コキア の 実は。 コキア(ほうき草)の育て方!種まきや苗植え、鉢植えのコツは?

コキアの育て方

コキア の 実は

とんぶりとはどんな食べ物? 食べ方は? コキアの実を加工したとんぶりは、別名畑のキャビアと言われています。 主な産地が秋田県と言われ東北ではとくに一般的によく知られている食材のひとつといわれます。 クセがなく淡白な味わいで、たとえばお刺身などの和食に添えられていたり、ほかにも和え物で食べたりする機会が多いですね。 一粒の大きさが直径1~2mm程どで緑色の実をしていると言われまし。 食べて見ると魚の卵に似ていてぷりぷりした歯触りと言われます。 歴史は古く江戸時代の農作業全書に書かれています。 主に東北・関東をはじめ九州や外国でも販売されいるそうです 外国で販売されているところから「畑のキャビア」と名付けられて栽培で一番心配なのが秋の収穫期に気象がともなう台風です。 台風などの強い風などが吹けばほうき草は花も実も小さいためにバラバラと落ちてしまうからといわれます。 いつが食べごろ? 旬は、10~11月ごろの秋が主と言います。 1年を通して、茹でた状態で瓶詰めや袋詰めして販売しているものや、味付けをした加工食品として手に入れることができます。 とんぶりの母体であるコキア(ほうき草)は、秋の9月下旬から10月中旬にかけて、グリーン色から少しづつ落ち葉色の紅葉になり、そんなコキアの実である「とんぶり」ですが食べごろは10月から11月になりますので、食用として食べごろになるといいます。 何で畑のキャビアなのか? さてキャビアと言えばチョウザメから摂取する貴重な食材で高価な年弾で取引されていますがこのとんぶりは畑のキャビアと言われそのプチプチした 食感や歯触りもさることながら、見た目もキャビアに非常に似ています。 どうみてもキャビアそっくりで秋田で採れたとんぶりの加工食品は、海外のキャビアを好む人達からも非常に好まれている食材と言えます。 とってもヘルシー とんぶりは、キャビアに比べてローカロリーなども塩分もなくカロリーは、100gあたり90kcal程度です。 味はあっさりとした淡白な味わいで栄養が満点です。 抗菌作用 とんぶりに含まれるサポニンはポリフェノールが、活性酸素を取り除き、酸化の働きを抑えます。 とんぶりには100グラム中約5グラムのビタミンEが含まれています。 ビタミンEの主な効能としては、抗酸化作用や免疫活性作用。 とくに抗酸化作用により、細胞の酸化防止が期待できます。 皮脂の酸化防止の作用もあるので、とんぶりを食べることで肌の老化防止にも期待! 便秘解消 とんぶりは食物繊維を豊富に含んでいます。 不溶性食物繊維の有量は、7. 食物繊維が多いと言われるゴボウが6. 1gです。 とんぶりには、食物繊維が非常に豊富なのが分かりますね。 とんぶりはどんな味? 畑のキャビと言う通り一粒一粒が魚の卵のような食べ物です。 味は無味と言います。 プチプチと弾力があり塩ずけにはさいこうではないでしょうか。 ただ、草の実ですから青臭さはやはり残ると言います。 さて、キャビを食べ事が無い方はキャビアと言われてもわかりませんね。 正月に食べるかずのこと想像するのも手かもしれません。 秋田県では納豆に混ぜた長いものおろした相性がいいと言われます。 とんぶりはこの成分がすごい! ビタミンKはほかのビタミンCやビタミンBに比べると、注目度が低いと言えます。 だが、骨の形成を促進したり止血作用があるため、非常に重要なビタミンなのです。 とんぶり以外の野菜で言えば、ホウレンソウやこまつ菜、納豆と言えます。 まとめ キャビアなど食べた事が無い方には畑のキャビアと言われてもわからない方にはかずのこが一番最適と言われています。 一番のおいしく食べられるのが塩漬けだそうです。 お酒のおつまみには最適です。 酢のものにも大根と一緒に食べるともいいかもしれません。

次の

とんぶり

コキア の 実は

枝を束ねてホウキに利用していたことからホウキギの和名があります。 細かく茂る茎葉が美しく、こんもりとまとまった草姿が可愛らしいです。 目や手足を付けたらなんとなくどこかでみたようなモコモコしたキャラになりそうです。 夏になると茎に小花をびっしりと付けます。 花には雄花と雌花があります。 花びらはなく、淡緑色の萼があります。 夏は爽やかなグリーン色の葉ですが、秋になると真っ赤に紅葉する姿が美しいです。 ひたち海浜公園・見晴らし丘のコキアの群植・紅葉は全国的に有名です。 茎も最初は緑色ですが、古くなると赤色になります。 晩秋に株が枯れた後も、茎はタネが付いた状態で形が残ります。 変種のハナホウキギ〔var. trichophylla〕は全体がやや小型で、花壇の縁取りなどに向いています。 また、枝先が白く色づく「アカプルコ・シルバー」などの園芸品種があります。 分類上、アカザ科コキア属から同科バッシア属に移されましたが、現在でも旧属名のコキアの名前で呼ばれることが多いです。 由来・利用 学名のバッシア・スコーパリアの「スコーパリア」とは「ほうき状の」という意味です。 秋に実る果実を食用や薬用にします。 また、若い枝も茹でておひたしなど、食用にできます。 日本へは中国経由で渡来したといわれます。 はっきりした来歴はわかりませんが、『本草和名』 918年 に記載されていることから、その頃にはすでに入って来ていたと思われます。 「枯れた茎はホウキ、果実は食用に」と実に無駄がないその利用価値の高さから江戸時代には広く栽培されていました。 秋田の特産品「とんぶり」はこのコキアの果実を加工したものでプチプチした食感と色合いから「畑のキャビア」などと形容されることもあります。 「とんぶり」は唐から来たブリコ ハタハタの卵 が転じた名前だと言われています。 おそらく、食感や形から連想されたのでしょう。 漢方ではこの果実を「地膚子 じふし 」といい、強壮剤や利尿剤としての利用します。 ・タネのまき時は春• ・水はけのよい場所で育てる• ・大きく育ってきたら支柱を立てる 栽培カレンダー 主な作業の適期 植え付け 4月中~下旬 肥料 6月~7月 日常の手入れ 支柱を立てる 茎葉が大きく茂る割には、根の張りが小さく~要するに地上部と地下部がアンバランス~風や雨で倒れることがよくあります。 大きく育ってきたら、株元に土を寄せてぐらつかないようにした上で支柱を立てます。 形を仕立てる 何もしなくても自然にまとまった姿になりますが、茎葉の生育が旺盛なので、適宜刈り込んで色々な形に仕立てることができます。 ただし、刈り込み作業は秋の紅葉や結実などを考えると8月いっぱいくらいまでに終わらせた方がよいでしょう。 日当たり・置き場所 春にタネをまいて夏~秋に鑑賞し冬前には枯れてしまう一年草です。 一度育てると、株の周囲にタネが自然にばらまかれて毎年勝手に生えてくることもよくあります(要するに、こぼれ種でよくふえます)。 水やり・肥料 肥料はあらかじめ土にゆっくりと効くタイプの化成肥料を混ぜ込んでおきます。 その後生育に応じて適宜液体肥料などを追肥として与えますが、窒素分の多い肥料を与えると草姿が乱れますので気を付けましょう。 かかりやすい病害虫 じめじめした場所ではうどんこ病が発生することがあります。 植え付けと用土 水はけの良い土壌を好みます。 品種によって枝葉の茂り具合や草丈が違いますが、一株でもかなりボリュームのある草姿になります。 複数株植える場合は株と株の間のスペースをできるだけ広くとりましょう。 ふやし方 春にタネをまきます。 コキアは植え替えのときなどに根を傷めてしまうと、その後根づきにくい性質があるので、鉢やプランター、庭に直接タネをまいて間引きながら育てるか、ビニールポットにまいて、ある程度苗が育ったら土をくずさないようにそっと植え付けます。 その他の画像• 紅葉した姿• アカプルコ 関連する植物• 生垣にも向きます。

次の

コキア 新・花と緑の詳しい図鑑

コキア の 実は

コキアとは• 基本情報• 特徴 コキアは、草姿が円錐形の整った形で、繊細な茎葉が密に茂り、明るくさわやかな印象を受ける春まき一年草です。 観賞期間が長く、同じ形状のまま大きく育ちます。 まるで刈り込みをしたコニファーのようで、何株かをまとめて植えると特異な景観がつくれます。 ホウキギの和名のとおり、刈り取って陰干しして、草ボウキをつくるのに利用されます。 かつてはコキア属( Kochia)に分類されていたので、コキアと呼ばれていますが、今はバッシア属( Bassia)になっています。 世界各地で野生化していて、日本でも帰化植物となっており、イソボウキの名で呼ばれることもあります。 観賞用に栽培されるのは、主に変種のトリコフィラ(ハナホウキギ、 B. scoparia var. trichophylla)で、コンパクトな草姿で丸みがあり、秋には美しく紅葉します。 花は淡黄緑色で、小さくて目立たず、雄花雌花があります。 畑のキャビアとして知られるトンブリは、本種のなかで種子の大きな系統の果実からつくられるものです。 これは草丈が高く、紅葉はしません。 これはオーストラリア原産の常緑低木で、以前はコキア属でしたが、現在はマイレアナ属に分類されています。 全体的に白っぽく、クリスマスの飾りに好まれますが、半耐寒性なので、コンテナの寄せ植えなどで利用されています。 基本データ 園芸分類 草花 形態 一年草 原産地 西アジア、中央アジア 草丈/樹高 50~100cm 開花期 9月頃 観賞期 6月~11月(紅葉は10月~11月) 栽培難易度 1~5 耐寒性 弱い 耐暑性 強い 特性・用途 観賞期が長い,花壇,鉢,生け垣向き,草ボウキ,食用(実).

次の