職業訓練 兵庫。 認定職業訓練校リスト(短期訓練:12時間以上6か月未満)|厚生労働省

ポリテクセンター兵庫

職業訓練 兵庫

障害のある方へのサービス 職業相談・職業評価 就職の希望等を把握した上で職業適性を評価し、必要な相談・指導を行い、これらを基に就職して職場に適応するために必要な支援内容・方法等を含む個々人の状況に応じた「職業リハビリテーション計画」を策定します。 職業評価実施に係る事前資料• 職業準備支援 センターへの通所を通して、就職(復職)後のスムーズな職場適応に向け、職業上の課題への対処方法や社会生活技能の習得をサポートし、その後の職場定着につなげていきます。 作業支援 事務作業や現業系作業、軽作業を通じ、作業上の得意・不得意を知り、作業を円滑に行うための工夫や働く上で必要な配慮事項を検討します。 また、作業を通じ、就活・職場適応スキル講習で学んだスキルの実践を行います。 就活・職場適応スキル講習 履歴書作成や面接練習等の就職活動に必要なスキルの習得を目指した講習や、職場対人技能トレーニング(JST)やストレス対処法などの職場適応スキルの獲得を図るための講習を開催しています。 職場適応援助者(ジョブコーチ)による支援 就職又は職場適応に課題のある知的障害者、精神障害者などの雇用の促進及び職業の安定を図るため、事業所にジョブコーチを派遣し、障害者及び事業主に対して、雇用の前後を通じて障害特性を踏まえた直接的、専門的な援助を行っています。 就職前(実習期間)、就職と同時、または就職後に問題が生じた時、当センターから事業所にジョブコーチを派遣して、障害者の方が職場に適応できるように、障害者の方、事業主の方、双方に支援を行っています。 リワーク支援 うつ病などの精神疾患で休職している方に対し、一定期間センターに通所していただき、復職に向けたプログラムを受講していただきながら、職場復帰に向けてウォーミングアップの取り組みを進めていただくための支援です。 リワーク支援では、休職されているご本人と、その方の職場復帰に向けて取り組みを行っている事業主の方々に対して、ご本人の主治医と連携して、円滑な職場復帰に向けての支援を行っています。 休職されているご本人、事業所、主治医の同意を得たうえで、支援を開始します。 そのため、ご希望の日時でのご案内が難しい場合がございますので、お電話にて ご確認ください。 その他の関連情報 広域障害者職業センターについて 国立職業リハビリテーションセンター、国立吉備高原職業リハビリテーションセンターでは、医療リハビリテーションとの連携のもと、全国の広範な地域から精神障害者、発達障害者、高次脳機能障害者等を含む職業訓練上特別な支援を要する障害者を積極的に受け入れ、先導的な職業訓練を実施して指導技法等を他の障害者職業能力開発施設等に提供しています。

次の

【職業訓練の面接対策】準備すべきこと、当日の流れ、代表的な質問、回答例まで全部紹介します!

職業訓練 兵庫

ハローワークの公共職業訓練と求職者支援訓練が凄い!メリット5つ 失業中や就活中の人にとって、今の時間は次の仕事に役立つスキルを身につける絶好のチャンスかもしれません。 仕事に直結するスキルを身につけられる場所といえば、職業訓練校。 しかし何だか堅いイメージがあり、疎遠になる人も多いのではないでしょうか? 公共職業訓練とは、失業者や転職希望者が就活に必要な知識や技能を身につけるために、国や各自治体が実施しています。 堅いイメージとは裏腹に、既卒やフリーターの若者を対象としたものや、働きながら技術を身につけるものなど、様々なコースが用意されているんです。 ここでは、公共職業訓練について、知って得するメリットをまとめてみました。 ハローワークの公共職業訓練と講座の種類• パソコン講座• プログラマー• WEBデザイン• 簿記2級、3級• ファイナンシャルプランナー(FP)• CAD• DTP• 介護事務• 調剤事務• 医療事務 など、豊富なコースや講座が用意されています。 パソコン講座やWEBデザイン、簿記などの資格をとった若者が、IT企業などで勤務するケースも増えており、離職中の期間を有効活用し、キャリアアップにつなげることで、面接時の『離職中は何をしていたんですか?』や『どうして退職したんですか?』といったような質問にも、ポジティブな回答ができ、企業からしても採用の意思決定材料となるので、内定率の助けになっています。 ハローワークの職業訓練には2種類ある 【公共職業訓練】 公共職業訓練は、「職業能力開発促進法」という法律に基づき実施されている職業訓練です。 雇用保険料の積立を財源として運営されており、仕事を探している人が、就職に必要な知識や技能の習得、スキルアップを図るために実施しています。 【求職者支援訓練】 主に雇用保険を受給できない方や受給修了者を対象に、求職者雇用支援機構の認定を受けたNPO法人、民間の各種専門学校、教育訓練企業などが、失業者の安定した就職を目的に実施する職業訓練です。 これらは、基本的にハローワークの支援で行われています。 既卒・フリーターなど若者向けは基本的に長期コース前提ですので、有料講座がほとんどです。 事前に必要経費などを調べておきましょう。 職業訓練を受けるメリットとは? 1. 受講料が無料で受けられる 前述したように、公共職業訓練に共通するのが受講料無料で受けられること。 就職に有利な知識や技能が身につく 職業訓練に通うメリットは、仕事に必要な知識や技能を身につけ、実践的な講座を通してマスターすることができるという点。 さらに、職種に必要な資格を終了後に取得できるコースも用意されています。 志望職種の幅が広がる 就職に必要なスキルアップや資格取得は、就活をする上で大きな武器となります。 訓練校の講師はもちろん、受講生の中でも仕事の情報源を持っている人物と知り合う可能性があります。 特に既卒やフリーターにとっては就職に繋がる人脈を持つという意味で、大きなコネクションを得られるチャンスとなります。 認定日にハローワークに出かける手間が省ける 失業者手当を受給するため、認定日の度にハローワークに出かけるのが面倒な人も多いことでしょう。 公共職業訓練の受講者は、毎月末が認定日となり、手続きは訓練校が代行してくれますので、認定日の度にハローワークに出かける手間が掛かりません。 自己都合で退職しても、失業保険がその日から受給できる 自己都合で退職した場合、失業手当受給まで3ヶ月間待たなければなりませんよね。 この期間生活を支える資金がないのが一番のネック。 でも職業訓練受講者はそれよりも早く受給することができます。 また、雇用保険を受給している期間に職業訓練を受けると、訓練が終了するまで、失業手当の受給期間が延長されます。 これは失業者にとってありがたい支援ではないでしょうか。 さあ! ハローワークへ行ってみよう! 雇用保険に加入していた失業保険受給者は、その認定日にハローワークに通うことになるため、公共職業訓練についての情報を相談員から直接聞くことができます。 しかし、雇用保険に未加入だった人は、ハローワークを訪れる機会がないため、職業訓練の情報から縁遠い状態に置かれがちです。 そのため、自分に有益だと思う制度がないか、まずはインターネットで検索してみるケースが多いのではないでしょうか。 そうすると民間委託、職業能力開発センター、独立行政法人など、さまざまな情報が出てくると思います。 一口に職業訓練といっても、コースや講座の種類、主催者、エリアなどによって多種多様に分類されており、複雑なリストを目にして退いてしまう人もいるでしょう。 やはり一番確実で効率的な方法は、最寄りのハローワークの窓口で直接相談することです。 なお訓練校に応募する際、希望職種と希望する訓練内容が合わないと、応募ができない場合があります。 そのため、あらかじめ希望職種や訓練内容を考えてから窓口へ向かうことをオススメします。 さいごに 職業訓練に通いながら就職活動を両立させるのはなかなか、困難かもしれません。 とくに若者にとって、仕事に役立つ知識や技能を身につけるための職業訓練は長期コースになるものが多いため、就職が後回しになってしまうこともあるでしょう。 前向きに考えれば、スキルのないまま就職するよりは、仕事に役立つスキルアップのための準備期間を持つ、と考えてみてはいかがでしょうか。 職業訓練で習得した知識や技能は、次の就活の応募書類に書き足す項目となり、その後の選考で以前より有利な位置に立てることは間違いありません。

次の

【職業訓練の面接対策】準備すべきこと、当日の流れ、代表的な質問、回答例まで全部紹介します!

職業訓練 兵庫

障害のある方へのサービス 職業相談・職業評価 就職の希望等を把握した上で職業適性を評価し、必要な相談・指導を行い、これらを基に就職して職場に適応するために必要な支援内容・方法等を含む個々人の状況に応じた「職業リハビリテーション計画」を策定します。 職業評価実施に係る事前資料• 職業準備支援 センターへの通所を通して、就職(復職)後のスムーズな職場適応に向け、職業上の課題への対処方法や社会生活技能の習得をサポートし、その後の職場定着につなげていきます。 作業支援 事務作業や現業系作業、軽作業を通じ、作業上の得意・不得意を知り、作業を円滑に行うための工夫や働く上で必要な配慮事項を検討します。 また、作業を通じ、就活・職場適応スキル講習で学んだスキルの実践を行います。 就活・職場適応スキル講習 履歴書作成や面接練習等の就職活動に必要なスキルの習得を目指した講習や、職場対人技能トレーニング(JST)やストレス対処法などの職場適応スキルの獲得を図るための講習を開催しています。 職場適応援助者(ジョブコーチ)による支援 就職又は職場適応に課題のある知的障害者、精神障害者などの雇用の促進及び職業の安定を図るため、事業所にジョブコーチを派遣し、障害者及び事業主に対して、雇用の前後を通じて障害特性を踏まえた直接的、専門的な援助を行っています。 就職前(実習期間)、就職と同時、または就職後に問題が生じた時、当センターから事業所にジョブコーチを派遣して、障害者の方が職場に適応できるように、障害者の方、事業主の方、双方に支援を行っています。 リワーク支援 うつ病などの精神疾患で休職している方に対し、一定期間センターに通所していただき、復職に向けたプログラムを受講していただきながら、職場復帰に向けてウォーミングアップの取り組みを進めていただくための支援です。 リワーク支援では、休職されているご本人と、その方の職場復帰に向けて取り組みを行っている事業主の方々に対して、ご本人の主治医と連携して、円滑な職場復帰に向けての支援を行っています。 休職されているご本人、事業所、主治医の同意を得たうえで、支援を開始します。 そのため、ご希望の日時でのご案内が難しい場合がございますので、お電話にて ご確認ください。 その他の関連情報 広域障害者職業センターについて 国立職業リハビリテーションセンター、国立吉備高原職業リハビリテーションセンターでは、医療リハビリテーションとの連携のもと、全国の広範な地域から精神障害者、発達障害者、高次脳機能障害者等を含む職業訓練上特別な支援を要する障害者を積極的に受け入れ、先導的な職業訓練を実施して指導技法等を他の障害者職業能力開発施設等に提供しています。

次の