き に そく。 即成院(そくじょういん)

束(そく)とは

き に そく

内を流れる木曽川にが架かる。 本流 [ ] の 2,446 南方を水源とし、南西に流れている。 西側を南に向かって流れから流れ来るを合わせた後、やなどのを形成しながらに入り流れを西に変える。 中津川市よりまでの間は、、といった峡谷を形成し、東部に出てと可児市の境界でとする。 飛騨川合流後の可児市からの付近まで再度渓谷を形成し、これらを総称して「 日本ライン」と呼び中流域が(60年)に環境庁(現・)の「」 に選定された。 との境界付近から再度濃尾平野に出、各務原市川島地区で一旦3つの流れにし(地区)、新木曽川橋付近で再度合流する。 下流域ではかつて、と合流・分流を繰り返しが発達していたが、以降何度となく改修工事が繰り返され、現在では分離されている。 三重県長島町ととの境でに注ぐ。 延長 229 km は、最上川と並び全国7位の長さ。 揖斐川、長良川流域を除く流域面積は 5,275。 木曽川水系 [ ] 揖斐川及び長良川は、上では木曽川水系に包括されている。 木曽川水系全体の流域面積は 9,100 km 2。 全国5位の広さで、長野、岐阜、愛知、三重、滋賀の5県にまたがっている。 なお、揖斐川と長良川は河口直前で合流するが、木曽川とは別に伊勢湾に注いでいる。 流域の自治体(木曽川本流) [ ] 長野県 、、、、 岐阜県 、、、、、、、加茂郡、、、、、 愛知県 、、、、、、 三重県 、 歴史 [ ] 河川の名称 [ ] 吉蘇川、 岐蘇川などの異字の他、場所により、 広野川、 鵜沼川、 境川、 墨俣川、 美濃川、 尾張川などとも呼ばれた。 「木曽」「吉蘇」「岐蘇」の由来については、にを産出することに由来する「生麻」(キソ)という説と、木曽の人々が麻の服を着ることに由来する「着麻」(キソ)という説がある。 ほかにで「キ」は美しい、「ソ」は谷・流れを意味するから、木曽谷にはの人たちの平和な集落があったという説もある。 のちに地名が川の名前となったと見られる。 前史 [ ] のから望む下流域の(手前から、、 木曽川)。 中央に。 その南側の長良川と揖斐川との堰堤は() 木曽川を含む木曽三川は、の隆起との沈降などに見られる、濃尾平野下部の基盤が西へ向かうほど沈降している、濃尾傾動運動という造盆地運動により形成されてきた。 この運動により、沈降の上部にが運搬した土砂が堆積することでを形成してきた。 1万数千年前までのには海面が現在より 百数十 m 低く、木曽三川の河口は口付近にあったが、約1万年前になると急激な温暖化により海面が急上昇した。 期には、海岸線が西は山麓まで、北は・付近まで進入した。 木曽三川が流し込む大量の土砂は河口に細長いを形成し、徐々に海岸線を南進させていった。 同時に、木曽三川の流路は、濃尾傾動運動の影響を受けて養老山地側へと偏っていった。 こうして平野奥部まで標高がほとんど変わらず、かつ、3つの大河川の流路が狭い地域に集中するという、極めて水害の発生させやすい地理条件が成立した。 広野川事件 [ ] 3年 の洪水により本流がの南を流れるようになると、川の掘開により本流を元に戻す施工が行われるようになる。 しかし土砂の堆積と流量の変化は続き、施工が側と側の洪水被害の量にも関わるようになり、8年(866年)には、前年にのに派遣され施工した尾張国の郡司とその役夫を、美濃国のの各務吉雄と郡司の各務吉宗が、襲撃するという「広野川事件(各務原合戦)」が起きた。 治水と先人達の苦闘 [ ] には既に が建設されており、後に が形成されて行き住民は洪水に対抗していった。 地元に残る言葉に「 四刻八刻十二刻」がある。 これは大雨が降った際の木曽三川の洪水到達予測時間の事であり、揖斐川は 四刻(8時間)、長良川は 八刻(16時間)、木曽川は 十二刻(24時間)で洪水が到達することを意味している。 いかに流域住民が水害に対して敏感であったかが良く分かる。 一方で網の目状に流れる木曽三川を利用しての水運は、金華山や大垣の他、から陸路を経由しての琵琶湖水運、桑名津からの海運などでなどにも繋がっていた。 軍事の要衝としての歴史 [ ] 木曽川は以降、その豊富な水量と広大な川幅が軍事拠点として利用された。 のでは率いる朝廷軍が軍を木曽川で迎撃。 下る戦国時代にはが・墨俣(現・)に一夜城を築きの美濃攻略を容易にした。 信長は木曽川・長良川河口に浮かぶ長島に拠るに大いに苦しめられた。 の前哨戦にあたるでは、主であった西軍のの激しい抵抗を、池田輝政や山内一豊などが兵士数の差を活かして打ち破った。 国境線の変更 [ ] 通説では末期()の6月、それまで現在のの場所を流れ、墨俣で長良川と合流していた木曽川は、大洪水を起こして南方へ流路を移動したとされる。 が・の国境を変更し、従来尾張の・・等の一部だった25ヶ村を美濃に編入した(美濃の・・、近代に合併して・)のも、この大洪水による流路移動がきっかけだとされている。 しかし、1585年の大洪水については、200年以上のちの地誌などに記載があるだけで、同時代の資料がまったく残っていない一方、すでにそれ以前の後()の段階で、尾張国主と美濃国主とが、古来の木曽川(境川)上に置かれていた濃尾国境を領地の境とする国切か、それとも「大川」を境に分割する大川切かで対立している。 「 木曽八流」と呼ばれたように、そもそも木曽川はいくつもの派川に分かれ、西尾張の平野を複雑に離合しながら流れ下っていたが、そのほかいくつかの文献資料からも、中頃には現在の木曽川の位置にすでに大きな分流( をよひ川=及川と呼ばれていた)が存在しており、1582年時点では元々の木曽川本流にも規模で勝り、従来の国境よりも領土分割線として相応しいと主張しうるまでなっていたと考えられる。 御囲堤 [ ] を開いたは、防衛の最前線として重要な尾張に実子の、次いで同じくを置き、を築城した。 そして名古屋防衛のため、木曽川が濃尾平野に出る付近から河口部のまでの左岸 48 km に (おかこいつつみ)を引堤した(完成)。 秀吉時代の国境変更とこの御囲堤とによって、濃尾平野部の木曽川はおおむね現在の位置(元の及川)に確定された。 軍事施設としての観点から御囲堤の対岸の堤は三尺低くされ、美濃側はさらに水害の被害を受けることとなった。 その一方、木曽八流による洪水常襲地帯であった尾張側は、その流量が制御されたことで水害の減少と生産性の向上を見た。 このころの伝承として、 という妖怪が木曽川・長良川・揖斐川に出没するという話がある。 これはの「妖怪談義」に記されているものだが、川から「 ヤロカヤロカ」という声が聞こえ、これに「 ヨコサバヨコセ」と応えると洪水に呑まれるというものである。 実際に(3年)領内で3,000人もの死者を出し、木曽三川が海のようになったと言われている濃尾大洪水では、尾張国上般若村(現在の愛知県付近)の村民が「ヤロカヤロカ」との声に「ヨコサバヨコセ」と応えて村は洪水で全滅したと伝えられている。 実際は暴風雨の音が「ヤロカヤロカ」に聞こえるのではないかと考えられているが、それだけ流域の住民は洪水に対して敏感であったことが窺える。 宝暦治水 [ ] 宝暦治水碑。 ら士の遺徳を称えている。 (宝暦3年)12月、幕府は主・に対し領内の木曽三川分流工事を命令した。 外様雄藩の経済力を削ぐ為の施策「御手伝い普請」である。 薩摩藩は を総奉行として翌(宝暦4年)から1年を掛け、長良川と揖斐川の工事を行った。 いわゆる である。 工事に駆り出された薩摩藩士の苦難は並大抵のものでは無く、幕府の厳しい監視下で多くの藩士が切腹したり病死した。 かくして不完全とは言え、長良川・揖斐川の分流・締切工事は完成した。 現在に残る 油島締切堤である。 だが、平田は薩摩藩に多大な負債と多くの藩士を死なせた責めを一身に負い、完成後して果てた。 なお、この一件は後に薩摩藩を倒幕に走らせる遠因ともなった。 施策後の洪水の頻度は結果的には増加しているが、彼は昭和13年()治水神社にまつられ、地元住民は今でも平田を始めとする薩摩藩士の遺徳を慕っている。 木曽三川分流工事 [ ] と大井発電所(木曽川)。 に認定されている。 大正時代に入ると木曽川水系は豊富な水量と急流がの好適地として注目された。 木曽川には率いるが日本初のダム式発電所であるを(大正13年)に建設したことに始まり、・・等を木曽川・王滝川に建設した。 特に、大井ダムと(王滝川)建設工事は日本の土木史に輝く土木工事とされている。 一方は率いるによって水力発電所が建設され、や等が建設された。 だが、これらは後に国家の電力統制の流れには勝てず、に統合されていく。 木曽川水系の総合開発 [ ] 戦後の木曽川水系の河川開発は、他の大河川と同様にまずの開発に始まり、やや遅れてとに焦点を当てた河川開発が起こってそれらが結合したになり、人口の増加が顕著になるに従い需要の確保を目指した開発へと移行した。 さらに以降は電力需要の増大に対応するためを主軸とした新規電源開発が行われていった。 以下はこれらの流れについてそれぞれ説明する。 電源開発 [ ] (根尾東谷川) 木曽川水系最大の水力発電所・奥美濃発電所の下部調整池。 戦後の飛騨川電力開発の詳細については を参照 戦前活発に行われた水力発電事業はにおいて一時中断を余儀無くされたが、に伴う電力設備破壊などで電力供給が著しく減衰したためが頻発。 これを解消しかつ早期の経済復興を行うために政府によって電源開発が積極的に推進され、木曽川水系でも早いうちから再開された。 日本発送電は急流で包蔵水力が大きく、開発の手が及んでいない最上流域に特に着目した。 (昭和21年)の建設計画を検討し、その第一弾として飛騨川上流部の地点と支流の秋神川に着目した。 ここに比較的規模の大きいを建設して水力発電を行い、名古屋方面に電力を供給するという計画であった。 また、木曽川上流部のについても完成後さらなる水力発電計画を進め、木曽川本流では戦争で中断したと境の地点でのダム計画を再開した。 ところが日本発送電は戦争に協力したであると(GHQ)によって、の対象とされ、解体の方針が決定された。 そして(昭和26年)に によって全国で9つのに分割・民営化されてしまった経緯がある。 木曽川水系については、本流と内支流の発電施設と発電用をが設立したが保有していたため、その流れをくむ が継承。 飛騨川・・については が発電施設と水利権を継承した。 このため同じ水系でありながら、二つの電力会社が全く違う地域(木曽川・王滝川の電力は、飛騨川・長良川・揖斐川の電力は)に送電するために電源開発を行うという奇妙な構図となった。 これは発電用水利権の所有者は「最初に開発を行った事業者の流れをくむ法人が継承し開発を独占的に行う権利がある」とした 一河川一社主義という概念が根底にあるためである。 中部電力は飛騨川の発電用水利権を受け継ぎ飛騨川・秋神川の水力発電事業を手掛け、(昭和27年)に (飛騨川)と (秋神川)を完成させた。 この両ダムは木曽川水系において三浦ダムに次ぐ高さ 80 m 台のハイダムであった。 関西電力は王滝川中流部の二子持地点に三浦ダムに匹敵する規模のダムを計画、さらに中流部の八百津町に日本初の 100 m 級ダムであるの建設に着手した。 だが経済安定本部による木曽川水系の治水計画が発表されるとこれらのダム計画は治水計画に組み込まれ、両電力会社は電気事業者として参加することになり事業主体からは離れることになった(詳細は後述)。 その後電力需要がや人口の増加で急激に増加すると、電力会社による新規電源開発はより出力の大きいやへと移行する()が、需要のピークが高まる夏季などに電力を安定的に供給するため火力発電や原子力発電との連携が可能な が水力発電では注目され、木曽川水系でも揚水発電所が計画・建設されることになった。 木曽川水系においての揚水発電の嚆矢(こうし)は(昭和38年)に関西電力が建設した(出力 35,500 )であるが、より大規模な揚水発電所が計画されて行く。 中部電力は を(昭和37年)に策定し揚水発電を主軸とした大規模な水力発電事業を計画する。 その第一弾として建設されたのが(昭和44年)に完成した である。 これは飛騨川最上流部の(現在の)にとを建設し、出力 34万 kW の電力をやに供給するというものである。 その後(昭和51年)には(現在の)の馬瀬川に (出力 28万8,000 kW)が建設され、飛騨川は一大へと変貌した。 その後は比較的開発の行われていない長良川・揖斐川に目が付けられ、木曽川水系では初となる出力 100万 kW 級の揚水発電所・ 奥美濃発電所が計画された。 これは長良川支流の小支流・西ヶ洞谷川上流にを、揖斐川支流の小支流・根尾東谷川にを建設し、出力 150万 kW の電力を生み出すというものである。 奥美濃発電所は(平成7年)に完成し、現在木曽川水系における最大規模の水力発電所として稼働している。 また既存の一般水力発電所の再開発も同時に行われ、やをはじめ、出力 5万 - 6万 kW 台の発電能力が増強された。 これもピーク時の電力需要に対応するための開発である。 現在はの発電事業として中部電力が出力 15万5,000 kW の 徳山発電所を建設している。 なお、上麻生発電所の取水ダムであるは(昭和43年)に発生したにおいて救助活動援助のため、ダム決壊の危険性から普段は絶対行われない洪水時の閉鎖を時間限定で行ったというエピソードが残されている。 木曽特定地域総合開発計画 [ ] (木曽川)。 木曽特定地域総合開発計画における治水事業の根幹である。 木曽川はや木曽・長良・揖斐三大河水利分流計画によって長良川・揖斐川と完全に切り離され、以前に比して水害による被害は減少した。 とはいえそれでも洪水による被害は後を絶たず、(昭和13年)の豪雨で木曽川は過去最大の洪水量を記録した。 その洪水量は愛知県地点において毎秒 13,200 という過去に例を見ないものであった。 戦後やを始め毎年の様にや豪雨が襲来、これに戦中の河川改修不備や山間部の乱伐による保水力低下もあいまって全国各地の河川は大小問わず大洪水をもたらし、その被害額は留まるところを知らなかった。 こうした風水害が戦後疲弊した日本経済に更なる打撃をもたらすことを懸念したは、・・を始め全国10の主要大河川に対して堤防整備に加えてによる洪水調節を図る方針を立案した。 そして(昭和24年)には諮問機関である治水調査会の答申を得て「河川改訂改修計画」を発表。 上記の目的に沿った河川改修を計画した。 木曽川についても対象となり、同年 木曽川水系流域計画が発表された。 この計画では1938年の洪水を基準としてと改修によるを行うこととし、木曽川本流と飛騨川・長良川・揖斐川流域に多数の建設を計画した。 当初は既に建設されていたやなどの発電専用ダムを転用する計画であったが、何れも洪水調節目的を達成するだけのポテンシャルが無いため既設のは断念し、日本発送電が施工を進めていた木曽川中流の を水力発電専用から洪水調節目的を加えたとすることで木曽川中流・下流の治水を図ろうとした。 経済安定本部は岐阜県を通じて日本発送電に事業主体をにする変更を命じた。 これにより丸山ダムは木曽川水系流域計画における治水の要として活用されることになる。 さらに(昭和26年)、は国土復興のために河川を有効に開発して治水のみならず農地開墾のためのとへの送電のための電力開発を強力に進めるために今まで別個の事業者が実施していた河川開発を一元化する を大規模に遂行し、経済成長を軌道に乗せることを目的にを成立させ特定地域総合開発計画を発表した。 これによりがその対象となったが、木曽川水系についても愛知県・・の三県にまたがり、建設省(現在の)・(現在の)・(現在の)・中部電力・関西電力の五者により治水・かんがい・水力発電の多目的河川開発計画が進められた。 その根幹事業として木曽川本流と飛騨川・長良川・揖斐川流域に15基の多目的ダムを建設する計画が立てられたのである。 これが 木曽特定地域総合開発計画である(事業については後述)。 木曽特定地域総合開発計画におけるダム計画 一次 支川 (本川) 二次 支川 三次 支川 ダム名 堤高 m 総貯水 容量 (千) 型式 目的 沿革 木曽川 薮原ダム 50. 0 9,000 F・P 水系のとの間で導水する計画。 一旦立ち消えとなり後に として再度計画され、に完成。 木曽川 98. 0 59,350 重力式 F・P による発電専用ダムからに目的拡大。 木曽川 犬山ダム 35. 0 35,150 重力式 F・P 立ち消えとなり、その後東海農政局によりなどの取水口である として建設される。 王滝川 二子持ダム 75. 0 68,500 重力式 F・N・A・P 事業の水源として計画変更され、機能を持たない・ として完成。 0 34,400 重力式 F・N・A・P の発電専用ダムに治水とかんがい目的を付加する予定であったが、最終的には発電単独で建設され完成。 飛騨川 久田見ダム 60. 0 76,000 重力式 F・P に建設され、水没する・上麻生発電所の発電目的を付設する予定であったが、水没予定数が200戸を超えるため立ち消え。 飛騨川 小坂川 落合ダム 70. 0 67,250 重力式 F・N・A・P 出力 32,000 kW の発電能力を有する多目的ダムとして計画されたが、立ち消え。 飛騨川 70. 0 24,000 重力式 F・P 支流和良川の岩瀬ダムとの間で導水する発電計画であったが、一旦立ち消え。 に再度計画され、に 1億 t 級のダムとして完成。 飛騨川 馬瀬川 和良川 岩瀬ダム 50. 0 17,500 重力式 F・P 岩屋ダムとの間で導水する計画であったが立ち消え。 その後ダム地点を馬瀬川に移し発電専用の として1976年完成。 洞戸ダム 60. 0 155,550 重力式 F・A・P 一旦立ち消えとなったが1960年代に として復活。 だが地元の反対が激しくに計画中止。 0 184,000 重力式 F・N・A・P ダム地点を下流に移し としてに完成したが、によって同地点にダム計画が立てられ日本最大の多目的ダム・ として完成。 揖斐川 黒津ダム 84. 0 130,000 重力式 F・N・P 1950年代には立ち消え。 揖斐川 根尾川 根尾東谷川 根尾ダム 45. 0 16,000 重力式 F・N・P 1950年代には立ち消え。 その後上流部にが完成。 揖斐川 一之瀬ダム 32. 0 6,710 重力式 F・N・P 1950年代には立ち消え。 0 9,000 重力式 F・P 薮原ダムとの間で導水する発電計画であったが一旦立ち消え。 その後の多目的ダムとして完成。 (注)目的の略号: F()、 N()、 A()、 P() (馬瀬川) の水源での水がめである。 このダム計画はその後変更があり、最終的には木曽川の丸山ダムと揖斐川の 、王滝川の二子持ダムの三ダム計画に集約され、それぞれ後半からには完成を見た。 ところが(昭和34年)、からを が襲来し、死者・行方不明者4,645人という戦後最悪の台風被害をもたらした。 この台風では長良川・揖斐川流域の水害に加えを始めとする沿岸地域でのが被害をさらに拡大させた。 事態を重く見た政府はを本部長とする「 中部日本災害対策本部」を名古屋市に設置し、木曽川水系及び伊勢湾沿岸一帯の治水・防災体制強化を図った。 特に被害が甚大であった伊勢湾岸についてはや防潮などの強化・建設を進め、これらの防潮施設はにはほぼ完成した。 また長良川・揖斐川流域の治水機能を高めるため堤防の強化を進めると同時にダムによる治水の強化も検討し、横山ダムの洪水調節機能を強化する傍ら (揖斐川)や (長良川)、()の計画が持ち上ることとなった。 木曽川水系水資源開発基本計画 [ ] 濃尾平野は大雨になると洪水の被害を受けやすく、にも悩まされる地域でもあった。 古くは(3年)に木曽川からが引かれ、その後やなどの用水路が建設され、濃尾平野中部は一大穀倉地帯となった。 だが・・東濃地域・一帯は水の便が悪く、特に知多半島は大河川が全くないことから慢性的な水不足に悩まされていた。 このためこの一帯ではによる農業用水補給が行われていたが、それは根本的な解決にはなり得なかった。 戦後に入って、知多半島に水を安定的に供給するための根本解決策として、木曽川から知多半島先端まで農業用水路を整備するという壮大な計画が持ち上がった。 これはによって構想されたものであるがによって採用され、やがて木曽特定地域総合開発計画の一環として正式な事業となった。 これが であるが工事費が莫大なものになることが予想され、政府はの融資を仰いだ。 (昭和29年)世界銀行の農業調査団一行が来日し、日本各地の農業振興に有用な地域を調査し、融資可能かどうかを調査した。 その結果知多半島地域はやなどと共に世界銀行の融資を受けることになり、着工に向けて大きく前進した。 (昭和30年)10月、事業を運営する・ が設立され、(昭和32年)に着工した。 まず水源として建設省がかつて計画していたの二子持ダム計画を拡充して を建設し、が管理する貯水池に 兼山取水口を設けてここから尾張丘陵・知多半島まで水を供給することとした。 愛知用水は(昭和36年)に完成し、幹線水路112km、延べ1,012kmに及ぶ大用水路が渇水に悩まされた地域を今なお潤す。 愛知用水の着工に前後し()はの拡充を図るため(昭和26年)「 国営濃尾用水土地改良事業」を施工。 愛知県と岐阜県の境の木曽川にを建設して用水補給を増強させ、(昭和43年)に完成した。 さらに濃尾用水の完成年には西濃地域のかんがい補給を図るため(揖斐川)を水源とする「 国営西濃用水土地改良事業」が着工され、(昭和59年)の竣工によって が完成。 西濃地域に安定した水供給を行った。 そして知多半島と同様に慢性的な水不足に悩む東濃地域(岐阜県・・・・)に水供給するため岐阜県は(昭和51年)に を完成させ、関西電力に取水口を設けて東濃地域に安定した水供給をもたらした。 現在は濃尾用水の改修を目的に(平成12年)から「新濃尾農地防災事業」が行われており、(平成26年)完成予定である。 こうしたかんがい整備が行われる一方で、を中心とするは急速に人口が増加。 さらにやなど大型工場が進出することでも拡充。 水需要は青天井の勢いとなった。 このため従来治水中心に行われていた河川開発は水資源確保が重要な目的となっていった。 やで水資源開発を目的としたを行っていた(現在の)は(昭和41年)、木曽川水系をに基づく水資源開発水系に指定。 愛知用水公団を吸収するとともに「 木曽川水系水資源開発基本計画」を定めて水資源開発のための河川施設建設を計画した。 これによって計画されたものとして ・ (木曽川)・ (阿木川)・ ()・ ()・ ()があり、事業は全て完成し愛知用水の新たな水源となった。 また岩屋ダム・木曽川大堰を水源として を建設して愛知用水を補完。 さらに(昭和46年)からは の建設を開始し、揖斐川を水源として(昭和52年)に完成したなどを経由し北中部地域に・・農業用水を(平成5年)より供給開始した。 これらのダム・堰・用水路は名古屋市の水がめとして現在も重要な役割を果たしている。 現在は(平成20年)に完成した徳山ダムの水を岐阜県から長良川を経て愛知県犬山市の木曽川まで結ぶ 木曽川水系連絡導水路の建設が進められている。 また1984年のによって大量の土砂が流入したの土砂を掘削して貯水容量を確保するための牧尾が行われている。 全国を巻き込んだ論争 - 長良川河口堰・徳山ダム - [ ] () 全村が水没するため強固な反対運動が巻き起こった。 見直しの風潮は木曽川水系の開発にも影響を及ぼした。 特に木曽川水系は全国的に注目の的になっている。 一つはである。 期の(昭和43年)に計画発表されたが、ダムの無い長良川に河口堰を建設することに猛烈な反対運動が巻き起こった。 これにより本体建設は全く進まず、堰と一体で運用される予定であった板取ダム(板取川)の建設が中止に追い込まれた。 長良川固有種のを始め魚類に多大な影響を及ぼすとの反対派の主張は新聞社やジャーナリストを味方につけ、中立的な視点での議論が出来なくなってしまったが、結果環境アセスメントを厳密に行う事で建設は進み、(平成6年)完成した。 もう一つは揖斐川に(平成20年)に完成したである。 ダム建設により(現・)全村477戸が水没することになるため、反対運動が激化した。 事業者・水没予定者双方のねばり強い交渉の末、代替地集団移転で妥結した。 この2事業は、と、という複雑な問題を多くの関係者に投げかけ、以降の公共事業に多大な影響を与えた。 木曽川水系の河川整備はという大きな問題を投げかけた。 だが、長良川は(昭和51年)のや(平成12年)のによるの大災害等度々流域に被害をもたらす氾濫を起こし、堤防整備では限界との意見がある。 揖斐川に関しても、横山ダムによって洪水調節が実施されているが(平成15年)の大垣水害等流域はしばしば洪水の被害を受けており、徳山ダムの必要性を流域自治体が訴求している。 木曽川についても(昭和58年)の美濃加茂水害で丸山ダムの計画流入量を超える洪水が発生した事からを現在建設中である。 また、知多半島は1994年の大渇水で1日19時間断水の事態となり、トヨタ自動車の工場操業にも影響を及ぼした。 しかしながら、高度経済成長が終わり、水需要の増大が見込めない中、ダム建設が本当にコストに見合ったものであるのか、という視点での批判もある。 治水についても、ダムによる治水にばかり依存するのではなく、旧来からあった輪中を有効活用して洪水被害に対処しようという意見もあり、国土交通省も具体的な検討を行いつつある。 こうした事から、流域住民の生命・財産の保護を取るか、自然保護を取るか、それは住民にとって本当に最適な選択肢かという、難しい決定を関係者は迫られている。 両立が難しい為に、中立的な視点で当事者による公開・公正な議論が求められている。 主な支流 [ ]• -・・・・・・• -・・・・・・・・・• 加茂川• -・・・・・・• 伊奈川• 王滝川• 笹川 主な河川施設 [ ] 木曽川水系では、まずによる電源開発が行われた。 大井ダムを皮切りに木曽川・に数多くのダム・発電所が建設され、日本土木史の先駆けとなった。 施設一覧 [ ] 本流・ 一次支流 二次支流 三次支流 ダム 型式 高さ 総貯水容量 事業者 備考 木曽川 140. 0 61,000 木曽川 32. 1 4,351 木曽川 重力 38. 6 3,484 関西電力 木曽川 重力 33. 3 3,872 関西電力 木曽川 重力 53. 4 29,400 関西電力 通達第二類ダム 木曽川 重力 40. 8 14,121 関西電力 通達第二類ダム 木曽川 重力 98. 2 79,520 関西電力 中 木曽川 重力 122. 5 146,000 国土交通省 事業見直し対象 木曽川 重力 36. 3 9,393 関西電力 木曽川 重力 34. 3 9,470 関西電力 木曽川 - - 木曽川 堰 - - 水資源機構 王滝川 重力 83. 2 62,216 関西電力 王滝川 重力 18. 2 589 関西電力 王滝川 ロックフィル 104. 5 75,000 水資源機構 通達第一類ダム 再開発中 王滝川 重力 24. 1 1,288 関西電力 王滝川 重力 35. 2 4,367 関西電力 伊奈川 重力 43. 0 803 関西電力 加子母川 加子母防災ダム 重力 35. 6 733 ロックフィル 102. 0 48,000 水資源機構 阿木川 富田川 岩村ダム 重力 35. 8 280 岐阜県 中野方ダム 重力 43. 5 411 岐阜県 133. 0 43,568 飛騨川 69. 0 11,927 中部電力 飛騨川 重力 87. 0 25,513 中部電力 飛騨川 久々野ダム 重力 26. 7 1,247 中部電力 飛騨川 小坂ダム 堰 10. 6 - 中部電力 飛騨川 東上田ダム 重力 18. 0 1,065 中部電力 飛騨川 瀬戸ダム 堰 5. 4 - 中部電力 飛騨川 重力 23. 9 2,936 中部電力 飛騨川 大船渡ダム 堰 13. 0 1,660 中部電力 飛騨川 七宗ダム 堰 10. 6 783 中部電力 飛騨川 名倉ダム 堰 13. 5 1,151 中部電力 飛騨川 堰 13. 2 706 中部電力 飛騨川 川辺ダム 重力 27. 0 14,492 中部電力 飛騨川 秋神川 重力 74. 0 17,584 中部電力 飛騨川 大ヶ洞川 大ヶ洞ダム 重力 30. 0 190 岐阜県 飛騨川 西村ダム 重力 19. 5 276 中部電力 飛騨川 馬瀬川 ロックフィル 127. 5 173,500 水資源機構 飛騨川 馬瀬川 重力 44. 5 9,736 中部電力 飛騨川 細尾谷 重力 22. 4 71 中部電力 水無瀬川 水無瀬ダム 重力 43. 5 1,042 岐阜県 事業見直し対象 加茂川 蜂屋川 蜂屋調整池 30. 0 550 水資源機構 アース 26. 7 3,313 水資源機構 岐阜県 可児川 ロックフィル 18. 4 552 岐阜県 堰 - 38,700 水資源機構 長良川 牛道川 阿多岐川 阿多岐ダム 重力 71. 4 2,550 岐阜県 長良川 亀尾島川 内ヶ谷ダム 重力 81. 7 9,100 岐阜県 事業見直し対象 長良川 西ヶ洞谷川 アーチ 107. 5 10,000 中部電力 長良川 アース 17. 1 547 岐阜県 ロックフィル 161. 0 660,000 水資源機構 揖斐川 中空重力 80. 8 43,000 国土交通省 再開発中 揖斐川 久瀬ダム 重力 34. 0 4,631 中部電力 揖斐川 西平ダム 重力 31. 5 4,490 中部電力 揖斐川 堰 - - 農林水産省施工 揖斐川 神岳ダム 重力 20. 0 215 揖斐川 高橋谷川 高橋谷ダム 重力 18. 5 39 中部電力 揖斐川 堰 - - 中部電力 揖斐川 根尾川 根尾東谷川 ロックフィル 98. 0 12,000 中部電力 揖斐川 牧田川頭首工 堰 - - 水資源機構 揖斐川 牧田川 東谷川 打上調整池 アース 29. 7 2,260 水資源機構 揖斐川 牧田川 藤古川ダム 堰 - - 揖斐川 牧田川 岩手川 不破北部防災ダム アース 42. 5 1,128 岐阜県 上飯田調整池 アース 16. 1 70 水資源機構 (境川) (前川) アース 31. 0 9,100 水資源機構 愛知用水 アース 20. 0 2,235 水資源機構 愛知用水 アース 21. 0 5,300 水資源機構 (備考)現在のデータ。 黄色欄は施工中、桃色欄は政権により12月事業の再検討を求められているダム。 用水路一覧 [ ] 用水路名 所在地 取水河川 水源 取水口 管理主体 木曽川 (緊急時) 水路事業部 岐阜県 愛知県 木曽川 水資源機構水路事業部 岐阜県 木曽川 岐阜県 岐阜県 長良川 長良川左岸(曽代) 天神大橋付近 曽代用水土地改良区 岐阜県 長良川 長良川左岸(小瀬) 付近 各務用水土地改良区 真桑用水 岐阜県 根尾川左岸(山口) 山口取水口 席田井水土地改良区 真桑方井水土地改良区 岐阜県 西濃用水土地改良区 (・・) 愛知県 岐阜県 木曽川 羽島用水土地改良区 宮田用水土地改良区 など 岐阜県 三重県 揖斐川 など 打上調整池 宮川調整池 菰野調整池 牧田川頭首工 など 水資源機構水路事業部 脚注 [ ] []• - 2011年9月26日, at the. 木曽地方事務所林務課. 2019年9月6日閲覧。 www. cbr. mlit. 2019年9月6日閲覧。 『日本三代実録11巻』• - (木曽川、、)• -木曽川にちなんで命名されたの。 に参加した。 参考文献 [ ] ウィキメディア・コモンズには、 に関連するカテゴリがあります。 河川局開発課 「河川総合開発調査実績概要」第一巻:• 建設省河川局開発課 「河川総合開発調査実績概要」第二巻:1955年11月• 建設省河川局監修・全国河川総合開発促進期成同盟会編 「日本の多目的ダム」1963年版:。 建設省河川局監修・全国河川総合開発促進期成同盟会編 「日本の多目的ダム」1972年版:山海堂。 建設省河川局監修・全国河川総合開発促進期成同盟会編 「日本の多目的ダム 直轄編」1980年版:山海堂。 「水資源開発公団二十年史」:• 株式会社 「飛騨川 - 流域の文化と電力 - 」:• 「ダム便覧」• 榎原雅治 「中世の東海道をゆく」(): 外部リンク [ ]• 奥木曽大橋• 十王橋• 永谷大橋• 小木曽橋• 備勢橋• 五反田橋• 倉篭橋• 大洞橋• 獅子岩橋• 菅橋 旧• 鷲取橋• 吉田橋• 第二山吹橋• 第一山吹橋• 神谷橋• 山吹橋• 徳音寺幹線水管橋• 義仲橋• 日義 発 えん堤巡視橋• 荒神橋• 矢崎橋• 木曽大橋• 関所橋• 中央橋• 行人橋歩道橋• 行人橋• 中島橋• 廣胖橋• 福島大橋• 鉄管橋• 鬼渕橋 旧• 鬼渕橋• 小川橋• 小川橋• 小野ケ谷橋• 下川原橋• 諸原橋• 桃山橋• 和村橋• 満寿太橋• 殿大橋• 大桑橋• 木曽川橋梁 廃• 野尻向橋• 阿寺橋• 二又橋• 柿其橋• 高瀬橋• 三留野大橋• JR中央線新第五木曽川橋梁• 三根橋• 山口ダム• 矢筈橋• JR中央線第三木曽川橋梁• JR中央線第二木曽川橋梁• 榧の木大橋• 丸山大橋• (分派点)• (合流点)• 木曽川橋• (建設中・仮称)• (河口) 北派川.

次の

即成院(そくじょういん)

き に そく

はやあしを持つ個体を第六世代に送ると、かそくに変更される。 こんなときに使おう• 1ターンさえ凌げば大半のポケモンを抜ける素早さを得られる。 2ターン目が終われば持ちですら歯が立たない素早さになる。 この特性を所有するポケモンはほぼ全て、第1ターンをで凌いで素早さを得てから攻撃に移る戦法で実用されている。 については火力があまり無い事とを覚えることから、数ターン凌いだ後にバトンタッチする戦法の方がメジャー。 は第五世代までのかそくとのバトンタッチを両立出来なかったが、第六世代から両立出来るようになった。 この特性を持つポケモンのどれにとってもかなり有用な特性であるため、対戦でこれらのポケモンを見るとかそく持ちだという事が容易に読まれてしまう。 つまり第1ターンのまもるが非常に読まれやすいと言う事で、積み技を使ったりを出したり有利なポケモンに交代したりと言った行動をしてくる事が多い。 裏をかいてまもらずにこちらも積み技を使ったりいきなり攻撃を仕掛けたりする事は出来るが、ややリスキーな読み合いとなる。 第七世代ではさらに、まもるでも防ぎきれないZワザをしかけられることもある。 弱点タイプのZワザだと耐久次第では耐えられずに倒されてしまうこともある。 特にサメハダーは耐久が非常に低いため注意。 いくら抜けるといってもや発動に対しては、自分達が先制攻撃技を使用しない限り先制出来ないので注意。 この特性を持つポケモンはいずれも耐久が低めのため、第六世代から登場した特性を持つを相手にする場合、サメハダー系統以外 サメハダー系統も耐久が低いため安全とはいえない はひこう技が弱点でもあるため特に気を付けたい。 におけるかそく 同じフロアで250ターン経つと移動速度が1段階上がる。 フロアを移動すると元に戻る。 によりかそくのポケモンを繰り出した場合、そのターンはかそくは発動しない。 味方の・・・や、相手の・・・などの交代技でこの特性を持つポケモンが出た場合、そのターンはこの特性は発動しない。 味方の・などによりこの特性を持つポケモンが出た場合も、そのターンはこの特性は発動しない。 などによりこの特性を得たポケモンは、そのターンに効果が発動する。 すでにが最大まで上がっている場合、かそくは発動しない。 各言語版での名称 言語 名前 かそく Speed Boost Temposchub Turbo Acceleratore Impulso 가속 加速 加速.

次の

ルシファーHLにカトル、エウロペ、リリィの編成で来るのはオナニーと同じ

き に そく

では発足の正しい読み方は、「ほっそく」「はっそく」どちらなのかを見ていきましょう。 結論から言ってしまうと、 発足の本来の読み方は「はっそく」でしたが、 いま現在では「ほっそく」と「はっそく」のどちらでも問題はありません。 慣用読みというのは、誤った読み方の人が増えて広く定着したことで、 その誤った読み方についても間違いではないとされた読みのことです。 簡単に言えば、発足を「ほっそく」と間違って読む人が増えたために、 「ほっそく」でも「はっそく」でも正しい読み方ということにしよう!となったわけです。 なのでいま現在での発足の読み方としては、「ほっそく」と「はっそく」はどちらも正しい読み方となります。 どちらの読み方についても辞典に載っています。 (辞典によっては載っていないものもあります) 一般的には「ほっそく」と読む人の割合のほうが多いです。 また発足(ほっそく)のように「発(ほっ)」が用いられている言葉には、 「発端(ほったん)・発作(ほっさ)・発起(ほっき)・発心(ほっしん)」などがあります。 発足(はっそく)のように「発(はっ)」が用いられている言葉には、 「発生(はっせい)・発達(はったつ)・発揮(はっき)・発見(はっけん)」などがあります。 調べてみると「発(はっ)」と読む言葉の数はかなり多く、「発(ほっ)」と読まれている言葉の数は少なかったです。 次の章で発足の意味と類義語について解説していきます。 2.発足の意味と類義語について では発足の意味と類義語について見ていきましょう。 発足を用いた例文としては、「大学で新しいサークルを発足する」や、 「田舎の実家から都会へと発足する」のような使い方で用いられています。 ただし発足を用いるときは、「出発や門出」の意味として使用することはほとんどないです。 また 発足の類義語としては、「創立(そうりつ)・開設(かいせつ)・設立(せつりつ)・開始(かいし)」などの言葉が挙げられます。 どの言葉についても発足と意味は似ていますが、まったく同じ意味ではないので注意してください。 スポンサーリンク.

次の