頭 が 重い だるい。 眠い、だるい、やる気が出ない…慢性的に感じる疲れの原因とは | 女性の美学

眠い、だるい、やる気が出ない…慢性的に感じる疲れの原因とは | 女性の美学

頭 が 重い だるい

「頭がぼーっとする」「頭が回らない」「頭がふわふわする感じがする」という状況に悩まされる方は多いでしょう。 睡眠時間が多く取れたのにも関わらずなかなか集中できなかったり、返事や思考にいつもより時間がかかったり…「私…今頭働いてないな…」と感じることがあります。 頭が働かず集中できないときは、自分の身体を無理に起こそうとするのではなく、原因を突き止め対処法を試していくことが最も大切です。 また、それでも改善しない場合には病院に行く必要があるケースもあるので、注意が必要です。 今回は、その 「頭がぼーっとする状態になる原因」「ぼーっとしている状態から抜け出す方法」をご紹介していきます。 仕事のパフォーマンス最大化のためにぜひ実践してみましょう! Contens• こんな症状がある人は要チェック!「頭が働かない状態」 「頭がぼーっとしている」と感じる人は、下記のような状態に当てはまるのではないでしょうか? 今回の記事では、下記のような状態になっている人向けに対処法をご紹介しています。 それぞれの状態について見ていきましょう。 また、場合によっては病気である可能性があります。 病気のケースは記事後半でご紹介していますので、この記事でご紹介していることを実践しても改善しない場合は、ほかの原因を疑いましょう。 1 目が覚めるまでに時間がかかる 朝に早く起きる習慣は仕事の都合上身についてはいるものの、起きてから頭がはっきりするまでに時間がかかる方は多いでしょう。 朝起きてからはっきりと意識が持てるときよりも、通勤時間から午前中まで、 なんだか起きた心地がしないという感覚に襲われると「頭がぼーっとしている」と感じますよね。 2 頭が冴えず仕事のやる気が出ない 作業的なことはある程度できるけど、考えながら取り組まなければ行けない作業や、人と会話をするときに頭が冴えず、いつもどおりの自分らしく行動できない…と感じるパターンがあります。 頭が冴えずいつものパフォーマンスを発揮できないために、「今日の自分はダメだな…」と感じてしまい、やる気やモチベーションも下がってしまうという結果になってしまいます。 単純に睡眠不足である可能性もありますが、精神的に疲れていたり、脳が疲労状態にあることが考えられます。 3 頭がぼーっとして作業や仕事に集中できない 何をしていてもとにかく頭がぼーっとしていて、まったく仕事が手に付かないというケースもあります。 また、午前中だけではなく午後までその状態が続くなど、頭が働かない状態がずっと続くパターンも多いです。 いつもなら1時間で終わることが2時間かかったり、同じ時間でこなせるもののなぜか集中できていない気がする…というときは、 精神的・身体的に疲労状態にあると考えられます。 4 めまいや目が重い、「頭がふわふわした感覚」に襲われることがある 頭がただぼーっとしていて集中できないだけではなく、頭がふわふわしている状態になったり、めまいの症状がひどくなっているというケースもあります。 1〜3に比べて、 めまいやふわふわした感覚になっているときは危険な場合があります。 特に、下記に当てはまるめまいやふわふわ感を感じている方は、「仕事を休む」「病院に行く」ことを最優先にしましょう。 身体がフラフラしておりまともに歩けない• 立ちくらみのような状態が続いている/いつもより頻繁に起こる• 気が遠くなり倒れそうになる• 勝手に身体が揺れたり、フラつく• 周囲がぐるぐると回る感覚に襲われる めまいと言っても、その種類は様々です。 また、 頭がふわふわしている感覚に陥っているときは、熱中症や意識障害を疑う必要があります。 めまいや意識が遠のく症状があるが仕事に行かなければいけない…という方でも、最低限友達や家族、同僚にもしものことがあったらすぐに救急車を呼んでもらえるようにするなどの対策が必要です。 5 頭が回らず仕事ができない 物事を考えられる体力はあるはずなのに、複雑な物事を考えることができない感覚に陥ってしまうことがあります。 計算ができない、言葉がなかなか出てこないなど、正常な思考力がないことを自覚できているのにも関わらずどうしようもないという状況です。 では、下記では病気ではなく生活習慣や慢性的な睡眠不足・疲労によって起きる「頭が働かない状態」の原因と解決策を解説していきます。 まずは、原因から探っていきましょう。 「頭が働かない/回らない状態」の原因とは何か? 「頭が働かない状態」は、健康状態やストレス、その他の生活習慣に大きく影響されて起きることであることが分かります。 頭が働かない理由は、下記の原因に分けることができます。 もしあなたに当てはまっている部分があれば、対処法をもとに改善するべきです。 1 眠りが浅く二度寝するタイプである/寝不足・睡眠不足である 「二度寝」は代表的ですが、「脳が覚醒していない状態」が起きやすい生活をしていると、何事に関してもまともに取り組むことができません。 二度寝する人は、休日に「寝すぎてしまう」ということもあるでしょう。 睡眠や起床時間のリズムなどでバランスが悪い生活を続けていると、 本来出すことのできる一定のパフォーマンスを発揮することができなくなります。 「7時間半」はおおよその人に必要な睡眠時間と言われていますが、時間に対して深い眠りに落ちている時間自体が少ない可能性があります。 睡眠の質が悪い結果、睡眠時間は問題がなくても 「ぐっすり眠れていない」ということもあるのです。 睡眠不足が慢性化していると、下記のような症状に陥ります。 8時間以上眠っても前日の疲れが取れないと感じる• 朝の目覚めが極端に悪い• 睡眠時間は足りているのに日中に眠くなる• 「よく寝た」と感じることがない 休日に寝だめしているから大丈夫…という方がいますが、睡眠はまとめて取ることはできず、毎日質の高い睡眠を維持することが大切です。 人は、自分が意識しているよりも睡眠不足によって大きなダメージを負います。 自分でも分かるほどに睡眠不足の症状が分かる状態であるということは、それほど大きなダメージをあなたが負っていることと同じなのです。 2 脳のエネルギー不足 私たちの「脳」は 「大食いの臓器」と呼ばれます。 具体的には、 ブドウ糖を1日に120g消費しています。 「脳に栄養を与えよう!」と意識している人はほぼいないと思います。 普段はそんなことは考えませんよね。 しかし、きっちりと寝起きをしているのにもかかわらず「ぼーっとする」ことが多い方は、脳のエネルギー、つまり糖質(ブドウ糖など)が足りないことも考えられます。 糖分という言葉には明確な定義がなく、甘いものやごはんなどの、糖質食品を指す曖昧な言葉です。 対して「糖質」とは、炭水化物から食物繊維を除いたものという定義があり、私たちが日々の活動で消費する「エネルギーの元」となっています。 引用: 糖質を上手に摂ることによって、頭に使うエネルギー源を確保することができます。 3 ストレスにより「脳疲労」が起き、前うつ状態に近くなっている 「悩み」「考えごと」…これらは決して感情的につらいだけではなく、脳の機能にも影響を与えています。 具体的には、脳の「大脳皮質」「大脳旧皮質」が、 外部から受け取った情報(悩みや考えごと)の過剰に受け取ることによって、その機能を低下させるのです。 現代は「情報社会」。 よって、仕事に限らずプライベートや趣味でも、受け取る情報はたくさんあるでしょう。 現代人共通の悩みかもしれませんね。 そういった、悩みや考えごとによる脳の機能低下を「脳疲労」と呼びます。 「根性が足りない」「メンタルが弱い」と感情論で否定されがちなメンタル面の悩みや考えごとですが、実は運動した後身体が疲れるように、脳も疲れを起こすことが分かっています。 また、よくいわれる「うつ」「前うつ」というのも脳疲労と関係しています。 脳疲労状態が蓄積すると、「脳不調」という状態に陥ることがあり、これを「前うつ病状態」と呼ぶのです。 そのため、定期的に脳の疲れを癒やすことを考えなければなりません。 脳もメンテナンスが必要なのです。 4 低血圧によるめまい・高血圧による頭痛 低血圧の体質が原因でめまいを引き起こし「頭がぼーっとする状態」を作っていることがあります。 一方、高血圧の場合には頭痛を引き起こす可能性があります。 低血圧・高血圧の場合それぞれについて見ていきましょう。 低血圧のめまい 低血圧の場合、 血圧がもともと低いために身体が疲れやすく、ふらついたり意識が遠のいたり…といった心身の不調をきたしてしまうことが多いです。 これは、何となくイメージがつく話ですよね。 特に、夏の暑い日に外回りをしているときや、室内に熱がこもり暑いときは、低血圧の人にとって「頭がぼーっとする状態」を引き起こす原因になります。 また、低血圧の方の中にも個人差によって様々な症状が出てきます。 具体的には、下記のような症状です。 肩こり・頭痛• 耳鳴り• 冷え・むくみ• 立ちくらみ• めまい• 動悸が激しくなる• 目の前が暗くなる• 身体が全体的にだるい• お昼ごはんを食べたあとや運動したあとに血の気がひく このような症状が続いていると、頭がぼーっとしているのと同じ感覚になります。 高血圧の頭痛 高血圧の場合、低血圧のケースよりもはっきりと症状が分かります。 頭がぼーっとするだけではなく、頭痛が伴う場合には、血圧が高いことによる頭が働かない状態になりがちです。 すでに高血圧であると診断されている方であれば、風邪を引いていたり、身体的な疲労が溜まっているときに、頭痛が引き起こされる場合があります。 このように、低血圧・高血圧と身体的な特徴・性質がもとになって頭が働かなくなることもあるため、注意が必要です。 5 運動不足による頭痛・肩こりなどの身体の不調 低血圧や高血圧とは関係のない頭痛や肩こりなど首周辺の不調が原因で頭が働かなくなるときもあります。 人の頭は体重の10分の1の重さがあり、デスクワークが多い人や長時間同じ姿勢で作業する仕事についている方は、こういった首・頭の重さに耐えられなくなり、 筋肉に痛みを感じてしまうことがあります。 また、「頭がふわふわする」というケースでも同様です。 長時間スマホゲームをしているなど、長時間肩周りに疲労が溜まっていく状態をキープしていると、当日や翌日に肩こりとなって現れます。 その結果、 肩周りの筋肉にある欠陥が収縮してしまい、脳が酸欠を起こすのです。 6 風邪 血圧や生活習慣などに起因する「頭がぼーっとする」以外にも、シンプルな原因としては「風邪」が考えられます。 風に関しては頭が働かない状況から抜け出すまでに、療養が必要になります。 また、症状によっては医師の診察を受けることが望ましいでしょう。 下記では頭がぼーっとする状況に対して対処法をご紹介していますが、倦怠感がひどい場合など体調不良が著しい場合は無理をせず、体を早く休ませることに専念しましょう。 さて、「脳が働かない原因」についてみてきました。 (1)~(3)のどれかに当てはまっていれば、「頭が働かなくなる条件」がそろっていることになります。 では次に、 頭が働かない状態を改善する方法をご紹介します。

次の

「やる気が出ない」「体がだるい」「疲れやすい」原因と解消法は?

頭 が 重い だるい

気になる所から確認してみよう• 頭が重いしだるい7つの原因と対処法 頭が重くて倦怠感がひどい原因としては、 肉体的な物と、精神的な物の両方が考えられます。 精神的な物といっても脳のシステムに異常が生じているということでもあるので、肉体的な原因と比べてどちらの方が重い・軽いということはありません。 睡眠不足 頭重感をもたらす原因の中でよく見られるのは、睡眠が不足していることです。 必要な睡眠時間や最適な睡眠時間は個人によって異なるために一概には言えませんが、1日に眠る時間が 5時間や4時間であったりすると、確実に異常が生じてきます。 眠りは肉体に疲労を軽減してリセットするために重要な行為であり、不足すると体に疲労がたまったままになります。 疲労がたまれば筋肉が硬直して血管や神経を圧迫し、結果として頭重感という形で症状が現れてきます。 眠たくなかったりあくびが出なかったりしても、体の方が睡眠を求めているサインです。 睡眠不足による症状は頭痛薬を飲んでも解決にはならないので、ちゃんと睡眠をとるようにしなければいけません。 さらに、1回良く寝ただけでは意味がないので、生活リズムを改善して7時間程度の睡眠をとれるように調整を行うことを意識しましょう。 平日によく眠れないからといって、休日の起床時間を遅くしてしまうことも睡眠リズムを乱す原因になるので、眠る時間・起きる時間は毎日可能な限り統一するように心がけることも大切です。 眠る前のコーヒーなどカフェイン飲料はもちろんのこと、お酒も睡眠のためには良くありません。 眠くはなりますがお酒による睡眠は浅く、トイレにも行きたくなるので結局はよく眠れないことになって体力回復にはなりません。 【関連記事】 眼精疲労 眼精疲労とは、眼を使う仕事を続けることで、眼痛・眼のかすみ・まぶしさ・充血などの目の症状が生じた状態のことです。 眼の症状だけでなく、頭痛・肩こり・吐き気なども出現します。 眼疲れと違い、休息や睡眠をとっても十分に回復せず、日常生活の中でもずっと続くようになります。 目からくる疲労が全身に伝播している場合もありますが、逆に頭重感を生じさせるような原因が目にも異常を生じさせている可能性も考えられます。 いずれにしても目を休ませた方が良いので、パソコン作業では1時間ごとに10分程度の休憩を取ったり、ブルーライトを遮断するフィルムや眼鏡を使用したりするように工夫しましょう。 眼精疲労は緑内障などの目の疾患が起こっているときに生じることもあります。 緑内障は眼圧が上がることで、視神経が圧迫され、視野が欠けたり狭くなったりして最悪の場合、失明に至る病気です。 視野が欠けたり狭くなったりすると目はそれを補おうとするので、眼精疲労が発生しやすくなります。 気付いた時には取り返しがつかない状態になっていることもあるので、 目の疲れが取れないと感じたときは、眼科で診断してもらいましょう。 【関連記事】 頭痛(緊張型頭痛) 頭の重さは頭痛の一種であるため、悪化すれば本当に痛みを感じるようにもなります。 いつも頭がずっしりと重かったり、締め付けられるように痛んだりする症状は、慢性型頭痛と呼ばれます。 慢性型頭痛の中で代表的な物は、 ストレスがもたらす緊張によって発生する緊張型頭痛です。 緊張型頭痛の特徴は「 ヘルメットをかぶっているような」と表現される、頭の周りを何かで締め付けられるような鈍い痛みです。 くらくらしためまい、肩や首がこる症状も出てきます。 緊張型頭痛は首から肩、背中にかけての筋肉や、頭の筋肉が緊張することで起こります。 頭がずっしりと重くなった時は、頭を動かして首や肩のほぐすことで改善することが多くあります。 もう一つの代表的な頭痛には片頭痛があります。 片頭痛は頭の片側だけに発作的に生じる頭痛です。 ドクンドクンと脈打つような痛みが特徴で、ひどい場合は吐き気、嘔吐、光に敏感になるといった症状が起きることもあります。 頭の痛みとはいっても頭が重くなるタイプではなく、緊張型頭痛とは異なる性質を持っています。 スポンサーリンク 頸性神経筋症候群(けいせいしんけいきんしょうこうぐん) 頸性神経筋症候群は、首の筋肉の異常によって頭痛やめまい、 自律神経失調症が起こる病気です。 うつむいた姿勢が長時間続くことで首の筋肉に過度な負担がかかって疲労し、あまりに続くと変性を起こして硬直してしまします。 この硬直した筋肉が、心身の活動に関与する副交感神経を締め付けることで生じる様々な一連の症状が、頸性神経筋症候群とされています。 症状としては緊張性頭痛による頭の重さや肩こりのみならず、動機や息切れ、手足の冷えといった神経性の症状、不眠やうつ状態といった精神的な症状まで引き起こされます。 一向に改善しない原因不明のうつ症状が肩こりと共に続いている場合は、この病気を疑ってみるとよいでしょう。 頸性神経筋症候群を予防するにはうつむき加減の姿勢を改善して、適度にストレッチを取ることが重要です。 すでに症状が起きている場合は、電気療法や鍼治療などで硬直した筋肉をほぐすことで症状が改善されます。 【関連記事】 脳疾患(脳梗塞・くも膜下出血) 脳梗塞やくも膜下出血といった脳疾患によって生じる頭の重さは非常に危険です。 脳梗塞は脳の血管に血の塊(血栓)が詰まることで、栄養や酸素が行き届かなくなった脳組織は機能を停止し、次第に壊死してしまいます。 高血圧や糖尿病、肥満、高尿酸血、喫煙はリスクを大きく高める原因です。 くも膜下出血は脳を覆う三層の膜の内、二番目と三番目の膜の間に出血が生じることで、多くの場合動脈が破裂したことが原因です。 動脈硬化で血管がもろくなっている人に起こりやすく、喫煙、血圧高い、アルコール多飲などは危険性を高めます。 【関連記事】 出血がそれほど強くない場合は、頭痛がそれほど強くなく、頭が重いと感じるだけの場合もあります。 しかし、大量に出血すれば激しい頭痛や吐き気が起き、取り返しのつかない事態に発展することもしばしばです。 こうした脳疾患の危険性があると診断されている人は、頭に異常を感じたときはすぐに病院に行きましょう。 予防するときにはタバコが両方の病気のリスクを高める原因なので、早めに禁煙するように心がけなくてはいけません。 うつ うつとは「抑うつ」の略で、気分がふさぎこんで活動を嫌っている精神状態を指します。 気分が晴れない、孤独感、何をやっても楽しくない、食欲がない、動く気になれない、意味もなく苦しいなど気分がスッキリせず、すぐれない状態です。 抑うつの「気分」が憂うつで、こうした気分が起きた状態はまとめて「憂うつ症候群」となります。 抑うつが生じる原因には、日常のミスや良くないこと、大きなライフイベント、女性なら生理前や更年期、あるいはけがや病気の症状で起きることもあります。 抑うつでは腹痛やめまいなど体の症状が出ることも多く、頭の重さもその中に含まれます。 こうした抑うつが慢性化して戻らなくなった状態が「うつ病」で、 体や脳のシステムに異常が生じて、自然には戻らなくなっている状態です。 気分がすぐれない上に頭が重く、だるい、起き上がれない、思考が鈍って考えられないといった症状が出てきていつまでも治らない時は、うつ病を疑ってみる必要があります。 そのときは、 心療内科で診断してもらいましょう。 小学校低学年の子供でもうつ病を患うことがあるので、子供の異常を見逃さないように気を付けてあげることも大切です。 特にストレスを感じているわけではないのに、うつ状態が続いているときは頸性神経筋症候群など、体の異常が原因であるときがあります。 どうしてもうつ状態や自律神経の異常が続いているときは、外科を受診してみてもらうのも手です。 【関連記事】 統合失調症 統合失調症は精神障害の一つで、思考や感情がまとまらずに物を考えることが難しくなる、脳が疲弊して幻覚や妄想が生じるといった症状が出ます。 発生原因は不明ですが、 環境と遺伝の両方が関係しており、誰にでも生じる可能性がある病気です。 統合失調症になるとストレスをため込みやすくなり、ストレス性の頭痛や頭の重みが生じることがあります。 統合失調症は投薬や認知療法、作業療法によって治療可能で、頭痛を解消するにはストレスの緩和が必要になります。 普通に生活しているときにストレスを緩和させるように、趣味を楽しんだりリラックスできる環境に身を置いたりすることが大切です。 頭が重いことと体や心のストレスは非常に密接に関係しています。 頭が重くて体がだるいときは、何らかの肉体的・精神的ストレスがたまっているサインと考えましょう。 例えば長時間同じ姿勢でパソコンによる作業を続けている場合、 眼精疲労・頸性神経筋症候群・緊張性頭痛・抑うつがまとめて出てきた頭が重いということもあり得ます。 頭は心身の状態を示すバラメーターと考え、異常が現れたときは気を付けて生活を見直すようにしましょう。 【参考記事】 当記事は医師、薬剤師などの専門家の監修を受けておりますが本サイトで提供する情報、文章等に関しては、主観的評価や時間経過による変化が含まれています。 そのため閲覧や情報収集は利用者ご自身の責任において行っていただくものとしその完全性、正確性、安全性等についていかなる保証も行いません。 スポンサーリンク.

次の

頭が重いしだるい!【7つの原因と対策法はこれ】

頭 が 重い だるい

睡眠障害による睡眠不足 頭が重く体がだるい場合、考えられるのが睡眠障害による睡眠不足が原因かもしれません。 人それぞれ睡眠時間や睡眠の質が違うので一概には言えませんが、睡眠時間が極端に短い人はこれに該当する可能性が高いです。 あとは 睡眠時無呼吸症候群にかかっている人は睡眠時に10秒以上無意識に呼吸が止まったりします。 このような症状が現れている人は睡眠も浅く、いくら寝ても体の疲れが取れず頭の重さや体のだるさを感じたりします。 睡眠が浅い場合は体の疲れも取れず、肉体疲労が溜まったままなので、全身の血流が悪くなり余計に頭重感を感じたりします。 睡眠時無呼吸症候群にかかっている場合は自分では分かりずらいので第三者に指摘してもらわないといけません。 いくら寝ても体の疲れや身体的不調が現れるようなら医療機関を受診してください。 普通の人なら 1日の平均睡眠時間は7時間~8時間程取れば十分と言われていますよね。 仕事など忙しい人も多いので、なかなか十分な睡眠を取れない人は生活習慣を見直すようにしてください。 ベットに入る前に寝酒をしたりカフェインを取ったり、ご飯を食べたりするのは駄目ですよ。 目の疲れや肩こりが原因 次に考えられるのが 目の疲れ(眼精疲労)や肩こりが原因で頭が重くなったり体がだるく感じたりしてしまいます。 仕事で1日中、パソコンを触ったり、同じ姿勢で仕事をしている人は肩こりだけではなく全身の筋肉が凝り固まっているので血流がよくありません。 そして寝る前にパソコンでネット閲覧やスマホゲームなど現代人特有の生活スタイルで過ごしている人はそれが直接的な原因で体のだるさに繋がっているかもしれません。 私も仕事柄、寝る直前までパソコンで仕事をしていたり、スマホゲームをやったりするんですが、目のかすみや充血、眼痛を起こしたりすることも多々あります。 パソコンやスマホゲームなどは長い時間やらず、しっかり小休憩を取ることが大事ですね。 例えば、1時間に10分ほどの小休憩を必ず取るというようにしっかり意識するようにしてください。 眼精疲労によって肩こりや首凝りなども起こってくるので、それが頭痛にも繋がってしまいます。 パソコンやスマホも程ほどが一番だと思いますね。 精神的疾患が原因 頭が重く倦怠感を感じる場合は 精神的疾患を患っている可能性があります。 長いうつ状態が続くことで、さまざまな身体的不調を感じるようになり、精神的にも肉体的にも辛くなってきます。 精神的疾患になる主な原因はストレスと言われています。 日々の生活で強いストレスを感じている人は精神疾患の一歩手前まで来ているかもしれないので注意してください。 うつ病の主な症状としましては、、• 気分が沈んで落ち込む• 物事に興味が沸かない• 楽しいという気持ちにならない• お酒の量が増える• 生きていてもつまらない これがうつ病の精神的な症状です。 続いては肉体的な症状もまとめてみました。 眠れない日が続きすぐ眼が覚める• 食欲がまったくない• 疲れがたまりやすく、すぐ体がだるくなる• 頭痛を感じたり頭が重くなる• 息苦しい• 喉に異物が詰まっている感覚がする これがうつ病の肉体的な症状です。 頭が重たくなったり体がだるくなるのもうつ病の症状なので当てはまってるかもしれませんね。 関連記事: 無気力が続く場合は何科を受診するの? 頭が重たくて無気力が続く場合は上記でも説明しましたが精神疾患を患っている可能性があります。 2週間以上、無気力が続き自分のやりたいことや物事への関心、興味などがまったく沸かない場合は心療内科を受診してください。 頭が重たかったり体がだるいという症状はもしかしたら精神疾患の可能性があります。 重度のうつ病になる前に早めの治療を受けた方がいいでしょう! その他、食欲や性欲の減退、眠いのにまったく眠れない、肩こりや首凝り、頭痛の症状なども起こりえるのでその場合は医師にしっかりと伝えてください。 ただ単に無気力が続くだけで身体的に辛くはないから大丈夫!と安易に考えないようにしてくださいね。 放っておくと悪化したり、思わぬ病気になったりしてしまうので早い段階で治療しましょう! まとめ 頭が重いし体がだるい…無気力状態が続く場合について調べてみました。 頭が重くて体がだるい場合はただ単に風邪を引いてるときもあるので、そういう場合は内科を受診してください。 自分の日々の生活スタイルを見直すことで、なぜそのような症状が体に現れているのかを見極めるようにしましょう!.

次の