とんかつ バッター 液。 ガッテン!とんかつのレシピ。冷めても美味しい作り方のコツを紹介。

バッター液の「バッター」の意味とは?

とんかつ バッター 液

基本のバッター液の材料(基本の分量)• 小麦粉(大さじ4)• 卵(1個)• 水(小さじ2) バッター液の作り方• ボウルに小麦粉(大さじ4)、卵(1個)、水(大さじ2)を入れ、ダマが残らないよう全体をよく混ぜます。 ホットケーキミックスより、やや柔らかい状態になったら出来上がりです。 指を立てて手をホイッパーのようにして混ぜると、ダマになりにくく素早く混ざります。 トンカツなら約2枚、イカなら約2杯、エビなら約10尾分の分量です。 イカのように、水分の多い食材を揚げる場合は、水を少なめにすると、より油はねしにくくなります。 とんかつの材料(2人分)• 豚肉(2枚)・・1cm厚さのもの。 肉は、揚げる20分前には冷蔵庫から出し、常温に置きます• バッター液(基本の分量)• 生パン粉(たっぷり)• 油(素材全体がつかる量)・・油は、鍋底から2㎝程度の量にすると、素材全体がしっかりつかります。 油の量は、必ず鍋の深さの半分以下にしてください。 フライパンによっては、揚げ調理を推奨していない物があるので確認します。 とんかつの作り方• 豚肉(2枚)は、筋を切っておき、バッター液に浸した後、パン粉をしきつめたバットへ入れます。 たっぷりのパン粉を、肉の上に山盛りでのせ、手で全体を包むようにして、しっかりつけます。 衣が固まるまで10秒ほどは触らず、強火で加熱する。 油の温度の低下を防ぐため、一度に入れる量は、カツ同士が重ならない程度に とどめてください。 その後、油の中でカツをゆらゆら動かします。 ゆらゆら動かすことで、熱い油が全体にまわり、色むらなく、パン粉が立つように サクッと揚がります。 表面が色づいてきたらひっくり返し、もう片面もゆらゆら動かします。 全体がキツネ色になったら、油から出します加熱時間の目安は、厚さ1㎝の肉の場合、1分半~1分40秒程度です。 トンカツはバットに立てて置き、余熱で3~4分ほど蒸らします。 肉の厚さが1㎝以上のときは、余熱の時間を数分伸ばます。 感想 とんかつはパン粉をたっぷりとつけてもいつも落ちてしまい困っていましたが、これならしっかりとつけれますね。 早速作ってみます。

次の

とんかつの衣をさくっと作る方法―衣の付け方、揚げ方に秘密あり!

とんかつ バッター 液

スポンサーリンク とんかつの衣がはがれてジューシーさが!衣がはがれない方法まとめ! 衣がはがれる原因は色々有ります。 豚肉自体に水気が残っていると、揚げた時に衣と豚肉の間に水分がたまりはがれやすくなったり、 小麦粉と卵をつける際にムラがあると、パン粉も綺麗につかず、揚げる時に衣が薄い部分から油が入ってはがれやすくなったり、 といろいろな原因が有ります。 上記の事を気をつけるだけでも、とんかつの衣ははがれにくくなりますが、もっと楽にはがれにくい衣の作り方を紹介します。 とんかつの衣がはがれない方法~サラダ油~ 衣の材料となる溶き卵の中に卵1個につき、サラダ油を大さじ一杯加えます。 加えたら菜箸で30秒ほどかき混ぜます。 サラダ油の代わりにオリーブオイルでも大丈夫です。 揚げる時の温度は普段より低温で揚げると更に衣がはがれなくなります。 とんかつの衣がはがれない方法~バッター液~ 「バッター液」とは、水や牛乳で小麦粉を溶いたものです。 スポンサーリンク とんかつの衣がはがれない方法~マヨネーズ~ 豚肉の片面にマヨネーズを塗ってパン粉をつける。 もう片方も同じ要領でつけます。 マヨネーズを均等に塗る時は、スプーンやバターナイフを使うと楽です。 食べた時にマヨネーズの風味は残らず、衣がはがれずサクサクに揚がります。 とんかつの衣がはがれない方法~手の平に小麦粉~ 手の平に小麦粉を付けて、その手の平で豚肉を小麦粉をつける。 たったこれだけです! とんかつの衣がはがれない方法~筋を切る~ 豚肉の筋を切っておかないと、揚げた際に豚肉が縮んで衣と隙間ができてはがれやすくなります。 その為、豚肉の筋をあらかじめ切っておきます これで衣がはがれず肉汁が閉じ込めれる!衣がはがれない方法まとめ! とんかつは揚げ物で油も大量に使って時間もかかり、手が掛かる料理です。 ですので、できれば美味しく仕上げたいものです。 その為に、上記のコツを駆使して、とんかつの衣がはがれず、見た目も良くジューシーな美味しいとんかつを味わいましょう! せばな~.

次の

【ヒルナンデス】とんかつの引き算レシピ。バッター液で簡単!15分で作れる引き算クッキング(2月7日)

とんかつ バッター 液

しかし、時々揚げている途中で衣がペロンと剥がれて「OH!NO!」となることも^^; せっかく手間暇をかけて作ったのに、見るも無残な姿にがっかり・・。 そして「なんで剥がれちゃうの!?」と一人で怒ってます(笑) 誰にもぶつけられないから余計ムカムカするんですよね~。 では一体なぜとんかつの衣は剥がれてしまうのでしょうか。 その原因を調べてみました。 そもそもトンカツ 衣が剥がれる原因は? 小麦粉を付けたあと、溶き卵にくぐらせますよね。 その時に 割りほぐした卵の中に「サラダ油」を少々入れてみてください。 すると卵が混ざりやすくなり、衣が剥がれなくなるのです。 また、プロの料理人さんも使っているという秘密兵器が! 「バッター液」というものです。 お恥ずかしながら、私初めて聞いたのですが^^; これを使うと、外はサクサク、お肉はジューシーな美味しい揚げ物が作れるそうです! この「バッター液」とは卵・水・小麦粉を混ぜたもの。 このバッター液を先にお肉に付けて、その後パン粉を付けるだけで良いそうです。 このバッター液は液状なので、お肉の表面をムラなく覆ってくれます。 するとパン粉が均一につき、剥がれにくく、一層サクサク感が増すそうですよ! それではバッター液を使ったとんかつの作り方を紹介しちゃいますね。 卵・水・小麦粉• 卵1個・水小さじ2杯で、合計150ccになるように入れ物に入れます。 この時ダマがなくなるまで混ぜましょう• バッター液に豚ロース肉を浸し、パン粉をムラなくつけ、揚げます これだけで衣がしっかりと付いたサクサクのとんかつが出来上がります!! これは時短にもなりますし、調理器具や手が汚れることがないので凄く助かりますね。 7割近くの人がめったに揚げ物をしないと答えています。 「揚げ物料理を行う頻度」として一番多い回答が「2~3か月に1日以下」という結果です。 分かります~!! そして 「自宅で揚げ物をしない理由」が「使い終わった油の処理が面倒」・「揚げる手間が面倒」、・「コンロ周りやキッチンが油で汚れる」という理由が最も多いですね。 どれだけ揚げ物を作ることが、主婦に敬遠されているのか分かりますね。 私も正直敬遠していた側です。 手間をかけるくらいならお店で揚げてくれたものを買ってしまった方が絶対に楽だと思っていましたから・・・。 しかし子供が幼稚園に行き出してからは、お弁当に入れたりおかずを作るために揚げ物を作る回数は増えたんですよね~。 子供が食べると思うと「お店で使っている油が古いかもしれない・・・」などと考えてしまうんですよ^^; とはいえ正直言って揚げ物をやりながら「この面倒な手順は何とかならないものか・・」・「せっかく手間をかけても衣が剥がれて見栄えが良くない・・」といつも考えていたように思います。 そこで今回の 「バッター液」や「小麦粉を手で付ける裏技」・「卵に油を混ぜる」・「マヨネーズを塗る」方法を知ることができたのはありがたいことです。

次の