オール電化 安い。 オール電化におすすめの電気料金プランは?

オール電化におすすめの電気料金プランは?

オール電化 安い

関連記事• 注意!乗り換えで大幅に割高になるケースも まずはオール電化住宅で電力会社を選ぶ際の注意点を紹介します。 非オール電化プランは絶対NG 「オール電化住宅」で、オール電化用の料金プランを利用できる場合は、オール電化用のプランを使った方が電気代が圧倒的に安くなります。 オール電化住宅が「安い新電力」の非オール電化プランを利用した場合、大手電力会社のオール電化プランと比較して年間で1万円2万円と 大幅に割高になるケースが多いです。 オール電化は夜間に電気を使ってまとめてお湯を沸かしてタンクに貯めておく給湯システム(エコキュートや電気温水器)をキーとしているので、夜間の料金単価がうんと安いオール電化プランを選ばないと割高になります。 IH=オール電化 ではない なお、「ガスコンロが無い=オール電化」と勘違いしている例がよくありますが、給湯などでガスを使っている場合は「オール」電化住宅ではありませんし、オール電化プランは使えません。 その場合は以下の記事を参考にしてください。 関連記事• オール電化プランでも割高になるケースも 電力自由化で参入した新電力の中には「オール電化プラン」を謳ったプランを提供しているところが少なくありませんが、中には大手電力会社のオール電化プランと比較して 明らかに割高になるものも珍しくないです。 公式サイトに「安くなる」と書いてあっても、比較対象が大手電力の「非」オール電化プランとなっている例が目立ちます(詐欺に近いのでは、と思います) 契約する際は、大手電力会社のオール電化用プランと比較して安くなる電力会社を選びましょう。 また、数年以上前に契約した大手電力会社のオール電化プランは、現在の日本の電力事情を反映していない「爆安料金設定」となっており、新規申し込みが出来なくなっています。 そうしたプランを一度解約すると二度と戻ることが出来ないので注意してください。 現在募集中の料金プランからの切り替えであれば、安くなる新電力会社があります。 一人暮らしのオール電化で安い料金プランは? 以上の注意点をふまえて、ちゃんと安くなるオール電化プランを紹介します。 出光昭和シェル 昭和シェル石油の電気 大手電力会社のオール電化プランと比較して、 基本料金が安く設定された「オール電化プラン」を提供しています。 電力量料金(使用量に応じて課金される部分)は大手電力と同額なので、確実に安くなると言えます。 その他、昭和シェル石油のガソリンスタンドでの給油がリッター2円割引になる特典もあります。 解約時の違約金も無いので、何か問題があればすぐに別の電力会社(あるいは元の大手電力会社)に変更できます。 関連記事• 関東ではCDエナジーダイレクト 東京電力のエリアでは、CDエナジーダイレクトのオール電化プランがおすすめです。 中部電力と大阪ガスが設立した新電力です。 一人暮らしのオール電化住宅であれば年間で1〜2千円程度お得になるでしょう。 解約違約金などは発生しない料金プランです。 関連記事• 九州ではイデックスでんき 九州電力エリアのオール電化住宅にはイデックスでんきのオール電化プランがおすすめです。 九州が地盤の新出光が展開している新電力です。 年間で数千円程度の節約になるでしょう。 解約違約金などは発生しない料金プランです。 関連記事• 更に電気代を安くするなら 電力会社を切り替えるのとあわせておすすめしたい電気代の節約方法を紹介します。 契約アンペアを下げる 地域によっては節約効果が無い場合もありますが、契約アンペアを10A or 1kVA下げると毎月の電気代の基本料金が数百円安くなります。 契約容量を下げると基本料金が安くなる 注意点としては、一部地域では契約アンペアに関係無く基本料金が一定額というところもあるので、その場合は変えても意味がありません。 また、下げすぎるとブレーカーが落ちて不便を強いられます。 変更に費用は掛かりませんが、1年に1回程度しか変えてもらえないので注意してください。 うるさい大家や管理会社でなければ許可も特に必要無いです。 アンペアを大きくする場合は建物の設備の都合で出来ない場合もありますが、下げるのは簡単です。 これまでに一度もブレーカーが落ちたことない人は、とりあえず10Aもしくは1KVaだけ契約アンペアを小さくしてみましょう。 使用量が多くなりがちな冬を越すことができたら、契約アンペアを下げても大丈夫です。 電気の使い方を見直そう オール電化プランは、「深夜」の電気料金の単価がとても安いという特徴があります。 なので電気は出来るだけ深夜に使った方がお得です(安い時間帯はプランによって異なる) 例えば東京電力のスマートライフプランの場合、朝6時〜翌午前1時は25. 78円と 3割以上安いです。 充電は深夜にするとお得 例えばスマホやノートパソコン、充電式掃除機のようにバッテリーを使っているものは、夜寝る前にまとめて充電器にセットするとお得に充電できます。 また、賃貸の古いオール電化住宅によくあるのがIHではなく電熱線が発熱する「電熱器(電気コンロ)」です。 これは 恐ろしく効率が悪く、電気代がとても高いです。 電気コンロが設置されている家に住んでいる場合は、お湯を沸かす際は電気ケトルを使った方が電気代は遥かに安く、またお湯を沸かすのに掛かる時間も圧倒的に短く済みます。 電熱器よりも電気ケトルの方が電気代が安い 関連記事•

次の

オール電化とガス併用はどっちがお得?

オール電化 安い

震災以降の電気料金の値上げ状況 2012年 東京電力が電気料金単価を値上げ 2013年 北海道電力、東北電力、関西電力、四国電力、九州電力が電気料金単価を値上げ 2014年 中部電力が電気料金単価を値上げ、10月に北海道電力が再値上げ予定 上記の値上げにより、オール電化向けの電気料金単価が上昇しています。 オール電化の電気料金はどのくらい上昇しているの? 震災後の各電力会社の電気料金の値上げにより、オール電化の電気料金は実際にどのくらい上昇しているのでしょうか? 実は、電気料金全体の平均値上げ率と、オール電化の安い時間帯(夜間の深夜電力料金)の値上げ率を比べると、オール電化の深夜電力料金の値上げ率が約3倍となっているんです。 オール電化の電気料金は、電気料金全体の平均値上げ率の約3倍も値上げされている 2012年5月に電気料金を値上げした東京電力は、家庭向け電気料金全体の平均値上げ率が8. 2013年5月に電気料金を値上げした九州電力は、、家庭向け電気料金全体の平均値上げ率が6. このように、 オール電化の電気料金は、電気料金全体の平均値上げ率の約3倍も上昇しています。 北海道電力は2015年10月に電気料金を再値上げ 震災後の2013年5月に電気料金を値上げした北海道電力は、2015年10月に電気料金の再値上げを申請しました。 北海道電力が今回申請した、家庭向け電気料金全体の平均値上げ率は17. それに対し、北海道電力のオール電化向けプランの深夜料金単価の値上げ予定額は、現在の10円43銭から14円54銭へと、値上げ率は39. 北海道電力の再値上げの理由については、以下の記事で詳しくご説明しています。 電気料金値上げ後もオール電化の光熱費を抑えていくには? オール電化の電気料金が上昇する中でも、オール電化はお得になるのでしょうか?オール電化にした場合にお得になる部分と、無駄な電気代をかけずにオール電化を上手に使いこなしているご家庭がしている工夫は以下のようになります。 オール電化はガス・電気の基本料金が一本化でき光熱費がお得になる オール電化にすると、それまでにかかっていたガスの基本料金と電気の基本料金が一本化できます。 ガスと電気で賄っていた家庭の熱源を電気に一本化することにより光熱費が節約できる部分があります。 オール電化住宅を上手に使えている家庭はここに気を付けている オール電化住宅を上手に使えているご家庭には以下のような特徴があります。 電気を使う時間帯をタイマーで工夫している オール電化住宅向けの料金プランは、 安い深夜電力を利用できる代わりに日中の電気代はとても高額な設定がされています。 そのため、家電のタイマーを上手に利用し、日中になるべく電気を使わず、炊飯や洗濯機などを深夜電力の時間帯に使うようタイマーをかけておく、というように上手に工夫をできる家庭であれば光熱費を節約できているようです。 夏場の日中にエアコンを使わない家庭 オール電化住宅で日中使いたくない電気を一番使うのが エアコンです。 夏場にエアコンが必須な地域の家庭では、夏場の日中の エアコン代で電気料金が跳ね上がってしまう場合があるので、夏場でも日中ほとんどエアコンを使わない地域の家庭や、日中は不在という生活スタイルの家庭などはオール電化住宅で光熱費を節約できています。 家庭に見合ったオール電化向けプランを選ぶ 各電力会社ごとに、オール電化向けの料金プランがありますが、電力会社によってはオール電化向けプランがいくつか用意されているところもあります。 どのプランも安い深夜料金が適用されることに変わりはありませんが、オール電化の中でも少人数世帯向けのプランや、世帯人数が多く電気をたくさん使うご家庭向けのプランなどがあります。 今のご家庭の電気を使う量や生活スタイルにいちばん見合った料金プランを契約することで、電気代を節約できます。 オール電化の導入をお考えの人へ 「オール電化の光熱費ってどれくらいだろう?」とオール電化の導入を検討している人もいらっしゃるのではないでしょうか。 オール電化の導入をお考えの人は、オール電化の施工販売業者へ相談したり、一括見積もりサイトを利用して複数のオール電化の施工販売業者から見積もりをもらうことをおすすめします。 どちらのサイトも相談・見積もりは無料で行っていますので、オール電化の導入をお考えの人は、問い合わせてみてはいかがでしょうか。 オール電化の施工販売業者 エネチェンジプラン診断で電気代を比較! オール電化の電気代が気になるなら、電気料金プランを見直すことも大事です。 でも、多くの電力会社の様々なプランから選ぶのは大変ですよね。 「エネチェンジ電力比較」では、かんたんな質問に答えるだけで電気料金のシミュレーションを行い、あなたのご家庭にぴったりな電気料金プランをご案内いたします。 もちろん、無料でご利用いただけます。 オール電化住宅の今後 オール電化住宅の今後はどうなっていくのでしょうか?原子力発電の深夜電力を利用しているオール電化住宅は、原発が今後どうなるかによって大きく左右されていきます。 現在オール電化住宅を検討している方、今後オール電化住宅を視野に入れていく方は、オール電化住宅のお得なうたい文句だけに左右されず、設置費用や、あなたの家庭が電化住宅をお得に使える生活環境、生活スタイルであるかどうか、さらに、今後の日本の電力がどうなっていくのかということをしっかりと考慮し、慎重に検討されることをおすすめします。

次の

電力自由化後、オール電化で得するのは九州エリア?!

オール電化 安い

目次:• オール電化向けのプランとは? オール電化の製品といえばIHクッキングヒーター。 安全で掃除も簡単なのが人気。 オール電化住宅とは、調理や給湯、冷暖房などに使われるエネルギーを全て電気でまかなう住宅の事です。 火を使わない安全でクリーンな住宅として2000年代から広まりました。 オール電化向けの電気料金プランでは、基本的に夜間に電気料金が安く設定されています。 電気料金が安くなる夜間の時間帯に、でお湯を一日分わかしたりや蓄熱暖房機に熱をためるなどして オール電化住宅の電気料金を抑える内容になっています。 電気料金プランによって、夜間だけが安いのか土日祝日も安いのか季節料金があるのか、など割安になる料金の区分が異なります。 また、プランによって深夜が安かったり早朝の時間が安かったり、と安くなる時間帯も異なります。 そのため、プランの内容をしっかり吟味して ご自分のライフスタイルにあった電気料金プランを選ぶことが大切です。 オール電化向けのプランは誰でも申し込めるの?オール電化向けのプランは オール電化向けのプランは基本的にオール電化住宅に住んでいる対象のため、プランによってはのような電気温水器を使っている事が契約の条件になっている場合もあります。 しかしながら、プランによってはそのような縛りはなく、単純に日中は家にあまりいなく電気を使わないという人も契約出来るプランもあります。 オール電化向けと一般の電気料金プランの違いは? オール電化向けと一般の電気料金プランの特徴の違い オール電化向けと一般の電気料金プランの特徴はどのように違うのでしょうか? オール電化向けプランでは 夜間や休日など電気の需要の少ない時間の料金を大幅に割り引いています。 その代わり昼間の時間帯の電気料金が高く、時間帯によって電気料金が変わるしくみとなっています。 一般の電気料金プランは、昔からあるシンプルなプランで時間帯によって電気料金が変わる事はありません。 どのようなライフスタイルの人でも使えるような料金プランになっています。 特徴の違いがわかりやすいように、 オール電化向けのプランと一般の電気料金プランの特徴をメリット・デメリットに分けて表にしてみました。 オール電化向けのプランと一般の電気料金プランの特徴の違い オール電化向け電気料金プラン 一般の電気料金プラン メリット• 夜間の料金がかなり割安。 土日祝日の料金も安い電気料金プランもある。 共働きの家庭向き• 需要が少ない夜間にたくさんの電気を使うので、電気のピークをシフトするのに貢献している• 24時間365日いつでも同じ料金なので、時間を気にせずに電気を使える。 プラン内容がシンプルなので選ぶのも申し込むのも簡単。 大手電力会社でも新電力でもどこの地域でも豊富に選択肢がある。 デメリット• 昼間の料金はとても高い。 オール電化にする時の給湯器やなどの設置コストが高い• 地域によっては選択肢が少ない。 電気の使う時間を工夫をする事で電気料金を下げる事は出来ない。 電力のピークをシフトするのには参加していない、事にはなる。 電気料金の料金単価の違い オール電化向けの電気料金プランと一般の電気料金プランでは、料金単価はいくらくらい違うのでしょうか。 実際の料金プランをみながら、どれだけが違うのか比べてみましょう。 ここでは、最大手の電力会社でもある東京電力の電気料金プランの中から、オール電化向けの「スマートライフプラン」とごく一般的なプランである「」とを選んで、1kWhあたりの料金単価を比べてみます。 (実際の電気料金は、この金額に基本料金や税金などが加わります。 ) 従量電灯とスマートライフプランの1kWhあたりの料金単価比較 東京電力 従量電灯プラン 東京電力 スマートライフプラン 24時間 昼間 06:00-25:00 夜間 25:00-翌06:00 120kWhまで 120-300kWh 300kWh以上 25. 33円 17. 46円 19. 88円 26. 48円 30. 57円 オール電化向けのスマートライフプランは、夜間料金がかなり割安に設定されている事がわかります。 昼間の料金も高くない事も読み取れますね。 どの電気料金プランがおすすめ? オール電化向けの料金プランと一般の電気料金プランの違いがわかりました。 それでは、 どの電気料金プランがおすすめなのでしょうか。 オール電化の方には、オール電化向けに特化された電気料金プランがおすすめです。 そのような料金プランを一覧にまとめてみました。 ちなみに、うちはオール電化ではない、という人はこちらからもおすすめの電気料金プランをご紹介しています。 オール電化向けの料金プランの一覧 オール電化向けの料金プランを発売しているのは、まずは10社全てです。 対応するオール電化プラン・深夜料金プランがある新電力会社と合わせて確認できます。 大手電力会社 電気料金プラン 東京電力のオール電化プラン• 夜トクプラン8/12 新電力に切り替えるなら• 関西電力のオール電化プラン• 新電力に切り替えるなら• 中部電力のオール電化プラン• スマートライフプラン• スマートライフプラン(夜とく)• スマートライフプラン(朝とく) 新電力に切り替えるなら• 東北電力のオール電化プラン• よりそう+シーズン&タイム• よりそう+ナイト8• よりそう+ナイト10• よりそう+ナイト12• よりそう+ナイトS• よりそう+ナイト&ホリデー• よりそう+サマーセーブ 新電力に切り替えるなら• 九州電力のオール電化プラン• 電化でナイト・セレクト21• 電化でナイト・セレクト22• 電化でナイト・セレクト23 新電力に切り替えるなら• 北海道電力のオール電化プラン• eタイム3プラス 新電力に切り替えるなら• 中国電力のオール電化プラン• ぐっとずっと。 プランナイトホリデーコース• ぐっとずっと。 四国電力のオール電化プラン• でんかeプラン• でんかeマンションプラン 新電力に切り替えるなら• 北陸電力のオール電化プラン• くつろぎナイト12 新電力に切り替えるなら• 沖縄電力のオール電化プラン• Eeホームホリデー• Eeホームフラット 大手電力会社がそれぞれの電力エリアでオール電化プランを販売しているのに対応して、新電力会社でもオール電化プランがあります。 特に出光昭和シェルは対応する電力エリアが多く、ガソリン車・電気自動車問わずドライバーズ特典が付くのが特徴です。 またJ:COM電力は、東京電力や関西電力など主要な地域で展開していて、そこであらゆるオール電化プランに対応しているのが強みです。 一覧にまとめてみました。 各対応エリアと合わせて確認できます。 新電力のオール電化プラン 新電力 電気料金プラン シン・エナジーのオール電化プラン• 北海道から沖縄まで全国で利用できる。 基本料金・電力料金が大手電力会社に比べて安くなる。 深夜が割安になるプランだけではなく、昼間が割安になるプランもある。 北海道 東北 関東 中部 北陸 関西 中国 四国 九州 沖縄 J:COM電力のオール電化プラン• 対象地域のあらゆるオール電化プランに対応している• 電力量料金が大手電力会社に比べて安くなる• ケーブルテレビ・インターネット・モバイルとのセットプランがある 札幌 仙台 関東 関西 下関 九州 出光昭和シェルのオール電化プラン• 沖縄以外の各電力エリアに対応している• 大手電力会社に比べて基本料金が安くなる• 出光昭和シェルで給油するとガソリンがリッターあたり2円お得• 電気自動車ユーザーにも毎月割引特典がある 北海道 東北 関東 中部 北陸 関西 中国 四国 九州 イデックスでんきのオール電化プラン• 九州電力のオール電化プラン(電化でナイト・セレクト22)に相当• 基本料金・電力量料金がそれぞれ安くなる• ドコモのdポイントが貯まる 九州 CDエナジーダイレクトのオール電化プラン• カテエネポイントが貯まる 関東 親指でんきのオール電化プラン• 深夜料金が安くなる「日曜から夜更かしプラン」• 大手電力会社の従量電灯プランに比べて基本料金が半額• 東京電力エリアで深夜料金が安くなる「深夜お得プラン」• 東京電力会社の従量電灯プランに比べて基本料金が安くなります• 23時から翌朝6時までの電力量料金がお得 関東 HTBエナジーのオール電化プラン• 関東 どんなオール電化プランにも対応するJ:COM電力 東京電力やその子会社のPinTが提供するオール電化メニューは、2020年1月現在これだけあります。 その全てに対応して、かつ昼間料金やピーク料金が東京電力と比べて1%〜3%安くなるのがJ:COM電力です。 東京電力および子会社PinTのオール電化向けメニュー一覧スマートライフプラン、スマートライフS、スマートライフL、夜トク8、夜トク12、電化上手、ナイト8、ナイト10、朝得プラン、夜得プラン、半日お得プラン、土日お得プラン 1型 、土日お得プラン 2型 、ピークシフトプラン 今、東京電力でオール電化プランを利用中で、すぐに安くしたい方は、J:COM電力がおすすめです。 また、東京電力以外にも、関西電力エリアやその他の地域(札幌・仙台・下関、および九州主要都市)でも、オール電化プランに対応しています。 一般の電気料金プランのおすすめ オール電化の電気料金プランについて説明してきましたが、日本全体で オール電化の住宅にしているのは、全体の世帯数の5%未満です。 それ以外の世帯では一般のタイプの電気料金プランを使う事になります。 そこで、一般の電気料金プランのおすすめもピックアップしてみました。 オール電化向けのプランは選択肢が少なかったのに対して、一般の電気料金プランは、日本全国でたくさんの特徴ある電気料金プランが発売されています。 新電力は、電気の契約を獲得するために、たいてい電気料金を大手電力会社より安く設定しています。 その中からおすすめ出来る新電力を4社選び特徴もまとめて表にしてみました。 電気料金プランを選ぶ際は、ぜひ参考にしてくださいね。 一般的な電気料金プランの新電力と特徴 電力会社 特徴 Looopでんき• 基本料金がなんとゼロ円• 他の電力会社だと3段階の事が多い1kWhあたりの料金単価が1種類だけでわかりやすい• 沖縄を除く日本全国にサービスを展開• 関東エリアでは都市ガスとのセットプランでさらにお得に リミックスでんき• 使用量が少なくても確実に安くなるのが魅力• 沖縄を除く日本全国にサービスを展開 HTBエナジー• 50A・60Aなら、基本料金半額で従量料金が1段階で低価格• 40A以下なら最大9%大手電力会社より安くなる• 関西・中国・四国・沖縄エリアでは、電力量料金が安くなるプランが選べる• 沖縄を含む全国で利用できる。 東京ガスの電気• 350kWh以上電気を使用した場合の1kWhあたりの料金単価がかなり割安• 東京ガスの都市ガスとセットで毎月270円お得• 東京電力エリアでのみ利用可能 ENEOSでんき• 東京電力・中部電力・関西電力エリアで利用できる• 東京電力エリアでは120kWh以上の電力量料金が安い• 中部電力エリアでは電力量料金が安い• 関西電力エリアでは基本料金(最低料金)と電力量料金が安い.

次の