ゼノ ルール。 【カードゲーム】XENOのルール紹介

【ボードゲームのおすすめ・レビュー】「XENO(ゼノ)」~大人気ゲームをベースにしたオリラジ中田さん考案のカードゲーム!~

ゼノ ルール

所感 「毎度カードを発動しなければならない」という制約がこのゲームをおもしろくしている気がします。 取っておきたいカードがあれば、逆のカードを使う必要があるということで、相手が何を残しているのかを探っていくんでしょうか。 また、山札がなくなることが頻繁に起こりえるのであれば終盤は数字を意識して戦う必要がありそうです。 一点気になったのは「兵士」カードです。 補足には以下のようにありますが 指名されたプレイヤーは、手番プレイヤーの宣言が一致しているか回答します。 合っていた場合は手札を捨て、脱落となります。 外れていた場合は、外れていることを告げます。 手札が何かを教える必要はありません。 当たっているにも関わらず外れているフリをした場合、それはばれないんでしょうか?このルールが少し性善説になっているように見えて気になりました。 こういう性善説や性悪説を考えるのはゲーム理論のおもしろいところでもあります。 以上、ゼノの簡単ルール紹介でした。。

次の

XENO【ゼノ】の全てを紹介&レビュー【控えめに言って最高です】│岩崎将也オフィシャルブログ

ゼノ ルール

XENO(ゼノ)の内容物について 内容物はカード22枚です。 そのうち4枚はルールカードなのでゲームでは18枚のみを使用します。 一般的なカードゲームやボードゲームのような説明書は入っておらず、QRコードを読み込むことでルールを確認します。 そのため、箱も非常にコンパクトで、ほぼカードと同じ大きさで厚みも1センチほどしかありません。 XENO(ゼノ)のルールについて カードをシャッフルして山札を作ります。 各プレイヤーは山札から1枚カードを引いて、手札とします。 全員が手札を持ったら山札から裏向きのまま1枚を引き、山札の隣に横向きに置いておきます。 これを転生札と呼び、ゲーム中の効果で使用することがあります。 スタートプレイヤーを決め、以降は時計回りに手番を行います。 手番では山札からカードを1枚引き手札に加えます。 2枚の手札のうち、どちらか1枚を場に出して効果を発動させます。 これで手番終了です。 あとは誰かが勝利条件を満たすまで手番を繰り返します。 ゲームの終了条件• 山札がなくなった(手札の数字が1番大きい人が勝利)• 1人を残して全員が脱落(残った1人が勝利)• 全員が脱落(引き分け) XENO(ゼノ)のカード一覧 10 英雄(1枚) ・潜伏・転生 場に出すことができず、捨てさせられたら脱落。 ただし、皇帝以外に脱落させられた場合は転生札で復活。 9 皇帝(1枚) ・公開処刑 指名した相手に山札から1枚引かせ、手札2枚を公開させる。 どちらか1枚を指定して捨てさせる。 8 精霊(2枚) ・交換 相手と自分の手札を交換する。 7 賢者(2枚) ・選択 次の手番、山札から3枚引くことができる。 1枚を手札に、残り2枚は山札に戻す。 6 貴族(2枚) ・対決 指名した相手と手札を見せ合い、数字の小さい方が脱落。 同じ数字だった場合は両方とも脱落。 5 死神(2枚) ・疫病 指名した相手に山札から1枚引かせ、手札2枚のうちどちらかを非公開のままランダムに捨てさせる。 4 乙女(2枚) ・守護 次の自分の手番まで自分への効果を無効にする。 3 占師(2枚) ・透視 指定した相手の手札を見る。 2 兵士(2枚) ・捜査 指名した相手の数字を言い当てると脱落させる。 1 少年(2枚) ・革命 1枚目は効果なし。 場に2枚目が出たときは皇帝の「公開処刑」の効果が発動する。 ラブレターとの違い ボードゲームを遊んでいる人だと「これラブレターじゃん」と思われるでしょう。 若干の違いはありますが、ルールはほぼラブレターです。 ちなみにラブレターの作者であるカナイセイジさんと話はしてあるそうです。 サイトにはしっかり「ゲーム原案:カナイセイジ」のクレジットもあります。 カードの種類 通常版のラブレターは8種類のカードがあります。 XENOは10種類あり、さらに脱落しづらいルールが加わっています。 そのため、以前にあった姫を持っているときに大臣を引いて何もせずに終了といったことが起こらなくなっています。 兵士の数 ラブレターは兵士が5枚ありましたが、XENOでは同じ効果の兵士が2枚になっています。 これにより、さらに脱落しづらくなっています。 カードテキスト XENOのカードは数字とイラストしか描かれておりません。 そのため、初めはどのカードがどんな効果かをその都度、確認する必要があります。 ちなみにアークライト版ラブレターにもテキストなしバージョンはありました。 開発意図• TCGではないカードゲームを流行らせてみたい。 ラブレターよりも長く遊べるようにしたい。 ストーリーをメルヘンチックでない感じにしたい。 ラブレターを踏まえた上での作成であるということははっきり述べており、実際に遊んでいて自分が不満に感じたところを変えてXENOを作ったということです。 カードゲームを流行らせてみたいという好奇心が強いようで、イラストにこだわり、700円(税抜)という低価格での販売に踏み切りました。 カードにテキストがないため、繰り返し遊ぶ前提の作りになっています。 ただ、初めの数回はいちいち確認する必要があるため、ちょっと面倒ですね。 ベースがラブレターなので一定以上の面白さは保証されています。 実際に遊んでみた感じ、確かにラブレターよりも即脱落の確率が減っていたので、プレイ時間は少し長くなります。 (といってもプレイ時間は数分ほどですが) 恐らくXENOのターゲットはこれまでにボードゲームやカードゲームを遊んだことがない人のため、果たしてどのくらい広まっていくのか期待ですね。 これからプレイ動画なども増えてくるのではないでしょうか。

次の

『XENO ゼノ』オリラジ中田さんプロデュースのファンタジーカードゲーム

ゼノ ルール

XENO(ゼノ)とは 冒頭記載しましたが、中田敦彦さんが監修したオリジナルのカードゲームになります。 これからまじで流行ると思います。 完全な頭脳戦 大前提として、遊戯王やデュエルマスターズ、ポケモンカードなどの用に、プレイヤーが異なるカードを使いデッキを組んで戦うと言った、いわゆるTCG トレーディングカードゲーム ではなく、 トランプやUNOなどの決まったカードをプレイヤーが共有し戦うカードゲームになります。 つまり、金銭的な実力の差は一切なく完全に頭脳での戦いです。 (心理戦にかなり比重が置かれています。 ) 元ネタは、ラブレターというカードゲーム XENOですが元ネタとして というカードゲームが動画内で紹介されていました。 こちらも非常におもしろそうです。 ぶっちゃけTCG以外のカードゲームがここまで進化していることを初めて知りました。 ルール 以下、ルール説明と各カードの紹介です。 Introduction(概要)• プレイヤー2〜4人• カード総数18枚(全10種類)• 1プレイ時間3〜10分 Standby(準備)• 山札をシャッフルし、1人1枚ずつカードを引き手札とします• 全員が引き終わったら、さらに山札から1枚のカードを山札の隣に『転生札』として裏向きでセットします。 最初にカードをプレイする人を決めます、その後は時計回りにゲームが進みます。 ターンのことを手番と言います Play(実践)• 手番のプレイヤーは山札の1番上からカードを1枚引き、自分の手札に加えます• 自分の手札の中から1枚を場に出し、カードの効果を発動します。 そのカードは捨て札となります。 捨て札は、自分の前に左から順番に表向きで置いていきます。 他のプレイヤーの手札を読む材料とする為• 効果の処理が終了したら次のプレイヤーに手番が移ります。 Judge(勝敗) 勝敗の決定は以下のいずれかで行われます。 1人のプレイヤーを残して、他のプレイヤーが全員カードの効果により脱落した時• 山札がなくなった時• 全員が脱落した時• 英雄(Rank10) カード名 英雄 Rank 10 総数 1 効果名 潜伏・転生 内容 場に出すことができず、捨てさせられたら脱落する。 皇帝以外に脱落させられた時に転生札で復活する。 皇帝 カード名 皇帝 Rank 9 総数 1 効果名 公開処刑 内容 指名した相手に山札から1枚引かせて、手札を2枚とも公開させる。 そしてどちらか1枚を指定し捨てさせる。 精霊 カード名 精霊 Rank 8 総数 2 効果名 交換 内容 指名した相手の手札と自分の持っている手札を交換する。 賢者 カード名 賢者 Rank 7 総数 2 効果名 選択 内容 次の手番で山札から1枚引くかわりに3枚引き、そのうち1枚を選ぶことができる。 残り2枚は山札へ戻す。 貴族 カード名 貴族 Rank 6 総数 2 効果名 対決 内容 指名した相手と手札を見せ合い、数字の小さい方が脱落する。 見せ合う際は他のプレイヤーに見られないよう密かに見せ合う。 死神 カード名 死神 Rank 5 総数 2 効果名 疫病 内容 指名した相手に山札から1枚引かせる。 2枚になった相手の手札を非公開にさせたまま、1枚を指定して捨てさせる。 乙女 カード名 乙女 Rank 4 総数 2 効果名 守護 内容 次の自分の手番まで自分への効果を無効にする。 占師 カード名 占師 Rank 3 総数 2 効果名 透視 内容 次指名した相手の手札を見る。 兵士 カード名 兵士 Rank 2 総数 2 効果名 捜査 内容 指名した相手の手札を言い当てると相手は脱落する。 少年 カード名 少年 Rank 1 総数 2 効果名 革命 内容 1枚目の捨て札は何の効果も発動しないが、場に2枚目が出た時には皇帝と同じ効果「公開処刑」が発動する。 売り切れ前に買っとこう 中田敦彦さんご本人も動画内で説明していましたが、現状セカンドチャンネルでしか紹介していないので知名度はそこまで高くないですが、メインチャンネルで紹介されたら大人気になること必須です。 今のうちに購入しちゃいましょう!(以下のURLから購入できます) Amazonでの購入.

次の