ヘア ターバン 作り方。 初心者さんも簡単!ヘアバンド ヘアターバンの作り方!【ハンドメイド無料レシピ】 ヘアバンド 作り方

かわいいターバンを手作り!簡単な作り方ときれいに仕上げるコツ

ヘア ターバン 作り方

もくじ• ヘアバンド(ヘアターバン)の作り方 今回は古くなったTシャツを使って作りましたが、もちろんTシャツでなく家にあるハギレ等でも作ることができます。 ただ、ご紹介するのは Tシャツで作るからこそ簡単!という作り方となっています。 身幅は50センチ前後です。 メンズの大きいサイズだと少し幅が広すぎるかもしれません。 ゴムを入れてギャザーを寄せるため、 薄手のTシャツがおすすめです。 スポンサーリンク 手順1 Tシャツを裁断する Tシャツは 裾の部分を使用します。 裾から21センチのところで裁断します。 裏側にタグがついている場合はそれもカットしておきます。 裁断したTシャツは筒状になります。 手順2 中心に向かって折る Tシャツの裏を出した状態で、中心に向かって折りたたみます。 端の処理がしていない側を先に折り、次に裾側が上になるように重ねます。 Tシャツの端が1cm重なるようにして、ぐるっと一周待ち針で固定します。 細い筒状になります。 手順3 中心を一周縫う 赤色の破線部分をぐるっと一周縫います。 手順4 ゴムを通す部分を縫う 手順3で縫ったラインから2. 5cmのところを2本縫い、ゴムが4本通るようにします。 ぐるっと縫います。 スポンサーリンク 手順5 ゴムを通す ゴムを通すための穴をリッパーで4か所あけます。 Tシャツの脇の部分の縫い目をほどいて開けました。 長さ50センチのゴムを4本通しました。 ゴムは100均の肌着用ゴムを使用しました(5. 5ミリ幅)。 帽子用のゴムも柔らかくて良いと思います(普通の平ゴムよりのびやすいかも)。 手順6 穴を閉じる(やらなくてもOK) ゴムを通した穴を手縫いで閉じました。 ただ、この処理は不要かもしれない・・と完成後に感じました。 ギャザーのおかげで閉じなくても全く気にならないと思いますので、この処理はお好みで。 完成です。 より薄手のTシャツで作ったものは、更に柔らかフワフワなヘアバンドに。 どちらのヘアバンドも出来上がりは24センチ程でした。 まとめ Tシャツの肌触りと吸水性を生かしたヘアバンド(ヘアターバン)。 洗顔用にピッタリです。 頻繁に洗濯したいので、何枚かあると便利です。 個人的に洗顔用のヘアバンドは肌触りを重視しており、今まではタオル地のヘアバンドを使用していました(無印良品のもの)。 ふわふわで着用感は最高ですが、今回作ったTシャツヘアバンドもなかなかの付け心地! たくさん作ったので、当分買わなくても良さそうです。 子供のTシャツを利用すれば、ちびっこサイズのヘアバンドに(うちは男の子なので要らないと言われてしまいましたが…)。 捨てようか迷っているTシャツがあったら、ヘアバンドへのリメイクはいかがでしょうか。

次の

ツイストヘアバンドの作り方

ヘア ターバン 作り方

初心者さんも簡単! ヘアバンド ヘアターバンの作り方! 【ハンドメイド無料レシピ】 ヘアバンド 作り方 初心者さんも簡単! ヘアバンド ヘアターバンの作り方! 【ハンドメイド無料レシピ】 ヘアバンド 作り方 夏が近づき、なんだか髪をそのまま下ろすのも暑いし、でも凝ったアレンジは面倒・・! 季節も変わったので心機一転、髪をバッサリ切ったのはいいけど上手くまとまらない・・ 家にいるときに、かわいくて髪も邪魔にならない方法ないかな・・? などなど、こんな風に思っている方も多いと思います! そんなとき活躍するのが、まさにヘアバンドやヘアターバン!! 布を、縦20センチと7センチに切り、二つに分けます。 小さい方の布は、更に横40センチのところでカットします。 余った部分は使いませんので、捨ててしまって大丈夫です。 大きい方の布を、中表 柄が内側になるように して、二つ折り 谷折り にします。 あまりギリギリにならないよう1センチくらい開けて、筒状になるように、横に縫っていきます。 最終的に見えなくなる部分なので、そんなにきれいに縫わなくてもOK! サクッと簡単にいきましょう! 端の部分から、内側を表に出すように少しづつ裏返していきます。 【ポイント】縫った部分がほつれないよう、丁寧に裏返していきましょう。 裏返したら、縫い目の部分が真ん中にくるよう調整します。 【ポイント】このときアイロンをかけると、ピシッとして仕上がりがきれいです。 端の部分を、上下蛇腹状になるように折り、ヘアピンなどでとめておきます。 【ポイント】真ん中の縫い目の部分に向かって、上から斜めに山折り、そして上に戻るように斜めに谷折りにするように折ると蛇腹状になります。 両サイド同じように折り、とめておきます。 小さい方の布を、両サイド1センチくらいの位置で内側に折ります。 真ん中で山折りにして二つに折ります。 大きい布の時と同じように、上側を横に縫い、裏返して筒状にします。 筒状にした中に、平ゴムを通していきます。 ゴムを通したら、布にギャザーをよせつつ真ん中に移動させておきます。 大きい布の、蛇腹状にした部分に、ゴムを重ねて縫い付けます。 どちらも縫い付けると、このような状態になります。 縫ったら、とめておいたヘアピンを外しましょう。 ゴムを縫い付けた部分に、ゴム部分の布の端をきれいにかぶせます。 重ね合わさっている部分をきれいにまつります。 この作業を両サイド行います。 市販されている ヘアバンド ヘアターバン と同じようなデザインのものが、こんなに簡単に出来てしまいます! 今回は、頭にくる部分とゴムの部分を同じ柄の布でつくりましたが、ゴムの部分だけ無地にしてみたり、全く別の柄にしてみたりしてもおもしろいと思います! 夏のおしゃれアイテムに、かわいいお部屋アイテムに、楽ちんヘアのお供に、洗顔などのスキンケア時に・・! こちらも簡単に出来ますので、あわせて作ってみてくださいね!

次の

初心者さんも簡単!ヘアバンド ヘアターバンの作り方!【ハンドメイド無料レシピ】 ヘアバンド 作り方

ヘア ターバン 作り方

子供用の「 ヘアバンド」を探しているけれど、なかなかいいのが見つからない・・・。 大人用だとサイズが合わないし・・・。 そんなお悩みをお持ちのママさんいませんか? 実は、 ヘアバンドって意外に簡単に手作りできちゃうんです。 実際に、ハンドメイドにチャレンジしているママもたくさんいるんですよ。 そこで、今回はキッズ用 ヘアバンドの作り方をご紹介していきます。 「幅広 」ヘアバンドや「リボン」の ヘアバンド、おしゃれな「 ツイストヘアバンド(クロスヘアバンドとも呼ばれてますね。 )」の作り方もあるので、ぜひチャレンジしてみてください。 思わず真似したくなるような、みんなの手作り キッズヘアバンドも登場するので、デザインの参考にしてくださいね。 まずはざっくり知っておこう!ヘアバンドの作り方 ほとんどの ヘアバンドが、2つのパーツから構成されています。 ひとつめが、おでこや頭頂部をおおう、いわゆる「本体部分」。 もうひとつが後頭部・襟足にあたる、くしゅくしゅの「ゴム通し部分」。 この本体部分と、ゴム通し部分をそれぞれ作って、最後にふたつを縫いつけるというのが、一番オーソドックスな ヘアバンドの作り方になります。 材料は、大体の場合が布とゴムがあればOKです。 なんとなくイメージできましたか? では、早速 ヘアバンドの作り方に入っていきましょう! シンプル!子供用 幅広ヘアバンドの作り方 - 2016年 3月月15日午後4時26分PDT まずは、飾り気のないベーシックな ヘアバンドの作り方からご紹介! アレンジのきくデザインなのでおすすめです。 5cm幅) キッズ 幅広ヘアバンドの作り方 【まずはゴム通し部分を作る】 1. ゴム部分の布を中表にして縫い代1cmで縫う。 縫い代の角を三角に切り落とす。 アイロンで縫い代を割り、ひっくり返す。 両端を1cm内側に折り込み、アイロンをかけておく。 【次に本体部分を作る】 1. 本体布の上下にあたる部分を三つ折り縫い(5mm)しておく。 ギャザーを作る。 折り紙で扇子を作るときの山折り谷折り(または餃子を閉じるときにひだを寄せる)のイメージでギャザーを寄せる。 この時、左右から中央に向かって折りたたむようにすると、よりきれいな立体感に。 ギャザーを寄せた両端は、1. 5cm程度内側に折り込むようにする。 ギャザーを寄せたまま、ゴムとしっかり縫い合わせる。 ギャザーにより厚みがでているので、ミシン針は厚手用のものにして、手でゆっくりまわす。 【最後にいよいよ本体部分と、ゴム通し部分を合体!】 1. 初めに作っておいたゴム通し部分を、本体に縫い付けられたゴムにかぶせて、本体と縫い合わせる。 反対側も同じように本体と縫い合わせれば、完成! 参考サイト 簡単&人気!子供用 リボンヘアバンドの作り方 - 2017年 9月月12日午後4時08分PDT 続いて人気のリボンヘアバンドをご紹介。 幅広 ヘアバンドと同じ材料に、リボン用の布をプラスするだけで作れます。 5cm幅) キッズ リボンヘアバンドの作り方 【まずはゴム通し部分を作る】 1. ゴム部分の布を中表にして縫い代1cmで縫う。 縫い代の角を三角に切り落とす。 アイロンで縫い代を割り、ひっくり返す。 両端を1cm内側に折り込み、アイロンをかけておく。 【次に本体部分を作る】 1. 本体布を中表に二つ折りにして、縫い代1cmで縫い、筒状にする。 ひっくり返す。 縫い代を端にしてアイロンをかける。 一方の端をゴム幅くらいまで寄せて、ゴムを縫い合わせる。 リボン布を中表に縫い、バランスを見ながら本体中央に巻き付けて、縫いとめる。 【最後にいよいよ本体部分と、ゴム通し部分を合体!】 1. 初めに作っておいたゴム通し部分を、本体に縫い付けられたゴムにかぶせて、本体と縫い合わせる。 反対側も同じように本体と縫い合わせれば、完成! 参考サイト 意外に難しくない!子供用 ツイストヘアバンドの作り方 - 2016年 7月月22日午前6時26分PDT ツイストヘアバンドも、実は手作りできちゃいます! 本体部分の布が2枚必要になりますが、基本的な作り方は変わらないので、ぜひチャレンジを。 5cm幅) キッズ ツイストヘアバンドの作り方 【まずはゴム通し部分を作る】 1. ゴム部分の布を中表にして縫い代1cmで縫う 2. 縫い代の角を三角に切り落とす 3. アイロンで縫い代を割り、ひっくり返す 4. 両端を1cm内側に折り込み、アイロンをかけておく 【次に本体部分を作る】 1. それぞれ中表に二つ折りにして、縫い代1cmで縫い、筒状にする。 縫い代の角は三角に切り落とす。 ひっくり返す。 縫い代を端にしてアイロンをかける。 ふたつの布を知恵の輪のように交差させる。 一方の端をゴム幅くらいまで寄せて、ゴムを縫い合わせる。 【最後にいよいよ本体部分と、ゴム通し部分を合体!】 1. 初めに作っておいたゴム通し部分を、本体に縫い付けられたゴムにかぶせて、本体と縫い合わせます。 反対側も同じように本体と縫い合わせれば、完成! 参考サイト みんなの手作りキッズヘアバンド大公開 キッズ 幅広ヘアバンド編 - 2016年 7月月17日午後6時05分PDT パパの洋服から、上手に ヘアバンドをリメイクしたママもいます。 すごい! ツイストヘアバンドは、布の色や柄の組み合わせでオリジナリティがでますね。 好きなヘアバンドを見つけて、ぜひオリジナルにチャレンジ! キッズヘアバンドの作り方やデザインは、参考になりましたか? 簡単そうなものから始めて、徐々にステップアップしていくのもいいし、 素材や柄の組み合わせを変えていくのも楽しそうです。 世界に一つしかない、お子さんのためだけの ヘアバンド。 ママもぜひ楽しみながら作ってくださいね。

次の