ソフトバンク ホークス ブログ。 福岡ソフトバンクホークスの選手ブログ

福岡ソフトバンクホークス 人気ブログランキングとブログ検索

ソフトバンク ホークス ブログ

ここ数年常に言われている打撃陣の高齢化が顕著になってしまいました。 強力な投手陣を擁しているために上位争いはできていますが、もはやリーグ最低レベルと言える打撃成績です。 そんなソフトバンクホークスですが、2020シーズンを戦っていくことは可能なのか、上昇する気配はあるのかを検討しています。 2019シーズン パ・リーグ主な打撃成績 2019年終了時の各球団の主なチーム打撃成績です。 チーム 打率 得点 出塁率 長打率 本塁打 四球 盗塁 ソフトバンク. 251 582. 312. 410 183 397 113 楽天. 251 614. 333. 390 141 539 48 ロッテ. 249 642. 330. 402 158 505 75 日本ハム. 251 560. 325. 365 93 496 48 オリックス. 242 544. 309. 353 102 417 122 西武. 265 756. 344. 428 174 556 134 得点能力が他チームと比較して、決して高いとは言えません。 リーグ最多の本塁打数を持ちながらこの得点力の低さ、四球の少なさからは、かなり粗の目立つ戦力であることが伺えます。 最近のメジャーでのブームは・・・ メジャー方式をいち早く取り入れ、昨年大成功したのが2019年のセ・リーグ覇者であるジャイアンツです。 パ・リーグとセ・リーグの違いが、この打順の組み方にもあります。 パ・リーグ = 2番打者に小技の効く俊足選手を入れる(古くからの日本野球のスタイル)• セ・リーグ = 2番に長打力もある強打者を入れる(メジャー流を取り入れている) セ・リーグはDH製が無いため、強打のDH専用選手を採用することができません。 そのことでパ・リーグと打線の選手層に差が出てしまいました。 これを解消するために得点能力を向上させるため、メジャー式の得点効率の良い打順の組み方を採用せざるを得なかったと言える状況です。 ここで打線の組み方としての現在のセオリーをもう一度確認しておきましょう。 1番 最も優れた打者 出塁率が高い打者• 2番 最も優れた打者 併殺が回避できると好ましい• 3番 打力2番手グループの打者 2アウトランナー無しでの場面が多いため最強打者をここに置くのは最適ではない• 4番 最も優れた打者 長打率が高い打者• 5番 打力2番手グループの打者• 6番 5番打者の次点の打力の打者• 7番 6番打者の次点の打力の打者• 8番 7番打者の次点の打力の打者 2019年の1位ジャイアンツの2番坂本選手、2位ベイスターズの2番筒香選手はまさにこの新しい作戦からのオーダーだったと言えるでしょう。 さらに2020年はヤクルトも2番山田選手、中日も2番平田選手などの打順をとっていくことをすでに掲げています。 パ・リーグでは 日本ハムだけがこのスタイルを取り入れています。 ホークスは打線の組み方としては古いスタイルであると言え、この改良も試してみたいところです。 ソフトバンクホークスの理想の打順は? 昨年の成績を元にした、セイバー理論だけで考えてみた打線を組んでみました。 打順 選手名 四球数 打数 出塁率 長打率 OPS 1番 柳田 28 157. 420. 516. 936 2番 グラシアル 22 410. 365. 593. 960 3番 デスパイネ 63 519. 355. 520. 875 4番 バレンティン 54 468. 363. 554. 917 5番 川島 17 88. 488. 515 1. 00 6番 松田 宣 33 357. 305. 483. 788 7番 今宮 53 586. 317. 375. 722 8番 甲斐 16 278. 306. 352. 733 9番 内川 22 321. 294. 324. 666 川島選手の2019数字は打席数が少なくてかなりブレた数字になっていますが、元々打撃能力は高い選手です。 状態によって5~9番は変動させればよいでしょう。 こう見るとやはり1~4番は脅威ですが、下位打線を他球団と比較してもかなりの力不足です。 2020年は新加入のバレンティン選手がパリーグに対応できるかによって大きく得点能力が変わりそうな気配ですね。 やはりこう見てみるとチームとしての問題点が見えています• 出塁率が低い選手が多い、3割前後の出塁率の選手がこれだけ多く打線に並ぶと苦しい• とはいえ代りとして台頭してきた牧原、周東らは戦力アップとしては計算しづらい小兵タイプ• 上林以外にも中~長距離打者の目途をなんとしても付けておきたい 2019年ドラフトで高校生野手として一番の評価だった石川選手(中日)に特攻したように、強打タイプの新戦力の補強は急務です。 ドラフト1位の佐藤選手は中距離の走攻守揃っているタイプなので、積極的に経験を積ませたい選手。 2021にFAの目玉であるヤクルトの山田選手の獲得も狙っているという噂をよく耳にしますが、ホークスとしては何としてでも獲得したい選手でしょう。 このままだと小兵だらけのチームとなってしまうことは目に見えています。 今後は補強を積極的にするしかない 若手の中では上林選手こそ主軸としての期待がかかりますが、他は小兵タイプばかりが目立ちます。 2軍を見渡してもブレイク直前といった主軸タイプはおらず、急速な突き上げが必要な状況。 ここ2、3年は補強でその不足を補いたい所です。 その中ではなんとしてもヤクルトの山田選手は獲得したいところ。 山田選手が獲得できるようであれば、打撃成績の問題は一気にクリアされたと言えるでしょう。 さらに2021年も宮崎(横浜)、福田(中日)、大田(日本ハム)などホークスのチーム事情にマッチした主軸選手がFA権利を獲得すると見られています。 陰りが見えている常勝チームをもう一度輝かせるために、2020シーズンは大切な分岐点となる年と言えそうです。 注目しましょう! 2020シーズン 福岡ソフトバンクホークスのネット中継はどこがお得!? 2020年用にこちらも調べました! こちらの記事もよろしくお願いいたします。 元プロ野球選手のYouTuberの方をまとめました。 こちらも面白い企画目白押しですので、お楽しみくださいね。

次の

ソフトバンクホークス柳田悠岐の身長、血液型、経歴は?驚きの年俸推移とは?

ソフトバンク ホークス ブログ

柳田悠岐選手のプロフィール 福岡ソフトバンクホークス柳田悠岐選手は、2010年にドラフト2位で福岡ソフトバンクホークスから指名、外野手として入団しました。 プロフィールについて見ていきましょう。 名前 柳田 悠岐(やなぎた ゆうき) 誕生日 1988年(昭和63年)10月9日 投打・ポジション 右投左打外野手 出身 広島県広島市 出身校 広島商業高校-広島経済大学 身長・体重 188㎝、96㎏ 血液型 AB型 ドラフト年、順位 2010年2位 柳田悠岐選手は小学校3年生の時に野球を始めましたが、当時は右打ち、6年生の時に左打者に転向します。 広島市立伴中学校時代は八幡少年野球クラブシニアの軟式少年野球チームに所属していました。 高校は全国区の名門広島商業高校に入学しますが、春夏ともに甲子園へ出場することはできませんでした。 関連記事: 高校時代は通算11本塁打と目立った成績ではありませんでしたが、高校卒業後に広島経済大学に進学し、1年生からレギュラーで活躍します。 1年秋には広島六大学野球リーグの首位打者、ベストナインを獲得。 2年以降は首位打者、ベストナイン、大学選手権出場などの実績を積み上げ、大学通算では82試合で打率. 428、8本塁打、60打点の成績を残しました。 2010年のドラフト会議では福岡ソフトバンクホークスから2巡目指名を受けて入団します。 柳田悠岐選手の通算成績 2011年に入団し1年目から1軍出場しています。 2019年までの通算9年間の成績を見ていきましょう。 年度 試合 打席 打数 安打 打点 本塁打 打率 盗塁 2011 6 5 5 0 0 0. 000 0 2012 68 212 195 48 18 5. 246 6 2013 104 337 298 88 41 11. 295 10 2014 144 615 524 166 70 15. 317 33 2015 138 605 502 182 99 34. 363 32 2016 120 536 428 131 73 18. 306 23 2017 130 551 448 139 99 31. 310 14 2018 130 550 475 167 102 36. 352 21 2019 38 157 128 37 23 7. 289 4 通算 878 3568 3003 958 525 157. 319 143 入団1年目の2011年は6試合に出場して無安打、2年目の2012年は68試合の出場ながらも打率. 246と1、2年目は目立った成績を残すことができませんでした。 しかし3年目の2013年に1軍に定着、入団以来初めての二桁本塁打、二桁盗塁を記録するなど頭角を現し始めます。 2014年にはオールスターにも初選出、ベストナイン、ゴールデングラブ賞を受賞しました。 そして5年目の2015年にブレークを果たします。 363で初の首位打者を獲得すると同時に34本塁打、32盗塁と、打率3割、本塁打30本、盗塁30個以上を記録するトリプルスリーも達成、首位打者との同時達成は日本プロ野球初の快挙となりました。 この2015年はヤクルトの山田哲人選手もトリプルスリーを達成、同年に複数人が達成するのは65年ぶりで、トリプルスリーという言葉が2015年の新語流行語大賞の年間大賞に選ばれるほどでした。 2016年は、打率. 306、18本塁打、23盗塁と打率3割は維持したものの、前年の成績を下回ってしまいます。 しかし2017年は盗塁数は減ったものの打率. 310、31本塁打、99打点と前年の成績を上回ります。 さらにこの年は、チームの2年ぶりの日本一に貢献、3度目のゴールデングラブ、2度目のベストナインを獲得し球界を代表する選手として存在感を大いに示すこととなりました。 2018年は打率. 352で2度目の首位打者と36本塁打、102打点のキャリアハイの成績をおさめます。 オールスターのファン投票でも3年連続の両リーグ最多得票、クライマックスシリーズのMVP、そしてゴールデングラブ、ベストナインを受賞、もはや球界の顔といえるほどの活躍ぶりでした。 2019年は一転、左足のケガで試合出場が激減しました。 最終的に38試合の出場にとどまりましたが、オールスターにはファン投票で選出されるなどプロ野球界になくてはならない存在となっています。 また1年程度の延期が決定された東京五輪でも日本代表として選出される可能性もあります。 日本のメダルは柳田選手にかかっていると言っても過言ではないでしょう。 関連記事: 柳田悠岐選手の生涯年俸、年俸推移 鈴木選手は2011年に契約金7,000万円、年俸1,200万円で入団契約しました。 2020年までの10年間の生涯年俸、年俸推移を見てみましょう。 年度 年俸(推定) 2011 1,200万円 2012 1,200万円 2013 1,800万円 2014 3,200万円 2015 9,000万円 2016 2億7,000万円 2017 2億6,000万円 2018 5億5,000万円 2019 5億7,000万円 2020 5億7,000万円 通算 23億3,400万円 6試合の出場にとどまった2011年の翌年は現状維持の1,200万円でしたが、以降は順調に年俸額を伸ばしていきます。 成績を落とした2016年の翌年年俸は1,000万円減の2億6,000万円となりましたが、チーム日本一に貢献した2017年の翌年には5億円を突破します。 2018年からは5億5,000万円プラス出来高の3年契約を結び、日本人選手ランキング2位、野手では1位というトッププレーヤーとなりました。 ただし3年契約の3年目となる2020年以降は新たに7年契約を結びなおしました。 これにより2020年は5億7,000万円プラス出来高の現状維持、最初の4年は同じ条件となりますが、残り3年は契約を見直す契約となります。 7年契約により柳田選手本人は生涯ホークスを宣言、メジャー挑戦は現時点では頭にはないようです。 まとめ 福岡ソフトバンクホークスの柳田悠岐選手は、今やホークスのみならず日本を代表するスタープレーヤーとなりました。 2011年に入団後、順調に成長しトリプルスリーと首位打者を同時に獲得するなど日本球界に欠かせない存在となっています。 そんな柳田選手の身長や血液型、通算成績や年俸推移などの経歴を紹介してきました。 首位打者2回、ゴールデングラブ賞、ベストナインがともに4回という輝かしい実績で年俸額も球界2位まで上り詰めました。 延期が決まった2021年東京五輪の代表選出の可能性もまだまだあります。 2020年から7年契約を結びなおしたことでメジャー挑戦は封印されたようですが、東京五輪での活躍にも期待したいところです!.

次の

福岡ソフトバンクホークス選手のSNS(Twitter・ブログ・フェイスブック・インスタグラム)まとめ

ソフトバンク ホークス ブログ

柳田悠岐選手のプロフィール 福岡ソフトバンクホークス柳田悠岐選手は、2010年にドラフト2位で福岡ソフトバンクホークスから指名、外野手として入団しました。 プロフィールについて見ていきましょう。 名前 柳田 悠岐(やなぎた ゆうき) 誕生日 1988年(昭和63年)10月9日 投打・ポジション 右投左打外野手 出身 広島県広島市 出身校 広島商業高校-広島経済大学 身長・体重 188㎝、96㎏ 血液型 AB型 ドラフト年、順位 2010年2位 柳田悠岐選手は小学校3年生の時に野球を始めましたが、当時は右打ち、6年生の時に左打者に転向します。 広島市立伴中学校時代は八幡少年野球クラブシニアの軟式少年野球チームに所属していました。 高校は全国区の名門広島商業高校に入学しますが、春夏ともに甲子園へ出場することはできませんでした。 関連記事: 高校時代は通算11本塁打と目立った成績ではありませんでしたが、高校卒業後に広島経済大学に進学し、1年生からレギュラーで活躍します。 1年秋には広島六大学野球リーグの首位打者、ベストナインを獲得。 2年以降は首位打者、ベストナイン、大学選手権出場などの実績を積み上げ、大学通算では82試合で打率. 428、8本塁打、60打点の成績を残しました。 2010年のドラフト会議では福岡ソフトバンクホークスから2巡目指名を受けて入団します。 柳田悠岐選手の通算成績 2011年に入団し1年目から1軍出場しています。 2019年までの通算9年間の成績を見ていきましょう。 年度 試合 打席 打数 安打 打点 本塁打 打率 盗塁 2011 6 5 5 0 0 0. 000 0 2012 68 212 195 48 18 5. 246 6 2013 104 337 298 88 41 11. 295 10 2014 144 615 524 166 70 15. 317 33 2015 138 605 502 182 99 34. 363 32 2016 120 536 428 131 73 18. 306 23 2017 130 551 448 139 99 31. 310 14 2018 130 550 475 167 102 36. 352 21 2019 38 157 128 37 23 7. 289 4 通算 878 3568 3003 958 525 157. 319 143 入団1年目の2011年は6試合に出場して無安打、2年目の2012年は68試合の出場ながらも打率. 246と1、2年目は目立った成績を残すことができませんでした。 しかし3年目の2013年に1軍に定着、入団以来初めての二桁本塁打、二桁盗塁を記録するなど頭角を現し始めます。 2014年にはオールスターにも初選出、ベストナイン、ゴールデングラブ賞を受賞しました。 そして5年目の2015年にブレークを果たします。 363で初の首位打者を獲得すると同時に34本塁打、32盗塁と、打率3割、本塁打30本、盗塁30個以上を記録するトリプルスリーも達成、首位打者との同時達成は日本プロ野球初の快挙となりました。 この2015年はヤクルトの山田哲人選手もトリプルスリーを達成、同年に複数人が達成するのは65年ぶりで、トリプルスリーという言葉が2015年の新語流行語大賞の年間大賞に選ばれるほどでした。 2016年は、打率. 306、18本塁打、23盗塁と打率3割は維持したものの、前年の成績を下回ってしまいます。 しかし2017年は盗塁数は減ったものの打率. 310、31本塁打、99打点と前年の成績を上回ります。 さらにこの年は、チームの2年ぶりの日本一に貢献、3度目のゴールデングラブ、2度目のベストナインを獲得し球界を代表する選手として存在感を大いに示すこととなりました。 2018年は打率. 352で2度目の首位打者と36本塁打、102打点のキャリアハイの成績をおさめます。 オールスターのファン投票でも3年連続の両リーグ最多得票、クライマックスシリーズのMVP、そしてゴールデングラブ、ベストナインを受賞、もはや球界の顔といえるほどの活躍ぶりでした。 2019年は一転、左足のケガで試合出場が激減しました。 最終的に38試合の出場にとどまりましたが、オールスターにはファン投票で選出されるなどプロ野球界になくてはならない存在となっています。 また1年程度の延期が決定された東京五輪でも日本代表として選出される可能性もあります。 日本のメダルは柳田選手にかかっていると言っても過言ではないでしょう。 関連記事: 柳田悠岐選手の生涯年俸、年俸推移 鈴木選手は2011年に契約金7,000万円、年俸1,200万円で入団契約しました。 2020年までの10年間の生涯年俸、年俸推移を見てみましょう。 年度 年俸(推定) 2011 1,200万円 2012 1,200万円 2013 1,800万円 2014 3,200万円 2015 9,000万円 2016 2億7,000万円 2017 2億6,000万円 2018 5億5,000万円 2019 5億7,000万円 2020 5億7,000万円 通算 23億3,400万円 6試合の出場にとどまった2011年の翌年は現状維持の1,200万円でしたが、以降は順調に年俸額を伸ばしていきます。 成績を落とした2016年の翌年年俸は1,000万円減の2億6,000万円となりましたが、チーム日本一に貢献した2017年の翌年には5億円を突破します。 2018年からは5億5,000万円プラス出来高の3年契約を結び、日本人選手ランキング2位、野手では1位というトッププレーヤーとなりました。 ただし3年契約の3年目となる2020年以降は新たに7年契約を結びなおしました。 これにより2020年は5億7,000万円プラス出来高の現状維持、最初の4年は同じ条件となりますが、残り3年は契約を見直す契約となります。 7年契約により柳田選手本人は生涯ホークスを宣言、メジャー挑戦は現時点では頭にはないようです。 まとめ 福岡ソフトバンクホークスの柳田悠岐選手は、今やホークスのみならず日本を代表するスタープレーヤーとなりました。 2011年に入団後、順調に成長しトリプルスリーと首位打者を同時に獲得するなど日本球界に欠かせない存在となっています。 そんな柳田選手の身長や血液型、通算成績や年俸推移などの経歴を紹介してきました。 首位打者2回、ゴールデングラブ賞、ベストナインがともに4回という輝かしい実績で年俸額も球界2位まで上り詰めました。 延期が決まった2021年東京五輪の代表選出の可能性もまだまだあります。 2020年から7年契約を結びなおしたことでメジャー挑戦は封印されたようですが、東京五輪での活躍にも期待したいところです!.

次の