンの材料です。 アセチルコリンはコリンとアセチルCoAからできています。 このとき使われるコリンが、レシチン(フォスファチジルコリン)からできています。 マメ知識アセチルコリンとは アセチルコリンは、副交感神経や運動神経の末端から出る神経伝達物質のことです。 アセチルコリンは、 神経細胞と神経細胞のつなぎ目(シナプス間)で興奮を伝えたり、副交感神経の興奮、骨格筋などの収縮を起こします。 さらには血圧降下の作用も持っています。 アセチルコリンは、特に記憶に関係の深い物質でもあります。 認知症の方は、脳内のアセチルコリンが著しく減少しているという報告があります。 健康な脳の強い味方、レシチン レシチンは健康な脳の強い味方。 物忘れが気になる方などは、ぜひレシチンを積極的に摂りましょう。 こんな方はぜひレシチンを!• 最近物忘れが多い• 認知症が気になる• アルツハイマー病が気になる• お酒を飲む機会が増え、肝臓が心配• 高血圧や動脈硬化が気になる• タバコを毎日吸う レシチンを多く含む食品 レシチンを多く含む食品は卵黄です。 卵の栄養価はアミノ酸バランスが優れているだけではなく、神経伝達物質の原料となるフォスファチジルコリンの含有量がとても多い食品です。 レシチンを多く含む食品としては他に大豆がありますが、フォスファチジルコリンの量は卵の方が多くなっています。

次の