韓国 ドラマ ボーイ フレンド キャスト。 韓国ドラマボーイフレンド4話ネタバレ!ジニョクの告白にキュン死確定!

韓国ドラマ「ボーイフレンド」視聴感想|ドラマほびっと

韓国 ドラマ ボーイ フレンド キャスト

《烈火軍校 Arsenal Military Academy》のあらすじ (1話から2話の中盤あたりまで) 日清戦争後が舞台のお話です。 ヒロインのお兄さん(陸軍学校に入る予定だった)が事故で亡くなってしまった為、ヒロインはお兄さんの遺志を継いで長い髪を切り短髪になり、 お兄さんのふりをして 陸軍学校に入学します。 身体検査も運よく通り抜けました。 事情を知っている女友達とお祝いにダンスホールに行くヒロイン。 そこで歌っていた女歌手に「ありきたりだ」と 酔っぱらった 顾燕帧(演:シューカイ)がからかう現場に遭遇。 トラブルに発展してヒロインは顾燕帧と一緒に警察署に連れていかれてしまうのでした。 しかし、顾燕帧がお金持ちで権力のある家柄の息子だと気づいた警察官たちは媚びを売り二人を家に帰してくれます。 陸軍学校が始まった初日。 校庭に整列させられる生徒たちの中、顾燕帧は 酒瓶片手に車で乗りこんで来ます。 こんな問題児な顾燕帧とヒロインは今後 二人部屋の寮生活になるのでした。 そんな中、突然の持ち物検査があり、ヒロインの荷物に 女物の肌着が入っているのが見つかってしまいます。 「何だあれ…」と周りがざわつく絶体絶命の中、顾燕帧がそれを「自分の荷物だ。 趣味で、恋人に送ってもらった」とかばってくれるのでした。 シューカイの見所 上のあらすじを読んだだけでも《エイラク》のときのシューカイとは 全然違うのが分かるかと思います(笑)お酒好きで問題児な役ですが、さり気なく優しいというのが序盤から分かります。 この役では 色々な表情をするシューカイが見れます。 おちゃらけた顔、ウインクしたり色男な顔、気持ちにまっすぐな純粋な顔、などなど。 シューカイは無口でまじめな役が似合う俳優さんかと思っていたんですが、こういう役も似合う!そして、 表情豊かな俳優さんなんだと新発見しました。 その他のキャストの見所 まずはヒロインの 白鹿 (バイルー)ちゃん。 薄めの顔立ちなので男にも見えなくもないかなってギリギリ思えて良かったです。 (いや、本音を言うと全然女にしか見えないけども笑)厳しい特訓シーンを良くできたなぁって感心もしました。 髪の毛も本当に切ったと思うので、女優魂ですね。 そして男二番手を演じた 李程彬(トビー・リー)! すごく良かったです!!このドラマはもちろんシューカイも良くて魅力的だったんですが、 李程彬もすごく良かったです。 冷静沈着なリーダータイプの役でした。 陸軍学校でヒロインを含んで6人ほどの気の合う仲間たちで普段は過ごすことが多いんですが、その仲間たちもそれぞれ魅力的でした! このドラマは《エイラク》出演者の男性陣がけっこう出ていたのも見どころでした。 (皇帝の側近とかエイラクの側近とかエイラク番外編に出てたメインとか) 【ネタバレあり感想】胸キュンポイント このドラマはやはり陸軍学校の寮生活をしている むさくるしい男たちの中に、 男装したヒロインがいるっていう設定だけでも楽しさを感じます。 ヒロインは女ってバレないように細心の注意を払って生活をしているので、なかなか周りにはバレません。 しかしそこは同じ部屋で生活していればいつかはバレます(笑) 顾燕帧(演:シューカイ)は賢いので結構早く見抜いて、そして好きになってヒロインに アプローチしまくりでした。 その姿が可愛くて楽しかったです。 周りから見たら 男が男にスキンシップしたりアタックしてるように見えているので、周りの「こいつヤベーな…」みたいな視線が 笑えました。 そして男二番手の 沈君山(演:李程彬)はずいぶん長くヒロインを男だと思っていて、仲間として訓練したり実践したりする中ヒロインのことを気になっていき、男を気になる自分を「 自分は病気なのかな」と親友にこぼしたり悩んでいきます(笑)しかし、ひょんなことからヒロインが女だと確信した後は、冷静沈着な彼が ぐいぐいアプローチしていきます。 そのアプローチがとても良かったです。 ベッドに座っていきなり服を脱いで、背中の傷に薬を塗ってくれとヒロインに言って、とまどうヒロインに塗らせてその様子を見て喜んでいたり(笑) ヒロインを取り合う 三角関係(周りは男三人の三角関係と思っている)がとても面白くて、そして胸キュンでもありました! …恋愛面ばかり書きましたが、陸軍学校のお話なので命がかかった任務に行ったりもします。 (というかこっちがメインかもしれません)敵(日本人!)との戦いがあったりで終盤は仲間たちも死んでいってしまいます。 悲しく泣ける部分もあり、楽しい恋愛部分もあり、私はこのドラマ すごく面白かったです!(中国語字幕だったのでよく分からない文章も結構あったんですが、映像、表情、分かる文から想像して観ました。 それでもすごく面白かったです)日本上陸してほしいです!でも… 日本人が敵っていうお話なので上陸はないかもしれませんね…。 (せめてyoutubeで全話ずっと載せてほしいです).

次の

韓国ドラマ「ボーイフレンド」視聴感想|ドラマほびっと

韓国 ドラマ ボーイ フレンド キャスト

スポンサーリンク 韓国ドラマ「ボーイフレンド」あらすじ13話~16話(最終回)の感想&ネタバレ 遂に最終回を迎えたボーイフレンド!! 禁断の二人の恋には毎回ハラハラさせられましたね。 終盤では切なくつらい選択をしたスヒョン…。 ジンヒョクの想いとのすれ違いが何とももどかしかったです!! その後、以前のような生活に戻ったスヒョンには本当に胸が痛みました…。 これまでジンヒョクといて幸せそうなスヒョンの姿を見ていただけに自分の幸せを諦めた彼女の姿はつらかったですね。 しかし! そんなスヒョンを放ってはおかなかったジンヒョク! ジンヒョクがスヒョンの為に最後に送ったプレゼントはぜひとも皆さんの目で確認していただきたいです!! 現代版のロミオとジュリエットのようだったジンヒョクとスヒョン。 二人の物語の結末はぜひ、映像でご確認ください!

次の

韓国ドラマ【ボーイフレンド】の相関図とキャスト情報

韓国 ドラマ ボーイ フレンド キャスト

2020. 29 ボーイフレンド-あらすじ-全話一覧-感想付きネタバレでありで! 韓国ドラマ-ボーイフレンド-あらすじ-全話一覧 このドラマの評価: 4. 「雲が描いた月明かり」は、日本でもヒットしました。 ツンデレ皇太子がとても似合っていましたよね。 あの笑顔にキュンとした方は、一人や二人ではないはず。 他にも「応答せよ1988」や「君を覚えている」などのドラマに出演していましたよね。 現在25歳の彼は、今度は【ボーイフレンド】でどのような演技を見せてくれるのでしょう。 期待が高まります!相手役の女優には「太陽の末裔」で主演を務めたソン・ヘギョが抜擢され、おおきな注目を集めているドラマになります。 年上女性とのロマンスのようですが、皆さん心の準備をして視聴しましょう。 ドラマの主人公に自分がなったつもりで楽しみましょう! ここでは韓国ドラマ『ボーイフレンド』のあらすじやネタバレ感想、見どころといった話題を紹介しながら、作品の面白さに迫っていきますので、どうぞお楽しみに!! もくじ• ボーイフレンド あらすじ 何事にも味のない、表情までもが無意味な生活を送るスヒョン。 スヒョンは幼い頃から、父親は政治家として活動しその娘として生きてきました。 生まれ持った容姿。 有名になるのに時間は必要ではなかった。 そして財閥のチョンオソクと結婚をしたものの、そこに愛情は存在せず1年持たずに離婚してしまうことに。 離婚をした時にもらった慰謝料でホテル経営を始めたスヒョン。 幸せに満ちた人生へと向かうはずだったが、離婚をしてからも元夫の家族のイベントなどに強制参加をさせられ辟易とした人生だ。 一方のジニョクは海外を渡り歩いて、一人自由な旅行を楽しむ日々。 時には地元に住む人たちと仲良くなったり、一緒に歌を歌ったりと躍動感あふれる人生だ。 キューバでスヒョンは運転手が運転する車に乗っていたが、事故を起こしそばにあったカフェに突っ込んでしまう。 その事故に、巻き込まれることになったのがジニョクだ。 ジニョクは無傷だったものの大事にしていたカメラが故障してしまう。 このことがきっかけで二人は、出会いを果たすことになるのだったが・・・・。 「 ボーイフレンド-各話あらすじ」はこちらから ご覧になりたい話数を押していただけると各話の詳しいあらすじが表示されます。 見どころポイント 曲対する世界に住む二人が、出会いを果たしたことで二人を取り巻く周囲の人間や環境さえも変わっていくと思われますが、全く住む世界が住む二人がロマンスへと陥ることで、どう物語が動き転がっていくのかを楽しんで見ていただけたらと思います。 スヒョンが無意味な人生に、どう価値を見出していくのかにも注目していただけたらいいですね。 ボーイフレンド 評価・レビュー 韓国ドラマ「ボーイフレンド」の評価レビュー&感想です。 ストーリーの良し悪し、出演者の演技力、物語の展開、脚本の面白さなどを総合的に評価しています。 パク・ボゴム主演だけあって楽しみにしていたのですが、期待を裏切らないドラマになりました。 パク・ボゴムを始めに知ったのは「雲が描いた月明かり」 今回のドラマの役もまた良かった!自由に生きるジニョクの役が、ピッタリ似合っていましたよね。 オーラ全開で演技もうまいので、見ていて飽きないし安心してみることができる俳優。 ヒロインを演じたソン・ジヒョも、ベテランの女優のため安心してみることができましたよね。 政治家の娘であることから、自由に生きる翼をもがれてしまったスヒョン。 何をしても政治家の娘の肩書きを下すことができず、母親の欲望のせいで自分を出すことをしなくなったスヒョン。 母親の言うままにテギョングループの息子と結婚。 そして離婚。 潰れかけたホテルを唯一の慰謝料としてもらった、スヒョンは無我夢中で働いて業界1位に昇りつめるまで必死にやってきた。 何もかもから逃れるためには、無我夢中になるしかなかった。 選択肢がなかったのだと思うととても胸が痛くなりました。 キューバのホテルに出張で行ったことから、ボゴム演じるジニョクに出会い惹かれていくのですが、ジニョクの前で笑うスヒョンは自由に生きている気もしました。 羽をもがれた天使は、羽を持つ天使に出会い再び羽を羽ばたかせた。 ジニョクの発する、ストレートな言葉の数々も愛に飢えていた、スヒョンにはどれほど嬉しかっただろう。 年上女性と年下男性。 年下男性の包容力に女性は惹かれていくのかも。 ちょっと残念だったのはウソク。 ウソクはスヒョンに出会い一目惚れをし、スヒョンと結婚したものの離婚。 離婚した後になって、スヒョンを取り戻すために必死になった感が・・・。 最終話でウソクは結局、スヒョンを断ち切ったのかもう少し詳しく見たかったなと。 そしてもう一つ。 ウソクの母親とスヒョンの母親は、あれほど我が強かったにもかかわらず、最終話で無理やりなんとか収めた感が拭えなかったなと思います。 急転直下みたいな感じでしたので・・・。 それ以外はとてもいいドラマだったと思います。 お時間のある方、ぜひご覧くださいね! ボーイフレンド キャスト・登場人物 韓国ドラマ「ボーイフレンド」のキャスト&主な登場人物一覧です。 主人公(ヒロイン)から脇役まで、登場人物の詳細をリスト表示。 主演俳優・女優および共演者情報など、出演者プロフィールが一目でわかります。 チャ・スヒョン役 (ソン・ジヒョ) ドンファホテルの代表者。 両親ともに健在で父親は政治家である。 政治家を父親に持つ娘の苦労は並大抵のものではない。 他の人たちにあるような自由など全くなかった。 父親が選挙に出馬するたびに、肩にはタスキをかけソウルの街中を駆け抜けたし、歌を披露してみたこともある。 芸能人並みの美貌ですぐに有名人にもなった。 そのせいであたかも当然のように、自由に生きることなど自分を主張することなどできなくなってしまった。 誰もが見るのは一人の人間、チャ・スヒョンではなくソウル市長の娘。 党を代表する代表者の娘。 母親のためにテギョングループの息子と結婚までした。 そして崩れゆく砂城のように簡単に結婚生活は崩れてしまった。 慰謝料としてもらった、潰れかけのホテル「ドンファホテル」を4年間で急成長させた立役者。 キューバへ仕事で渡ったとき、ある男に出会ったことで自由に生きたいと思うように。 キム・ジニョク役 (パク・ボゴム) ホンジェドンで生まれ育ち、今もそこに両親や弟と暮らしている29歳。 容姿は淡麗で近所のアイドル的存在だ。 生き方はまさしく自由そのもの。 背中に羽が生えているかのように身軽で羽ばたいている。 大学を卒業したにもかかわらず、なぜ持って未だに就活生を送るジニョク。 就活生だからといって遊んでいるわけではない。 社会勉強のつもりで、アルバイトだってやった。 どんなアルバイトだって。 スーパーの倉庫で商品を管理してみたり、デパートのフードコーナーでアルバイトしてみたこと。 それは全て自分の糧になるはずのものだ。 アルバイトしてためた現金で、長い旅に出ることにした。 長い旅と言っても、4週間ほど。 一ヶ月ほどの海外への旅だ。 目的地はキューバである。 古いカメラを大事に抱え、キューバでの旅を楽しみ帰国が迫ったある日、ある女性に出会うことになる。 それが自分にとって初めての愛になることもまだ知らずに・・・・。 チャン・ウソク役 (チャン・スジョ) テギョングループ代表。 俗に言う財閥の息子だ。 いつも母親のいいなりに生きてきたし、財閥の匂いを嗅ぎつけて寄ってくる女たち。 女に困ったことはないが、女たちに愛を感じたことなど一度もない。 お金が目当ての女たち。 そんな女たちとは違う女に出会った。 無表情でどこか何かを諦めたような顔。 それでも優雅に生きているような女。 一瞬で女に惚れた・・・・。 それがスヒョンだ。 結婚すれば一緒に時間を過ごしていれば、スヒョンも自分を愛してくれるはずだと思っていたが、その考えは間違っていたようだ。 スヒョンそのものに愛は存在しないかのように・・・。 感情がないスヒョンを見て思ってもいない行動を起こしてしまう。 好きな女がいるから離婚しようと騒ぎ立てスヒョンを傷つけただけではなく、離婚された女と指を指される存在にまでしてしまった・・。 それでも愛するのはスヒョンだけだ。 チャ・ジョンヒョン役 (ムン・ソングン) スヒョンの父親であり、今や政治家だ。 自分が政治家になるなどと思ってもいなかった。 自分はニュースアンカーとして生きている、それだけで満足だったから。 妻に出会ったことで、妻の理想に生きるため政治家になった。 似合わない服を着ているのと同じだが、後悔はしていないし妻を恨んでもいない。 選択したのは全て自分だからだ。 だが気になっているのは、大事な一人娘のスヒョンの存在だ。 賢い娘、美しい娘、自分にとって太陽のような存在。 それなのに自分が政治家として生きることで、娘には窮屈な思いをさせ幸せを奪ってしまった。 娘の笑顔をもう何年も見ていない。 思い出すこともできない。 政治家として生きたい気持ちもあるが、娘の幸せや笑顔まで奪ってやるべきことなのか自問自答し苦しむ日々だ。 チン・ミオク役 (ナム・ギエ) スヒョンの母親でジョンヒョンの妻だ。 昔は夫と同じ職場で働いていた。 昔は絵を描くことが好きだった。 今では欲望が多く忘れてしまった。 欲望のまま生きている。 夫を政治家にしソウル市長にまで歴任をさせたし、次は大統領夫人になりたいと願っている。 自分の欲望のために、娘スヒョンの幸せも笑顔も犠牲にした。 それが当然だと当たり前かのように思っている。 それが幸せへの道なのだと信じている。 キム・ジャンス役 (シン・ジョングン) ジニョクの父親。 生涯の仕事は青果物販売。 お金儲けをしなくても、子供二人が幸せに生きてくれればそれでいい。 叱るよりもそばで見守ってやることが、子供のためだといつも見守っている。 家族を何よりも愛している。 チュ・ヨンジャ役 (ペク・ジウォン) 夫と同じように家族を一番愛している。 子供たちが大好きだ。 愛おしくて可愛い。 最近の悩みはジニョクの就職。 就職氷河期でなかなか就職できない。 それでもそばで見守ってきたある日、ジニョクからプレゼントが届く。 就職のプレゼントだ。 息子をとても誇らしく思う。 悩みは解消されたものの、新たな心配事が出来ることになる。 ジニョクが出会った女性、息子が心から愛することになる女性・・。 息子には平凡でいいから平凡な生き方でいいから・・・・。 平凡な幸せをつかんでほしい。 ソン・ヘギョさん演じる女性代表は政略結婚、離婚を経て、感情を押し殺して生きているが、慰謝料代わりにもらった赤字のトンファホテルだけを愛し、情熱を注ぎ、一流ホテルにしたという人物。 キューバでパク・ボゴムさん演じるカメラ好きの青年と出会い、心穏やかで楽しい夜を過ごします。 韓国に戻ると実は新入社員だったという設定です。 格差も歳の差もあり、代表は彼に近づこうとはしませんが、彼の純粋さや真っ直ぐに代表を好きな気持ちに惹かれていき、両思いになるという展開です。 しかし、元義理母や実母などがとにかくあの手この手で邪魔してくるといういかにも韓国ドラマらしい展開も面白いです。 なにより、ど純愛なラブストーリーな感じに毎回キュンキュンし放題です。 そしてパク・ボゴムさんの表情、セリフなどがとにかくかわいすぎます。 また演出、カメラワークなどがとってもおしゃれで、映画を見ているような感覚にもなります。 ストーリーもわかりやすくとても素敵なドラマでした。

次の